受取方法は友達追加後にお知らせがくるよ♪ Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 京成杯オータムハンデ201... 2020年11月8日開催のみやこステークスを消去法を使って予想していきます。 ┗結果:2-5-3 第14回 ヴィクトリアマイル(G1) 2019 2019/5/12(日)京都競馬場で行われるのは、第14回ヴィクトリアマイル(G1)(芝1600m)。過去の勝ち馬を見てみると、ウオッカやブエナビスタ、 ... 先週の馬券の結果はいかがでしたか? おかげさまで先週のレース結果も以下の通りと、安定の予想結果となりました。ありがとうございました。 テレビ番組でも毎週コーナーを持ち、絶賛放送中ですのでこちらもぜひご ... 第57回 アルゼンチン共和国杯(G2) 2019 2019/11/3(日)東京競馬場で行われるのは、長距離ハンデ重賞のアルゼンチン共和国杯(芝2500m)。ここをステップにジャパンカップ、有馬記念へ進 ... 第5回 サウジアラビアロイヤルC(G3) 2019 2019/10/5(土)東京競馬場で行われるのは、第5回サウジアラビアロイヤルC(芝1600m)。2014年にいちょうステークスとして新設された重賞 ... 第34回 ファルコンステークス(G3) 2020 2020/3/14(土)中京競馬場で行われるのは、桜花賞、NHKマイルCへ繋がる一戦。第34回ファルコンステークス(芝1400m)。2012年に現在の ... 今月限定!友達追加でもれなく最大2,500円分LINE payプレゼント! 日本競馬最長のスタミナ戦、ステイヤーズステークス。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券 … ↓↓↓↓ ↓↓↓↓ 2019年のステイヤーズステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のステイヤーズステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。, 2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、ステイヤーズステークス。激走する穴馬はいるか?, ステージチャンプ・メジロブライト・インターフラッグ・ホットシークレット・エリモブライアン・チャクラ・ダイタクバートラム・デルタブルース・アイポッパー・マキハタサイボーグ・エアジパング・フォゲッタブル・コスモヘレノス・マイネルキッツ・トウカイトリック・デスペラードなどなど。, ステイヤーズステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去のステイヤーズステークスのレース映像分析ではありません。, 過去のステイヤーズステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。, 前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のステイヤーズステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱・出走表に埋もれた、買いデータをまとめます。, ステイヤーズステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? アルバート・リッジマン。, どのような競馬を前走でしていた馬が過去のステイヤーズステークスで馬券になったのか。アトマイヤエイカン・フェイムゲーム・ファタモルガーナ。, ステイヤーズステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。, 過去にステイヤーズステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。, ステイヤーズステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともステイヤーズステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。, JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。, 例えるならば、過去のステイヤーズステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。, 毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。, レースラップ・13.0-12.0-13.7/12.4-12.0-12.9/12.8-12.9-12.8/12.8-13.4-12.7/12.4-11.6-11.7/11.8-11.7-12.6, 2018年ステイヤーズステークス1着、リッジマン(オッズ・1番人気。血統・スウェプトオーヴァーボード産駒)の前走は、丹頂ステークス(札幌競馬場・芝2600m)でした。, レースラップ・13.3-12.0-12.2/12.4/12.2-12.5-12.6/12.6-12.5-12.0/12.7-12.7-12.9, リッジマンは、8枠14番からスタート。スッとゲートを出ていくも、大外枠。行きたい馬たちの様子を伺いつつ、中団外目を押さえつつ。札幌芝2600mはスタートしてすぐコーナー入り。できる限り外を回って行く位置にしたくない。, 逃げて行ったのは、グランアルマダ。テン3ハロン37.5秒。やや遅めの逃げ。リッジマンのテン3ハロンは38.9秒。かなり遅め。, 1角-2角。逃げ馬グランアルマダが後続を引き離しにかかって、少しペースが上がる。リッジマンは、内に2頭外を回って行く。, 向正面。残り1800mからラップは加速して行く「12.2-12.5-12.6/12.6」。このラップを作ったグランアルマダは3角手前で失速。リッジマンは向正面半ばからじわじわ追い出し開始。追い出しが前倒しになった展開に外目から参加して行く。, 3角-4角。リッジマンは内に3頭いる外を追って追って追い上げる。リッジマンの鞍上、松岡騎手のアクションがMAXに近づいてる。, 直線。使える脚は向正面で使いまくっていることもあって、どれだけバテないかの比べ合い。入口でリッジマンが抜け出す。一杯に追って追って、追う。