TENET-テネットの解説考察!ニールの最後の意味や正体は だった?あらすじネタバレ感想評価も - CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

『「tenet テネット」ネタバレ解説2 逆行する銃弾の謎、バーバラの研究所、ニールの謎』 「tenet テネット」のネタバレ解説記事です。自己解釈なので、公式な解釈とは異なっている場合があります。最後まで完全にネタバレになります。ご了承ください。 また最後の作戦が、順行10分「ten」と逆行10分「net」の「時間のはさみうち作戦」だったことから、合わせて「tenet」ともなります。10分、10秒は、それ以外にも何度かでてきました。 「tenet テネット」は、世界滅亡を阻止する組織名 でもあります 映画『テネット』の考察&解説です。2周目見に行く前に必見です。"時間の挟み撃ち"の図解や「ニールが2人いた説」などに関して詳しく考察しています。

多くの視聴者が一度見ただけでは、理解できない映画がクリストファーノーラン監督のsf超大作テネットです。すでに複数の記事であらすじ、トリビアなどを紹介していますが、この記事ではさらに本作の難しくて見落としがちな細かい設定を解説していきます。 『テネット』感想・評価【後半ネタバレ解説】ニールの最後や時系列、複雑なルールを考察 映画『キングダム』ロケ地はどこ? 採掘場や竹林・洞窟でも撮影? 映画の感想ブログです。基本的にその映画が観たくなるように、ということを意識して記事を書きたいと思っています。, 「TENET テネット」、2回目観ると1回目とはまた全然違った面白さがありますね。, 順行で意味不明だったことが、逆行でもう一度辿り直すところで種明かしされる爽快感。おお、これ「カメラを止めるな!」だったのか。, 3回目はまた2回目とは違う面白さがあるはず。これ本当、何回でも繰り返し楽しめる別種の映画ですね…。, …という楽しみ方自体も、見方を変えて同じ時間を繰り返す「テネット」的と言えるかもしれない。, というわけで、まだ理解は浅いと思うんですが、わかった範囲で少しずつ書いていこうと思います。あとでまたいろいろ気づきそうなので、後から何度も更新するかも。, 例によって、自己解釈です。公式なものと違ってたりするかもしれない。ご了承ください。, 例によって時系列にそって進めますが、映画の構成がああなので、どうしても後の方で出てくることを最初の方で言及したり、ネタバレしたりすることがあります。, 最初に映し出されるワーナー・ブラザーズのロゴは赤。次のシンコピー・フィルムズのロゴは青で表示され、シンコピーのところでは音が逆転して聞こえます。, 「テネット」では全体を通して、時間の順行は赤、逆行は青のイメージが与えられています。超難解なのにこういうところはやけに親切。, 映画はいきなりキエフのオペラハウスのテロから始まります。その背景はその時点ではほとんど説明されないので、のっけから非常に理解が難しいものになっています。, ここでは、背景を先にまとめて紹介することで、オペラハウスで起こったことの理解につなげたいと思います。, 遠い未来…か近い未来か分かりませんが、地球は環境破壊などで「未来のない状態」に陥り、人類は滅亡に瀕します。, その時に邪魔になるのが、過去に暮らしている我々現代人、ということになります。そこで、未来人と現代人の間で行われることになるのが来るべき「第3次世界大戦」です。, ここで開発された時間逆行技術というのは、タイムトラベルではありません。自由に行きたい時間に瞬間移動できるわけではない。, あくまでも、時間の流れる向きを逆転させるだけです。だから、人や物を過去に送り込むには、通常の時間経過と同じだけの時間がかかります。, 10年前の過去に行くためには、実際に10年間逆行時間の中を生きなければならない、ということです。, 逆行時間の中では、自分以外のすべてが逆再生状態になるので、とても暮らしにくく、空気をそのまま呼吸することもできません。, 逆行状態の中で人が生きるためには、時間の向きを変えた空気をマスクで吸う必要があります。, 世界全体の時間の流れが逆転したら、現代人は呼吸することもできず、全滅することになります。