福岡ソフトバンクホークス(2005年~現在), 1989年、南海ホークスから福岡ダイエーホークスと転身した際に、本拠地を福岡に移転しています。, <球団名の変遷> 中部日本ドラゴンズ(1947年) 広島東洋カープ(1968年~現在), 1950年からの歴史を持つにも関わらず、球団名が1度しか変わっていないのが広島東洋カープです。, <球団名の変遷> プロ野球のスタートは1934年、現在の読売ジャイアンツが大日本東京野球倶楽部とそて発足したころまで遡ります。深い歴史を持つプロ野球について、当記事では球団名の変遷を振り返ります。12球団の球団名年表も作成していますのでご覧ください。 越田 匠「日本プロ野球の歴史とスポンサー」 (2015 年1 月10 日提出 ゼミ卒業論文) 6 / 28 1967 川上 哲治 1 134 0.646 0.265 162 2.87 2,082,000 阪急軍(1936~46年) 名古屋ドラゴンズ(1951~53年) クラウンライターライオンズ(1977~78年) 中部日本(1946年) 中日ドラゴンズ(1948~50年) そのスタートは1934年、現在の読売ジャイアンツが大日本東京野球倶楽部として発足したころまで遡ります。, また、オーナーの変遷も合わせてご覧いただくと、よりプロ野球の歴史を深く理解できますので、あわせてご覧ください。, 野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。 サンケイスワローズ(1965年) 西鉄ライオンズ(1951~72年) オーナー企業を知ると、野球界の歴史を感じられるでしょう。是非ご覧ください。... プロ野球球団には、正式なチーム名と呼称が存在します。阪神タイガースが正式名称、「阪神」や「タイガース」が呼称ですね。一般的に正式名称の一部が呼称として使われますが、巨人だけは異なります。正式名称は讀賣ジャイアンツであるにもかかわらず、なぜ、「巨人」と呼ばれるのでしょうか。2つの視点で解説します。... 野球にはアンダースロー(サブマリン)と呼ばれる下手投げの投球フォームが存在します。 セネタース(1946年) 東映フライヤーズ(1954~72年) | Activeる! プロ野球年表 1934(昭和9)年 大日本東京野球倶楽部(現・読売ジャイアンツ)が誕生。 1936(昭和11)年 東京巨人、大東京、東京セネタース、大阪タイガース、阪急、名古屋金鯱、名古屋の7球団で日本職業野球連盟が創立される。 阪急ベアーズ(1947年) 当記事では、セ・パ12球団のオーナーをご紹介し、さらには歴代のオーナーについても一覧化します。 大洋松竹ロビンス(1953年) ヤクルトアトムズ(1970~73年) ロッテオリオンズ(1969~91年) プロ野球の長い歴史を見てもアンダースロー投手として …, eBASEBALLプロリーグとは、NPB(日本プロ野球機構)とKONAMIが開催する実況パワフルプロ野球のプロ大会です。 大阪野球倶楽部(1935年) 西鉄クリッパース(1950年) 阪神タイガース(1961年~現在), ジャイアンツと並んで歴史ある球団で、巨人VS阪神が伝統の1戦と呼ばれるのはこのような歴史的背景があるのです。, <球団名の変遷> 横浜大洋ホエールズ(1978~92年) https: …, プレミア12とは、4年に1度開催される野球の世界大会で、WBSC(World Baseball Softball Confederation …, 【2020年プロ野球チップス第2弾】スペシャルボックス レビュー【定価・購入方法・特徴】. 日本ハムファイターズ(1974~2003年) 国鉄スワローズ(1950~64年) 読売ジャイアンツ(1947年~現在), <球団名の変遷> 北海道日本ハムファイターズ(2004年~現在), その後、長らくフライヤーズのチーム名で運営されており、ファイターズの名称となったのは1974年のことでした。, 東京を本拠地にしていた球団でしたが、2004年からは本拠地を北海道に移しています。, <球団名の変遷> 埼玉西武ライオンズ(2008年~現在), 西鉄クリッパーズとして1950年にスタートした埼玉西武ライオンズは、1951年から「ライオンズ」のチーム名を使用しています。, 「ライオンズ」は1951年以来途切れることなく使用されており、伝統あるチーム名と言えますね。