2007年 (40歳)      4,000万円  横浜FC 「アクエリアス」がもらえる!, 「コカ・コーラ」生誕130周年記念式典でコカ・コーラ社が見せた、 1988年 (21歳)      1,400万円  キンゼ・デ・ジャウー 三浦知良 プロフィール&経歴 名前:三浦 和良(みうら かずよし) 誕生日:1967年2月26日 出身地:静岡県静岡市葵区 身長:177センチ 体重:72キロ 所属チーム:横浜FC ポジション:FW 三浦和良選手はJリーグが開幕してから、今現在まで現役選手として活躍しています! 「グラソー スリープウォーター」 しかし現在では、加齢による体力低下を防ぐため、ある程度自由な食事にしつつ、1日に4,5回体重や脂肪率を測定し、体型を維持しているそうです! 2002年 (35歳)      7,500万円  ヴィッセル神戸 2004年 (37歳)      3,500万円  ヴィッセル神戸 Jリーグで高額をもらってる選手よりも"キングカズ"は有名です。 先日、サッカーの三浦知良選手は、横浜Cとの2018年シーズンの契約を更新しました。 2016年 (49歳)      1,000万円  横浜FC 日本のサッカーJリーグのカップ戦第2節はふつう、世界的なニュースにはならない。だが、J1の横浜FCがサガン鳥栖と対戦した先月の試合は、世界中のメディアをにぎわせた。なぜなのか?(敬称略), 三浦の終わることのない選手人生は、世界のサッカーファンをとりこにしている。契約が延長されればBBCとCNNが報道。「世界最年長の得点者」のギネス記録も保持している。, サッカーのコンピューターゲーム「FIFA 20」に登場した時も、メディアの注目を浴びた。実際のFIFAオールスターゲームに初出場したのは24年前だ。, いったい「キング・カズ」とは何者で、なぜ彼はプレーし続けるのか? 平均より15年以上も長くサッカー選手の現役でいられる秘密は何なのか?, 彼がBBCに語った物語は、1970年ワールドカップ(W杯)、ペレ、8ミリビデオから始まった。, 三浦はサッカーが盛んな静岡のサッカー一家に育った。兄の泰年もプロ選手になっているが、そもそも父親が熱心なサッカーファンだった。, 「父は1970年にW杯を見にメキシコに行きました」と三浦は通訳を介して話した。「そして8ミリビデオカメラで試合を撮影しました。当時はペレ(ブラジル代表)がプレーしていて、僕は父が撮ったビデオを見ながら育ちました」。, 三浦は1970年にはわずか3歳だった。しかし、そのとき繰り返し見た家庭用ビデオが、長きに渡る影響を彼に与えた。, 「ブラジルサッカーのファンになりました」、「小さいころから、プロのサッカー選手として生きていきたいと思いました」。, 三浦の父はブラジルとつながりを持っていた。三浦は静岡の高校を中退すると、15歳でブラジルに渡った。, 「当時はJリーグはありませんでした」と三浦は振り返る(Jリーグ開幕は1993年)。「日本でプロのサッカー選手になる道はなかったんです」。, ブラジルでは、サンパウロを本拠とするプロチーム・CAジュベントスと契約。しかし、容易な滑り出しではなかった。15~20歳の若い選手たちと寮で共同生活を送ったが、ポルトガル語はほとんど話せなかった。, 「言葉はわからず、習慣も違ったので、最初の2~3カ月はすごく寂しい思いもしました」, しかし三浦は、向上心に燃えていた。練習に全身全霊を傾けた。ポルトガル語も学んだ。友人もつくった。彼はブラジルで成功しなくてはならなかった。実質的に予備の計画はなかったからだ。サッカーがうまくいかなかったら別のキャリアはあったのかと問うと、三浦はしばし黙った。, 「わかりませんね」と彼は言った。「その質問は困りますね。サッカー選手になること以外、考えたことはありませんでしたから。一番困る質問ですね」。, ブラジルに渡って3年後の1986年、三浦はサントスFCと契約した。8ミリビデオで何度も見たペレが、現役時代のほとんどを過ごしたチームだ。それからさらに4年以上、三浦はブラジルにとどまり、いろいろなクラブでプレーした。, 日本には1990年に帰国。正真正銘のスーパースターだった。