未来人の勝利です。, しかしその科学者は、アルゴリズムを使用したら自分たちも破滅するのではないかとの不安に取り付かれます。, 現代人は未来人にとって祖先に当たるので、現代人が全滅したら未来人も存在できない。祖父殺しのパラドックスです。, これ、未来人の主戦派は起こらないと考えているようですが、どういう根拠でそう信じられるのかは不明です。, 「過去に隠す」と言っても、タイムマシンで送り込むわけではない。未来において、ある場所に置かれたアルゴリズムが、過去に向かってその場所に存在し続けるだけなので、それが置かれる場所は、長い時間に渡って人が簡単に近づけない、途中で持ち去ったりできない場所に限られます。, アンドレイ・セイターは旧ソ連の軍事都市スタルスク12に生まれ育ちました。1970年代、核事故が起こって廃棄された「地図にない街」です。, セイターは瓦礫を漁り、爆発で散らばったプルトニウムを拾い集め、武器商人として財を成していった…というのが表向きでしたが、実際にはセイターは瓦礫の中で未来人からのメッセージを見つけ、契約していました。, セイターは、世界各地の核貯蔵施設から、核物質を入手して横流しするという武器商人としての仕事の過程でアルゴリズムを集めていき、未来人からのタイムカプセルという形で、報酬の金塊を受け取っていました。, オペラハウスのテロの直前の時点で、セイターは既に8つのアルゴリズムを集めていました。オペラハウスにあった「プルトニウム231」は、残る最後の1つです。, 未来人の中にもアルゴリズムの使用に反対する一派がいて、現代に警告として物品や情報を送り込んでいました。それによって、(おそらく過去や現代ではなく、幾ばくかの未来において)設立されたのが「TENET」と呼ばれる秘密組織であり、未来からの侵略に抵抗し、アルゴリズムの起動を阻止するために活動していくことになります。, オペラハウスにあったアルゴリズム(表向きにはプルトニウム231)は、元はと言えばロシアのミサイル基地に隠されていたものであるようです。セイターが2008年に基地を制圧し、大量の核弾頭を持ち出しました。セイターの真の狙いはアルゴリズムだったでしょうが、それはその時は彼の手に入らず、ロシアかウクライナの軍関係者の手に渡ったようです。, VIPルームで軍関係者と同席していた男が、セイターの命を受けてアルゴリズムの受け取りを行ったのでしょう。しかし彼は、CIAが送り込んだスパイでした。, ここで行われている作戦は、ロシアの核施設からプルトニウムを持ち出して拡散させる武器商人セイターの行動を止めるために、CIAがスパイを送り込んでプルトニウムの奪取を図った…という構図です。, しかし、これはあくまでも表向きの話。実際にはセイターが手に入れようとしているのはプルトニウムでなくアルゴリズムであり、CIAの行動にも実は秘密組織テネットの意思が介在している…ということになります。, セイターは男がCIAのスパイであることに気づき、オペラハウスに偽装テロを仕掛けて、息のかかった治安部隊を送り込み、混乱に乗じてアルゴリズムを奪い取ろうとします。, CIAは(テネットは)更にそれに気づき、治安部隊の中にチームを紛れ込ませて、スパイの救出とアルゴリズムの確保を目指します。, これだけ複雑な背景があり、更にテロの現場についても表向きと実態の二重構造になっていて、そのうちの表向きすら観客には知らされない状態…なので、そりゃ初見ですべてを理解するのは不可能ですね。, ジョン・デイビッド・ワシントン演じる主人公は劇中で一切名前が呼ばれず、日本語の表記では一貫して「名もなき男」と呼ばれています。, 原語の表記では"Protagonist"。これは「主役、主人公」の意味です。まさに映画の「主役」という、匿名の表記ですね。, ただ、そういった「名無し」としての意味だけでなく、劇中では彼について「主役」という言葉が何度か登場しています。「主役」は物語の中でも、非常に重要な意味を持つ言葉です。, なんですが、パンフレットなどの表記はすべてそうなっているので、ここでは「名もなき男」という呼び方で進めたいと思います。, テロが起こるのは「14日」です。これは後に名言されるのですが、何年何月の14日なのかは明らかにされていません。