騎手の体力も限界に近づいてる。外から2着馬・コルコバードが迫ってくる。しかし、リッジマンは抜かせない。併せ馬になるまで近寄せない。リッジマン1着。上がり3ハロン38.0秒。, ※【ステイヤーズステークス2018・過去結果データメモ】リッジマンの斤量は丹頂ステークスから4キロ増の56キロ。前走のリッジマンは、脚の使い始めがかなり早くなったレース。リッジマン自身のテン3ハロン38.9秒で行って、上がり3ハロン38.0秒。それを見ると「遅いじゃん」となるのだけど、脚の使い出しがかなり前倒しになる(残り600mより前になる)と、上がり3ハロンが早くなることはない。, これは、走る距離が長いゆえに起こることで短距離ではない(常にゴールまで脚を使い続けるレースか、脚の使い所の選択肢があるレースか)。, リッジマンは、最初のコーナーから内に2頭外をきっちり回り続けてる距離ロスがあった。ただし、使える脚は使い切ってるので、対戦相手が強くなるときは評価を下げた方がいい。, 2018年ステイヤーズステークス2着、アドマイヤエイカン(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、古都ステークス(京都競馬場・芝2400m)でした。, レースラップ・13.1-12.2-12.2/13.3-12.9-12.9/12.8-12.4-12.1/12.2-11.1-11.8, アドマイヤエイカンは、3枠3番からスタート。隣のコウエイワンマンが内に切れ込み気味に発馬するも、強めに押さえつつ前目へ。アドマイヤエイカンは、行きたい馬を待っている感。, 逃げて行ったのは、マイネルカレッツァ。テン3ハロン37.5秒。かなり遅めの逃げ。アドマイヤエイカンのテン3ハロンは38.0秒。こちらもかなり遅めの2番手。押さえつつ。, 1角-2角。おおよそ1頭外目を空けて回って行く、アドマイヤエイカン。押さえつつ、脚貯めて行く。, 向正面。中間のペースは遅いままを継続。押さえつつも、じわじわ逃げ馬マイネルカレッツァの外に付けて行く、アドマイヤエイカン。残り1000mあたりからラップは標準あたりまで早くなる。, 3角-4角。逃げ馬がペースを上げたこともあって、アドマイヤエイカンは離される。内に1頭外を回って行く。内からララエクラテールが入って来る。, 直線。追い出せる位置を楽々と確保したアドマイヤエイカン。追って、追って追う。抜け出し切ってから、ムチ入れて伸びを見つつ追い込んで来る馬たちをギリギリしのいでゴール。1着。アドマイヤエイカンの上がり3ハロンは34.8秒。, ※【ステイヤーズステークス2018・過去結果データメモ】アドマイヤエイカンの斤量は古都ステークスから1キロ減の56キロ。前走のアドマイヤエイカンは、テン遅い+中間ラップも遅い展開を2番手で競馬。ラップが早くなって行ったのは、残り1000m付近から。, 3角-4角、一瞬、アドマイヤエイカンは付いて行けなくなる。しかし、追って逃げ馬交わして、ムチ入れでしのいでギリギリハナ差残す。上がり3ハロン34.8秒はまずまず。, 距離延長は「追い込み or 差し or 上がりのあった馬から」が基本なので、アドマイヤエイカンは選択肢に入る。, 2018年ステイヤーズステークス3着、モンドインテロ(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、京都大賞典(京都競馬場・芝2400m)でした。, レースラップ・12.9-11.1-11.7/12.7-12.8-12.3/12.2-12.6-12.0/12.1-11.2-11.8, モンドインテロは、1枠1番からスタート。まずまずの発馬。押さえつつ、中団から。先行したい馬たちがじわっとモンドインテロの前に入って行く。インを押さえつつ。, 逃げて行ったのは、ウインテンダネス。テン3ハロン35.7秒。少し遅い逃げ。モンドインテロのテン3ハロンは37.3秒。かなり遅いラップ。, 1角-2角。インを回って行く、モンドインテロ。押さえつつ。中団。離して逃げて行く、ウインテンダネス。, 向正面。モンドインテロは中団のインを押さえつつ追走。ペースは、残り1400mから「12.3/12.2-12.6-12.0」と、クラスの標準あたりを前後するラップが続く。遅すぎず、早すぎず。, 3角-4角。先に脚がなくなったのは、2番手で逃げ馬を追いかけててスマートレイアーに交わされた、11着最下位のプラチナムバレット。インを走っており、レッドジェノヴァを挟んで、モンドインテロ。垂れてくる道を開けるのに1頭外に振りたかったが、一瞬ブレスジャーニーに外に付けられ、出すタイミングをずらされる。4角〜直線出口で垂れて来るのを交わすのに外へ出せたが、後手気味に。, 直線。後方10番手まで下がった、モンドインテロ。追い出して伸びて来るが攻めるとこ、攻めるとこ脚のなくなった馬がいでジグザグ。脚を整えられない直線に。モンドインテロ9着。上がり3ハロン35.1秒。, ※【ステイヤーズステークス2018・過去結果データメモ】モンドインテロの斤量は京都大賞典から変わらずの56キロ。前走のモンドインテロは、やや遅め→中間は標準前後りラップな中の競馬。内枠からインベタで脚貯めつつ走れたものの、3角-4角で垂れてくる馬を交わすのに手間。直線、脚を整えつつ追い出せず。, スタートからうまいこと脚貯めてきたものの、追い出すタイミング〜直線〜ゴールと脚を整えられなかった馬には目を配った方がいいパターン(本命にまで押し上げていいかはレース内容によるけれど)。. 受取方法は友達追加後にお知らせがくるよ♪ 【ステイヤーズステークス(g2)】2019 過去10年データ分析レース傾向 予想 第53回 ステイヤーズステークス(G2) 2019 2019/11/30(土)中山競馬場で行われるのは、JRA最長距離重賞となるステイヤーズステークス(芝3600m)。 2020年 ステイヤーズステークスの過去データとレース分析 投稿日: 2020年10月31日 毎週木曜日の20時以降に週末のレース予想、出馬表、各種分析ページを掲載します。 アルゼンチン共和国杯2019競馬予想。過去のレース結果を見るアルゼンチン共和国杯の歴代勝ち馬・優勝馬1着か ... 2017年ステイヤーズステークス2着、フェイムゲーム(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、京都大賞典(京都競馬場・芝2400m)でした。