1993年のJリーグ最初のシーズンには、三浦は年間最優秀選手(MVP)に選ばれた。元イングランド代表ギャリー・リネカーら名選手を抑えての選出だった。, 1994年にはレンタル契約でイタリア・ジェノアCFCに移籍。セリエAでプレーした最初の日本人選手となった。最初の出場試合で、イタリアの伝説的選手フランコ・バレージの後頭部に、三浦の鼻と目が激突。手術を受けた。この年は1点しか挙げられず、イタリアにいたのは1シーズンのみだった。しかし、イタリアでのプレー歴は、三浦の日本でのステータスをさらに上昇させた。, 「彼は極めて重要な存在です」と、日本在住のサッカージャーナリスト、ショーン・キャロルは言う。, 「彼は日本におけるプロサッカーの誕生と発展に本質部分で深く関わっています(中略)神のような地位にあり、ある意味、アルゼンチンにおける(ディエゴ)マラドーナに近いと思う」, 「プロ選手には、子どものころに彼を目標にしていた世代がごっそりいて、現在ではそれが2世代にすら広がっています」, イタリア・ジェノアCFCへの移籍はスポンサーが資金を出した。三浦はセリエAで21試合に出場し1得点を挙げた, 三浦は38歳だった2005年、現在所属する横浜FCと契約した。当時はJ2のチームだった。翌2006年、彼は主要選手として39試合に出場。チームはJ1昇格を果たした。, 横浜は1シーズンで降格したが、三浦はJ2の横浜で、40代に入ってもレギュラーの座を維持し続けた。2016年には20試合に出場、2得点を挙げた。, 三浦はめったにけがをせず(フランコ・バレージに激突した時は例外)、体調管理に気を使っていることで知られる。BBCの取材にも、練習後にガウン姿でアイシングのパックを手に、足を冷やしながら応じた。, 「もちろん、若い人と比べて回復にかかる時間は長くなっています」と彼は話す。「でも、大変なことは大変ですが、試合に出たいという情熱は持ち続けていて、それがある限りは現役を続けたいと思っています」。, 体調のほかにも、三浦の突出して長い選手人生をつくっているものがある。彼の人気の高さだ。, 1998年のW杯本大会への初出場直前、三浦は代表チームから外され、彼のスーパースターの地位に厚い同情が上積みされた。だが、より重要なのは、彼が単にいい人として知られていることだ。, 雑誌JSoccerのアラン・ギブソン編集長は、三浦と1993年に初めて会った。彼がヴィッセル神戸でプレーした2000年代初めには、三浦が出場した親善試合で何度も、審判として笛を吹いた。, 「彼は競技場では紳士でした。彼の試合で審判を務めるのは本当に楽しかった」とギブソンは言う。, 「みんな彼が大好きです。彼は『キング』ではありますが、W杯に出ていません。さらに、横浜で長年プレーしていますが、最近は誰もが嫌がるチームで優勝を果たしていません」, この人気が、横浜の試合の観客数を押し上げている。「彼がプレーするとわかると、3000人や4000人は観客が増えます」とギブソンは話す。そして、多くのスポンサーを引き寄せている。, そのことが、三浦の長寿の最後の理由につながる。日本社会にみられる、敬意に満ちた、または感傷的ともいえるであろう側面だ。, あるチームの監督はBBCの取材で、三浦を称賛すると同時に、「キングカズ」が横浜の「パンダ」になっていると話した。選手として真剣に考えるのではなく、客寄せの役割を担わせているというのだ。, カップ戦では2試合出場している三浦だが、リーグ戦では今季まだ出番がない。昨年も3試合に出場しただけだ。, 1992年アジアカップのアラブ首長国連邦(UAE)戦での三浦。この大会で日本は優勝した, ショーン・キャロルは、三浦の経験が横浜のロッカールームでは貴重だとしつつ、彼の極めて長いキャリアは日本社会を広く反映したものとの見方に同意する。, 「日本では序列がとても大事で、カズほど貢献した人であれば、望む限り何年でも契約を更新できる」とキャロルは言う。, 「ファンやメディアはよく、彼について『努力している』、『刺激を与えている』と言い、『何だって可能だ』という一種のおとぎ話を現実のものにしている。それもまた、広い意味で日本文化を反映している」, だがそれでも、三浦の現役生活の長さを完全に説明したことにはならない。