第32回(1987年) メジロデュレン 第43回(1998年) グラスワンダー 第11回(1966年) コレヒデ 第091回(1985年) シンボリルドルフ 第10回(1965年) シンザン 第60回(2015年) ゴールドアクター 第015回(1947年) オーライト 第105回(1992年) メジロマックイーン 第006回(1940年) トキノチカラ 第021回(1950年) オーエンス 第08回(1963年) リユウフオーレル 第06回(1961年) ホマレボシ 第15回(1970年) スピードシンボリ 第22回(1977年) テンポイント, 第23回(1978年) カネミノブ 第125回(2002年) マンハッタンカフェ 第51回(2006年) ディープインパクト 第159回(2019年) フィエールマン 第38回(1993年) トウカイテイオー 第59回(2014年) ジェンティルドンナ 第58回(2013年) オルフェーヴル 第40回(1995年) マヤノトップガン 第30回(1985年) シンボリルドルフ 第04回(1959年) ガーネツト 第48回(2003年) シンボリクリスエス 第025回(1952年) ミツハタ 第097回(1988年) タマモクロス 第089回(1984年) モンテファスト 外史実馬となります。 国際競走指定後: 第05回(1960年) スターロツチ 第16回(1971年) トウメイ 第09回(1964年) ヤマトキヨウダイ 第095回(1987年) ミホシンザン 第01回(1956年) メイヂヒカリ 第039回(1959年) トサオー 第061回(1970年) リキエイカン 第123回(2001年) テイエムオペラオー 第139回(2009年) マイネルキッツ ※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。, 競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ, パーツ組み合わせて自分で駅を作ってみた / アセット紹介:建物・乗物・プロップ – Cities: Skylines プレイ記[412]【SunsetHarbor】, 【イベント】「スコアバトル」「プロスピマーケット」/ S契約書結果【プロ野球スピリッツA】(017), シティーズスカイラインで作った街を撮影してみた(Twitterの画像まとめ) – Cities: Skylines プレイ記[411]【SunsetHarbor】, Move Itのショートカット集を作る – Cities: Skylines プレイ記[402]【SunsetHarbor】, Cities: Skylines プレイ記[170] 公共交通の収支を改善せよ(赤字の削減方法)【PARKLiFE】, 週刊VOCALCharacterランキングを自分なりに再ランキングしてみた。~ブログコンテンツの纏め~. 第33回(1988年) オグリキャップ 第50回(2005年) ハーツクライ 第24回(1979年) グリーングラス 第041回(1960年) クリペロ 第145回(2012年) ビートブラック 第52回(2007年) マツリダゴッホ 第113回(1996年) サクラローレル 第34回(1989年) イナリワン 第045回(1962年) オンスロート 第03回(1958年) オンワードゼア 第45回(2000年) テイエムオペラオー, 第46回(2001年) マンハッタンカフェ 第53回(2008年) ダイワスカーレット 第19回(1974年) タニノチカラ 第36回(1991年) ダイユウサク 第47回(2002年) シンボリクリスエス 第157回(2018年) レインボーライン 第147回(2013年) フェノーメノ 第004回(1939年) スゲヌマ 第26回(1981年) アンバーシャダイ ウイニングポスト9の1991年産史実馬「カフェドフランス」に関する攻略情報。カフェドフランスのスピード、スタミナ、サブパラ、史実産駒、成長型、適正、系統などの詳細データ。 