, レースラップ・12.9-11.0-11.7/12.2-12.1-12.1/12.4-12.5-11.7/11.5-11.4-11.5, フェイムゲームは、4枠7番からスタート。一つ外のトーセンバジルがゴリゴリ出して行った影響か、若干後手な躊躇したスタート。出遅れまではいかないが、タイミングズレると出遅れの元になる。フェイムゲームは押さえつつ、中団後方へ下げる。, 逃げて行ったのは、ラストインパクト。テン3ハロン35.6秒。少し遅めの逃げ。フェイムゲームのテン3ハロンは37.1秒。遅めのラップ。, 向正面。ラストインパクトの作るペースは遅くもなく、早くもなく標準なラップを刻んで行く。残り800mから動き出す形。フェイムゲームは、後方の外目を押さえつつ追走。, 3角-4角。内に2頭いる外→3頭外をきっちり回っていく、フェイムゲーム。少しずつ加速して行く。, 直線。大外に振ったこともあって、追い出せる位置は確保。追って、追って追う、フェイムゲーム。じわりじわりと伸びては来るものの、交わして行くだけの脚にはならず。残り200m辺りからは流してる。フェイムゲーム10着。上がり3ハロン34.6秒。, ※【ステイヤーズステークス2017・過去結果データメモ】フェイムゲームの斤量は京都大賞典と変わらずの57キロ。前走のフェイムゲームは、テン3ハロン少し遅め+中間ラップはおおよそ標準くらいな展開での競馬。, 4つのコーナー距離ロス+直線伸びるも残り200m〜は流す感じに。それでも上がり3ハロン34.6秒あったのは、距離が伸びて消さない方がいい感じはある。, フェイムゲームタイプが好走して馬券になるには、テン3ハロンから続くラップが遅くなってくれること=距離延長。なので、流れるペースが遅くなりやすい、中山芝3600mになるのは大歓迎。, 2017年ステイヤーズステークス3着、プレストウィック(オッズ・3番人気。血統・ダイワメジャー産駒)の前走は、アルゼンチン共和国杯(東京競馬場・芝2500m)でした。, プレストウィックは、3枠6番からスタート。ゲート内で首を下げた瞬間に開いたこともあって出遅れ気味。押さえつつも、促して行く。後方のインに入る。, 逃げて行ったのは、マイネルサージュ。テン3ハロン36.0秒で逃げてく。標準くらいのペース。プレストウィックのテン3ハロンは37.6秒。こちらは遅めのラップ。, 向正面。マイネルサージュの逃げて行くペースは早くもなく遅くもなくを継続→残り1200mからじわじわペースアップして、たるんたペースにさせない。プレストウィックは、後方のインを追走。, 直線。内を攻めて行く選択をしたプレストウィック。追って追う。内から先頭に出たスワーヴリチャードの後を追いかけてく脚色かと思わせたものの、進路は消えて、伸びることもなく。プレストウィック9着。上がり3ハロン35.5秒。, ※【ステイヤーズステークス2017・過去結果データメモ】プレストウィックの斤量は、アルゼンチン共和国杯から1キロ増の56キロ。前走のプレストウィックは、テン3ハロンから中間から緩んだラップのないレースで競馬。出遅れ気味で後方から。終始インベタで脚貯めて、直線インを突くも伸びきれず。, 買いづらさはあるものの、中間ラップから早くなったレースで上がりそこそこあった馬はヒモ中のヒモとして買う感覚がいいかと。2017年のステイヤーズステークスは10頭立でもありますし。プレストウィックは2016年の4着馬(3着馬と0.4秒差・13頭立)。, レースラップ・13.0-11.6-13.7/13.1-12.6-13.2/13.5-13.5-12.8/12.8-13.4-12.9/12.0-11.7-11.9/12.2-11.4-12.1, 2016年ステイヤーズステークス1着、アルバート(オッズ・1番人気。血統・アドマイヤドン産駒)の前走は、アルゼンチン共和国杯(東京競馬場・芝2500m)でした。, レースラップ・7.5-11.5-12.5/12.7/12.6-12.3-12.8/12.5-12.4-12.4/11.7-11.1-11.4, アルバートは、3枠5番からスタート。出遅れ気味。押さえつつ、中団に向かうアルバート。内目に入って行く隙があるようでない。, 逃げて行ったのは、クリールカイザー。テン3ハロン37.9秒とかなり遅めの逃げ。アルバートのテン3ハロンは38.9秒。クリールカイザーがじわじわブレーキかけつつ内に入って行ったこともあって、シュヴァルグランや大外から上がってきたムスカテールあたりから渋滞発生。アルバートはプレストウィックやワンアンドオンリーと接触しつつ1角入り。, 向正面。クリールカイザーのペースは遅いラップを継続して逃げて行く。アルバートは中団後方の外目を押さえつつ、追走。, 3角-4角。アルバートは内に2頭外をきっちり回って行く。ペースが上がるのは残り600m切ってから。, 直線。入り口で前に勝ち馬・シュヴァルグランが壁になっていたものの、アルバートは少し外へ切り替えて、手前変えて変えて、ムチ入れて追って追う。先に抜け出したジュヴァルグランを交わせなかったものの、ヴォルシェープをアタマ差交わしてゴール。アルバート2着。上がり3ハロン33.6秒。, ※【ステイヤーズステークス2016・過去結果データメモ】アルバートの斤量はアルゼンチン共和国杯と変わらずの57キロ。前走のアルバートは、テン3ハロンかなりの遅さ+中間ラップも遅いまま維持する中の競馬。スタートして逃げ馬が遅いまま1角に入って行ったことによる渋滞で接触する不利ありつつ、距離ロスありつつも、直線は伸びて伸びての上がり3ハロン33.5秒の2着。, とすると、ドスローで流れた2016年のアルゼンチン共和国杯は検討つけやすかったとも言える。4着馬(上がり3ハロン33.9秒)のモンドインテロはステイヤーズステークス3着。10着馬(上がり3ハロン34.4秒)のプレストウィックはステイヤーズステークス4着。, 東京芝2500m→中山芝3600mという距離延長でそうしょっちゅう使えるパターンではないけれど、距離は違えど似たことは起こります。, 2016年ステイヤーズステークス2着、ファタモルガーナ(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、京都大賞典(京都競馬場・芝2400m)でした。, レースラップ・12.7-11.5-12.0/13.0-12.8-12.2/12.7-13.0-11.9/11.1-11.1-11.5, ファタモルガーナは、2枠2番からスタート。