五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)は、小説『三国志演義』および小説『水滸伝』、またはその派生作品に登場する架空の称号である。 関羽(84), 五虎大将軍とは、劉備(玄徳)が諸葛亮の進言により蜀の猛将5人に与えられた称号です。「五虎大将軍とは」「五虎大将軍の真実」について、五虎大将軍5人のプロフィールとあわせてご紹介します。, 五虎大将軍とは、劉備(玄徳)が諸葛亮(しょかつりょう)の進言により、信頼と過去の実績をもとに武将五名に授けた称号になります。また、五虎大将軍は蜀の軍事における中心的な役割を果たしました。劉備(玄徳)より五虎大将軍に選ばれた5名は、関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)・馬超(ばちょう)・黄忠(こうちゅう)・趙雲(ちょううん)と蜀の中でも猛将ぞろいです。五虎大将軍をまとめる筆頭には、劉備(玄徳)と義兄弟であり信頼と実績のある関羽が任命されました。五虎大将軍は「五虎大将(ごこたいしょう)」「五虎将軍(ごこしょうぐん)」「五虎将(ごこしょう)」などと略される場合もあります。ところが、五虎大将軍は後に三国志演技で物語を面白くする為に作られた創作であり、実際には存在しなかった役職のようです。五虎大将軍の元になったのが、「蜀書第6巻 関張馬黄趙伝」と言われています。「蜀書第6巻 関張馬黄趙伝」を参考に関羽・張飛・馬超・黄忠・趙雲の5人を五虎大将軍としました。実際には関羽が前将軍、張飛が右将軍、馬超が左将軍、黄忠が後将軍、趙雲は他の4人よりも低い役職だったようです。趙雲が他の4人と同じ位になったのは関羽・張飛・馬超・黄忠がいなくなった後の、超雲が晩年の頃のようです。, 関羽、字は雲長(うんちょう)。司隷河東郡解県(現在の山西省運城市塩湖区解州鎮常平村)出身と言われています。五虎大将軍(関羽、張飛、黄忠、馬超、趙雲)の筆頭です。劉備(玄徳)、張飛と桃園の誓いを結び義兄弟であり、黄巾討伐より行動を共にし蜀の建国に尽力した人物です。反董卓連合軍に参加していた時は董卓軍の猛将華雄(かゆう)を倒す。曹操に敗れ、劉と別れ離れになり曹操の捕虜となった際は、曹操軍として官渡の戦い(かんとのたたかい)に参戦、袁紹(えんしょう)軍の猛将顔良(がんりょう)を倒すなどしています。関羽は見事な鬚髯(鬚=あごひげ、髯=ほほひげ)をたくわえていたため「美髯公(びぜんこう)」とも呼ばれます。敵方でありながら張遼(ちょうりょう)、徐晃(じょこう)とは親交があるなど敵味方問わず人を惹きつける人間的魅力もあります。実は、中国では「商売の神様」として祭られています。日本では横浜の関帝廟(かんていびょう)が有名です。, 張飛、字は益徳(えきとく)、三国志演義では翼德(よくとく)。幽州涿郡(現在の河北省涿州市)の出身と言われています。五虎大将軍(関羽、張飛、黄忠、馬超、趙雲)の一人です。劉備(玄徳)、張飛と桃園の誓いを結び義兄弟であり、黄巾討伐より行動を共にし蜀の建国に尽力した人物です。曹操軍から追撃を受けた際、長坂橋で曹操軍を単騎による大喝一声して足止させたことにより、劉備(玄徳)軍が撤退できたエピソードは有名です。短気で思ったらすぐ行動するタイプ。また、大酒呑みであり、それが災いして失敗することもありました。呂布に匹敵する武力の持ち主です。, 馬超、字は孟起(もうき)。司隷扶風郡茂陵県(陝西省興平市)の出身と言われています。五虎大将軍(関羽、張飛、黄忠、馬超、趙雲)の一人です。馬超は剛力の持ち主で若い頃から武勇に優れていました。その雄姿から「錦馬超」(きんばちょう)として称えられています。馬超は、後漢の名将馬援(ばえん)の子孫と称する一族の出身です。父は馬騰(ばとう)になります。父親の馬騰は曹操と対立していており、曹操暗殺計画に加担していたことが曹操にばれて一族のほとんどを曹操に謀殺されてしまいます。唯一生き残った馬超と従弟の馬岱(ばたい)は共に、復讐の為に兵を起こしました。潼関の戦にて馬超は圧倒てきな強さで曹操軍を蹴散らしていきます。その中で行われた、許褚(きょちょ)との一騎討ちは有名です。優勢に進めてきた馬超軍ですが、賈詡(かく)の離間の計(りんかんのけい)により、韓遂(かんすい)の裏切りにより、形勢が逆転し馬超は敗走していきます。その後、張魯の元に身をよせ、そして劉備(玄徳)の配下となります。, 黄忠、字は漢升(かんしょう)。荊州南陽郡(現在の河南省南陽市)の出身と言われています。五虎大将軍(関羽、張飛、黄忠、馬超、趙雲)の一人です。黄忠は60歳を過ぎた老将でありながら、弓の名手で敵将を一騎討ちで討ち取るなど、老いても勇猛果敢な活躍をしました。例えとして、中国では老いてますます盛んな人を老黄忠(ろうこうちゅ)と呼ぶそうです。