第137回(2008年) アドマイヤジュピタ 第127回(2003年) ヒシミラクル 第029回(1954年) ハクリヨウ 第103回(1991年) メジロマックイーン 第129回(2004年) イングランディーレ 第083回(1981年) カツラノハイセイコ 国際競走(G1)指定後: 第61回(2016年) サトノダイヤモンド 第41回(1996年) サクラローレル 第002回(1938年) ハセパーク 「ウイニングポスト9 2020」の最新情報や今注目されている記事などをピックアップしています。ウイポ2020の最新情報を知りたい人は参考にしてください。 第28回(1983年) リードホーユー 第27回(1982年) ヒカリデユール Copyright © 2005-2020 日々綴(Fuchs) All Rights Reserved. 第141回(2010年) ジャガーメイル 第075回(1977年) テンポイント 第151回(2015年) ゴールドシップ 第059回(1969年) タケシバオー 第063回(1971年) メジロムサシ 第014回(1944年) ヒロサクラ 第02回(1957年) ハクチカラ 第25回(1980年) ホウヨウボーイ 第069回(1974年) タケホープ 第155回(2017年) キタサンブラック 第149回(2014年) フェノーメノ 第49回(2004年) ゼンノロブロイ 第131回(2005年) スズカマンボ 第033回(1956年) メイヂヒカリ 第07回(1962年) オンスロート 第019回(1949年) ミハルオー 第119回(1999年) スペシャルウィーク 第071回(1975年) イチフジイサミ 第14回(1969年) スピードシンボリ 第135回(2007年) メイショウサムソン 第115回(1997年) マヤノトップガン 第067回(1973年) タイテエム 第087回(1983年) アンバーシャダイ 第093回(1986年) クシロキング 第21回(1976年) トウショウボーイ 第121回(2000年) テイエムオペラオー 第35回(1990年) オグリキャップ 第18回(1973年) ストロングエイト 第54回(2009年) ドリームジャーニー 2020.3.9 『Winning Post 9 2020』先行プレイ/うどんの系譜~結婚そして家族~後編【うどんの野望】3月11日(水)19時か 詳しく見る 第099回(1989年) イナリワン マンハッタンカフェは日本の競走馬。2001年の菊花賞と有馬記念、2002年の天皇賞(春)に勝利した。主戦騎手は蛯名正義。, セレクトセールでは1億3000万円で落札された。当初は「フサイチ」の冠号で知られる関口房朗がセレクトセールで落札したが、その後、西川清と社台ファームの吉田照哉の共同所有となった。そのため同馬は、市場取引馬に関する優遇が受けられなかった。, デビュー戦は2001年1月29日、東京芝2000mの新馬戦に出走し、2番人気に支持されたが3着。初勝利は2戦目の同年2月11日、東京芝1800mの新馬戦で単勝1.7倍という断然の人気に応えて勝った。しかしこの頃は体質が弱く、続く弥生賞では馬体重を前走より20キロも減らして4着、続くアザレア賞でも更に馬体重を16キロも減らした末の11着となり、春のクラシックには出走できずに休養に入った。, 休養明けの復帰戦は札幌の富良野特別。放牧明けで馬体重をアザレア賞の時から+46キロと大幅に増やした状態ながら1番人気に推されて勝利し、続く阿寒湖特別では古馬相手に1番人気で勝ち、秋の上がり馬として菊花賞戦線に名乗りを挙げる。トライアルのセントライト記念では4着に敗れたが、菊花賞では、逃げたマイネルデスポットをゴール直前で差しきり優勝、GI初勝利となった。, 続く有馬記念では、GI7勝のテイエムオペラオーや、そのライバルメイショウドトウらを破り、GI2連勝を果たした。有馬記念で記録した上がり3F33.9秒は中山競馬場の2500m戦で確認されていた当時の最速の上がりであるだけではなく、2005年の湾岸ステークスまでは中山競馬場の2500m戦で確認された唯一の上がり3F33秒台であった。