ギャップイヤーとは、高校卒業から大学入学までの期間、あるいは大学卒業から就職、大学院進学までの期間のこと。 この ステージの移り変わりの期間をあえて長めに持たせて、大学や就職先では経験できないことに挑戦することを勧める制度をギャップイヤー制度 と言います。 日本では、あまり馴染みのないギャップイヤー制度ですが、大学入学前や就職前に一定期間休業をして、自分と向き合う時間を持つ人が増えてきました。そこで、人事がおさえておきたいギャップイヤー制度の中身と、メリットとデメリットについてご紹介します。 ギャップイヤーが注目されるのは「自分の足で立ち考え、視野広く問題解決できる学生が今求められている」ことの反映~米国の現状から想うこと; 2013.06.25 「ギャップイヤーには、自主的な『プラン』と『プログラム(制度)』があることは否定できない! ギャップイヤーとは、進学や就職といった節目の前に社会奉仕活動などをして過ごす期間のことで、欧米では制度として社会に浸透しています。本稿では、ギャップイヤーの過ごし方や、個人と企業にもたらされる恩恵について、ドイツでの例を交えて解説します。