母はアメリカでスプリンターとして活躍し、引退後に来日したワキア。 今では割と良く見る数字になってしまったが 1997年4月5日 4歳500万下・・・1着(上村洋行) ・実は、彼の故障の原因は未だにはっきりしていない。この時のサイレンススズカは、関係者が口を揃えて「生涯最高の出来」と言うほどの仕上がりであった。 1994年5月1日、北海道平取町の稲原牧場に生まれます。サイレンススズカの両親は、ともにアメリカ合衆国から輸入された馬でした。父・サンデーサイレンスは日本リーディングサイアーを12年連続で獲得している大種牡馬で、サイレンススズカは3年目の産駒でした。母・ワキアも競走引退後まもなく輸入され、サイレンススズカは2番目の仔でした。5月生まれとサラブレッドにしては遅い時期に生まれたことから、育成牧場では成長にあわせてじっくりと鍛えられ、3歳の冬になって栗東の橋田満厩舎に入りました。デビューは1997年2月1日で、レースでは2着のパルスビートに7馬身差を付けて圧倒的な勝利を挙げます。このレースでプレミアートに騎乗していた武豊はサイレンススズカの印象を「皐月賞もダービーも全部持っていかれる」と後悔したと述べています。この勢いのまま皐月賞への出走権を獲得しようと、陣営は2戦目にも係らず弥生賞への出走を決めます。しかしレースではゲートをくぐってしまい外枠発走となった上、約10馬身の出遅れをしてしまいます。結果は8着に終わり、ゲートの再試験と20日間の出走停止処分が下されました。その後は予定を変更して500万下に出走し完勝します。東京優駿を目標に、トライアル競走である青葉賞を目指しますが、調教中のアクシデントに伴いプリンシパルステークスに出走することとなりました。このレースでは東京優駿を見据えた抑え気味の競馬で見事勝利し、東京優駿への優先出走権を確保しました。しかし迎えた東京優駿では、抑えて走ることに執着するあまり折り合いを欠き、9着に終ります。, 抑えから逃げへ そのため同条件の新馬戦より難易度は高いと言えますが、新馬戦シーズン中であっても未勝利戦を選択するパターンもあります。, 後に活躍する名馬には、新馬戦から鮮烈な勝利でデビューを飾った馬が多いです。 エルコンドルパサーは後に芝へ転向し、ジャパンカップ制覇をはじめ大活躍します。 気になる馬をデビューからダービーを目指して追い続けるのも、競馬の楽しみ方のひとつです。. ・上記の天皇賞(秋)のジンクスは、結局最悪の形で続く事となってしまった。しかし、このレースより2年後、テイエムオペラオーによってこのジンクスは破られる事となる。 ・サイレンススズカの死後、晩年の主戦騎手であった武豊は、泣きながらワインをあおって泥酔するなど、ひどく落胆していた。 武豊と悲劇の馬と聞けば、サイレンススズカを思い出すのは至極当然のことです。サイレンススズカは当時「大逃げ」というレーススタイルで注目された馬で、その豪快な逃げ方と最後まで衰えない末脚は多くの競馬ファンを魅了しました。1998年に6連勝で挑んだ秋の天皇賞で故障を発生し、予後不良と診断され安楽死処分されました。騎手の武豊はもちろんのこと、多くの競馬関係者がその死を悼み涙しました。, 経歴 「1勝」と「未勝利」とでは大きく異なり、大変重要な意味を持っています。 牧場でのあだ名は、母親の名前からとって「ワキちゃん」だったという。 トレセンに入厩してからは、併せ馬で準オープンクラスの古馬に先着するなど新馬らしからぬ好時計を出し、関係者の間では早くもその素質が期待されていた。, 1997年2月1日の新馬戦でデビュー。 しかし、ワキアが発情した時にはトニービンの予定が空いてなかったため、急遽サンデーサイレンスを種付けしたという経緯がある。 サイレンススズカがイラスト付きでわかる! 日本中央競馬会(jra)に所属していた競走馬。 大逃げという派手なレーススタイルと、その悲劇的な最期で知られている。 誘導 +競走馬 +1をモチーフとしたウマ娘プリティーダービーに登場するウマ娘。 ... G1たった1個取って前哨戦圧勝するくらいダノンでも出来るぞ本番走らん奴はgm . 「ああっと、サイレンススズカ!サイレンススズカに故障発生です!何という事だ!4コーナーを迎える事無くレースを終えた武豊!沈黙の日曜日!」(フジテレビ塩原恒夫の実況より) 新馬戦とは、その名の通り 初出走の新馬のみが出れるデビュー戦のこと です。 日本ダービーの翌週からはじまり、翌年3月の高松宮記念の前週まで開催されます。 