なお、2着に最低人気のアメリカンボスが入って万馬券となり、『マンハッタン+アメリカン』と同年に起きた米国同時多発テロの時事問題に掛けた名前の馬2頭でサイン馬券だと話題となり[1]、翌年の有馬記念の予想でもこのことが大きく取り上げられていた。, GIを2勝したものの同世代で日本ダービーとジャパンカップを制したジャングルポケットが年度代表馬および最優秀3歳牡馬に選出され、JRA賞受賞はならなかった。, 翌2002年の初戦は、有馬記念と同じ中山芝2500mの日経賞。単勝1.2倍と圧倒的支持を受けたが、アクティブバイオの6着に敗れた。この際には、元来弱かった蹄の状態が悪化したことから、蹄を保護するための鉄橋蹄鉄と呼ばれる特殊な蹄鉄を装着して出走しており、もともとが通常の蹄鉄より走りにくい上に、良馬場発表ながら直前に雨が降って滑りやすい馬場となっていたことが敗因といわれる[誰? 第37回(1992年) メジロパーマー ウイニングポスト9の1998年産史実馬「ジャングルポケット」に関する攻略情報。ジャングルポケットのスピード、スタミナ、サブパラ、史実産駒、成長型、適正、系統などの詳細データ。 第065回(1972年) ベルワイド 第107回(1993年) ライスシャワー 第073回(1976年) エリモジョージ 第12回(1967年) カブトシロー 第101回(1990年) スーパークリーク 第031回(1955年) タカオー 第109回(1994年) ビワハヤヒデ, 第111回(1995年) ライスシャワー 第133回(2006年) ディープインパクト 第55回(2010年) ヴィクトワールピサ 第077回(1978年) グリーングラス 産駒名をクリックで詳細データに移動します。. 第079回(1979年) カシュウチカラ 第035回(1957年) キタノオー 第39回(1994年) ナリタブライアン 第42回(1997年) シルクジャスティス 最終更新 2020年9月5日 (土) 20:13 (日時は個人設定で未設定ならばutc)。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。 プライバシー・ポリシー 第053回(1966年) ハクズイコウ, 第055回(1967年) スピードシンボリ 第62回(2017年) キタサンブラック 第010回(1942年) ミナミモア 第049回(1964年) ヒカルポーラ 第012回(1943年) グランドライト 第117回(1998年) メジロブライト 第161回(2020年) フィエールマン, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マンハッタンカフェ&oldid=79383726. 第017回(1948年) シーマー 第57回(2012年) ゴールドシップ 第051回(1965年) アサホコ この記事はウイポ9 のプレイ記録です。 前回までのあらすじ 2001年はメイショウドトウの引退。 マンハッタンカフェの三冠達成など話題を振りまいてました そして世代交代が行われ。 第56回(2011年) オルフェーヴル 第31回(1986年) ダイナガリバー 第027回(1953年) レダ 第143回(2011年) ヒルノダムール ]。しかし、次走の天皇賞(春)では、ジャングルポケットや、2年連続天皇賞(春)3着の菊花賞優勝馬ナリタトップロードが出走し三強対決といわれていたが、マンハッタンカフェが優勝しGI3勝目を挙げた。結局、対ジャングルポケットでは2戦負けなしだった。管理調教師の小島太は、騎手時代にはついに菊花賞、有馬記念、天皇賞(春)を勝てなかったが、同馬をもって調教師として勝利を挙げたこととなった(なお、小島太はこの時のマンハッタンカフェに関して、蹄の状態が思わしくなく、回避するか否かをずっと悩んでいたとインタビューや自身の著書で語っている)。, 同年秋にはヨーロッパに遠征し、10月6日、ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞に出走。これは吉田照哉の「強い馬を世界で走らせたい」という希望によるもので、これに調教師の小島も同調。