もともと黄忠は韓玄(かんげん)の配下でした。関羽率いる劉備(玄徳)軍が長沙(ちょうさ)に攻めてきた際に、関羽と一騎討ちをしており互角の戦いを繰り広げました。韓玄に劉備(玄徳)軍と内通しているのではと疑われ、捕えられてしまい処刑されそうになった際、同じく韓玄の配下の魏延(ぎえん)が反乱を起こし韓玄の死亡により、劉備(玄徳)の配下となりました。劉備(玄徳)の配下になってからは、漢中攻略時に、張郃(ちょうこう)・夏侯尚(かこうしょう)を撃破したり、定軍山の戦いで夏侯淵(かこうえん)を討ち取るなど活躍しました。, 超雲、字は子龍(しりゅう)。冀州常山郡真定県(現在の河北省石家荘市正定県)の出身と言われています。五虎大将軍(関羽、張飛、黄忠、馬超、趙雲)の一人です。もともと公孫瓚(こうそんさん)の配下でした。公孫賛が青州(せいしゅう)の袁紹と戦いで、田楷(でんかい)の援軍として派遣された劉備(玄徳)の騎兵隊長となったことが劉備(玄徳)との出会いです。その後、趙雲は兄の喪のために故郷に帰ることとなり公孫賛の元を離れます。そして趙雲は、袁紹の元に居た劉備(玄徳)と会い劉備の配下となった。長坂の戦いでは、阿斗(後の劉禅(りゅうぜん))と甘皇后を救出しに曹操軍の大群に単騎で乗り込み救出するエピソードが有名です。劉備(玄徳)、関羽、張飛亡き後、諸葛亮と共に魏軍(北伐)討伐などをおこないました。タレント不足な蜀の中で諸葛亮と共に劉禅(りゅうぜん)を支えた人物です。, 三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。, 三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。, 三国志には、様々なエピソードがあります。勇猛果敢なエピソードや笑えるエピソードなど多岐にわたるのです。もちろん、泣けるような感動的なエピソードもあります。そこで今回は、三国志の感動的なエピソードについて紹介していきます。, 馬騰・馬超親子や曹操の配下として活躍し、関羽と激闘を繰り広げたホウ徳。最期まで忠誠を貫き、曹操に涙を流させたほどの名将です。ここではホウ徳の武勇と戦いの軌跡を紹介していきます。, 三国志の時代には、様々な仙人が登場します。代表的な仙人と言えば、左慈や于吉などが有名ではないでしょうか。とは言え、三国志好きの方も「仙人ってどんな人なの?」「そもそも人なの?」などの思うのではないでしょうか。そこで今回は、三国志に登場する仙人について詳しく紹介していきます。, 曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。, 「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。, 世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。, 「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。, 三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。. 五虎大将軍 趙雲の死因 猛将の最期に迫る! 劉備 関羽 張飛の死んだ順番は? 3人の最期はどんな感じだった? 呂布と項羽 強さはどちらが上だったかを徹底検証! 曹丕とその妻 甄姫との関係 最期はとても悲しい終わりだった そんな魅力的な歴史絵巻を、わかりやすくお伝えできたらと思っています。 動物好きのため、赤兎馬に憧れています。. 建安13年(208年)、荊州の当陽県長坂で曹操自ら指揮を執る5000の兵に追いつかれた劉備は、妻子を捨てて逃走した。 五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)は、小説『三国志演義』および小説『水滸伝』、またはその派生作品に登場する架空の称号である。, 五虎大将(ごこたいしょう)、五虎将軍(ごこしょうぐん)、五虎上将 (ごこじょうしょう)、五虎将(ごこしょう)とも呼ばれる。, 五虎を冠した称号は、15世紀にまとめられた小説『三国志演義』においては主に「五虎大将」という呼称で現れ、「五虎上将」、「五虎将」とも別称される。小説としてまとめられる前の講談『三国志平話』では「五虎将軍」、吉川英治の小説では「五虎大将軍」と呼称されている。, 五虎大将軍は、関羽、張飛、馬超、黄忠、趙雲の5名であり、その筆頭には関羽が任命された。漢中を平定し、漢中王となった劉備が、諸葛亮の進言により、信頼と功績のある武将五名に五虎大将軍の称号を授け、重要な軍事の際にはそれぞれ軍を率いて活躍し、軍事における中心的な役割を果たした。