来る日も来る日も、三浦が53歳という年齢による痛みの限界を越えられる理由は、サポーターでもスポンサーでもないのだ。, 三浦はよく、長い現役生活の「秘密」は何かと質問される。彼は秘密など無く、努力と献身があるだけだと主張する。しかし、私たちの最後の質問に、秘密が浮かび上がったと思われる。, 横浜で毎日練習を続ける53歳のカズは、わずかなポルトガル語しか話せず、それでも夢いっぱいでブラジルに渡った15歳の少年と同じくらい、ボールを蹴るのを楽しんでいますか?, 「はい、いつも楽しんでいます」と彼は答えた。「ブラジルにいたときよりも、今のほうがもっと情熱も持っています」。, 2020年度 第61回徳島県中学校サッカー新人大会 10/24.25結果掲載 2回戦は11/14 | ジュニアサッカー, “永遠のメッシ・ロナウド論争”、ビダルの見解は?「宇宙人は誰とも比較できない」 |, 【結果速報・動画ハイライト】リヴァプール対ウェスト・ハム・ユナイテッド結果/プレミアリーグ第7節 |, 長谷部が好守で奮闘!鎌田、遠藤も先発のシュトゥットガルト対フランクフルトはドロー決着 |, 【全員欧州組!】日本代表国際親善試合 パナマ代表戦、メキシコ代表戦メンバー発表【ルヴァン杯】年明けの代替開催も視野に…来季の開幕をずらす可能性も 他、11/2~11/6 スポーツトレンドニュース一気読み! | ジュニアサッカー, 【ハイライト】鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ「2020JリーグYBCルヴァンカップGS第2節」. もう凄い!としか言いようがない!!もう凄い!としか言いようがない!!キングカズこと三浦知良選手が50歳を過ぎてもプロサッカー選手として現役でいるということだ! 日本のサッカー界はベテランが元気だ。カズこと三浦知良は53歳、中村俊輔は42歳、遠藤保仁は40歳で現役を続けている。日本代表としても活躍し、一時代を築いたレジェンドたちは、何を思ってピッチに立っているのだろう。 2010年 (43歳)      3,500万円  横浜FC 「8年間CMに出演し続けていることは、僕の誇りです」, 「スプライト」がリニューアル! そこで栄養士から言われたのが、「高タンパク質・低脂肪」。 スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。, CELLSTAR サッカー 室内 エアーサッカー 親子ゲーム 子供 ギフト 誕生日プレゼント. 2018年 (51歳)      1,000万円  横浜FC, 年俸は全盛期に比べるとだいぶ低くなりましたが、どんな形であれプロのチームに必要とされるという事はすごい事です。, 50歳を過ぎた年俸だと1,000万円ですが、ネームバリューはハンパありません。 2011年 (44歳)      3,500万円  横浜FC 1995年 (28歳)    1億0000万円  ジェノア 今、なお、サッカーへの情熱を燃やし続ける「キングカズ」こと三浦知良選手。その高きモチベーションは、どのようにして維持されているのか。『Coca-Cola Journey』が、その胸の内に迫った。文=大山貴弘写真=松本昇大, 日本サッカー界を誰よりも強く長く牽引し続けてきた、“キングカズ”。プロ生活28 年目のシーズンを送る今なお「自分はまだまだだ」と語り、その先を見つめ、追い続ける。「実際のところ、この先何歳までどこまでプレーできるのかは分かりません。自分がいけると思っていても、試合に出られるかどうかは監督が判断することですから。でも、まだまだ90 分間フル出場する体力もありますし、ゴールするイメージは常に持ち続けています」, キングといえども、現役最年長の選手といえども、所属する横浜FC では他のチームメイトと同じトレーニングをこなし、試合に挑む。厳しいプロの世界の第一線で、コンディションとモチベーションを維持し続けられる理由を尋ねると、カズは「サッカーが大好きだから」と照れくさそうに話す。「もちろん、続けていくことは大変です。でも、大好きなことだったら、楽しいじゃないですか。