まずまずのスタートも後方へ下げて行く、ファタモルガーナ。最後方からの競馬。, 逃げて行ったのは、ヤマカツライデン。テン3ハロン36.2秒。遅めの逃げ。2番手にキタサンブラック。ファタモルガーナのテン3ハロンは38.6秒。かなり遅め。, 向正面。逃げ馬のペースは遅いままで推移。ファタモルガーナは最後方のインで脚貯めて行く。, 3角-4角。残り800mから動き出すラップ。と言ってもかなり早くなったわけではなく標準くらいのラップになった感じ。ファタモルガーナは、じわじわ追い上げて内に2頭外をきっちり回ってスピードに乗せて行く。, 直線。ムチを入れつつ、追い出して行く、ファタモルガーナ。伸びつつあったものの、外から強めにこすりつつ入ってきたサウンズオブアースに追えなくなり立ち上がるくらいの不利を食らう。そこからファタモルガーナは立て直すも追わず流す形でゴール。ファタモルガーナ9着。上がり3ハロン33.9秒。, ※【ステイヤーズステークス2016・過去結果データメモ】ファタモルガーナの斤量は京都大賞典と変わらずの56キロ。ファタモルガーナの前走は、テン3ハロン遅い+中間ラップも遅めな中の競馬。最後方から脚貯めて行ったファタモルガーナ。, 1角-2角はインベタ周りも、3角-4角から追い上げて行く際は距離ロスあり。直線は具合良く伸びて来るも、強めに不利を食らって流しつつのゴール。ペースが遅いまま勝負所まで来てる分もあるので、上がり3ハロン33.9秒を額面通りに見るのは危険な部分はあるも、馬券から消す選択肢はないかと。少なくとも、距離が伸びることはマイナスになる面がないパターン、前走内容である。, 2016年ステイヤーズステークス3着、モンドインテロ(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、アルゼンチン共和国杯(東京競馬場・芝2500m)でした。, モンドインテロは、1枠1番からスタート。ポーンとスタートして強めに押さえつつ、外からショウナンバッハが前に入って来る。, 逃げて行ったのは、クリールカイザー。テン3ハロン37.9秒とかなり遅めのリズムで逃げて行く。モンドインテロのテン3ハロンは38.5秒。ドスロー。ゆっくりクリールカイザーが逃げて行ったこともあり、1角入りは渋滞。アルバートのように接触することはなかったものの、内目で窮屈にコーナー入って行ってる。, 向正面。クリールカイザーのペースは遅いラップのまま。早目に切り替えて行くことはない。モンドインテロは引き続きインベタで押さえつつ、追走して行く。, 3角-4角。アルバートのところに書いた通り、ペース上がるのは残り600m過ぎてから。モンドインテロはインベタで回って行く。, 直線。前がばらけたこともあり、追い出せる位置は確保しつつ、追い出して行くモンドインテロ。追う。追う。伸びて、逃げ馬を交わして先頭に出たように見えるも、それは一瞬。伸びつつもシュヴァルグランに交わされ、アルバート、ヴォルシェーブに交わされる。モンドインテロ4着。上がり3ハロン33.9秒。, ※【ステイヤーズステークス2016・過去結果データメモ】モンドインテロの斤量はアルゼンチン共和国杯から0.5キロ減の56キロ。前走のモンドインテロは、テン遅い+そのままの遅さが継続するペースでの競馬。内枠もあって、モンドインテロはインベタで脚貯めて行く競馬。, 距離ロスがなかった分、もっと伸びて欲しい面はあるものの上がり3ハロン33.9秒。それだけ出てることもあり、ヒモには入れておきたい。, 以上、ステイヤーズステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。, 「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!, -競馬レース映像分析 最終的な予想についてはブログランキングで公開予定です。 ステイヤーズステークス2019過去10年のデータ分析。レース傾向から有力馬の最新情報・穴馬も予想!他にはない様々な過去10年のデータ量から勝ち馬穴馬台頭馬を徹底分析。競馬にデータは必須です。馬券予想買い目の参考にどうぞ! 2019年11月30日開催のステイヤーズステークスの予想を行っていきます。まずは今回の記事で過去10年間のデータを基に消去条件を探り、次回の記事で消去対象となる馬を決め、最終的な予想を行っていく予定です。更新しましたステイヤーズS中山11r 競馬予想のウマニティがステイヤーズS2020を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 長距離重賞ステイヤーズステークス2019です。国内平地競争としては最長の芝3600m戦。例年、長距離実績のあるリピーターの好走が見られます。ただ近年は長距離血統馬が少なくなってきたこともあり、寂しいメンバー構成が続いています。 穴予想 -10年, 2019, ステイヤーズS, ステイヤーズステークス, データ, 予想, 傾向, 出走予定馬, 分析, 台頭馬, 穴馬, 過去, 騎手, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 過去10年間のレースデータを参考にして消去条件などを決めていくので、ご参考までにm(__)m 1994年 - 名称を「スポーツニッポン賞 ステイヤーズステークス」に変更。 1997年 gii に格上げ 。 特別指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬が出走可能になる 。 2001年 - 馬齢表記を国際基準へ変更したのに伴い、競走条件を「3歳以上」に変更 。 Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 【サウジアラビアロイヤルC(G3)】2019 過去10年データ分析レース傾向 予想. ステイヤーズステークス2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年のステイヤーズステークスの出走予定馬にはアルバートやリッジマンなどが名を連ねています。スタミナ自慢たちがjra最長距離の平地重賞で火花を散らす。 ステイヤーズステークス2019過去10年のデータ分析。レース傾向から有力馬の最新情報・穴馬も予想!他にはない様々な過去10年のデータ量から勝ち馬穴馬台頭馬を徹底分析。競馬にデータは必須です。馬券予想買い目の参考にどうぞ! 