まさにダービーを1年の区切りとしたサイクルで、競馬は行われていると言えます。 目標である秋の天皇賞へのステップとして選んだ秋の初戦は、第49回毎日王冠でした。このレースには、NHKマイルカップ優勝馬エルコンドルパサーと朝日杯3歳ステークス優勝馬グラスワンダーという2頭の無敗の外国産4歳馬が出走するというハイレベルなメンバー構成となりました。当初このレースは回避予定でしたが、この2頭に負けるのが分かっていて尻尾を巻いたと言われるのではないかと懸念し、出走を決めたという経緯があります。サイレンススズカは単勝1.4倍の一番人気に支持されます。レースでは府中の長い直線と、59キロの斤量が心配されていましたが、それを全く感じさせない走りを見せます。1000m通過が57秒7のハイペースで逃げながら後半にさらに後続を突き放す内容で快勝。辛うじて2馬身半差まで詰め寄ったエルコンドルパサーの騎手・蛯名正義は「影さえも踏めなかった」とかたり、実況を担当したフジテレビアナウンサーの青嶋達也はその逃げっぷりに「グランプリ・ホースの貫禄!どこまで行っても逃げてやる! まさにダービーを1年の区切りとしたサイクルで、競馬は行われていると言えます。, JRAでは、新馬戦のことを「メイクデビュー○○」の愛称で呼んでいます。 この場合は、未勝利戦に出走することになり、デビュー初戦で経験馬とレースを行います。                                 という、無情なものであった。 2着のパルスビートに7馬身差をつけての圧勝で、陣営によると新馬戦でデビューさせるのではなく、いきなり500万下条件の特別競走に出走させるという考えもあったようです。 サイレンススズカは、逃げ続けたまま第3コーナーへ向かった。 真っ先に第4コーナーを回り、重賞にもかかわらず「大差」(この時は約11馬身の差がついていた)での勝利となった。 また、新馬戦のシーズンが終わったあとにデビューするケースがあります。 サイレンススズカは、逃げ馬にとって有利と言われる1枠1番、さらにレース日も11月1日、単勝オッズ1.2倍の1番人気。 しかしながらサイレンススズカはこの絶望的な出遅れをものともせず激走し、なんと直線に入るころには3番手辺りまで進出していた。 新馬戦とは、その名の通り初出走の新馬のみが出れるデビュー戦のことです。 サイレンススズカの特徴でもある、二の脚を使った「逃げて差す」レーススタイルもこの頃定着した。, その後のサイレンススズカは、目標レースの天皇賞(秋)に向けて、疲労回復のために放牧に出される予定だった。 しかし、このダービーでは同じ逃げ馬のサニーブライアンが2冠を達成したのを尻目に9着と完敗。 サイレンススズカの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ちなみにこの神戸新聞杯では、鞍上の上村洋行がゴール前の直線で勝ちを確信し、追うのをやめてしまったというとんでもない騎乗ミスをやらかしている。 レース当日の東京競馬場には、この3頭の戦いを一目見ようと13万人もの大観衆が詰めかけた。 結局最後の直線で失速し、タイキシャトルの15着という大敗を喫した。 1997年3月2日 GⅡ弥生賞・・・8着(上村洋行) 1997年2月1日 4歳新馬・・・1着(上村洋行) サイレンススズカが作るレースで勝つのが強い馬ってやつやろ . 武豊と悲劇の馬と聞けば、サイレンススズカを思い出すのは至極当然のことです。サイレンススズカは当時「大逃げ」というレーススタイルで注目された馬で、その豪快な逃げ方と最後まで衰えない末脚は多くの競馬ファンを魅了しました。 まさに「衝撃的」なデビューでした。 この場合は、未勝利戦に出走することになり、デビュー初戦で経験馬とレースを行います。 当時上がり33.3と馬体の凄さは衝撃的だった 実際、1987年に1番人気のニッポーテイオーが勝ってから、このレースが行われるまでの11年間、1番人気の馬が勝つ事は無かったのだ。(厳密には1991年の天皇賞(秋)は1番人気のメジロマックイーンが1着入線を果たしたものの、進路妨害により18着へと降着されている。) フジテレビ競馬実況の青嶋達也(通称アオシマバクシンオー)は「グランプリホースの貫録!!どこまで言っても逃げてやる!       ファン投票6位だったが、有馬記念馬のシルクジャスティスや、混合GⅠで牡馬相手にも遜色ない走りを見せた「女帝」エアグルーヴらを抑え堂々の一番人気。 