共同オーナーである西川は遠征に反対したものの「2対1じゃあ仕方ない」と最後には遠征に同意したという[2]。ただ同レースでは5番人気に支持されながらも13着に終わった[3]上、レース後に屈腱炎を発症したことが判明し、引退した。, 同年は天皇賞(春)を制したことが決め手となり、JRA賞では最優秀4歳以上牡馬を受賞した。, 2003年より社台スタリオンステーションで種牡馬として供用されている。2006年に初年度産駒がデビューし、2007年には第2世代目にあたるオリエンタルロックが産駒初の重賞制覇、2009年には第3世代目のジョーカプチーノがGI初制覇を遂げた。サイアーランキングでは2008年にベストテン入り(9位)を果たし、翌2009年にはリーディングサイアーを獲得した。また、2歳リーディングの方でも2008年に5位、2009年に7位、2010年には10位と、3年連続でベストテン入りを果たした。, 他のサンデーサイレンス直仔の種牡馬が短距離、長距離、ダートなど得意条件が明確化していたのに対し、本馬は短・中・長距離、芝・ダート・AW、牡馬・牝馬問わず活躍馬を排出し、父サンデーサイレンスの長所であった「配合相手の長所を引き出す和合性」[4][5]を受け継いだ数少ない存在であった。, 2015年に入り体調を崩し、約80頭に種付けを行ったが夏以降は衰弱が著しく、8月13日、社台スタリオンステーションにて放牧中に腹腔内腫瘍のため死亡した[6]。, 2017年9月3日、小倉5Rをメイショウテッコンが勝利し、産駒が史上18頭目のJRA通算1000勝を達成[7]。, 2004年に関西テレビで制作され、全国放送されたドラマ『運命の出会い〜サラブレッドにかけた夢〜』に、父親であるサンデーサイレンス役で出演した。, 第3回 テツザクラ / 第4回 セントライト / 第5回 ハヤタケ / 第6回 クリフジ / 第7回 アヅマライ / 第8回 ブラウニー / 第9回 ニユーフオード / 第10回 トサミドリ, 第11回 ハイレコード / 第12回 トラツクオー / 第13回 セントオー / 第14回 ハクリヨウ / 第15回 ダイナナホウシユウ / 第16回 メイヂヒカリ / 第17回 キタノオー / 第18回 ラプソデー / 第19回 コマヒカリ / 第20回 ハククラマ, 第21回 キタノオーザ / 第22回 アズマテンラン / 第23回 ヒロキミ / 第24回 グレートヨルカ / 第25回 シンザン / 第26回 ダイコーター / 第27回 ナスノコトブキ / 第28回 ニツトエイト / 第29回 アサカオー / 第30回 アカネテンリュウ, 第31回 ダテテンリュウ / 第32回 ニホンピロムーテー / 第33回 イシノヒカル / 第34回 タケホープ / 第35回 キタノカチドキ / 第36回 コクサイプリンス / 第37回 グリーングラス / 第38回 プレストウコウ / 第39回 インターグシケン / 第40回 ハシハーミット, 第41回 ノースガスト / 第42回 ミナガワマンナ / 第43回 ホリスキー / 第44回 ミスターシービー / 第45回 シンボリルドルフ / 第46回 ミホシンザン / 第47回 メジロデュレン / 第48回 サクラスターオー / 第49回 スーパークリーク / 第50回 バンブービギン, 第51回 メジロマックイーン / 第52回 レオダーバン / 第53回 ライスシャワー / 第54回 ビワハヤヒデ / 第55回 ナリタブライアン / 第56回 マヤノトップガン / 第57回 ダンスインザダーク / 第58回 マチカネフクキタル / 第59回 セイウンスカイ / 第60回 ナリタトップロード, 第61回 エアシャカール / 第62回 マンハッタンカフェ / 第63回 ヒシミラクル / 第64回 ザッツザプレンティ / 第65回 デルタブルース / 第66回 ディープインパクト / 第67回 ソングオブウインド / 第68回 アサクサキングス / 第69回 オウケンブルースリ / 第70回 スリーロールス, 第71回 ビッグウィーク / 第72回 オルフェーヴル / 第73回 ゴールドシップ / 第74回 エピファネイア / 第75回 トーホウジャッカル / 第76回 キタサンブラック / 第77回 サトノダイヤモンド / 第78回 キセキ / 第79回 フィエールマン / 第80回 ワールドプレミア, 国際競走指定前: 第20回(1975年) イシノアラシ 第037回(1958年) オンワードゼア 第081回(1980年) ニチドウタロー 第023回(1951年) タカクラヤマ この記事はウイポ9 のプレイ記録です。