, オリックス・ブルーウェーブと大阪近鉄バファローズの合併により球団が1球団減った際に、新規参入しています。. オリックス・ブレーブス(1989~90年) 広島カープ(1950~67年) オリックス・ブルーウェーブ(1991~2004年) 東京巨人軍(1935~46年) ヤクルトスワローズ(1974~2005年) 大阪タイガース(1936~40年) 東急フライヤーズ(1947年) 従って、日本国内の野球の創成期の歴史は、そのまま大学野球の創成期の歴史と重なっている(詳細については当該記事を参照のこと)。 なお、ホーレス・ウィルソンは 2003年 ( 平成 15年)、その功績から 日本野球殿堂 入り(新世紀表彰)している。 横浜ベイスターズ(1993~2011年) 日本のプロ野球の歴史は、初めてプロ球団が誕生して100年間続いています。1936年にプロリーグが設立され、プロ野球の興行が始まります。球団再編問題などの影響でチームが増減しながら、1リーグのプロ野球が2リーグ制となり、現在の2リーグ12チームとなりました。, 1971年にかけて事件は調査され、選手がオートレースの八百長にも関わっていることが明らかとなります。, 水泳の歴史の始まりは、人類が狩猟・採取や移動のために泳ぎ始めたことであると考えられています。水泳は、19世紀以降に狩猟・採取や移動のために泳ぐだけでなく、泳ぐ速さを競うようになりました。競泳の歴史が始まり、速く泳げるように泳法や水着の開発が進んだことで、スポーツに発展しました。, 自転車の歴史はヨーロッパのドイツが起源で、1913年にドイツ人発明家が考案したことが始まりです。自転車は、時代にあわせて常に機能の改良がおこなわれ、長い歴史を経て現在の形となりました。生活に役立つだけではなく、スポーツ競技の魅力もあり、健康維持や環境保全に繋がることが世界中で愛される乗り物へ進化した理由の1つです。, ラグビーの歴史は1823年にイギリスのパブリックスクールだったラグビー校のフットボールの試合で選手がボールを抱えたまま相手ゴールに走ったことが起源となっています。ラグビーの歴史の特徴として大きなルールの改正やユニフォームの改良が挙げられます。, テニスの歴史は、紀元前のエジプトから始まります。その後、フランス、イギリスで現在のテニスの原型となるスポーツが発祥しました。日本では明治時代にテニスが伝来し、ゴムまりを打ち合う軟式テニスが誕生します。時代と共にテニスボールやラケット、ルールが変化していきます。現在ではメジャースポーツの1つとして世界各地でプレーされています。, 空手の歴史は、現在の沖縄である琉球王国で始まりました。空手の起源は琉球王国の古武術がルーツとなっていて、中国や日本の武術の影響を受けながら独自のスタイルへと発展しました。空手は、大正時代に発祥地の沖縄から全国的に広がり、現在では5千万人近い競技人口を誇る世界的な人気競技へと成長していきます。, Activeる! 愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。, <球団名の変遷> 大洋ホエールズ(1955~77年) 毎日オリオンズ(1950~57年) 南海軍(1938~43年) 横浜DeNAベイスターズ(2012年~現在), 1953年には、松竹ロビンスとの合併も経験し、一時は大洋松竹ロビンスを名乗っています。, その後も数々の名称変更を経て、現在の「ベイスターズ」と呼ばれるようになったのは1993年のことでした。, 2012年には球団の経営権が株式会社DeNAに移ったことで、球団名にDeNAが含まれるようになっています。, <球団名の変遷> プロ野球の歴史において、地方別でみると唯一、四国地方からNPBに加入したチームが存在しない。ただし、2005年より四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)が発足したため、独立リーグのプロ野球チームは存在する。 アトムズ(1969年) 洋松ロビンス(1954年) 南海ホークス(1947~88年) 東京オリオンズ(1964~68年) 阪神軍(1941~45年) 大阪タイガース(1946~60年) 阪急ブレーブス(1948年~88年) 産業軍(1944~45年) 少しずつ現代のようなルールが見えてきた中、1800年代に入るとアメリカに「ラウンダーズ」が渡ってきます。 