No.1競馬サイト「netkeiba.com」、加藤士津八(カトウシヅヤ)の調教師データです。プロフィール、近走成績、年度別成績、騎乗馬、達成記録、最新情報をはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 No.1競馬サイト「netkeiba.com」、加藤士津八(カトウシヅヤ)の調教師データのプロフィールです。プロフィール、近走成績、年度別成績、騎乗馬、達成記録、最新情報をはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 No.1競馬サイト「netkeiba.com」、加藤士津八(カトウシヅヤ)の騎手データの年度別成績です。プロフィール、近走成績、年度別成績、騎乗馬、達成記録、最新情報をはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 No.1競馬サイト「netkeiba.com」、加藤士津八(カトウシヅヤ)の調教師データの年度別成績です。プロフィール、近走成績、年度別成績、騎乗馬、達成記録、最新情報をはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 加藤 士津八(かとう しづや、1985年2月2日 - )は、JRAの美浦トレーニングセンターに所属する元騎手で現在は調教師。父は加藤和宏調教師。弟は小島太厩舎で厩務員をしていた。 加藤 士津八(かとう しづや、1985年2月2日 - )は、JRAの美浦トレーニングセンターに所属する元騎手で現在は調教師。父は加藤和宏調教師。弟は小島太厩舎で厩務員をしていた。, 1985年2月2日、和宏の長男として誕生する。この年、父・和宏はシリウスシンボリで東京優駿(日本ダービー)を制し、口取り式では馬上で生後4か月の士津八を抱いて臨んでいる。, 2003年JRA競馬学校19期生、美浦国枝栄厩舎の所属騎手としてデビュー。父・和宏も当時現役騎手であったため、親子騎手として当時のメディア等で話題となった。なお同期には石橋脩、長谷川浩大、松岡正海、佐久間寛志、南田雅昭らがいる。, 初年度に7勝を挙げたものの、デビュー3年間の勝ち鞍は19勝という結果に終わり、見習い騎手の斤量減を解かれた2006年以降は徐々に騎乗数・勝利数ともに減少の一途を辿る。, この間、2007年秋にはアイルランド、イギリス、フランスにて自主研修、2011年10月29日には中国・湖北省の武漢競馬場で行われた騎手招待レースに騎乗、JRA所属騎手として初の中国競馬騎乗を記録[1]などもあったが、国内競馬では2009年以降は未勝利と低迷が続いた。, また2009年より騎乗機会を増やすべく障害競走への騎乗も行われたが通算7戦未勝利と成果は出ず2011年より平地に専念となるも、平地・障害双方で特記すべき実績を挙げることは無く、2011年12月31日をもって騎手を引退[2]。引退後は父の和宏厩舎で調教助手を務めていたが、2017年12月7日に発表されたJRAの新規調教師試験に合格。2018年3月1日付で調教師免許発効となる[3]。2019年3月1日付で厩舎を開業した[4]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=加藤士津八&oldid=74521792. 加藤士津八 19: タニノジュレップの19.

ドレフォン (スペシャルウィーク) 牝: 栗: 4/17: 1,120: 28,000: 400: 栗東 ・ 新規開業 21: ドキドキマドンナの19

ゴールドシップ (コロナドズクエスト) 牝: 栗: 5/15: 960: 24,000: 400: 美浦 ・ 青木孝文 20: チャイナドールの19.