2票 ミホノブルボン、ダンスインザダーク、カジノドライヴ、シンボリクリスエス 2着に4馬身差をつけての圧勝であり、それ以降、サイレンススズカは連勝街道を驀進。 レースではステイゴールドにあと一歩の所まで迫られたものの、鞭を入れられるとすかさず加速。 2着「リーチザクラウン」(マイラーズC、きさらぎ賞優勝) しかし、サイレンススズカは、確かに人々の記憶に残る存在であった。 そしてサイレンススズカは直線で二の脚を使い、そのままゴールイン。2着のエルコンドルパサーに2馬身半の差をつけ、重賞5連勝という快挙を成し遂げた。 parts(1555871,"FFFFFF","300","001eff",600000,"134","9141","outrank","http://umaumanews.com/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff"); 競走馬なんて優生種同士を配合していくんだからどんどん競走馬として尖っていくんだから現代馬の方が凄い, 宝塚記念の後ってどういう雰囲気やったんや?勝つには勝ったけど思った程じゃないな…みたいな感じ?, 逃げ切って勝つ馬とか言う競馬の醍醐味を全否定してる馬だとは思うわ当時も絶対叩かれてたと思う, カープ森下暢仁(23)10勝3敗 防1.91 122.2回 124奪三振←このルーキーの完成形ωωωωω, ワイ「ネッコよ、調子悪いんか?」 ネッコ(14)「せや」 ワイ「じゃあ病院行くか」, ●サイレンススズカ(GI1勝です、活躍期間1年です、予後りました)←こいつが最強馬と言われる理由, 『鬼滅の刃』吾峠呼世晴、『鋼の』荒川弘、『金田一』さとうふみやなど “男性名”の女性漫画家が多い理由, 【暫定情報まとめ】Pフィーバーアイドルマスターミリオンライブの先行映像が公開。最大継続って表現ならタイガーマスクとの声。, 「鬼滅の刃」が残酷過ぎて子供に見せられない | 主人公いきなり死ぬしな | 別にこれくらいなら大丈夫やん。内臓ぶちまける北斗の拳に比べりゃ。, 『細美武士』12月31日開催の「新生 New Year Rock Festival」に参戦 !, 【競馬板スレ】関係者「Tが乗ると-2馬身。ここだけの話、業界ではもう格言として定着しつつあります。」, 韓国メディア「バイデンは副大統領時代に安倍総理に対して『失望した』と声明に入れた人物だ」…いや、だからといって韓国に肩入れしてくれるわけじゃないだろうに, 【悲報】へずま氏、涙の訴え!「釈放されても即日で再逮捕される!無限逮捕地獄!」←これ, 【競馬】関係者「Tが乗ると-2馬身。ここだけの話、業界ではもう格言として定着しつつあります。」, 【なんJ競馬】三大日本語にするとダサい馬名「エルコンドルパサー」「コントレイル」あとひとつは?. 結局直線で失速し8着と掲示板にすら載れなかったものの、観客に大きなインパクトを残したレースであった。 最大の目標であった第118回天皇賞・秋でしたが、特殊なコース形態である東京2000mのコースで行われるため、一般に逃げ馬には外枠不利とされていました。抽選の結果、絶好の最内1番枠からの発走となり、「11月1日東京11レース1枠1番1番人気」の“1並び”でした。顔ぶれは、前年の優勝馬であり宝塚記念で下したエアグルーヴがエリザベス女王杯に回り、毎日王冠で下したエルコンドルパサーとグラスワンダーは外国産馬のため当時は出走資格がなく、強力なライバルは不在でした。さらに得意の左回り、適正距離とされていた2000mという事で、単勝1.2倍の圧倒的1番人気に支持されていました。レース前、多くのテレビや競馬紙も、アクシデントがない限りサイレンススズカは負けないという意見がほとんどでした。さらに武はレース前に「オーバーペースにならないように?」との問いに対し「いや、オーバーペースで逃げますよ」と堂々と宣言していました。このような経緯を経て、デビュー以来最高といっていい状態で出走したサイレンススズカは、抜群のスタートで快調に飛ばし、2ハロン目から急に加速して後続を突き放すと、前走を上回る1000m57秒4の超ハイペースで大逃げしました。競りかける馬は一頭もおらず3コーナー手前では2番手に10馬身と大きく後続を引き離し、テレビの中継カメラは目一杯引かなければ全ての馬を写しきれないほどでした。しかし、3コーナーを過ぎた辺りで突然の失速。