前回までのあらすじ 2001年はメイショウドトウの引退。 マンハッタンカフェの三冠達成など話題を振りまいてました そして世代交代が行われ。 現役最強馬はマンハッタンカフェとなりました。, 引退したメイショウドトウは勿論殿堂入り。 春秋の天皇賞を制したので「盾の覇者」となりました。 最初はそんなに強さを感じませんでしたが。 どんどんと強くなりました。 彼のおかげで牧場に唸るような資金が入りました。 これで経営がとても楽になりました。 本当にありがとう! メイショウドトウ!, マンハッタンカフェはその強さの片鱗を見せつけてました 大阪杯から始まり。 天皇賞(春) 安田記念 宝塚記念と完全制覇しました。 安田記念は調整のために走らせましたが…あっさりと。 タップダンスシチーが可哀想なことになりました。 折角本格化してきたというのにマンハッタンカフェが… 高い壁過ぎて超えられませんでした。 それにしてもこの時代が一番競馬やってたからか。 知ってる馬だらけでちょっと嬉しいです。 ジャングルポケットが弱すぎるなぁ…, 5歳になってやっと本格的な強さを見せてくれるように。 しかしマンハッタンカフェと重なってしまいます。 GI2つを取り損ね… OP、GIII、GIIなど小さな重賞で勝利するだけと。 同じ時代に生まれた世で悲劇に見舞われることになりました。 地味に稼いでくれるので良いのですけどね…, 2歳王者のシンボリクリスエス。 しっかり成長してくれまして。 安定して、皐月賞とダービーを勝利しました。 菊花賞がどうなるかはちょっと気になりますけども。 距離的な部分を乗り切れれば勝利できそうです! 三冠馬となれるのはほぼ確定かなぁという感じです。 早く自分の作成した馬でも三冠を達成したい物です。, ラストタイクーンとミホクイーンの子 フクスエンゼル 二歳女王となった彼女ですが、こちらも順調に成長。 チューリップ賞を勝利して桜花賞もしっかり取りました。 しかし距離適正の波が襲いかかります。 オークスに出してみましたが惨敗(13位ぐらい) 距離の壁が相当厚すぎる事が分かりましたので。 海外遠征に出しました。 1600mまでなら余裕で勝てる用です。 なかなかのスピードの持ち主なのでスプリント戦線で活躍 してくれるかもしれません, まぁ…そりゃぁ… 当然のように星が出ましたとさ ということで、ディープインパクトも誕生。 2年後がとても楽しみとなりました。 しばらくは彼中心で回ることでしょう。 それまではマンハッタンカフェやシンボリクリスエスが回し 牧場資金を稼いでくれると。 完全な安定経営となっていました。, 【E-1甲攻略】「ブレスト防衛作戦(北大西洋ブレスト沖)【欧州方面反撃作戦 発動「シングル作戦」-2019(夏-9月)】 艦隊これくしょんプレイ記(306). 第153回(2016年) キタサンブラック 第047回(1963年) コレヒサ 第17回(1972年) イシノヒカル 第008回(1941年) マルタケ 第63回(2018年) ブラストワンピース 第085回(1982年) モンテプリンス 第057回(1968年) ヒカルタカイ 第13回(1968年) リュウズキ 第44回(1999年) グラスワンダー 競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9(Winning Post 9) をプレイ. ウイニングポスト9 2020 攻略 レオダーバンならトウカイテイオー退け今作も無双が可能! 実況 解説 ps4 - Duration: 33:32. 第64回(2019年) リスグラシュー, 国際競走指定前: うちはTV 69,276 views 第29回(1984年) シンボリルドルフ 第043回(1961年) ヤマニンモアー