1834年にアメリカで発行された『スポーツの本』という本で「ラウンダーズ」が「ベースボール」として紹介。 その後1842年に入るとニューヨーク・マンハッタンでボランティア消防団を創 … 近畿日本軍(1944~45年) 福岡ダイエーホークス(1989~2004年) 大日本東京野球倶楽部(1934年) 名古屋軍(1936~43年) 千葉ロッテマリーンズ(1992年~現在), オリオンズの名称は1991年まで使用されていましたので、馴染みのある方も多いでしょう。, 大映ユニオンズも1940年代にまでさかのぼる歴史をもつ球団ですので、ロッテも複雑な歴史を持つ球団と言えます。, <球団名の変遷> 急映フライヤーズ(1948年) 現在、日本プロ野球機構には12の球団が所属しており、それぞれの球団にはオーナーが存在します。 オリックス・バファローズ(2005年~現在), 現在でもしばしば復刻ユニフォーム試合が実施される阪急ブレーブス、オリックス・ブルーウェーブを経て現在のオリックス・バファローズが誕生しています。, オリックス・ブルーウェーブは大阪近鉄バファローズと球団合併を実施しており、当時のプロ野球ファンを困惑させました。, <球団名の変遷> 毎日大映オリオンズ(1958~63年) 大洋ホエールズ(1950~52年) 日拓ホームフライヤーズ(1973年) グレートリング(1946年) 東京ヤクルトスワローズ(2006年~現在), 球団発足時も「スワローズ」を名乗ってはいたものの、その後はアトムズなど、1970年台まではたびたび球団名が変わっていますね。, <球団名の変遷> 日本のプロ野球(にほんのプロやきゅう)では、日本で行われるプロ野球全般について述べる。, 日本野球機構 (NPB) では公式戦としてセントラル・リーグとパシフィック・リーグ、セ・パ交流戦、オールスターゲーム、クライマックスシリーズ、日本選手権シリーズ、それにファーム公式戦(イースタン・リーグとウエスタン・リーグ)を開催している。日本で単に「プロ野球」と言えば通常これらを指す。, 日本野球機構(NPB)傘下にはセントラル・リーグ(セ・リーグ)とパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の2リーグがある。, 両リーグ各6球団を擁し、計12球団の陣容は下記となっている(「プロ野球12球団」[2] という)。, 以下に、2005年以降のペナントレース(リーグ戦+セ・パ交流戦)における、主催試合(ホームゲーム)での、1試合あたり平均観客数(人/試合)の変遷を示す[9]。同年以降に記載を限ったのは、2004年シーズン中に発生したプロ野球再編問題の結果、翌2005年シーズンより、観客数の発表が実数に切り替わったこと、かつ、セ・パ交流戦が開始されたことによる。, 2005年シーズンよりパ・リーグでは、従前のオリックス・ブルーウェーブ(兵庫県神戸市)と大阪近鉄バファローズ(大阪府大阪市)が合併し、オリックス・バファローズ(移行措置としてダブル・フランチャイズ期間あり)という1つの球団になって参戦している。また同シーズンより、東北楽天ゴールデンイーグルス(宮城県仙台市)が新規参入で加わった。この結果、同リーグは従前同様、6球団で維持されている。, 買収により、2005年シーズンより福岡ダイエーホークスが福岡ソフトバンクホークスに、2012年シーズンより横浜ベイスターズが横浜DeNAベイスターズになった(いずれも本拠地球場に変更なし)。, 本拠地球場変更例として、広島東洋カープが、2009年シーズンに広島市民球場(収容人数:31,686人)からMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(収容人数:33,000人)に移転している(いずれも広島県広島市)。因みに2004年シーズンより、現行の北海道日本ハムファイターズが東京ドーム(東京都文京区)から札幌ドーム(北海道札幌市)に本拠地球場を移転しているが、さらなる移転の構想がある(参照)。本拠地球場の変更がなくとも、フィールドシート設置や改築による座席増設なども行われているため、平均観客数に影響を与えている。, なおNPB12球団は、8球団が三大都市圏に所在し、4球団が札仙広福(地方中枢都市)の各都市(★)にある。