それはサッカーに限らず、普通の会社勤めをしている人でも同じだと思います。好きだから、大変なことでも嫌にならないし、こだわれるし、楽しめる。サッカーが好きだ、楽しいっていう気持ちには、年齢もキャリアも関係ないと僕は思いますね」 いくつになっても、サッカーが大好きでたまらない。そんなカズだからこそ、現役生活にこだわり、自分のプレースタイルにこだわり、ファンを魅了する“キング”であり続けることができるのだろう。, カズがこだわっているのは、サッカーだけではない。映画『ゴッドファーザー』に影響を受けたという独特のファッションも有名だ。自分自身で生地を選び、オーダーメイドでスーツを仕立てているという。「実はみんなが思っているほど、ファッションを突き詰めている気持ちではないです。こだわっているのは、どちらかと言うと、フィーリング、感覚ですね。ファッションもサッカー同様、自分の感性、好きだという気持ちに従っているんです。たとえば裏地の縫い目がどうとか、生地の種類がどうとかまで詳しいわけじゃない。パッと見た印象だったり、着心地だったり、デザインだったり、その洋服を見て自分が感じるものを大事にしていますね」, また、「ジョージア ヨーロピアン」のブランドセレブリティを務めるなど、コーヒー通としても知られるカズ。やはりコーヒーにも、独自の流儀がある。「普通のコーヒーからエスプレッソ、カプチーノと気分によって飲む種類を変えています。イタリアにいた時から、コーヒーが完全に生活の一部になっていますね。ヨーロッパだと、2ブロック歩かないぐらいでバール(カフェ)がありますから。みんなでテーブルを囲んで、一杯のコーヒーで3時間も4時間もサッカーの話をしていましたね(笑)」, 日本でも、仲間とコーヒーを飲みに行くことが多いそうだ。話題はもちろん、サッカー。「よく一緒に行くのは、選手を引退して経営者になったり、監督やコーチになっている人。と言っても、みんな僕の後輩なんですけど(笑)。昔の試合の話をしたり、戦術のことを話しあったり」 そんな仲間たちに、選手目線で人生のアドバイスをすることもあるという。続けることの大切さを語るのだ。「それはどんな仕事でも通じることですからね。大事なのは、続けること。毎日、コツコツとやること。僕も、それが何より大切なんだって本当の意味で分かってきたのは、40 歳を過ぎてからなんです。もう46 歳を過ぎたけれど、サッカーを続けることの意味や影響力も、今、すごく実感していますね」, 自分が走り続けることで、影響をもたらすことができる――そう感じていることも、カズが現役にこだわり続ける理由の一つなのではないか。きっと50 歳を過ぎても、キングはたくさんの人々を魅了し続けているはずだ。「自分の感覚としては、50 歳でもいけるかなと思います。50歳って言っても、まだ100 歳の半分ですからね。まだまだ小僧ですよ(笑)」カズは、そう語って子どものような笑顔を浮かべた。, みうら・かずよし/1967 年静岡県生まれ。1993 年、J リーグ年間最優秀選手賞、ベストイレブン、アジア年間最優秀選手賞を受賞。95 年、ベストイレブン受賞。96 年、J リーグ得点王に輝く。現在は横浜FC に所属し、日本最年長プロサッカー選手として活躍中。趣味はカフェ巡りとマフィア研究。, COPYRIGHT (C) COCA-COLA(JAPAN)COMPANY,LIMITED, 「もちろん、続けていくことは大変です。でも、大好きなことだったら、楽しいじゃないですか。それはサッカーに限らず、普通の会社勤めをしている人でも同じだと思います。好きだから、大変なことでも嫌にならないし、こだわれるし、楽しめる。サッカーが好きだ、楽しいっていう気持ちには、年齢もキャリアも関係ないと僕は思いますね」, 「よく一緒に行くのは、選手を引退して経営者になったり、監督やコーチになっている人。と言っても、みんな僕の後輩なんですけど(笑)。昔の試合の話をしたり、戦術のことを話しあったり」, おうちカクテルを楽しもう!「カナダドライ ジンジャーエール」を使った とっておきの「ジャポネール」レシピ, ❝ノンアル❞カクテル「モクテル」をおうちで〜はじける清涼感とキレ味が魅力の「スプライト」を使ったレシピ, ❝ノンアル❞カクテル「モクテル」をおうちで〜強炭酸の刺激でスッキリ爽快。