このとき武にはサイレンススズカの骨が折れる「ボキッ」という音が聞えていたそうです。サイレンススズカは左前脚手根骨粉砕骨折を発症していたのでした。画面には故障した左前脚と、痛みに耐えながらも鞍上の武を落とさないよう立ち続けるサイレンススズカの姿が映し出されました。結果、予後不良と診断され安楽死の処置が執られました。この事態に実況を担当した塩原恒夫はサイレンススズカの父の名にかけ「沈黙の日曜日」という言葉を発しています。1着のオフサイドトラップがゴールした後も競馬場は異様な雰囲気に包まれ、スーパー競馬のスタジオで司会を担当していた斎藤陽子もショックで涙ぐむほどでした。とくに騎手の武豊の落ち込みは相当なもので、泣きながらワインをあおり、後に「泥酔したの、あんときが生まれて初めて」と語るほどでした。その後、サイレンススズカはこの年のJRA賞特別賞を受賞しました。, 競走成績 こちらでは1に関して解説する。2に関してはタグを含めてリンク先(2の物)を使用する事を推奨。, サイレンススズカは1994年5月1日、稲原牧場にて生を受けた。 3着「ブエナビスタ」(ジャパンCなどG1を6勝) 「影をも踏ませぬ快速馬」サイレンススズカ。 そして12月、GⅡ香港国際カップ(現GⅠ香港カップ)にて、後の相棒となる武豊騎手が初騎乗。 また、このレースの後には国際GⅠジャパンカップへの挑戦、さらにはアメリカへの遠征計画も発表されていた。 そして、レースがスタート。レースはいつも通り、サイレンススズカが凄まじい大逃げをうった。 同レースでテイエムオオアラシに騎乗していた福永祐一騎手も、「あんなに落ち込んだ武さんは見た事が無い」と話している。 日本近代競馬の結晶と言われる「ディープインパクト」も、新馬戦で上がり3ハロン33秒1という他馬とは次元の違う脚を魅せ、2着のコンゴウリキシオーに4馬身の差を付けての快勝。 5着「エーシンビートロン」(サマーC優勝), という、説明不要のそうそうたるメンバーで行われた新馬戦です。 大逃げという派手なレーススタイルと、その悲劇的な最期で知られている。. 日本ダービートライアルのプリンシパルステークスも勝利し、意気揚々と日本ダービーへ。 1988年5月30日 GⅡ金鯱賞・・・1着(武豊) その上、10馬身近くの出遅れをしてしまったのである。 が、ファンの期待に応えるため、体調も良好と判断した陣営は、「春のグランプリ」である宝塚記念への出走を決断。 常に抑えるレースを行ったためかレース中は終始折り合いを欠いており、それが敗因となったと言われている。 そして、それが彼の生涯最後のレースとなってしまった。, 1998年11月1日、遂に第118回天皇賞(秋)の発走時刻となった。 この毎日王冠には、NHKマイルカップの優勝馬であり、後にサンクルー大賞典優勝や凱旋門賞2着など海外で活躍したエルコンドルパサーと、朝日杯3歳ステークス(現朝日杯フューチュリティステークス)を準オープンの古馬戦以上のタイムで制するなど圧倒的な強さを見せていた3歳王者グラスワンダーの2頭も出走。 122: 風吹けば名無し 2020/11/02(月) 07:56:20.57 ID:yXPzTyiy0. 宝塚記念を見据えた競争となるこのレースには、重賞2勝を含め5連勝中のミッドナイトベット、昨年の菊花賞を制したマチカネフクキタル、4連勝でGⅡアルゼンチン共和国杯を制したタイキエルドラドなど、そうそうたる顔ぶれが集まった。 1997年5月10日 OPプリンシパルステークス・・・1着(上村洋行) このため、騎乗していた武豊からは「原因はわからないんじゃない、無い」というコメントがなされた。 平坦小回りの旧中京コースの芝1000mで出遅れて最後方。そこから直線一気の追込みでコースレコード勝ち。脅威の差し切りだった。, ダンスインザダーク 1997年10月26日 GⅠ天皇賞・秋・・・6着(河内洋) ポンとハナに立って、直線では他の馬がビシビシ一杯に追われているのを尻目に、そのまま独走。こんな馬もいるんだ、とちょっと感動したのを覚えている。, デビュー戦での走りも美しかったサイレンススズカ(右黒帽)(写真は1998年毎日王冠、撮影:日刊ゲンダイ), ミホノブルボン GⅡ中山記念で重賞初制覇後、GⅢ小倉大賞典も立て続けに勝利した。, サイレンススズカの陣営が次に選んだレースは、GⅡ金鯱賞であった。 自分のパドック解説デビューと重なったこともあって印象深い一頭。馬っぷりの良さは目立ったが、仕上がり途上で気合い乗りも平凡。