ベトナム戦争を描いた映画は数多くあります。 この作品は他のベトナム戦争映画とは一線を介します。 彼の映画は面白い、感動する、人生を変えるような映画が多いです。 『今を生きる』、そしてこの『グッドモーニング・ベトナム』です。 朝鮮戦争休戦直前の1953年を舞台に、西部戦線で出会った韓国軍の伝令兵と北朝鮮軍の新人兵の、戦争の命運を握る機密文書をめぐる対決を描いた戦争ドラマ。『パイレーツ』などの脚本を手掛けたチョン・ソンイルがメガホンを取り、目を覆いたくなるような状況の中で生まれたドラマと迫真の戦闘を描く。, 中国共産党の人民解放軍と国民党軍による国共内戦で起きた、生き残り兵士の壮絶な生きざまを事実に基づいて描く骨太な戦争ドラマ。コメディーから人間ドラマまで手掛ける『女帝[エンペラー]』のフォン・シャオガン監督が、中国では異例の国共内戦の実情に鋭く切り込む。, アジアで大ヒットした『シュリ』のカン・ジェギュ監督が、朝鮮戦争を舞台に切ない兄弟愛を描くスペクタクル・ヒューマン・ドラマ。徹底的な時代考証の上に再現された戦場は、リアルで臨場感あふれる。, 韓国と北朝鮮の間で実際に起きた「第2延坪海戦」を題材に、海上でぶつかり合う二国間の激しい戦闘に迫る海洋アクション。軍事境界線を破って襲撃してきた北朝鮮軍に対し、韓国軍の兵士たちが死にもの狂いで立ち向かう様子を活写する。, 架空のユートピア“トンマッコル”を舞台に、敵対する兵士たちが癒されていく姿をとらえた人間ドラマ。戦争に疲れ果てた男たちが、心優しい村人たちとの交流を通して成長する姿を描く。, 1950年に起こった朝鮮戦争を題材にしたアクション。ある作戦を成功に導くため、北朝鮮軍に潜入した軍人の姿を描く。, ロングベストセラー小説『クワイ河収容所』を映画化。第2次大戦で日本軍の捕虜になったスコットランド軍人たちの苦境からの奮闘を描く人間ドラマ。, アメリカ側から描かれることが多かったベトナム戦争におけるケサン基地の激戦を北ベトナム側から描いた衝撃作。アメリカが語らない戦争の真実。近代兵器を駆使した米軍にベトナム軍がどのように対抗し、米軍を排撃したのかに迫る。67年、激しさを増すベトナム戦争で、ベトナム軍は米軍の圧倒的な軍事力を前に窮地に陥るが…。, 第2次世界大戦末期、ノルマンディー上陸作戦後、ドイツ軍捕虜の中に1人の東洋人が発見される。話す言葉もわからない中、連合軍の尋問を受けた彼が語り始めたのは、にわかに信じ難い物語だった。1928年、日本統治下の朝鮮。そこには、頑なに国を信じた辰雄(オダギリジョー)と、ひたむきに夢を信じたキム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)がいた。, 1999年、インド・パキスタン国境で勃発したカルギリ戦争。標高4000メートル、史上最も天国に近い地獄の戦場!兵士たちを待つあまりに残酷な運命とは…!!, 共産軍の南方侵略により始まった朝鮮戦争。この戦争により父を失った一圭は、その真相を調べていた。やがて彼は、父が所属していた韓国軍の特殊部隊、アベンコの存在を知る。空挺部隊であったアベンコは、敵将校の誘拐や敵軍の弾薬倉庫の爆破など、非常に危険な任務を任されていた…。, 百戦百勝を誇る中国のエリート軍団、アイアン師団。しかしある演習のさなか、軍司令部から無茶ともいえる妨害を受けてあえなく敗走、司令部のやり口に怒り抗議に立ったチェン師団長もその座を追われてしまう。その後を継いだ副司令官ロンに過酷な指令が下される…。仮想敵国を殲滅せよ!!機密に包まれた中国とロシアの軍事力を総動員した、極限のバトル・アクション!, 清の時代、イギリスの策略により国内にアヘンが蔓延する。これを断たんとする道光帝はアヘン商人たちを処罰するのだが……。香港がイギリスの植民地となったその経緯がわかる歴史作品。, 1950年6月25日のソウル。女子大生・スナと恋人のチャン少尉は、いつも通りの平和な日を過ごしていた。しかし、北朝鮮軍によるソウルへの奇襲攻撃が開始され、朝鮮戦争が始まってしまう。飛来する爆撃機、すべてを踏みつぶす戦車、街を埋め尽くす北朝鮮部隊。ソウルは悲鳴と轟音と炎に包まれた…。, 日本軍の南京侵攻に立ち向かったドイツ人、ジョン・ラーベの実録ドラマ。ナチス党員でありながらも、日本軍から南京残留の欧米人や市民を守ろうとした彼の奮闘を見つめる。, 太平洋戦争時の中国を舞台にしたラブロマンス。アメリカ空軍のパイロットが、中国人女性と恋に落ち、激しい戦いに身を投じる。, 洛東江まで攻め込んできた北朝鮮軍に対し、国連支援軍が来るまで必死に耐えた韓国軍と米軍。そんな激戦の前線部隊に入った少年兵が、凄惨な地獄を体験するさまを描くイム・グォンテク監督の戦争映画。, ベトナム戦争末期、ベトコンの連絡網を分断するため、アメリカ軍は一つの村を“無人の野”にする作戦にでた。軍による監視の続く中、村には一人たりとも残っていないかに思えた。, インドシナ戦争をベトナム側からの視点で描いた戦争アクション。インドシナ共産化を阻止しようとするフランス軍と、民族の独立を目指すベトナム軍との壮絶な戦闘の中、窮地に追い込まれたフランス軍の兵士・べグナはベトナム軍への投降を決意するが…。