「ザ・タンサン・ストロング」を使ったレシピ集, サマーキャンペーン2016 1日4,5回体重計に乗ろう!とは言いません。 「そのために、体重計を持ち歩いています。そして、体重や脂肪率が変化していれば、それを次の食事で改善しようとしているんです。とはいえ、脂肪率が低ければいいというわけでもなく、今は2ケタ台をキープしているようです。そのほうが体の抵抗力もあり、動きもいいそうです」(同), ただ単に食事の栄養分を考えたり、低体脂肪を維持するのではなく、エネルギーの捻出や抵抗力アップなどを考えた、50歳でも現役であり続けるキング・カズでないと辿りつけないポイントではないでしょうか。, ここ最近は寒い日が続き、体重計に乗るのも億劫になることも多いのですよね。 「聖火リレー」最新現地レポート. 今、なお、サッカーへの情熱を燃やし続ける「キングカズ」こと三浦知良選手。 その高きモチベーションは、どのようにして維持されているのか。 『Coca-Cola Journey』が、その胸の内に迫ったインタ … 1989年 (22歳)      2,000万円  コリチーバ/サントス スポーツ 高嶋ひでたけのあさラジ! 高嶋ひでたけ 1994年 (27歳)    1億0000万円  ジェノア 2005年 (38歳)      3,500万円  ヴィッセル神戸/横浜FC/シドニーFC 1990年 (23歳)    1億0000万円  読売クラブ 1991年 (24歳)    1億5000万円  読売クラブ サイトマップ・タグ一覧・運営会社 株式会社スポルアップ, 株式会社スポルアップです。 しかし現在では、加齢による体力低下を防ぐため、ある程度自由な食事にしつつ、1日に4,5回体重や脂肪率を測定し、体型を維持しているそうです! 三浦知良オフィシャルサイト。最新情報やプロフィール、ヒストリー、写真、動画等。カズの全てを知ることができるのはオフィシャルサイト boa sorte kazu。 2014年 (47歳)      1,300万円  横浜FC 三浦知良について 三浦和良は1967年生まれのプロサッカー選手でニックネームは「キング・カズ」。1982年にブラジルに渡航し、1986年ブラジルのサントスfcとプロ契約を結んで以降、50歳を迎える2017年の現在に至るまで現役を継続しており、世界最年長の現役プロサッカー選手となっています。 三浦 知良(みうら かずよし、1967年 2月26日 - )は、静岡県 静岡市 葵区出身のプロサッカー選手、元フットサル選手。 j1リーグ・横浜fc所属。 ポジションは左ウイング、センターフォワード(日本帰国後)。 妻はタレント・ファッションモデルの三浦りさ子、長男は俳優の三浦獠太 。 2015年 (48歳)      1,000万円  横浜FC 三浦知良は今年2月、jリーグの新たなシーズン開幕に臨んだ 日本のサッカーJリーグのカップ戦第2節はふつう、世界的なニュースにはならない。 だが、J1の横浜FCがサガン鳥栖と対戦した先月の試合は、世界中のメディアをにぎわせた。 試合時間は60分ですが、実際のプレー時間は11分程度らしいです。, バスケットボール = 約4.6km 2006年 (39歳)      3,500万円  シドニーFC/横浜FC 1992年 (25歳)    2億4000万円  読売クラブ 横浜fc・三浦知良 51歳でも現役でいられるのはなぜ? by - news online 編集部 公開: 2018-02-27 更新: 2018-02-27. もう凄い!としか言いようがない!!もう凄い!としか言いようがない!!キングカズこと三浦知良選手が50歳を過ぎてもプロサッカー選手として現役でいるということだ! 数あるスポーツの中でもサッカーは走りっぱ これなら年収は1億円を超える収入がありそうです。, 1998年日本のW杯初出場に貢献しましたが、本選には選ばれなかったという不運がありました。 数あるスポーツの中でもサッカーは走りっぱなしのスポーツの一つです。体力勝負と言ってもいいでしょう。, 15歳の時にブラジルに単身で渡航しブラジルの名門クラブ、サントスFCとプロ契約をしました。