使ってからと評価を下げたが、ジワジワ加速するとクビ差でV。その後の活躍を思えば決して派手な勝ちっぷりではなかったが、一流になる馬は違うと教えてくれた一頭。, シンボリクリスエス Copyright©2020 競馬情報会社|悪徳・詐欺業者に宣戦布告!元関係者達による業界暴露サイト【馬事総論】 All Rights Reserved. 次にマイルチャンピオンシップに出走するも、スタート後は桜花賞馬キョウエイマーチに競り負けて1000m56秒という殺人的ペースの逃げの中で2番手追走。 しかし、この頃の天皇賞(秋)にはあるジンクスがあった。 見事1着でゴールインし、念願のGⅠタイトルを手に入れた。, 陣営が秋初戦として選んだのは、天皇賞(秋)へのステップレース、GⅡ毎日王冠だった。 談話が「一度使ってから」という話だったが、スゴい手応えで(だったような) 楽勝。, アンパンマン橋本が持っていかれて最後まで引っ掛かったままゴールしたシンコウラブリイと、あまりの衝撃にレース後しばらくの間、実況席が静まり返ったシアトルヒーローかな。, キョウエイマーチだと思います。ダート1200mで1秒以上つける。しかも三着マチカネフクキタル。, サルノキングですね。スタートで思い切り後手を踏んで !詳細は> 本紙「優馬」について, ◆「只者ではない」オーソリティは、三冠馬コントレイルを脅かせるか(アルゼンチン共和国杯回顧), ◆ブエナビスタやダイワスカーレットの仔がV 10月31日-11月1日の★評価一覧(2歳馬チェック). 1998年3月15日 GⅡ中山記念・・・1着(武豊) その後、500万下条件戦をこれまた7馬身差で圧勝。 1997年6月1日 GⅠ東京優駿・・・9着(上村洋行) この事から、サイレンススズカは「影さえ踏ませぬ快速馬」と言われる事がある。 サイレンススズカはサンデーサイレンスの3年目の産駒で、すでに2世代だけで大成功をしていたサンデーサイレンス産駒でした しかし、3年目の産駒からはクラシックの有力馬が出現していなかったこともあり、この新馬戦の1勝のみでクラシックの注目馬といわれました。 ・武豊が「今まで乗った馬でディープインパクトと勝負するなら、どの馬を選びますか」と問われた際、武はサイレンススズカを選んでいる。 デビュー戦がダービートライアルの青葉賞(当時OP)で1番人気(4着), 6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!, 平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。, お買い求めは競馬場・ウインズ・駅売店・コンビニで! しかし、大ケヤキの向こうから、再び姿を現したサイレンススズカは様子が違っていた。 次のレースには京阪杯を選択する予定でしたが、香港国際カップに選出されたため、急遽予定を変更してマイルチャンピオンシップに出走することになりました。しかし調整不足や鞍ズレなどのアクシデントが重なって折り合いを欠き、結果は15着と惨敗に終ります。負けが続くなか迎えた香港国際カップでは、「依頼が来るのを待つのが騎手」というスタイルを崩して、武豊が自ら騎手を務めたいと申し出ます。こうして武豊を背に挑んだレースでは、1600m通過タイムが同日の香港マイルの勝ち時計を上回るペースで逃げ、ゴール前まで粘りますが勝ち馬から僅差の5着となりました。健闘しましたが、出走までの経緯がドタバタしていたことに加え、中2週という過酷なローテーションであったために体調不良を起こしていました。デビュー1年目の成績は、結局重賞の掲示板に1度載っただけに終りましたが、この年に培った「大逃げ」と香港からの武とのコンビが翌年の連勝を引き起こします。1998年に入って初戦、バレンタインステークスを4馬身差で圧勝すると、中山記念、小倉大賞典でも完勝し、重賞を連勝します。続く金鯱賞では、重賞3勝を含む4連勝中のマチカネフクキタル、重賞2勝を含む5連勝中のミッドナイトヘッドなどが出走する非常にハイレベルなレースであったにも拘らず、重賞競走では非常に珍しい11馬身差をつけての大差勝ちをやってのけました。この時中京競馬場では、あまりの大差に4コーナーを回った時点で既に拍手と喝采が贈られ、直線では大勢の観客から笑いがこぼれるという珍事が起きました。このころからサイレンススズカは息を入れることを覚え始め、後に「逃げて差す」と言われたスタイルも完成しました。