な現実:朝日新聞デジタル, イラク派遣の陸自隊、独自の戦闘対処手引 一般隊員向け:朝日新聞デジタル, イラク派遣の陸自隊員、帰国後20人が自殺 派遣との因果関係は不明. と感謝するデモだったそうで、 これを受け基地では緊急に. 2004年1月から2006年7月の自衛隊のイラク派遣では、20人が帰国後に自殺しています。派遣と自殺・ストレス障害との因果関係は解明されていませんが、今もストレス障害に苦しむ隊員がいます。 アイスクリームなどを準備して. 自衛隊員A(以下A)「おい、デモ隊がここ(宿営地)に向かっているらしいぞ」 自衛隊員B(いry「うえ、この間アブグレイブでイラク人虐待があったばかりじゃん、どうすんだよ」 A「それが、どうも支援デモらしいぞ」 B「は? 支援デモ? 私怨じゃなくて? ま、一応、本当に応援だった時の為に飲み物とアイスでも用意しておこや。暑いし」デモ隊参上彼らの持つ旗には自衛隊を支持する言葉が書かれていたa「うあ、本当に支援デモだ。おい、アイス配れ、冷たい水あげれ」...自衛隊前代未聞のイラク感謝デモ 一体何事かと自衛隊で内容を調べたところ、なんでも「自衛隊よ、今までありがとう」と感謝するデモだったそうで、これを受け基地では緊急にアイスクリームなどを準備してデモでやってきた住民らに振る舞ったそうです。 調べたところ、なんでも. 自衛隊員A(以下A)「おい、デモ隊がここ(宿営地)に向かっているらしいぞ」 自衛隊員B(いry「うえ、この間アブグレイブでイラク人虐待があったばかりじゃん、どうすんだよ」 A「それが、どうも支援デモらしいぞ」 B「は? 支援デモ? 私怨じゃなくて? 恥ずかしながら僕は知らなかったのだけど昭和32年2月、防衛大学第1回卒業式において、吉田茂が、語った訓示を、転載させていただく。, 当時、自衛隊の設立に当たっては、野党からの猛反発があったし、とうぜん近隣の諸外国からも批判されたことだろう。日本国民の中にもいい感情で受け入れることのできる人は、そんなに多くは無かったのじゃないかと思われる。そういった背景があっての、訓示である。, 「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされる事態とは外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが国民や日本は幸せなのだ。どうか、耐えてもらいたい」, すごい政治家だなと思う。あの人って、こんなすごい人だったのね。ちなみに、この人は、アメリカとの戦争を反対して、牢獄に入れられていた経緯もある。その人がいわば軍隊を、必要と考え、設立に尽力した。, 物事を総合的に見ることのできる人というのは、こうゆう人のことを言うのじゃないかと思えてしまう。, 市民「自衛隊が有るから軍事的緊張が発生する、憲法違反だから自衛隊は無くすべきだと思います、自衛隊員の○○さんはどう思いますか?」, 少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて、夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。あんたらにわかるか?消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」, 彼女が門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。, まあ、米陸軍が個人では水や食料等の補給物資をあまり持たないで、輸送にはヘリを活用してたりしたとか、陸自は使い捨てカイロを持って行ってたとか原因はいろいろあるらしいんだそうですが、でも米軍に, 2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結した。, 翌日の5日に英国の豪華客船「クイーンエリザベス号」が入港してきたのだが、折悪しくも2ノット半の急流となっていたハドソン河の流れに押された巨大な客船は、あれよあれよと言う間もなく、係留中の我が海上自衛隊の自衛艦「かしま」の船首部分に接触してしまったのである。, 着岸した「QE」からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士が謝罪にやってきた。, 「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております」, これが何千人もの船乗りたちの間で大評判になり、ニューヨークだけでなく、ロンドンにも伝わって「タイムズ」や「イブニング・スタンダード」も記事にし、日本のネイバル・オフィサーのユーモアのセンスを評価する声が高かったそうである。, 自衛隊員A(以下A)「おい、デモ隊がここ(宿営地)に向かっているらしいぞ」自衛隊員B(いry「うえ、この間アブグレイブでイラク人虐待があったばかりじゃん、どうすんだよ」A「それが、どうも支援デモらしいぞ」B「は? 