, 1950年のセ・パ分立時には、鉄道系7球団(セが阪神・国鉄、パが西鉄・阪急・近鉄・南海・東急)、新聞系4球団(セが読売・中日・西日本、パが毎日)、映画系2球団(セが松竹[※ 6]、パが大映)、食品系1球団(セの大洋)、独立系1球団(セの広島。市民組織を企業化しての経営)であった。, 2008年までの日本野球連盟・日本野球機構所属球団の変遷(シーズン中の変更のみ日付を記す)。, 2004年の創設当初の名称は「四国アイランドリーグ」で、四国4県の各1球団が加入して2005年シーズンを行った。2007年12月、福岡・長崎の九州2球団が新規加入したのに伴い、「四国・九州アイランドリーグ」に改称。2008年シーズンから6球団で公式戦を行っていた。福岡(福岡レッドワーブラーズ)は経営難に伴い、2009年でいったんリーグ戦への参加を休止し、2010年は5球団で開催された。福岡は事務所は存続し、「準加盟球団」として新たなスポンサーを探して2011年の復帰を目指すとしていたが、2011年の復帰は見送られた。また、長崎セインツは2010年シーズン限りで撤退・解散した。一方、休止が決まったジャパン・フューチャーベースボールリーグから三重スリーアローズが加盟して2011年度より参加したことに伴い、「四国アイランドリーグplus」に改称。しかし、三重は2011年度限りでリーグを脱退し、解散。2012年度以降は四国4チームで公式戦を開催しており、福岡の復帰は実現していない。資金は4億円程である[要出典]。, ベースボール・チャレンジ・リーグ(略称・BCリーグ)は、下記の12球団によって構成される。, 2006年の創設当初の名称は北信越ベースボール・チャレンジ・リーグで、新潟・信濃・富山・石川の4球団が加入して2007年シーズンを行った。2007年11月、群馬・福井の2球団が新規加入したのに伴い、現名称に改称。2008年シーズンからは6球団(2地区制)で公式戦をおこなった。2015年シーズンから福島・武蔵の2球団が加入して8球団(2地区制)となり、さらに2017年度から栃木および滋賀の2球団が加入、10球団(2地区制)となった。2019年に茨城が加入し、11球団(2地区制)となる。2020年シーズンからは、神奈川がリーグ戦に参加し、12球団となった。2020年は2地区制で開催予定だったが[15]、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3地区制に変更された[16]。, また、静岡県浜松市に事務所を置く「静岡県民球団」(正式名称未定)が、将来の加盟を前提にした球団設立活動をおこなう「準加盟球団」の承認を受けている[17], 関西独立リーグ (初代)は2009年シーズンより開始。大阪エキスポセブンティーズや三重スリーアローズが加入する予定があったが、いずれも独自にリーグを結成する方針に変更した(大阪エキスポセブンティーズはリーグ発足に至らず)。また、初年度参加の大阪ゴールドビリケーンズは2009年のシーズン終了後に脱退し、2010年シーズンから韓国人選手主体のソウル・ヘチ(旧コリア・ヘチ→韓国ヘチ)が加盟した。2011年からは大阪ホークスドリームのほか、2010年限りで休止した神戸9クルーズの選手を引き継いだ兵庫ブルーサンダーズ、チームの権利を引き継いだフォレストホームの設立による神戸サンズが参加した。一方、明石レッドソルジャーズは代表者の死去などに伴い、2011年から活動を休止した。2012年度は06BULLSと大和侍レッズの2球団が加入する一方、大阪ホークスドリームやソウル・ヘチはリーグ戦への参加を休止した。2012年度終了後、大阪ホークスドリームはリーグを脱退してクラブチームに変更、神戸サンズと大和侍レッズは活動を休止した。このため、リーグ発足当時から残っている球団は紀州レンジャーズのみとなっていた。2013年度は紀州・兵庫・06BULLSの3球団であった。シーズン終了後、紀州と他の2球団が運営方針をめぐって対立し、全球団が脱退したためリーグは事実上活動を停止した。兵庫と06BULLSは、新たにBASEBALL FIRST LEAGUE(ベースボール・ファースト・リーグ、現・関西独立リーグ (2代目))を設立した[18]。, 2010年シーズンより開始。