また、この時期から最大の目標を秋の天皇賞に見据え始めました。, GⅠ制覇へ        「左前脚手根骨粉砕骨折発症・予後不良」 主戦騎手の武豊が先約のあったエアグルーヴに騎乗するため、騎手は一時的に南井克己に乗り替わった。 サイレンススズカの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 まさに1尽くしの日であった。 両馬ともにこれまで無敗であり、このレースは「3強対決」として話題を呼んだ。 新馬戦を勝ち上がると、次は「500万円下クラス(1勝クラス)」へ進みます。, 一方、2着以下に破れた馬は、「未勝利クラス」に分類され、基本的に未勝利戦で初勝利を目指すことになります。 ・サイレンススズカが死亡した翌年の宝塚記念では、実況の杉本清が「今年もまたあなたの、私の夢が走ります。 あなたの夢はスペシャルウィークかグラスワンダーか? 私の夢はサイレンススズカです。」と語った。, 日本中央競馬会(JRA)に所属していた競走馬。 このアクシデントの罰として、サイレンススズカは大外枠からの出走となった。 GⅠ勝ちは宝塚記念の一度のみ、4歳時の戦績からも、「悲劇で美化されているに過ぎない」という意見はある。 中でも凱旋門賞での半馬身差の2着惜負は今でもファンの記憶に強く残っていることでしょう。, そして「伝説の新馬戦」として語り継がれているレースがあります。2008年10月26日に京都で行われた新馬戦。, 1着「アンライバルド」(皐月賞、スプリングS優勝) 結果は5着だったが、翌年以降サイレンススズカは怒涛の快進撃を見せるのであった。, 年が明け、古馬となったサイレンススズカは、オープン特別競走のバレンタインステークスに出走。 ちなみにコンゴウリキシオーはその後安田記念でも2着となる素質馬です。, 異次元の逃亡者との異名を持つ「サイレンススズカ」も強烈なデビューを飾っています。 レースはいつも通りサイレンススズカが逃げに逃げ、1000m57.7秒というハイペースで逃げ続けた。 1997年9月15日 GⅡ神戸新聞杯・・・2着(上村洋行) ファンファーレからスタート、最後の直線に至るまで、府中の歓声はGⅠのそれと比べても遜色ない程の盛り上がりであった。 それは「1番人気の馬が勝つことができない」というもの。 武豊と最強の馬たち. 秋初戦の神戸新聞杯(GⅡ)でも、追い込んできたマチカネフクキタルに敗れ2着であった。 サイレンススズカ(英: Silence Suzuka、香港表記:無聲鈴鹿、1994年5月1日 - 1998年11月1日)は日本の競走馬。 サイレンススズカ 騎手のレース後インタビューでよく、「僕は今日跨っていただけで何もしてませんでした」という様なコメントをする人はいますが、サイレンススズカの新馬戦はほぼ手綱がシゴかれることなく、ゴーサインすら出していないのでは? 勝ち方ってのもデカイやろな レーティングとして見るなら … また、この時エルコンドルパサーに騎乗していた蛯名正義騎手には「影さえ踏めなかった」と言わしめた。 新馬戦とは、競馬初出走馬のみが出れるレースのことです。「ディープインパクト」や「サイレンススズカ」がそうであったように、後に活躍する名馬には鮮烈な勝利でデビューを飾った馬が多くおり、伝説として語り継がれています。. カメラをいっぱいにひかないと出走馬全頭が映らないほどの大逃げであり、誰もがサイレンススズカの逃げ切りを信じて疑わなかっただろう。 彼が競走を中止した時、スタンドからは、目の前で起きた信じがたい出来事に対する悲鳴が上がっていた。 シャドーロールの怪物と呼ばれた中央競馬史上5頭目の三冠馬「ナリタブライアン」も、後にジャパンカップ連覇を果たす牝馬三冠馬「ジェンティルドンナ」も新馬戦では敗れています。, 数多くの名レースや衝撃的なレースが、新馬戦で行われてきました。 そのため同条件の新馬戦より難易度は高いと言えますが、新馬戦シーズン中であっても未勝利戦を選択するパターンもあります。, 競走馬にとって新馬戦に勝つことはとても重要なことです。 2018年の年度代表馬に選ばれた牝馬三冠馬「アーモンドアイ」の新馬戦は2馬身も差をつけられての2着に敗れています。 鞍上の上村が「先手を取ってもサニーブライアンは退かない。それでは共倒れになると思った」と後に語った通り、このレースでサイレンススズカは後ろに控える競馬をしていた。 