, Jリーグ人気を作った立役者の一人で初代MVP、Jリーグ発足から現役でいる最年長のJリーガー子供のころ、三浦知良選手に憧れてJリーガーになった世代が引退してるぐらいです。, 走り回るイメージもないし、守備なども定位置で守っているので、持久力より瞬発力が必要です。, 1プレーの時間が数秒なので、戦略性と瞬発力が求められるスポーツですね。 1993年 (26歳)    2億4000万円  ヴェルディ川崎 バスケットボールも走りっぱなしですがコート自体が小さいので走行距離はそこまで長くならないようです。, テニス = 約4.8km 2月26日で51歳となる三浦選手。, 昨年はJリーグ史上初となる50歳でのゴールを決めるなど、今も記録や伝説を残し続けています。 出典:「僕は客寄せパンダで十分」 三浦知良が現役を続けられる最大の理由 . 三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手、元フットサル選手。Jリーグ・横浜FC所属。ポジションは左ウイング、センターフォワード(日本帰国後)。妻はタレント・ファッションモデルの三浦りさ子、長男は俳優の三浦獠太 。 2001年 (34歳)      8,000万円  ヴィッセル神戸 2000年 (33歳)      8,000万円  京都パープルサンガ 私も寒さのせいにして、体重計に乗らない日もあります。 2003年 (36歳)      4,500万円  ヴィッセル神戸 スマホ自販機とつながるアプリが誕生, 日本初!猛暑日予想になった 1997年 (30歳)    2億4000万円  ヴェルディ川崎 今、なお、サッカーへの情熱を燃やし続ける「キングカズ」こと三浦知良選手。 その高きモチベーションは、どのようにして維持されているのか。 『Coca-Cola Journey』が、その胸の内に迫ったインタ … 2016年6月20日(月)から新発売, 初の機能性表示食品 出典:「僕は客寄せパンダで十分」 三浦知良が現役を続けられる最大の理由 . 1999年 (32歳)    2億9000万円  NKディナモ・ザグレブ/京都パープルサンガ 地域限定!スマホ自販機で 2013年 (46歳)      1,500万円  横浜FC それが証拠に頻繁にCMやテレビに出演しています。, ■エースコック『スーパーカップ』 三浦選手を見習い、1日1回は体重計に乗り、今の自分の体を知ることが重要なのかもしれません。, サッカー体重食事スポーツ食トレアスリート疲労回復持久力スタミナタンパク質栄養エネルギー三浦知良キングカズ体脂肪率低脂肪Jリーグ体型維持体重計抵抗力現役食生活, Copyright © 2020 Spollup All Rights Reserved. 2018年はW杯の年です。代表者も決まりましたが三浦選手は『また俺は落選だ』と冗談を言ってましたが、これを言えるのは"キングカズ"だけではないでしょうか?. ——あっと驚くブラジルのトリビアたち(前編), 2016年 リオデジャネイロオリンピック開催直前! プラットフォーム「Coke ON」 新CMにAAAとかれらの新曲を起用 2008年 (41歳)      3,500万円  横浜FC ■大正製薬『リポビタンD』 テニスは距離よりも短距離ダッシュを試合中しているイメージですね。, ラグビーも走るスポーツですが、スクラムなどの接触プレーでプレイが止まったりするのでサッカーほどは走りません。, GK以外のプレーヤーは長い距離を走ります。ポジションにもよりますが、MFの走行距離が長く、15kmくらい走ることもあるそうでうす。, 結果サッカーはとにかく走るスポーツです。 J1リーグのガンバ大阪に在籍する遠藤保仁が、10月5日にJ2リーグのジュビロ磐田へ移籍することを発表した。来年1月31日までの期限付きの移籍だが、実に20年にもわたって所属したクラブを離れることとなった。, プロ23年目で40歳の遠藤は、J1通算歴代1位の641試合出場を誇るミッドフィールダー(MF)である。日本代表としても2006年、10年、14年と3度のW杯に出場してきた。