三重スリーアローズは当初関西独立リーグに加盟する予定だったが、関西独立リーグの既存球団との間に選手の給与水準やリーグ運営方針に関して意見や理念の相違があったとされ、その為に2009年10月に関西独立リーグからの脱退を決定し、独自の独立リーグを結成する運びとなった。10月13日に新リーグの名称を「ジャパン・フューチャーリーグ」と発表。同年12月1日に「ジャパン・フューチャーベースボールリーグ」に改称した。また関西独立リーグの初代王者である大阪ゴールドビリケーンズも、三重スリーアローズと同様に、2009年10月に関西独立リーグからの脱退を決め、ジャパン・フューチャーベースボールリーグへの参加を表明した。2010年は四国・九州アイランドリーグとの交流戦も加えてリーグ戦を実施した。しかし、大阪球団の選手の不祥事によりスポンサーが撤退するなど経営問題が浮上し、2010年9月に2011年度のリーグ休止を決定した。上記の通り、三重は2011年度は四国アイランドリーグplusに参加した。, 関西独立リーグ (2代目)は、下記の4球団によって構成される。発足から2018年12月3日までのリーグ名は「BASEBALL FIRST LEAGUE」だった。, 関西独立リーグ (初代)の節にあるように、2013年12月にリーグの運営方針をめぐって紀州と対立した兵庫ブルーサンダーズと06BULLSによって設立が表明され、2014年になって設立された姫路GoToWORLDを加えて、2014年4月に開幕した。基本的に選手が無給という点は、解散時の関西独立リーグ (初代)と同じである。, 2016年度限りで姫路が活動を休止し、一方2017年度より和歌山ファイティングバーズが加入したため、2018年度まで3球団で運営された。2019年度より堺市をフランチャイズとする堺シュライクスが加入し、4球団での運営となる。, 北海道ベースボールリーグは、2020年よりリーグ戦を実施し、初年度は下記の2チームにより運営される。選手はシーズン中も球団の地元で就労しながら練習・試合をおこない、チームに監督を置かないなど、過去の独立リーグとは異なる方針を採用している[19]。, 2020年度より始動する琉球ブルーオーシャンズは上記の独立リーグには加盟せず、NPBが参入枠を拡大した場合に加盟することを目標とする。試合はNPBのファームや上記の独立リーグのチームのほか、アジアのプロ野球リーグのチームとの交流戦を実施する意向。, なお、リーグには非加盟のまま、琉球は日本独立リーグ野球機構に賛助会員として加盟している。, NPBで現役を終えた引退選手によるリーグであるプロ野球マスターズリーグは、下記の5球団によって構成される。, 2001年(2001-2002年シーズン)よりNPBで現役を終えた選手によって、主にプロ野球のオフシーズンである冬季にリーグ戦を開催していたが、2008-2009年シーズンをもってリーグ戦は休止(以後、オールスター戦のみ開催)。その後はリーグ戦再開を目指しているが、2019年現在再開には至っていない。, 女性によるプロ野球リーグとして、1950 - 1951年にかけて日本女子野球連盟が存在した。, 2010年より日本女子プロ野球機構によるリーグが開始され、59年ぶりに女子プロ野球リーグが復活した。, 一方、2009年に発足した関西独立リーグにおいて、吉田えりが神戸9クルーズに入団、男子リーグでプレーする初の女子プロ野球選手となった(同年で退団)。吉田は2013年に石川ミリオンスターズに移籍。2010年に、増田里絵が明石レッドソルジャーズに入団し、2人目となった。2013年現在NPBおよび四国アイランドリーグplusでも女子選手のプレーが認められているが、現在まで所属した女子選手は現れていない(NPBでは過去にオリックスや近鉄で女性が入団テストを受験した事例がある)。, 2004年に起こったプロ野球再編問題と四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)誕生の影響もあって、当時は全国各地に独立リーグ構想が持ち上がった。ベースボール・チャレンジ・リーグのように実現した独立リーグもあるが、資金面などの問題もあって実現までに至っていないものも複数存在する。, 社会人野球を統括する日本野球連盟は、リーグ所属選手について2005年から2008年までは社会人などアマチュアと同等に扱っていた。