趙雲は他の四名より位が低く、関羽・張飛の2名は劉備の義兄弟であり、黄忠は老将、馬超は新参の武将と、地位・老若・経歴などは選出に問われなかった。, 梁山泊の役職。この上の役職は、総頭領と軍師のみで、軍人の中では最高の位である(水滸伝百八星一覧表)。編成は、大刀関勝、豹子頭林冲、霹靂火秦明、双鞭呼延灼、双鎗将董平の5人。, なお、関勝は関羽の子孫という設定である(「大刀」とは、『三国志演義』での関羽の得物である青龍偃月刀を指す。青龍偃月刀を実際に使ったかどうかの記録は残されていないが、大刀の名手であったのは事実)。また、林冲は、得物が蛇矛であり、容貌が「豹頭環眼 燕頷虎鬚」と形容されている点から、張飛を元にしているとされる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=五虎大将軍&oldid=78434164. 桃園三兄弟(正史にこの逸話はありませんが)の劉備・関羽・張飛ですが、彼らの死の時期は割と近接していました。, 彼らの没後、蜀はだんだんと下り坂へ向かっていきます。まさに終わりの幕開けであり、蜀ファンならずとも沈んだ気持ちになってしまう部分ですよね。, 続けざまの3人の死ですが、それには何か関わりがあるのでしょうか。だとすれば、どのような関連があったのでしょう。, 218年、劉備は周囲から漢中王に推挙されます。関羽は前将軍に任ぜられ、荊州争奪における中心地であった樊(はん)城の攻略に乗り出します。, 次いで呉では呂蒙・陸遜らの有力将軍たちが軍を起こし、呂蒙は元々関羽と不仲だった蜀の将軍糜芳(びほう)や士仁を寝返らせました。, このために関羽は本拠地の江陵と公安を失うことになってしまい、樊城と襄陽の包囲を解いて撤退を始めます。, 孫権軍は彼の兵糧や軍備を奪い、さらに追い込みをかけて降伏を勧告しますが、関羽は受けずに逃走を続けます。, しかし、力尽きて捕えられ、斬首されてしまいました。これが219年12月のことです。, 221年に劉備が蜀の皇帝に推戴されると、張飛は司隷校尉兼車騎将軍という高い地位に就きます。, 劉備は関羽の死を深く嘆いており、仇討ちのために呉への侵攻を決めました。張飛は江州で合流することになっていたため、出発の準備に取りかかります。, しかし、そこでかねてから張飛に恨みを抱いていた部下の張達と范彊(はんきょう)に暗殺されてしまったのです。, 張飛は以前から部下に対しての刑罰が頻繁で厳しく、劉備はそれを幾度となく戒めていました。, 生来の性格として、彼は士大夫などの知識階級に対しては腰を低くしますが、自分より身分が下の者に対しては乱暴な態度を取りがちだったのです。, 張飛の死の報せが届いた際、劉備は内容を聞く前に「ああ、(張)飛が死んだと」呟いたそうです。, 張飛の死に落胆した劉備でしたが、それでも関羽の仇討ちのためと呉へ戦いを挑みます(夷陵の戦い)。, 最初は善戦し、勝利の連続で、まさに荊州奪取が目前まで来ましたが、222年夏に戦況が大きく変わります。, 陸遜によって火計を仕掛けられ、数万人を失うという大敗を喫してしまいました。このために荊州を完全に失うこととなったのです。, 失意のうちに蜀へ戻った劉備は、翌223年に病に倒れ、後を諸葛亮に託して没します。63歳でした。, 関羽と張飛がもう少し部下とうまくやっていたら、裏切りや暗殺は起きなかったと思われます。, 蜀の軍務で重きを成していた2人を劉備が操縦し、3人揃ってはじめて機能していたのではないかと思います。, だから、関羽が死んでバランスが崩れ、2人の死も続いてしまったのではないでしょうか。, イケメンでインテリで強い男が好きです。その中に人間の可愛げがあったら最高です。 三国志にはそんな人物が多すぎて、誰が一番なんて言ってられないのが現状です。 蜀(58) 三国志(199) 五虎大将軍とは、劉備(玄徳)が諸葛亮の進言により蜀の猛将5人に与えられた称号です。「五虎大将軍とは」「五虎大将軍の真実」について、五虎大将軍5人のプロフィールとあわせてご紹 … 生涯. もともとは公孫瓚の部下であったが、青州で袁紹と戦っていた田楷の援軍として公孫瓚が劉備を派遣した際、趙雲も随行して劉備の主騎となった。. Copyright ©  スリーキングダムズ All rights reserved. 五虎大将軍は、五虎大将や五虎将軍、五虎将とも呼ばれます。 顔ぶれは、関羽・張飛・趙雲・黄忠・馬超です。彼らはそれぞれが軍を率い、戦で活躍しました。 ただ、この呼称は三国志演義でのみ登場するものです。 正史ではどうなのかというと、このベースになったものが存在します。それが「蜀書第6巻 関張馬黄趙伝」で、5人の伝が1つにまとめられています。また、関羽が前将軍、張飛が右将軍、馬超が左将軍、黄忠が後将軍に任ぜられていました。