, ウクライナの首都、キエフのオペラハウス。オーケストラのコンサートが始まろうとした時、テロリスト集団が侵入。劇場を占拠します。, …が、このテロは偽装。名もなき男を含むCIAのチームは、テロリストが行動を起こす前から劇場の前にいて、ことが起こるのを待っています。, 駆けつけた治安部隊に紛れ込むため、彼らは用意したワッペンの中から同じものを選んで身に付けます。, 治安部隊は会場に催眠ガスを注入。あっという間に観客は眠りに落ちます。テロリストたちはガスマスクを身につけ、突入した治安部隊との間で銃撃戦になります。, 軍将校らしき男と同席していたスパイを見つけ出し、テロが偽装であること、潜入がバレたことを伝え、脱出させます。, この時の合言葉が「黄昏に生きる(We live in a twilight world)」「宵に友なし(And there are no friends at dusk)」。, 名もなき男はクロークに走り、スパイが預けた荷物の中の「プルトニウム231」を回収します。, これはCIAのエージェントが仲間を識別する符丁と思われます。人目につかない世界で生きるエージェントの宿命、それを生き抜いても仲間と共にあることはできないエージェントの孤独を示しているようです。, 時限爆弾を誰が仕掛けたのかについて、セイターかな?という程度の認識しかなかったんですが、あらためて考えてみると、これはたぶんプリヤじゃないかという気がします。, プリヤはキャットを殺すことに強くこだわっていました。また、プリヤの部下であるアイブスはアルゴリズムを隠したら死ななければならないと決めていました。, アルゴリズムを隠しておくことが最大の目的であり、アルゴリズムについて知るものは絶対に、生きていてはならない。それが、プリヤの主義(テネット)でした。, それに対して、名もなき男はオペラハウスで迷わず時限爆弾を回収し、キャットも絶対に生かそうとします。, 無関係な人が犠牲になって死ぬようなことがあってはならない、というのが名もなき男の主義(テネット)なんですね。, 本作は、この二つの主義(テネット)が対決して、どちらが「主役」になるかを争奪する物語だったのではないか…と思うのです。, 時限爆弾を回収しようとした名もなき男は、治安部隊の男に怪しまれ、殺されそうになります。その危機を救ったのが、逆行する銃弾でした。, 逆行する銃弾を撃った(キャッチした)男は、リュックに5円玉のような穴の開いたコインをぶら下げていました。, これは最後のオチとなるネタ。ネタバレ解説なので書いちゃいますが、この男の正体はニールです。, この同じ日に、未来から逆行してきた名もなき男とニールは共に、スタルスク12の作戦に参加しているのですが、順行状態の二人も共にキエフのオペラハウス作戦に参加していたことになります。, このニールはしかし元々は、名もなき男と同時代の人間ではなく、未来から逆行してやって来た人物です。, どれくらい未来かは不明ですが…、たとえば仮に3年だとしても、3年前に行くためには3年間逆行時間の中で過ごさねばならないわけなので、これはなかなか大変な任務ですね。, この時点の名もなき男はまだ何も知らないわけですが、未来の名もなき男はニールが自分を救ったことを知っているので、ニールに自分を救うべきしかるべき時と場所を指示することも可能…って、これは因果が堂々巡りになってるパラドックスと言えますね。, オペラハウスを脱出した名もなき男と仲間の一人は車に逃げ込みますが、それは敵の罠でした。, セイターはCIAの内部に内通者を持っており、自殺用のピルを入手することもできるので、CIAの行動もセイターの計算の中にあらかじめ含まれていたのかもしれません。つまり、CIAにわざとアルゴリズムを持ち出させ、そこを捕まえる作戦です。, しかし、アルゴリズムは下水道を使って運ばれたのでセイターが手に入れることはありませんでした。この辺り、セイターと(未来の)名もなき男との間で、激しい読み合い、駆け引きが行われているようです。, この間、ニールは何をしてたのか?ですが、起こることをあらかじめ知っているはずの彼が、いち早く助けに来られないはずはないですね。