比較的オッズの信頼度が高めの為、堅めの予想で考えていきますが、過去ステイヤーズSを3連覇しているアルバートや、昨年好走を見せているリッジマンあたりが有力になってくると思われます。, 今回のデータを次回の記事で細かい消去条件とまとめて、推奨馬を挙げていきます。 […], 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 名前:もやし No.1競馬サイト「netkeiba.com」がステイヤーズステークス(G2)2019年11月30日中山の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! ↓↓↓↓ 本命予想 あなたの予想はもうお決まりですか?こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。 2019/11/30(土)中山競馬場で行われるのは、JRA最長距離重賞となるステイヤーズステークス(芝3600m)。冬の中山競馬と言えば・・・と言っても差支えがないほど定着した一戦。まずは過去10年の傾向を振り返りましょう。, 距離があるぶん、枠の有利不利はありません。脚質別では先行~差し馬。極端な戦法の馬は苦しい傾向。, 過去10年のステイヤーズステークスにおける単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は6勝と優秀。伏兵馬の台頭は少ない傾向。, ステップ別では、アルゼンチン共和国杯組が断然。今年はオジュウチョウサンがこのステップ。, アドマイヤドンの3勝はすべてアルバートによるものですが、適性の高さとも言えそう。ディープインパクト産駒は勝ち馬こそ出ていませんが、2着4回で複勝率57%は優秀。, -データ分析 1週目はオジュウチョウサンが行こうとした鼻先を制してレイホーロマンスが単騎先頭へ。当然ながらスローペースとなって前半は進むも、途中でネイチャーレットがハナを奪い返して更にその外からエイシンクリックが押し上げて2週目に入って行った。離れた2番手でレースを進めたオジュウチョウサンが4コーナーで早仕掛けから先頭へ並びかけて行くと、その直後でマークしていたモンドインテロが直線で鮮やかに抜け出しそのまま押し切って重賞初勝利を飾った。大外からアルバートが追い込み意地の2着、3着には11番人気のエイシンクリックが逃げ粘り波乱決着で終わっている。, 4連覇を狙ったアルバートがまさかのレース前出走取消。代わって人気になったのはリッジマン。レースはカレンラストショーが楽にハナに立つとスローペースに持ち込み4コーナーを迎える。アドマイヤエイカンが押して前を捉えにかかるも、その外から絶好の手応えで直線コースへ。手応え通り弾ける様に伸びたリッジマンが後続を突き放し3600mの長丁場をスタミナたっぷりの競馬で快勝。2着アドマイヤエイカン、3着に外から伸びたモンドインテロが入った。, 戦前から注目はアルバートVSフェイムゲームの一騎打ち。レースはその通り、4コーナーで早め先頭に立ったフェイムゲームを直線アルバートが追う展開となる。坂上であっさりかわすと、アルバートが余裕の競馬で見事に同レースの3連覇を達成した。スタミナ勝負では日本で右に出る者はいない。3着にダイワメジャー産駒のプレストウィックが入線。, 前年度覇者のアルバートが貫禄のレース運びで連覇を達成。4コーナーで先に動き出したファタモルガーナを追い掛ける形で直線へ、最後までしっかりと伸びてゴール前で図ったかの様に差し切った。3着に2番人気モンドインテロが入線し上位人気馬同士の堅い決着となった。, 3連勝中のアルバートが、ムーア騎手を鞍上に直線で目の覚める様な伸び脚で突き抜けて重賞初勝利を達成。2着のカムフィーにラスト200mだけで5馬身差を付ける圧巻の内容だった。3着には長距離得意のカムフィーが入るも、3連単は2万円強の超低額配当で決着した。, 道中、逃げ馬の直後をインでピッタリ追走したデスペラード。4コーナーで上手く外に出すと、前を行くファタモルガーナをアッサリとかわして同レースの連覇を成し遂げた。1番人気のクリールカイザーも伸びてはいたが、立ち回りの差で3着入線。余程の事が無い限りは前めでの決着が多い傾向か。, クリールカイザーが早目に進出して出し抜けを狙うも、余力タップリで上がって行ったデスペラードがきっちりと差し切って余裕のVを決めた。2着には同じ形で上がったユニバーサルバンク、3着には昨年の覇者トウカイトリックが入線し、比較的順当な決着となった。, 往年のベテランランナー、トウカイトリックが豊富なスタミナを武器に若い世代の馬を撃破。共に6つも年下のファタモルガーナとデスペラードは、長老トウカイトリックの走りに手も足も出なかった。8→4→2番人気の順で決着し、3連単は25万円弱と中波乱の配当。1番人気のメイショウウズシオは果敢に逃げたが後続に次々と捕まり8着に敗退した。, 天皇賞馬のマイネルキッツが3コーナー辺りから一気に捲くって行き、直線でも脚は衰えずそのリードを更に広げて貫禄の重賞勝利を飾った。不良馬場で前残りを見越した三浦騎手の好騎乗が光ってレース。2着には先行した3歳馬のイグアスが粘り、3着には12番人気の古豪トウカイトリックが入線。3連単は40万円を超える大波乱となった。, 最内で距離ロス無く立ち回ったコスモヘレノスが直線も馬群を割って抜け出し優勝。後方から徐々に押し上げた2着のジャミールとは明らかに位置取りの差での決着。1番枠を上手く利用した鞍上のファインプレーだろう。3着には実力馬のネヴァブションが入り、3連単は4万円を下回る低額配当となった。, 超良血馬のフォゲッタブルが長距離戦で一気にそのポテンシャルを覚醒させた。前走の菊花賞でも強い内容で2着に入るなど充実著しく、鞍上の天才スミヨンに導かれ直線真ん中から堂々と突き抜けて重賞初タイトルを手に入れた。2着には13番人気のゴールデンメインが入線し、3連単は6万円弱と程良く荒れる結果となった。, 逃げる1番人気のフローテーションとそれを4コーナーで潰しに行ったエアジパングで直線叩き合いとなったが、かろうじて勢いの余った後者が最後の坂を駆け上がった所で態勢有利となりそのままゴールイン。横山典騎手の好判断だった。3着には高年齢のトウカイエリートが入線。早い上がりが出にくい分、こういった古馬でも十分戦える。, 4コーナー手前で一気に捲くって行ったマキハタサイボーグが人気のネヴァブションを競り落とし重賞制覇。