しかし、2009年に日本野球連盟は「国内の独立リーグに関する取扱要領」を制定し、NPB同様プロ選手として扱われる(退団者の社会人野球選手登録は1チーム3人以内)ことになった[20]。2010年からは、独立リーグ退団者は退団翌年度に社会人野球選手登録ができない制限も追加された。その後、2014年11月に、すべての独立リーグ退団者に対して登録者数制限が適用外となり、日本独立リーグ野球機構所属リーグ(四国アイランドリーグplusとベースボール・チャレンジ・リーグ)並びに賛助会員チーム(琉球ブルーオーシャンズ)の退団者に対しては登録期間制限も適用外となった[21]。, 一方、日本野球機構(NPB)は、外国人(日本の学校卒業者を除く)およびNPB在籍経験のある独立リーグ選手に対しては「移籍」の形でNPB球団と契約することを認めているが、それらに該当しない選手についてはプロ野球ドラフト会議での指名を受けなければ契約できない。この点について、独立リーグ(アイランドリーグとBCリーグ)側は、選手の経歴によらず移籍可能にしたいという意向を持っていると報じられている[22]。, 独立リーグの選手もNPB同様にプロ契約を交わして球団から報酬を受け取っているものの、その額はNPBと比べ極めて少ない。解散時点の関西独立リーグ (初代)は完全無給制で[23]、同リーグを脱退した球団によって設立されたBASEBALL FIRST LEAGUE→関西独立リーグ (2代目)も同様である。そのため、オフシーズンに副業を認めるリーグも存在する。また、2020年より開幕した北海道ベースボールリーグは、シーズン中も球団地元の企業や農家で選手が就労する形態を採用する。, 以下のうち、1949年の日本野球機構(NPB)発足以降で特記のないものはNPBの事象を指す。, ドーピングに対しては平成19年(2007年)から機構独自の検査を行い、罰則を設けている[43]。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)には加盟していない。2017年度シーズンからは血液検査も実施される[44][45]。, 2003年に「暴力団等排除宣言」。12球団や球場等で「プロ野球暴力団等排除対策協議会」を結成[46][47][48]。2016年、前年に野球賭博問題があり、改めて反社会的勢力の遮断の必要性があるとのことから、各球団に身元確認などを強化するよう要請。野球協約の改定も検討課題と報じられた[49]。, 古くは日本運動協会と天勝野球団が、1923年にソウルでプロ球団同士の海外試合を行っている。, プロ野球リーグ戦開始後、初の公式戦海外遠征開催は、1940年に行われた満州リーグ戦である。満州(現在の中華人民共和国・東北部)に参加全9チームが総遠征し、7-8月にかけての夏季リーグ戦(事前の練習試合・オープン戦含む)を開催した。翌1941年も開催する予定だったが日中戦争の戦局悪化の影響で取りやめとなった。, 戦後は1961年5月20日に当時アメリカ占領下の沖縄・奥武山野球場で西鉄ライオンズ対東映フライヤーズ戦で戦後初の海外遠征が開催された(1962年6月13、14日にも阪急ブレーブス対大毎オリオンズ戦が同じく沖縄遠征を実施)。, 2002年5月14、15日には台湾(中華民国)の台北市で福岡ダイエーホークス対オリックス・ブルーウェーブ戦が開催された。, 2005年にも韓国のソウルの蚕室(チャムシル)球場と釜山の社稷(サジク)球場で千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークス戦が6月28、29日に予定されていたが、韓国プロ野球のLGツインズと斗山ベアーズが蚕室球場を本拠地として使っているため、空き日がなく試合が不可能となり、代わりに仁川の文鶴(ムナク)球場で試合することに決めたが、採算が取れないと判断し、同年3月9日に開催取りやめを発表した(実際はロッテの本拠地・千葉マリンスタジアムで開催)。, このほか、2014年の開幕戦「巨人対阪神」を日本プロ野球創立80年記念としてアメリカ合衆国で開催する計画もあったが、予算その他の理由により同年度の開催を見送っている[50]。なおアメリカ開催に際しては当時の日本プロ野球コミッショナー・加藤良三が強く熱望していたといわれている。, NPBによるプロ野球中継は巨人戦ナイターをメインとして、黎明期からラジオやテレビ(NHK・各民放)の地上波で全国放送されてきた。