, 『ミッシング・ガン』『ココシリ』などのルー・チューアンが監督と脚本を務め、4年という歳月を費やして南京事件をテーマに描いた歴史ドラマ。日中戦争時に南京で起きた凄惨(せいさん)な戦いの模様を、一人の中国人兵士の視点で映す。, ヴェトナムの高地陥落に向かった、偵察隊“フラッシュ”7人の姿を描く戦争アクション。1979年、国境問題に端を発した中国とヴェトナム戦争の際の実話を基にしている。, 1937年7月7日、盧溝橋での発砲事件から、日本と中国は戦争状態に突入。しだいに戦線は拡大し、やがて南京で激しい攻防が繰り広げられるのだった。ムー・トンフェイ監督が放つ、ショッキングな戦争ドキュメンタリー映画。. 引用元:ベトナム戦争で北ベトナム軍側が無双してる映画無いか? 1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/11/07(土) 18:39:16.274 ID:gqckm3tU0.net アメリカがイキってる […] ベトナム戦争を描いた映画といえば、オリバー・ストーン監督自身のベトナム戦争での実体験を描いた映画『プラトーン』(1986年)が第59回アカデミー作品賞を受賞している。戦争を体験した若者の苦悩はいかに描かれるのか、期待したい。 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のトム・ハーディ、『IT/イット』シリーズのビル・スカルスガルド、『レディ・プレイヤー1』(2018)のタイ・シェリダンら豪華キャストが、ベトナム 戦争 を描く新作映画『The Things They Carried(原題)』に出演する。 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のトム・ハーディ、『IT/イット』シリーズのビル・スカルスガルド、『レディ・プレイヤー1』(2018)のタイ・シェリダンら豪華キャストが、ベトナム 戦争 を描く新作映画『The Things They Carried(原題)』に出演する。

東京国際映画祭 (1992年・グランプリ) 韓国側から見たベトナム戦争を描いた映画。1979年、朴大統領暗殺のニュースでもちきりの頃、ベトナム派遣軍“白馬師団”の元兵長ハン・キジュは、参戦の体験を基にした小説に取り組んでいた。 戦争. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のトム・ハーディ、『IT/イット』シリーズのビル・スカルスガルド、『レディ・プレイヤー1』(2018)のタイ・シェリダンら豪華キャストが、ベトナム戦争を描く新作映画『The Things They Carried(原題)』に出演する。米Deadlineなどが報じた。, 原作となるのは、ベトナム戦争を一貫して扱ってきた作家ティム・オブライエンの短編小説集『本当の戦争の話をしよう』(文藝春秋)。日本でも村上春樹の邦訳で知られる本書には、オブライエンが自身のベトナム従軍体験に基づいて執筆した、ベトナム戦争に駆り出された若い米兵たちの物語を22編収めている。戦場の混沌と恐怖、勇気、罪悪感、喪失、正気と狂気などのテーマが様々な角度から描かれ、1990年の米国刊行から、常に読み継がれている一作だ。, トム・ハーディ、ビル・スカルスガルド、タイ・シェリダンのほかに出演が決まっているのは、『ビール・ストリートの恋人たち』(2018)のステファン・ジェームズ、『ムーンライト』(2016)のアシュトン・サンダース、『マグニフィセント・セブン』(2016)のマーティン・センズメアー、『ザ・スーサイド・スクワッド』(2021)のピート・デヴィッドソン、『キングス・オブ・サマー』(2013)のモイセス・アリアス、「ユーフォリア/EUPHORIA」(2019-)のアンガス・クラウド。なお、現在もキャスティング作業は継続中だという。, 監督は『スノーホワイト』(2012)『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017)のルパート・サンダース、脚本は小説家・脚本家のスコット・B・スミスが担当。プロデューサーにはトム・ハーディ、『スプリング・ブレイカーズ』(2012)のデヴィッド・ザンダーらが名を連ねた。撮影は2021年初頭よりタイにて実施される予定。, サンダース監督は原作小説を絶賛し、「ティムが30年前に描いた愛や恐怖、死の運命というテーマは、波乱の時代である今も通じる、より力強いものにさえなる」とコメント。「これほど背景の異なる若い俳優たちが揃うのは『プラトーン』(1986)や『アウトサイダー』(1983)のころ以来」とキャスティングにも興奮を語った。原作の映像化を長年企画してきたザンダーは、原作を「人間の心を描いた不朽の物語」と形容。サンダース監督への信頼を寄せている。, THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。.