新馬戦の約1ヶ月後に開催された弥生賞で、サイレンススズカは2番人気、武豊騎手とコンビを組むランニングゲイルは3番人気という評価を受けていた。2 1997年12月14日 GⅡ香港国際カップ・・・5着(武豊) あまりの逃げっぷりに、サイレンススズカが第4コーナーを回ったところで既に拍手が湧き起る程であった。 今週は2歳世代初の重賞、函館2歳S。いよいよ2歳戦も本格化してきましたが、今回は優馬・競友の記者達に『デビュー戦が衝撃的だった馬』について語ってもらいました。歴史的名馬から未完の大器、個性派がズラリ勢揃いです! なお、今回もコメントでアンケートに参加できます。ドシドシご投稿ください。, 3票 サイレンススズカ その後皐月賞への出走権をかけ、2戦目にして皐月賞トライアルのGⅡ弥生賞へ出走。 1997年11月16日 GⅠマイルチャンピオンシップ・・・15着(河内洋) 新馬戦とは、競馬初出走馬のみが出れるレースのことです。「ディープインパクト」や「サイレンススズカ」がそうであったように、後に活躍する名馬には鮮烈な勝利でデビューを飾った馬が多くおり、伝説として語り継がれています。 1998年2月14日 OPバレンタインステークス・・・1着(武豊) しかし、ここでサイレンススズカは後々まで語られる珍事を引き起こす。 スタートは遅く道中は後方の内々。直線に向いた時にもまだまだ逃げ馬との差はあったが、エンジンに火が点いた残り1Fから一気の脚で差し切ってしまった。勢いがついてからは内に刺さりっぱなしでまともに追えておらず、あまりの加速に逃げ馬と衝突しかけるほど。武豊騎手のダービー制覇を予感させた物凄い走りだった。, シンボリクリスエス 圧倒的な大逃げというレーススタイルで注目され、後に宝塚記念を制覇します。, サイレンススズカと伝説の毎日王冠で対決することになる「エルコンドルパサー」のデビューは、ダートの新馬戦でした。 東京優駿での反省から、陣営は抑える競馬を捨てて逃げに活路を見出すことにしました。そうして迎えた秋の初戦・神戸新聞杯では、快調に逃げをうち、直線半ばまで後続に大きな差をつけました。騎手の上村洋行は勝利を確信し、追うのを止めてしまいます。しかし、外からマチカネフクキタルが追い込んできて、ゴール前で交わされ、2着に敗れてしまいます。勝てたレースを自らの手で潰したことで、デビューから主戦騎手を務めてきた上村は降板させられてしまいます。次走には天皇賞・秋が選択され、鞍上はベテランの河内洋に変更されました。1000m通過が58秒5というハイペースの大逃げで見せ場を作りますが、結局エアグルーヴに勝てず、6着に敗退します。しかしこのころからサイレンススズカの「大逃げ」のスタイルは確立されていくのでした。, 武豊との出会い 現在では、「サイレンススズカ自身のあまりのスピードに、骨が耐えられずに粉砕骨折を引き起こした」という説まで飛び出している。 1998年10月11日 GⅡ毎日王冠・・・1着(武豊) 陣営は次走を宝塚記念に決定します。当初は回避予定のレースでしたが、ファンの期待に応えようとの思いから出走することになりました。しかし主戦の武には既に騎乗の先約があったため、このレースでは南井克巳が乗り替ることとなりました。サイレンススズカのGⅠ成績はこれまで3戦して全て着外でしたが、このレースでは1番人気に推されます。レース本番では、抑え気味の競馬で進められ、最後の直線に入っても相手をぎりぎりまで引きつけたためステイゴールドに3/4馬身まで迫られますが、ゴール前で鞭を入れるとすかさず加速して逃げ切り、初のGI制覇を成し遂げ、晴れてGⅠホースの仲間入りを果たしたのでした。, 毎日王冠 そんなメンバー相手に、サイレンススズカはスタートから勢いに任せ大逃げを敢行。 57: ... しかも新馬から連勝とか、連対率100%の馬なら分かるけど、戦績的には確変だった可能性もある . サイレンススズカが作るレースで勝つのが強い馬ってやつやろ . 狭い馬房の中でグルグル回れる程の柔軟性が、妙な所で発揮されたものである。 騎手のレース後インタビューでよく、「僕は今日跨っていただけで何もしてませんでした」という様なコメントをする人はいますが、サイレンススズカの新馬戦はほぼ手綱がシゴかれることなく、ゴーサインすら出していないのでは?と思える映像でした。あのディープインパクトですら飛ぶまでにはある程度は仕掛けていたので…。, サイレンススズカ 5歳になってからは天皇賞まで無敗を誇り、GⅠを含む重賞5連勝という戦績を残した。