しかし、ゴールデンタイムの視聴率低迷で放送が減少しているが、報道量上位競技ではプロ野球の比率が非常に高く、視聴率の低さに対して報道量は多い。2007年から2009年にかけては、2位3位に対して約2倍の報道量である[51]。近年の全国放送は開幕戦や週末デーゲーム、日本シリーズなど少数だが、衛星放送の多チャンネル化で民放系BS放送局やJ SPORTS、トゥエルビ、FOXスポーツ&エンターテインメント(FOX bs238)などで、特にパ・リーグ主催試合を中心に放送が増えている。2000年代後半からはインターネットで配信する事例も多くなった。, 2012年には、地上波の視聴率が低いことから、読売ジャイアンツが日本シリーズに進出したにも関わらず、日本テレビ系列のラジオ日本が日本シリーズの放送を行わなかった。また、2017年にはTBSラジオが関東キー局では初となるプロ野球中継から全面撤退している。また、衛星放送局の日本BS放送(BS11)では、四国・九州アイランドリーグとベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)による一部の公式戦も中継していた(現在はNPBを含め、BS11でのプロ野球・セミプロ野球の放送はしていない)。NPBでは基本的に試合の放映権は各球団が管理している。, 開場当初、小石川消防署に届けられていた定員は46,314人(そのうち立ち見2,976人)であった(, 2004年に広島市が作成した新球場建設資料によると他の球場も当時発表されていた収容人員と現在の定員に違いが見受けられる。(, 2018年時点では、日本ハムは日本ハム株式会社がゼネラルパートナーを名乗り、北海道内の有力企業がグランドパートナーと名乗り出資しているが、広島と同様に独立採算制に移行する計画もある。, 広島(広島東洋カープ)は、マツダ創業家である松田家が筆頭株主で、球団株式の40%強を保有している。このほか、マツダも約35%を保有している。なお、1955年12月から1967年までは地元財界企業のグループオーナー型経営で、1968年の資本整理後、マツダ・球団ともに松田家の同族経営だった時代は、, 札幌ドームとナゴヤドームでの開催試合の土曜開催分で見られるが、ナゴヤドームでは2017年以降の土曜開催分は全て14:00としている。, http://www.city.hiroshima.lg.jp/toshikei/toshika/shinkyuzyo/siryo/041126/shiryo.pdf, http://www.sankei.com/sports/news/171127/spo1711270041-n1.html, http://www.asahi.com/paper/sports/baseball/matsuzaka/matsu.html, 改革が奏功したプロ野球、観客数は着実に増加 以前の入場者数はドンブリ勘定だった!?, NPB史上初「入場者数2500万人」突破!阪神300万人超え、楽天は前年比10.7%増, 2016年新人選手選択会議 開催日・特別協賛社決定のお知らせ(日本野球機構NPBニュース 2016年8月19日、2016年11月2日閲覧, https://full-count.jp/2019/05/03/post359643/, (5)無給のプロ野球「批判は覚悟」存亡かけ再出発 産経ニュース 2011年1月28日, https://web.archive.org/web/20110220161515/http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20110218-OHT1T00030.htm, https://web.archive.org/web/20110326180400/http://www.sanspo.com/baseball/news/110324/bsr1103240506000-n1.htm, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/03/kiji/K20110403000555200.html, https://web.archive.org/web/20120309123406/https://www.daily.co.jp/baseball/2012/03/09/0004869421.shtml, https://www.sankei.com/sports/news/141126/spo1411260023-n1.