同じく上がって行ったアドマイヤモナークが3着に入線し、圧倒的1番人気のトウカイトリックが4着に敗退した為3連単は60万円弱の高配当となった。同レースは前に行ったもの勝ちである。, 単勝1.7倍の断トツ人気に応え、アイポッパーが2着に3馬身差を付ける余裕の完勝。GⅠクラスの能力があるだけに紛れの少ない長距離戦では役者が違ったか。その2着にはこれも名ステイヤーのトウカイトリックが入線。上位人気陣での決着で3連単は2000円を切るガチガチの配当となった。, 圧倒的1番人気デルタブルースが中団追走から直線鋭く伸びて抜け出すと、後方から追い込んだエルノヴァの追撃をアタマ差抑えて快勝。3着に2番人気サクラセンチュリーが入線。驚異的なスタミナ勝負は得てして人気馬による決着となる事が多い。, 道中後方待機のダイタクバートラムが4コーナーで一気の進出。直線入り口で前を射程圏に捉えると1頭だけ違う伸びで後続を突き放し、最後は2着グラスポジションに3馬身差を付けて圧勝。3着には14番人気テイエムジェネラスが粘り込んで3連単は程良く荒れる結果となった。, 番手の競馬から抜け出したエリモシャルマンを中団から捲り気味で上がって行ったチャクラがクビ差かわして優勝。そこからハナ差の3着にはハッピールックが入線。1番人気のファストタテヤマは全く良いところが無くまさかの殿負けを喫した。, 道中逃げるスエヒロコマンダーを徹底的にマークしたホットシークレット。直線の叩き合いで競り落とすと、最後は後方から最速上がりで追い込んだダイタクバートラムをハナ差抑えて勝利。岡部騎手の巧みなエスコートと追い出しのタイミングで勝てたレースでもある。, タガジョーノーブルとスエヒロコマンダーの前を行く2頭が激しく叩き合う所を、中団から上がって行ったエリモブライアンがあっさりとかわして圧倒的1番人気に応えた。最後は2馬身半差を付ける内容で長距離戦線に殴り込みをかける内容だった。, タガジョーノーブルが楽逃げする形となり、それをマークしたホットシークレット。直線には行っても前2頭の勢いは衰えず、そのまま上位を形成したままゴールイン。上がりで勝ったホットシークレットが半馬身前に出て勝利を飾った。1.3倍のナリタトップロードは中団から伸び切れず4着に敗退。. 前回記事 数値としては高いものではありませんので、他条件と絡めて消し条件の一つと考えていけそうです。, 前走で5着以内までは[6-8-5-21]という結果になっており、特に連対で考えた場合はかなり高めの数値となっています。, こちらも前走着順と同様に前走で10人気以下だった場合は馬券内率は低い数値となっています。ただ6~9人気だった馬の馬券内率は高く、前走で中穴などに考えられていた馬でも軽視はできません。, また前走で1番人気だった馬は3着内率では50%と確率は高いものの、過去1着はなしという結果になっています。, 前走クラスとしては2勝クラス、GⅢだった馬は過去馬券となっていない為、消し候補となります。勝率としてはGⅡ以上の確率が高く、前走クラスが上位である程、信頼度も高めになると考えられます。, 前走が東京、京都以外となる馬の中で馬券に絡んだのは、前走が札幌の1度のみという結果です。出走数が少ない為、データの信頼度としては高いものではないかと思いますが、こちらに該当する馬の場合は消し候補として考えられそうです。, 過去1着となった馬は前走が2400m以上の馬のみで、それ以外での1着はありません。登録馬の中ではネイチャーレット、レイホーロマンスがそれぞれ2400m未満となっています。, 馬齢での差は比較的少なく、8歳馬であっても3着内率で15%以上と軽視はできない数値です。3~8歳まで消し条件や割引として考えられる程の数値差がない為、馬齢での差分は難しいと考えていいでしょう。, 馬体重が520kg以上だった馬は過去全18頭が出走し、連対は一度もないという結果です。現時点での登録馬の中で、前走の馬体重で520kgを超えている馬はいませんが、体重増加でもし超えている馬がいた場合、注意は必要でしょう。, 以上がステイヤーズS2019の過去傾向となります。 ↓↓↓↓ ↓↓↓... 2019年のエプソムカップの予想を行っていきますが、前回の前提条件を基に、過去馬券となったデータを合わせて詳細な絞り込み条件を決めていこうと思います。 ┗三連複BOX:10点×1000円 京都大賞典2019競馬予想。過去のレース結果を見る京都大賞典の歴代勝ち馬・優勝馬1着から3着馬の前走傾向を ... レースラップ・13.3-11.3-13.0/12.4-12.2-12.6/12.7-12.9-12.6/12.5-13.1-12.7/12.3-12.0-11.9/12.0-11.7-11.8, 2017年ステイヤーズステークス1着、アルバート(オッズ・1番人気。血統・アドマイヤドン産駒)の前走は、アルゼンチン共和国杯(東京競馬場・芝2500m)でした。, レースラップ・7.4-11.3-11.2/12.2/12.1-12.3-12.2/12.1-11.8-11.8/11.9-11.6-12.1, アルバートは、6枠11番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ。中団に位置を取って行く。, 逃げて行ったのは、マイネルサージュ。テン3ハロン36.0秒。標準くらいの早さな逃げ。アルバートのテン3ハロンは37.2秒。遅めなラップ。, 1角-2角。内に2頭外を強目に押さえつつ回って行く、アルバート。逃げ馬のペースは早すぎるラップを刻んでいるわけではないのだけど、釣られないように抑え込んでる感あり。, 向正面。逃げ馬・マイネルサージュのペースは早くもなく遅くもなく→残り1200mからじわじわペースアップして行く。アルバートは中団の外目を追走して行く。, 3角-4角。アルバートは内に2頭いる外から3頭いる外へと出して行く。上がって行く。, 直線。追い出せる位置は確保。アルバートは馬場の外から追い出してく。追って、追う。しかし、内から抜け出したスワーヴリチャードは遥か先。なかなか内の馬たちを交わしていけない。その状態はゴールまで続く。伸びてはいるもののアルバート4着。上がり3ハロン35.6秒。, ※【ステイヤーズステークス2017・過去結果データメモ】アルバートの斤量はアルゼンチン共和国杯から1.5キロ減の57キロ。前走のアルバートは、標準なテン3ハロンラップ+中間から少しずつ早くなる展開の中で競馬。4つのコーナー内に2頭いる外をきっちり回って行く。58.5キロのトップハンデ。