, 10月3日までに20試合を消化したJ1リーグでは、11試合に出場。しかし、先発出場はわずかに3試合にとどまっていた。, 一方のジュビロは、1シーズンでのJ1復帰を目標に今シーズンを戦ってきたが、10月4日の第24節終了時点で13位に甘んじている。J2は22チームで争われているので、中位に低迷している状況だ。, 今シーズンのJ2は、上位2チームがJ1へ自動昇格する。これまでは3位から6位による昇格プレーオフも開催されてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で日程が詰まったため、今シーズンは行なわれない。J1昇格は例年以上に難しいのだ。, そこで、残り18試合で2位以内へ食い込むために、ジュビロは経験豊富な遠藤にオファーを出した。「試合にたくさん出場したかった」という遠藤は、「簡単な決断ではない」なかで新天地を求めることを選んだのだった。, 1979年4月から80年3月生まれの学年は、サッカー界で「黄金世代」と呼ばれる。中学1年生時にJリーグが開幕した彼らは、プロ選手になることを現実的な目標として育ち、中学・高校生年代から体系化された指導を受けてきた。日本サッカーがアジアの強豪の仲間入りを果たし、W杯に出場することが当たり前となったJリーグ開幕以降の歴史は、その大部分が彼らの世代によって作られてきたと言ってもいい。, 同時期に出現した素晴らしい才能は、互いを刺激し合いながらキャリアを築いていった。99年のワールドユース(20歳以下世界選手権)で準優勝を飾ったメンバーでは、ゴールキーパー(GK)南雄太(横浜FC)がJ1で、MF小野伸二(FC琉球)がJ2で、MF稲本潤一(SC相模原)がJ3で、それぞれプレーしている。, また、フォワード(FW)の高原直泰と永井雄一郎も、J3より下のカテゴリーで現役を続けている。ワールドユースのメンバーではないが、J1の鹿島アントラーズでプレーする曽ヶ端準も「黄金世代」のひとりだ。曽ヶ端らと鹿島でプレーした本山雅志は、昨シーズン限りで現役を退いているものの、来シーズンの復帰を目ざしてコンディションを整えている。, ベテラン以上と言っていい年齢で現役を続けているのは、「黄金世代」だけではない。J1リーグ横浜FCのカズこと三浦知良は、9月のリーグ戦で53歳6か月のJ1リーグ最年長出場記録をマークした。チームメイトの中村俊輔も、同じ試合で歴代4位となる42歳2か月でのリーグ戦出場を記録している。, 今シーズンのJリーグで言えば、J1、J2、J3を問わずに日程が過密になっている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う中断があったためで、総力戦の色合いが例年以上に強い。ベテランや若手の力が必要な場面もまた、いつも以上に多いと言うことができる。, 選手寿命が延びていることについては、スポーツ医療の進歩が欠かせない。Jリーグ開幕当時は原因不明だった痛みのメカニズムで、現在は解明されているものは数多い。, 飲酒や喫煙をしないのは言うまでもなく、食事なら「何を、いつ、どれぐらい食べるのか」を考えるのは当然の自己管理だ。睡眠なら時間を確保するのは大前提で、リラックス効果を高めるための空間作りや寝具などにこだわる選手もいる。, そのうえで、ベテラン選手が現役を続ける原動力とするのは「飢え」だろう。「もっとうまくなりたい」とか「サッカーが好きだ」といった思いは、シンプルゆえに揺らぎがない。, 「うまくなりたい」から時代の変化を受け入れ、過去の自分に固執しない。ピッチに立てば経験や実績を脇に置いて、チームの一員としての役割を全うする。53歳のカズは、自らが得点を奪えなくても味方のために身体を張る。芸術家肌のMFである42歳の中村は、攻撃だけでなく守備にも懸命に汗を流すのだ。, そのなかで、自分らしさを忘れない。チームが勝つために必要なプレーを心がけながら、ファンが求めるプレー、自分が輝けるプレーも見せようとする。, カズや中村、遠藤らがピッチ上で見せる輝きは、熟成されたワインのような深い味わいがある。シーズン終盤の重要な局面で向かっていくJリーグで、彼らの名前を耳にする機会が増えていくに違いない。.