, ニールなら、苦しんでいる名もなき男を放っておくことはできないはずです。それでも助けないのは、名もなき男本人の意思以外にはあり得ないと思われます。, 助かった後で「これはテストだった」ということになりましたが、この拷問に耐え抜いて、仲間を守るために自殺を選ぶことは、名もなき男が過去の自分自身に課したテストなのでしょう。, ここも、凝った解釈をしましたけど、テストの首謀者はシンプルにプリヤかもしれないですね。「セイターに近づくには主役が必要」なので、プリヤは主役を見つけ出す必要があっただろうし、こんな残酷な行為も迷わないだろうから…。>, 名もなき男がピルを飲んだ時点で、ニール…かどうか分かりませんがテネットのメンバーが介入し、男たちを殺して名もなき男を救出したのだと思われます。, 名もなき男は自殺ピルは偽物だったのかと疑っていましたが、これが偽物ではいざという時に役に立たないので、本物だったでしょう。CIAはメンバーに渡す毒の解毒剤を持っている、と解釈する方が自然だと思われます。, 毒が偽物であるのは、テロも敵も拷問もすべてテストのための偽物だった…という場合ですが、プルトニウム231241(アルゴリズム)は実在していたので、それはあり得ないと思います。, この映画では様々なところで「対になる存在」が示されるのですが(回転ドアの使用による対消滅、対生成など)、これもその一つですね。, 毒による死を境として、名もなき男という存在は二つに分かれる。通常の世界の存在と、テネットの世界の存在とに。まさに一度死んで生まれ変わる、来世(After Life)ですね。, ここはノルウェー中部の街トロンヘイムの近くの海の上。「TENET」という単語を合言葉とする秘密組織の病院船の中です。, 名もなき男に「ようこそ来世へ」と呼びかける男はフェイ(マーティン・ドノヴァン)。仲間を守るために死を選んだ名もなき男は「テスト」に合格したのだと伝えます。合格したのは彼一人だったとも。, テストの首謀者が未来の名もなき男自身だとしたら、彼は自分と同じCIAエージェントたちの中から、自分の代わりに重責を担うべき人物を見つけ出そうとしたのかもしれません。, しかし、テストに合格したのは彼自身一人でした。名もなき男が経験した過去はそうだったはずだから、変わらなくて当たり前ではあるのですが。, それでも名もなき男としては、誰か自分の代わりになり得る男を探さずにいられなかったのかも。それほどに、未来との戦いの指導者という地位はしんどいものなのでしょう。, 代わるものはいない。彼一人しかいないからこそ、彼が「Protagonist/主役」なのだということでしょう。, こんな情報だけで、命がけの任務を引き受けろと言われても…となりそうなもんですが。もっとちゃんと説明しろよ!と言いたくなる。, でも何も聞かない名もなき男。まあCIAでも、任務の詳細は知らされないままのミッションが多かったでしょうから、慣れてるんだろうけど。それにしても情報が少なすぎる…。(観客にとっても。), 冷戦というのは、未来人との間で行われる戦争が、誰にも気づかれないまま静かに、水面下で行われている…ということなのでしょう。, 実際に映画の終わり、このミッションの終わりでも、「危ないところだったが、誰も何も気づかずに終わった」ということが語られます。, 未来人との戦争は、何かが起こってしまったら世界全体が終わる。それを未然に防ぐことが戦いだから、戦いは誰にも気づかれない。そういう意味での「冷戦」でしょう。, テネットの組織がこれから起こることについての情報を持っているとしても、正しいルートだけを選べるわけじゃない。間違った展開も、起こってしまったことは避けることができないから、名もなき男はこれから「正しくないドア」を開けることになる…というような意味でしょうか。, この辺りは、パラドックスを含んでいます。例えば、この時点でフェイが「黒幕はセイターだ。お前はタリンで最後のアルゴリズムをセイターに渡すことになるので、タリンに行ってはダメだ」と教えたらどうなるのか?, そうなると完全な矛盾が出現することになるわけですが。パラレルワールドが出現するのか、それとも世界が滅亡するのか。, ともかく、「テネット」世界ではそのような過去改変はタブーとして許されていないようです。