支援デモ? 私怨じゃなくて? そんなデモ聞いたことねえよ」A「俺もねーよ。ま、一応、本当に応援だった時の為に飲み物とアイスでも用意しておこうや。暑いし」, A「うあ、本当に支援デモだ。おい、アイス配れ、冷たい水あげれ」B「アイス足らねーよ。弾幕薄いぞ、何やってんの。アイス追送頼む」, デモ隊、にこにこ顔でアイス頬張る、でもゴミぽい捨て。自衛隊員見かねてゴミを拾う、すると、何てことでしょう、彼らもゴミを拾い出したのです。, そんなこんなで後日米&英軍「おい、こないだのあれ、いくら使ってやったんだ?」自衛隊「あれ?」米&英「あれだよあれ、支援デモ」自「あれは、住民が自発的にやってきたんだよ」米&英「ははっそんなわけあるかよ。吐けよ、同盟国じゃん」自「・・・・・・(やっぱ信じないよなあ、自分でも信じられないし)」, と、イラクではそんな感じだったらしいぞ。小泉首相は間違ってなかった。自衛隊のいる所「が」非戦闘地域だわw, ある日、下の方の茶畑で知り合いの爺ちゃんの軽トラが道寄せ駐車する際に、側溝に嵌って脱輪。俺は茶摘みの手を止めて救助に行った。爺ちゃんは怪我はしてなかったけど、見事にタイヤが側溝にはまって脱出不可能。, 何とか側溝から出せないか木の棒を突っ込んでいた時「手伝いましょうか?」声を掛けられた。振り向いたら迷彩服とリュックを持った男の人が一人。あ、上の方の訓練地から来た自衛官の人だと思って「すみません。お願いします」って言った。そしたらその角刈りのお兄さんが大声で「集合!」ドドドドドド(茶畑の横の獣道からゾロゾロと自衛官が出てくる)「整列!」ビシッ!, マジであれはビビった。まさか山の上から出てくるとは思ってなかったし、全員すげぇ装備担いでるし、さらに模擬銃?を担いでたからテンぱったわwww爺ちゃんも「おぉぅ…」とか言ってたしw, キーを渡して4分で軽トラ脱出wwwすんげぇ早業で、自衛隊の凄さを思い知ったわ。こういう訓練もしてるというのにも驚いた。, 脱出した後は車両点検してくれて、爺ちゃんが何度も頭を下げてた。隊長っぽい角刈りの兄ちゃんは「これも我々の任務です」とサラリその後は敬礼して農道を下って行った。, そりゃ、自衛隊だって人がいっぱい居るんだもの。おかしな奴だっているだろうさ。でも、ちゃんとがんばってる人に向かって、十把一絡げに駄目出ししても、そりゃ、ブーメランだべや。日本国民に犯罪者がいないわけじゃねぇべ。, ただの写真好き。カメラは1万円しない安物のコンデジ。仕事はデザイナーみたいなものを少々。. b「アイス足らねーよ。弾幕薄いぞ、何やってんの。アイス追送頼む」 デモ隊、にこにこ顔でアイス頬張る、でもゴミぽい捨て。 自衛隊員見かねてゴミを拾う、すると、何てことでしょう、彼らもゴミを拾い出したのです。 そんなこんなで後日 一体何事かと自衛隊で内容を. デモでやってきた住民らに イラクにて 自衛隊員a(以下a)「おい、デモ隊がここ(宿営地)に向かっているらしいぞ」 自衛隊員b(以下b)「うえ、この間アブグレイブでイラク人虐待があったばかりじゃん、どうすんだよ」 a「それが、どうも支援デモらしいぞ」 b「は? 支援デモ? b「アイス足らねーよ。弾幕薄いぞ、何やってんの。アイス追送頼む」 デモ隊、にこにこ顔でアイス頬張る、でもゴミぽい捨て。 自衛隊員見かねてゴミを拾う、すると、何てことでしょう、彼らもゴミを拾い出したのです。 そんなこんなで後日 大規模なデモが起こりました。 . 彼女は門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。, 2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、, 自衛隊員B(いry「うえ、この間アブグレイブでイラク人虐待があったばかりじゃん、どうすんだよ」, A「俺もね?よ。ま、一応、本当に応援だった時の為に飲み物とアイスでも用意しておこや。暑いし」, 自衛隊員見かねてゴミを拾う、すると、何てことでしょう、彼らもゴミを拾い出したのです。, 市民「自衛隊が有るから軍事的緊張が発生する、憲法違反だから自衛隊は無くすべきだと思います、自衛隊員の○○さんはどう思いますか?」, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 自衛隊員A(以下A)「おい、デモ隊がここ(宿営地)に向かっているらしいぞ」 自衛隊員B(いry「うえ、この間アブグレイブでイラク人虐待があったばかりじゃん、どうすんだよ」 A「それが、どうも支援デモらしいぞ」 B「は? 支援デモ? 私怨じゃなくて? 「自衛隊よ、今までありがとう」 . 自衛隊員A(以下A)「おい、デモ隊がここ(宿営地)に向かっているらしいぞ」 自衛隊員B(いry「うえ、この間アブグレイブでイラク人虐待があったばかりじゃん、どうすんだよ」 A「それが、どうも支援デモらしいぞ」 B「は? 支援デモ? 私怨じゃなくて?