オンライン会見の時間は何時から? アントラーズの公式サイトで内田選手のオンライン会見を8月24日(月)に行う予定と発表がありました。 2020.08.20 (木) 内田 篤人選手が2020シーズンをもって現役を引退することになりましたので、お知らせいたします。 The Asahi Shimbun Asia&Japan Watch (ENGLISH). 内田篤人引退会見での本音サッカー観と全方位配慮のデキる男ぶり 2020/09/24 内田篤人引退試合はサッカー人生を反映! 引退セレモニー・インタビューまで振り返り 2020/09/23 Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. 23日に現役ラストマッチを終えた鹿島アントラーズの内田篤人が、一夜明けた24日にオンラインで会見を行った。 1カ月無料体験。J Copyright © The Asahi Shimbun Company.  引退後は「いろんな選択肢があると思いますけど、まだ一つ、2つに絞るのは早いかなと。いろんな選択ができるように、どこにでも行けるような仕事を選んでいきたい。サッカー以外のことでやれていく自信はないので、何かできればいい」と、今後もサッカーに携わりながら複数の選択肢を模索していくという。  常勝のイズムが脈々と受け継がれる鹿島。加入した時から、内田は厳しい練習の中でその姿勢を体現する大勢の先輩たちを見てきた。だからこそ中途半端な思いやプレーを抱えたまま現役を続けることはできなかったという。  現役生活に終止符を打ち、今一番やりたいことは「子供の幼稚園のお迎え」。柔らかい笑みを浮かべながら「これからは手をつないで一緒に幼稚園の送り迎えができたら最高だなと思います」と2児の娘を持つ32歳は優しいパパの顔になった。「YouTuberにはならないですね。長友さんとかやっていますけど、僕はならないですね」とも笑わせた。, 浦和 ブラジル人DFマウリシオ、FWファブリシオのポルティモネンセ期限付き移籍を発表, 内田篤人 オンラインで引退会見、今後は「どこにでも行けるような仕事を」一番やりたいのは幼稚園のお迎え, パリSG、1点が遠く…ネイマール、頂点に届かず涙「全力を尽くしたし、最後まで戦い抜いた」, 名良橋晃氏「篤人以外には考えられなかった」 鹿島右SB先輩として引退ねぎらう「背番2渡してよかった」, 内田 恩師メッセージに涙…鹿島入団時のアウトゥオリ氏、3連覇時に指揮オリヴェイラ氏がねぎらう, 鹿島同期も内田に“お疲れさま” 佐々木は期待「JFA会長とかサッカー界に携わって」, 鹿島DF内田を見いだした担当スカウト、椎本氏もねぎらい「惜しまれて引退するから幸せ」, G大阪・昌子「マジで寂しいわ」 引退の内田と試合後に抱擁 先輩の闘志を目に焼き付けた, 名古屋FW金崎 元鹿島同僚の内田へ惜別弾!川崎F撃破に笑顔「勝ち点3以上の意味がある」, 柏FWオルンガ 連続弾「7」でストップ…指揮官は今季初のスコアレスドローにも前向き, 横浜 コロナに負けず今季初連勝!スタッフの尽力に奮起「言い訳をしている場合ではない」, 浦和マウリシオ&ファブリシオ 古巣ポルティモネンセ復帰決定的に…近日中にも正式発表へ, ストラスブール川島 1年3カ月ぶり出場!開幕戦黒星発進も好セーブ連発で健在アピール, リバプール南野 プレシーズン初戦で存在感アピール 指揮官からは高評価「かなり良い状態」, 浅野拓磨 26歳初戦パナマ戦で自ら祝砲を!1年ぶり代表復帰で決意「与えられた場所で全力を」. 引退会見では様々なことに触れていく中、家族やサポーターについても語った。 引退セレモニーの後は2人の娘とピッチを一周した内田。幼馴染でもある妻への報告についても語り、あっさりした反応だった … All Rights Reserved. All rights reserved.  引退の決意を前もって伝えた人はわずかだったが、その1人はGK曽ケ端だったという。チームの最年長で、鹿島の黄金世代を象徴する先輩。「“お前まだやれるだろう”って一番しつこく言ってきたのがソガさんですね。あの人の方が長くやっているんで反論はできなかったんですけど、“早いなあ”とか“もったいないなあ”とか、一番寂しそうだったのもソガさんだった」という。 鹿島の元日本代表DF内田篤人(32)が、現役引退会見を24日にオンラインで開いた。「Thank You Atsuto!」と書かれた会見ボードを背景にスーツ姿で登壇。後輩のFW土居も駆けつける中、晴れやかな表情で約1時間の会見に臨んだ。, 会見冒頭、マイクを握ると「昨日スタジアムで最後に話したことがほとんどなので、僕から何とか、ということはほとんどありません」とキッパリ。