, 逃げ馬の作るペースが脚のためにくさを作る中、距離ロスあっての上がり3ハロン35.6秒であれば評価できる。2017年のステイヤーズステークスは1.5キロ減。しんどい競馬の次走、斤量減は買い材料。. 2019年11月30日(土) ステイヤーズステークス(GⅡ) 中山競馬場・芝3600m 過去8年分のデータ分析と予想です。 ※1週前予想なので回避馬が含まれる場 […] 【サウジアラビアロイヤルカップ(G3)】2020 過去6年データ分析レース傾向 予想. 【京都大賞典(G2)】2020 過去10年データ分析レース傾向 予想 今年は中京開催となる為、過去データの傾向から大きく異なる場合もあり... 2020年6月14日開催のエプソムカップを消去法を使って予想していきます。直近10年間の過去傾向のデータを基にして、消去条件などを決めていくので、ご参考までにm(__)m -JRA重賞・過去レース映像分析, 中山競馬場, 馬券. あなたの予想はもうお決まりですか?こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。 当たった際には是非コメントお願いいたしますw 無料買い目参考情報 【無料メールマガジンの登録はこちら】 10月4日(土) 的中のG1スペシャルプラン 中山11R 【22万5400円】的中 【無料メールマガジンの登録はこちら】 今週の企画・お薦め ・お客様の声:どのプランに参加するのがお得でしょうか? プラン名と参加条件等の詳細情報がほしいです。 ☆重賞・ターゲットプラ ... 【京都大賞典】2020予想レース展開/馬券考察。買い目も公表中 あなたの予想はもうお決まりですか?こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。 当たった際には是非コメントお願いいたしますw 無料買い目参考情報 【無料メールマガジンの登録はこちら】 10月4日(土) 的中のG1スペシャルプラン 中山11R 【22万5400円】的中 【無料メールマガジンの登録はこちら】 今週の企画・お薦め ・お客様の声:どのプランに参加するのがお得でしょうか? プラン名と参加条件等の詳細情報がほしいです。 ☆重賞・ターゲッ ... 【京都大賞典(G2)】2020 過去10年データ分析レース傾向 予想 あなたの予想はもうお決まりですか?こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。 当たった際には是非コメントお願いいたしますw 無料買い目参考情報 【無料メールマガジンの登録はこちら】 10月4日(土) 的中のG1スペシャルプラン 中山11R 【22万5400円】的中 【無料メールマガジンの登録はこちら】 今週の企画・お薦め ・お客様の声:どのプランに参加するのがお得でしょうか? プラン名と参加条件等の詳細情報がほしいです。 ☆重賞・タ ... 【京都大賞典】2020 予想オッズ/出走予定馬短評 あなたの予想はもうお決まりですか?こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。 当たった際には是非コメントお願いいたしますw 無料買い目参考情報 【無料メールマガジンの登録はこちら】 9月26日(土) 的中のゲットマネープラン 中京4R 【133万3800円】的中 【無料メールマガジンの登録はこちら】 今週の企画・お薦め ・お客様の声:どのプランに参加するのがお得でしょうか? プラン名と参加条件等の詳細情報がほしいです。 ☆Super Jockey's ... 無料買い目参考情報 【無料メールマガジンの登録はこちら】 9月26日(土) 的中のゲットマネープラン 中京4R 【133万3800円】的中 【無料メールマガジンの登録はこちら】 今週の企画・お薦め ・お客様の声:どのプランに参加するのがお得でしょうか? プラン名と参加条件等の詳細情報がほしいです。 ☆Super Jockey'sプラン☆ Super Jockey'sプランは、9月27日(日)に2桁配当の的中を出したプラン 9月で終了予定でしたが、会員様の沢山の延長リクエスト、嘆願により、 1ヶ月のみ10月 ... -データ分析, 京都大賞典 本命予想 またTwitterでも情報を出していくので、よければフォローして頂けると嬉しいです♪, […] 【ステイヤーズステークス予想2019】出走予定馬と配当過去データ2019年11月… うま屋総本家にて無料情報で 11月23日(土)京都7R 三連単≪82,200円≫的中!! 穴予想 第70回 毎日王冠(G2) 2019 2019/10/6(日)東京競馬場で行われるのは、天皇賞・秋のステップレースでもある、第70回毎日王冠(芝1800m)。古馬vs3歳馬が焦点となる一戦。まずは過去 ... 【無料メールマガジンの登録はこちら】 無料買い目参考情報 9月6日(日) ●小倉4R 的中● 5-9-4 144点 「280,990円」×200円 →「56万1980円」の払い出し ●新潟1R 的中● ... 第24回 エルムステークス(G3) 2019 2019/8/11(日)札幌競馬場で行われるのは、第24回エルムステークス(ダ1700m)。幾度となく施行時期や場所が変更され、2015年から現在の日程に ... 無料買い目参考情報 【無料メールマガジンの登録はこちら】 9月26日(土) 的中のゲットマネープラン 中京4R 【133万3800円】的中 【無料メールマガジンの登録はこちら】 今週の企画・お薦め ・ ... 【サウジアラビアロイヤルカップ(G3)】2020 過去6年データ分析レース傾向 予想 あなたの予想はもうお決まりですか?こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。 当たった際には是非コメントお願い ... 今月限定!友達追加でもれなく最大2,500円分LINE payプレゼント! 本命予想 ┗払戻し:22,200円(回収率222%), 1着1人気が1.4倍と低オッズだった為、配当は20倍程度ですが、2着以下が4~5人気と中穴を的確に狙った買い目で見事に回収率200%超。無料で貰える情報の精度としては充分ですね。, 10月を通してみても毎週的中を重ねており、穴をしっかり的中させ、無料の情報としてはかなり高い5万円以上の配当も出ています。