そしてその美しくも激しい大逃げは、到底並の馬に真似できるものではない。 最後方からのごぼう抜きで、後の京成杯優勝馬マンダリンスターに7馬身差をつける圧勝でした。 このレースで5着だったプレミアートに騎乗していた武豊は、後に「痛い馬を逃した」と話した。 彼の一生は、いつまでも競馬ファンの心に残るものとなるだろう。, ・彼の母であるワキアには、元々トニービンが付けられる予定であった。 「新馬勝ち」と言う言葉もあるように、デビュー戦を勝利で飾ることは、とても名誉のあることなのです。 !」と実況しました。この勝利でサイレンススズカは名実共に当時の最強馬となり、この年に入って6連勝で最大の目標である天皇賞・秋に王手をかける形となりました。, 最後のレース、天皇賞・秋 サイレンススズカと最初に出会ったのは、俺が海外修行から帰ってきて初日の調教だった。この馬は、橋田先生が俺の「久しぶりの日本での復帰戦に」と、わざわざ温めて置い… ダービーを愉しむ, デイサービスの求人(大阪)探しは何からすればいいか迷ってるあなたへ。まずは介護専門求人ナビに登録してみてはいかがでしょうか?ここならきっとあなたにあったお仕事がみつかります♪ 3着に突っ込んできたのにはびびりました。, このテーマだったら普通リアルヴィジョンとシアトルヒーローの名前は出て来るだろ。TMどもは揃って節穴か?, アグネスタキオンは未勝利戦にG1馬が混じってるのか?ってくらい、4角手前からの脚が違ってた。次のラジオたんぱ杯もデジャヴか?って内容でクロフネとジャングルポケットを破った。, マチカネキンノホシ 第4コーナー手前で、サイレンススズカは突然失速。2番手のサイレントハンターにかわされ、後続馬に次々と抜かされていく中で、サイレンススズカは競走を中止。 !」と叫んでいた。 その後天皇賞(秋)に参戦し、1000m58秒5というハイペースで逃げるも6着に敗れる。 2着のパルスビートに7馬身の大差をつけ圧勝し、格の違いを見せつけた。 今なお、この金鯱賞をサイレンススズカのベストレースに押すものも多い。 レースは柴田善臣騎乗のオフサイドトラップが1着だったが、その結末を見届けた者が果たしてどれだけいただろうか・・・。 こうして、サイレンススズカはその一生を終え、府中のターフに散った。 父は言わずと知れた大種牡馬サンデーサイレンス、母の父がミスワキという血統であった。 後の活躍を考えると、まるでG1レースのようですね。, デビュー戦は破れたものの、その後大活躍する名馬もいます。 結局GⅠには届かなかったけど忘れられない馬です。, ジュネーブシンボリ 1988年4月18日 GⅢ小倉大賞典・・・1着(武豊) 57: ... しかも新馬から連勝とか、連対率100%の馬なら分かるけど、戦績的には確変だった可能性もある . 日本ダービーの翌週からはじまり、翌年3月の高松宮記念の前週まで開催されます。 4着「スリーロールス」(菊花賞優勝) 競走馬はとにかく「1勝」できることを目指します。, また、新馬戦のシーズンが終わったあとにデビューするケースがあります。 出走前のゲートイン中に鞍上の上村洋行騎手を振り落とし、そのままゲートをくぐってコースに出てしまったのである。 勝てるレースを自らの手で潰したという事で、それまで主戦騎手を務めていた上村はサイレンススズカから降ろされてしまった。 1988年7月12日 GⅠ宝塚記念・・・1着(南井克巳) しかも新馬から連勝とか、連対率100%の馬なら分かるけど、戦績的には確変だった可能性もある, 引用元:●サイレンススズカ(GI1勝です、活躍期間1年です、予後りました)←こいつが最強馬と言われる理由, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 観衆は、サイレンススズカの無事を祈るしか無かった。しかしながら、サイレンススズカに下された診断結果は 1票 メジロブライト、ロンドンブリッジ、ダンビュライト、ケリーバッグ、ディープインパクト、アグネスタキオン、エルコンドルパサー、ダブルブラザー、オーシャンエイプス、ゼンノエルシド、ブラックタイド、タイキブリザード、フェイトフルウォー、ダンスパートナー、レディブロンド、ノースフライト, サイレンススズカ こうして、快進撃を続けていたサイレンススズカは、予定通り目標だった天皇賞(秋)へ出走する。 1998年11月1日 GⅠ天皇賞・秋・・・競走中止(武豊)