, 組織が何を知っているのか、いつの時点でどこまで知っているのか…というのも複雑です。, 順行の時間軸では、この時点でまだ名もなき男はプリヤにも接触しておらず、セイターが怪しいということも突き止めていない状態です。, しかし、プリヤと会い、セイターと渡り合って、タリンでアルゴリズムを奪われた後、逆行するセイターを追ってきた逆行の時間軸ではいろんなことが判明しているし、そもそもこれより前の「オペラハウスのテロと同じ日」にスタルスク12で大規模な作戦行動が行われているわけです。, もうこの時点で、逆行したセイターは死んでおり、アルゴリズムをめぐる世界の危機は回避されたという結末が、確定している。, しかし、その結末は、あくまでも名もなき男の一連の行動の結果としてもたらされたものなので、名もなき男がそれらの行動を起こさなければ、その結末もあり得なかった…ということになります。, たとえ結末が確定していて、何もかもを組織が既に知っているとしても、やはり名もなき男は一から行動をとっていって、その結末をもたらす原因を作っていかなければならない…ということです。, だから、やっぱり「主役」なんですね。「主役」の行動があって初めて、結果もある。誰かが「主役」にならなくちゃならない。, 名もなき男は洋上風力発電の風車の中で、ミッション開始までの時間を過ごすことになります。, なぜここで一定時間を過ごす必要があったのか…はよくわかりませんが。この後のオスロやタリンでのイベントにタイミングを合わせるための時間稼ぎ…でしょうか。, 日本ではあまりなじみのない洋上風力発電ですが、ヨーロッパでは盛んで、デンマークやイギリスなどの沿海に多くの風車が建てられています。, トロンヘイムにはノルウェー科学技術大学があって、洋上風力発電の技術開発を行っています。, 風車の中で懸垂したりして何日か過ごした後、名もなき男は電力会社の作業員に紛れて、陸へと戻っていきます。「反射ベストとバインダー」、とてもよく似合ってますね。, 「TENET テネット」 ネタバレ解説1 基本的な背景の解説と、オペラハウスの全容 | MOJIの映画レビュー, 「黄昏に生きる(We live in a twilight world)」「宵に友なし(And there are no friends at dusk)」, アルゴリズムについて知るものは絶対に、生きていてはならない。それが、プリヤの主義(テネット), 無関係な人が犠牲になって死ぬようなことがあってはならない、というのが名もなき男の主義(テネット), これより前の「オペラハウスのテロと同じ日」にスタルスク12で大規模な作戦行動が行われている, 『「TENET テネット」 映画全体が回文という前代未聞。超絶アイデアが最高! ネタバレややあり』, Tenet(2020 アメリカ)監督/脚本:クリストファー・ノーラン製作:エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン製作総指揮:トーマス・ヘイスリップ撮影:ホイ…, 『「TENET テネット」ネタバレ解説2 逆行する銃弾の謎、バーバラの研究所、ニールの謎』, 「TENET テネット」のネタバレ解説記事です。自己解釈なので、公式な解釈とは異なっている場合があります。最後まで完全にネタバレになります。ご了承ください。こ…, 『「TENET テネット」ネタバレ解説3 プリヤとは何者か、オスロのフリーポートの解読』, 『「TENET テネット」ネタバレ解説4 セイター登場、セーリング、金塊の謎、そしてタリンへ』, 『「TENET テネット」ネタバレ解説5 難解な逆行カーチェイスを徹底的に詳細解説!』, この記事は、「TENET テネット ネタバレ解説1」「TENET テネット ネタバレ解説2」「TENET テネット ネタバレ解説3」「TENET テネット ネ…, 『「TENET テネット」ネタバレ解説6 逆行弾による傷の問題、キャットの負傷の問題、爆発凍結の謎』, 『「TENET テネット」ネタバレ解説7 タリンからオスロへ。アルゴリズムの謎、プリヤの立場』, 『「TENET テネット」ネタバレ解説8 「記録」とは何か。10分間の挟撃作戦、ニールの行動の図解』.