柔らかい笑いを誘うと、その後は記者からの質問がなくまるまで一つ一つ、丁寧に引退を決意した経緯などについて答えていった。 内田篤人から皆さんへ〜2020年8月23日 ホームg大阪戦後の挨拶〜 皆さんの思いを篤人さんへ! 現役引退を発表した内田篤人選手の、鹿島アントラーズ、日本サッカー界への貢献と功績を称え、感謝の思いを込めて、SNS投稿企画「#ありがとう篤人」を実施いたします。 朝日新聞デジタルに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。  引退の決意を初めてクラブに伝えたのは、12日のルヴァン杯・清水戦後だったという。「(強化担当の鈴木)満さんにルヴァン杯の試合の後、そのまま話をしに行きました。“チームの助けになっていない”というのと、“このまま契約を解除して引退させてほしい”ということを、試合後そのまま言いにいきました」と明かした。その後、愛妻にも決意を伝えたという。 Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. No reproduction or republication without written permission.  41歳の曽ケ端には「まだ10年くらい(現役)やるんじゃないですか?契約残っていますよね?10年くらいね?」と長い現役生活を望み、「黄金世代がどんどん辞めていく中で、最後、鹿島の象徴的な選手として曽ケ端さんは残ってくれています。後ろにいてくれると安心感だったり存在感は感じるものがある。これから僕は1人のファンとしてユニホームを買って応援したいと思います」とエールを送った。 All Right Reserved. お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくはサイトポリシーのページをご覧ください。, オンラインで行われた引退会見で笑顔を見せるJ1鹿島の内田(C)KASHIMA ANTLERS, 23日のガ大阪戦で現役を引退した鹿島の元日本代表DF内田篤人(32)が24日、オンライン会見に臨み「正直、やっと終われるなという気持ちが強い」と、14年を超えるプロ生活を振り返った。, 内田は2015年の手術以降、右ひざのケガと闘い続けてきた。「手術した後の2年近い空白が一番効いた。走る、止まるといった基本的な運動能力が落ちた」。練習や試合で、ケガをしないように抑えてプレーする自分がいることに気づき、「100%でやっている選手の隣に立つのは失礼だなと。鹿島の選手としてけじめをつけなきゃと思った」。先発した今月12日のルヴァン杯で満足なプレーが出来ず、その足でクラブ幹部に引退の意向を伝えたという。, 今後については「サッカーの道で生きたいなとも思っている。それ以外のことをやれる自信もないので。長友(佑都)さんとかはやっていますけど、僕はユーチューバーにはならない」と笑顔で語った。, ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。. 内田篤人から皆さんへ〜2020年8月23日 ホームg大阪戦後の挨拶〜 皆さんの思いを篤人さんへ! 現役引退を発表した内田篤人選手の、鹿島アントラーズ、日本サッカー界への貢献と功績を称え、感謝の思いを込めて、SNS投稿企画「#ありがとう篤人」を実施いたします。  練習中も試合中も、古傷の右膝をかばい、ケガをしないように抑えながらプレーしなければならなかった。だが、傍らではチームメートの永木、小泉、土居らが全力でプレーしていた。「その隣に立つのが失礼だなと思うようになりました。鹿島の選手としてけじめをつけないといけないなと。たとえばカテゴリーを下げてとか、環境を変えるために移籍をしてということも選択肢にはあったと思いますけど、鹿島以外でやる選択肢はなかったので、ここで辞めさせていただきたいと思いました」と明かした。 Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. 内田篤人 オンラインで引退会見、今後は「どこにでも行けるような仕事を」一番やりたいのは幼稚園のお迎え [ 2020年8月24日 16:02 ] 23日のガ大阪戦で現役を引退した鹿島の元日本代表DF 内田篤人 (32)が24日、オンライン会見に臨み「正直、やっと終われるなという気持ちが強い」と、14年を超えるプロ生活を振り返った。 内田は2015年の手術以降、右ひざのケガと闘い続けてきた。�  「先輩たちがグラウンドでやるべきことをやっていることを見てきました。(小笠原)満男さんだったり、柳(沢)さんだったり、(大岩)剛さんも、僕が入った年は本田さんもいましたけれど。鹿島の選手らしい振る舞いというか立ち姿は自分の中で感じるものがあって、それが僕にはできていないなと」