今後毎週欠かさずチェックしておきたい内容です(笑), 過去の傾向としては、2013年以降の直近は順当決着になる事が多く、ここ3年間では三連単でも数千円というかなり堅い結果となっています。過去2011~2012年は荒れる結果となっていますが、基本的にはオッズの信頼度は高めで、堅めの決着になると考えて予想をしていきます。, 執筆時点での登録馬は全13頭となっており、ステイヤーズSを過去3連覇しているアルバート、昨年1着のリッジマンは人気馬として濃厚でしょう。 2019年11月30日開催のステイヤーズステークスの予想を行っていきます。まずは今回の記事で過去10年間のデータを基に消去条件を探り、次回の記事で消去対象となる馬を決め、最終的な予想を行っていく予定です。更新しましたステイヤーズS中山11r やや他の枠と比較して数値が高い枠は5枠で、3着内率で30%以上という結果になっています。, 前走で10着以下など大敗馬であっても馬券に絡んでいますが、この内の二度は2012~2013年のトウカイトリックとなっています。 まずは過去5年の馬券に絡んだ馬のデ... 2019年9月8日開催の京成杯オータムHの予想を消去法を使って行っていきます。 前回挙げた過去データと基に傾向から、今回の消去条件を決めています。ご参考にして頂けると幸いです♪ 「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」. 過去データを基に、主に消去法を使った予想を毎週公開しています。TwitterやYoutubeもやっているので、宜しければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪, 過去レースのデータから傾向を探り、消去法を使った推奨馬や外厩、騎手適性、過去馬券データなどの情報を公開しています. 過去10年間のデータを参照して、傾向をみつつ消去条件などを決めていくので、ご参考までにm(__)m 2019年11月30日開催のステイヤーズステークスの予想を行っていきます。まずは今回の記事で過去10年間のデータを基に消去条件を探り、次回の記事で消去対象となる馬を決め、最終的な予想を行っていく予定です。, 【おすすめ直近の的中】 プラン名と参加条件等の詳細情報がほしいです。, 重賞・ターゲットプランは、10月10日(土)サウジアラビアRC、10月11日(日)毎日王冠の有力情報を既に入手済み! 当たった際には是非コメントお願いいたしますw, ・お客様の声:どのプランに参加するのがお得でしょうか? 穴予想 毎週重賞データ予想をお届けします♪. 今週末は3桁配当の的中を目標に、9月に記録を更新した重賞・ターゲットプランの過去最高配当額の200万円超えを超える的中をお届けする予定, 2020/10/11(日)京都競馬場で行われるのは、毎日王冠と同じく天皇賞・秋の前哨戦となる京都大賞典(芝2400m)ですが、こちらは距離適性を重視して、ジャパンカップへ向かう馬も多い一戦。昨年は大波乱でしたが、今年はどうか。過去10年の検証します。, 過去10年の京都大賞典における単勝人気別の成績を見てみると、1番人気が4連対、2番人気も3連対では信頼度今ひとつ。0勝とはいえ、2着4回の6番人気か、もしくは2勝を挙げる11番人気に注目の手もありそう。, 11番人気快勝の2年を見ると、穴馬が勝つ時は人気馬が来ないパターン。堅め決着か大波乱かのどちらか。, ディープインパクト、キングカメハメハ産駒が3勝ずつでトップタイ。ハービンジャー産駒の成績もいい。反面気がかりなのが、長距離砲のハーツクライとステイゴールド産駒が不振な点。. ※最... エリザベス女王杯2020予想【消去法】(阪神開催)過去10年間の傾向データと外厩情報, 【ステイヤーズステークス2019】厳選6頭!消去法データ予想 | もやしのデータ競馬予想ブログ. Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 表をスクロールすると過去10年の成績を見ることができます。 赤・黄・青といった真ん中の枠の構想が目立っている気がします。 近年こそ落ち着いてきましたが、昔はだいぶ荒れている様子でしたね。いきなり大荒れなんてこともあるレースなのかなという印象を受けました。 詳しいことはデータをみながら確認していきましょう! 11月30日開催のステイヤーズSを消去法を使い、予想していきます。前回の過去傾向のデータと、過去10年間の出走馬データを基にして消去条件を決めていますので、ご参考までにm(__)m 前回記事 ステイヤーズS2019最終考... 2020年10月31日開催となるスワンステークスを消去法を使って予想していきます。 ステイヤーズステークス・2020競馬予想。過去の結果から1着~3着馬の前走レース映像分析。ステイヤーズステークスで馬券になる前走、スタートからゴールまでレース中に何があったか過去動画を分析して傾向をデータ化。ステイヤーズステークスの競馬予想は過去の結果の傾向から。 昨年ステイヤーズS3着のモンドインテロも登録しており、こちらも有力ではありますが、現在まで5戦連続2着のサンシロウあたりも注目しておきたいところです。, 人気別の勝率としては、1番人気の信頼度が高く、過去10年間で1着が6回という結果になっています。一度のみ8番人気が1着という結果がありましたが、それ以外では全て5番人気以内となっており、平均してオッズの信頼度は高めと考えられそうです。, 10番人気以下であっても2度馬券内がありますが、どちらも2011年以前の結果となっており、直近ではほぼ上位の人気馬で占めています。, 内外の有利不利の傾向は弱く、特段低い数値の枠はありません。 -10年, 2020, データ, 予想, 京都大賞典, 傾向, 出走予定馬, 分析, 台頭馬, 穴馬, 過去, 騎手, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. エプソムカップ2019選定条件 日本競馬最長のスタミナ戦、ステイヤーズステークス。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!! ■11月8日(日) 毎週重賞データ予想をお届けします♪. ※... 2020年9月27日開催となる神戸新聞杯を消去法を使って予想していきます。過去10年間のレース結果のデータを基に消去条件などを決め、予想していくので参考までにm(__)m ↓↓↓↓ 京都大賞典2020予想/こじはる3連単5頭BOX本命は?