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141126-1401263.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1549585.html, http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/520493/, http://www.sanspo.com/baseball/news/20160322/tig16032217540016-n1.html, https://web.archive.org/web/20160325031331/http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160325-OYT8T50001.html, https://web.archive.org/web/20170227071016/http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170130-OHT1T50250.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711140000083.html, https://www.asahi.com/articles/ASN7975XXN79UTQP007.html, “有観客試合初日は史上3度目3本のサヨナラ本塁打 全て1点差に2万633人酔いしれる”, https://news.yahoo.co.jp/articles/2e30da03d3d687231a593567875efe0e1fcdfd89, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本のプロ野球&oldid=80331395, 2004年以前の観客動員数は概数であり、1000人単位、細かくとも100人単位の数で発表するのが通例であった。また、東京ドームの55,000人(消防署に届けられた定員は約46,000人, 保護地域は原則1球団に1都道府県に限り認められている。ただしオリックスと近鉄との合併の影響に鑑みた暫定措置として2005年から2007年度までの3年間に限っては阪神とオリックスに各2府県(大阪府・兵庫県)の保護地域が認められていた。, 2018年度。ホームゲーム数は71ないし72試合(143試合制のため。2018年に71試合であったチームは2019年が72試合となり、また2018年に72試合であったチームは2019年が71試合となる)。, 日本野球機構では長年、新規にチームを結成し加入する場合は60億円、既存球団の株式譲渡を受けて加入する場合は30億円の「加入料」を払うことになっていた。, 秋に開催されるポストシーズンゲームの試合開始時刻はテレビ中継に左右されるケースが多い。, 2013年:2011年から東日本大震災による電力不足対策として行われてきた、「試合開始から3時間30分を経過して9回終了時点で同点の場合は試合終了とする」ルールを撤廃、再び時間無制限・延長12回までとする, 2018年:ビデオ判定に『リクエスト』制度を導入。行使は監督のみで1試合で最大2回まで(延長戦では10回表以降で1回のみ)可能だが、要求によって判定が翻った場合は回数は減らない。検証時間は5分以内とする. 中日ドラゴンズ(1954年~現在), <球団名の変遷> 日本のプロ野球の歴史は、初めてプロ球団が誕生して100年間続いています。1936年にプロリーグが設立され、プロ野球の興行が始まります。球団再編問題などの影響でチームが増減しながら、1リーグのプロ野球が2リーグ制となり、現在の2リーグ12チームとなりました。 西武ライオンズ(1979~2007年) サンケイアトムズ(1966~68年) 東急フライヤーズ(1949~53年) 太平洋クラブライオンズ(1973~76年) 日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。.