大阪環状線では完全に駅ごとで発車メロディの曲が異なる。 JR東日本が管轄する東京の山手線では数駅にわたって同じ曲が連続して、しかも至る所の駅で使用されている汎用メロディーが多い。 大阪環状線はそのような汎用メロディーというものがない。 >>JR西日本で「発車メロディ」の導入駅が少ない理由とは!

大阪をぐるっと一周している環状線。 その発車メロディは19駅すべて違います。 駅ごとの発車メロディの紹介となぜその曲なのか、解説していきます! 大阪環状線とは? 東京23区でぐるっと一周は「山手線」。

大阪駅や京橋駅、森ノ宮駅、西九条駅は昨年のうちにメロディが決まっていて既になっていますが、ほとんどの駅はまだでした。やっと揃いましたね。, 大阪環状線の全19駅発車メロディが決まったので、その曲名と選曲理由についてまとめて紹介します。, そのほか「新型車両「323系」の投入」、「ビエラ玉造」についてはこれまで記事にしています。あわせて読んでみてください▼, では次に本題である「大阪環状線全駅発車メロディの曲名とその選曲理由」をご紹介します。, 「やっぱ好きやね〜ん、やっぱ好きやね〜ん、テレレン、ドアが閉まります。ドアが閉まりますご注意ください」という流れ。, 外回り線と内回り線の両駅が同じホームにあるのでどちらも同時にメロディがなったりして、落ち着かない駅です。, 「とぅりゃとぅりゃとぅりゃとぅりゃとぅりゃとぅりゃりゃりゃ〜」という曲。結構くらい曲ですね。, 昨年より導入済みです。USJに行く時にいつも聞いています。曲は知ってるけど曲名までは知らないメロディ。, 昨年より導入済みです。「白い貝殻の小さなイヤリング」の箇所がメロディで流れます。結構高音です。, aikoさんの花火。高音で明るい曲です。単音なのでどうしても同じ音の繰り返しになってしまいます。, 一番多いのがアメリカ民謡でした。選曲理由が色々ありますね。「なるほど~」から、「なんで?」まで。, 楽しい曲やオリジナルソング(なんで寺田町に?)、心に残る曲が揃っています。「その駅らしさ」「大阪環状線らしさ」「大阪らしさ」を大切にしているそうです。, 大阪城公園がなんで法螺貝(ほらがい)onlyなん?「ツッコミも含めて楽しんで」だそうです(笑)。, 大阪環状線全19駅のメロディ=曲名と選曲理由についてご紹介しました。本当はその曲を流したいんですけどね。, 先に4駅(大阪駅、京橋駅、森ノ宮駅、西九条駅)で開始し、その後15駅が2015年3月22日(日)より始まりました。実際にホームで聴いてみて下さい。.   たこやき ぎょうざ お好み焼き ぶたまん ~♪, ♪~いちろうさんの 牧場(まきば)で イーアイ イーアイ オー ひとり旅も友だちとの旅行もなにもかも好き。 LOOP PROJECT」が、当プロジェクトの一環として実施されている。期間中は「ハローキティ 環状線トレイン」の運行や、主要駅へのフォトスポットの設置などが行われる[45]。, このプロジェクトが「323系と大阪環状線改造プロジェクト」として、2016年9月29日に2016年度グッドデザイン賞(移動用機器・設備部門)を受賞している[46][47]。, 2014年6月から2017年9月まで運行された「OSAKA POWER LOOP」ラッピング車, 大阪環状線・桜島線専用に使用される吹田総合車両所森ノ宮支所(旧・森ノ宮電車区)所属の車両を中心に、阪和線・関西空港線直通に使用される吹田総合車両所日根野支所(旧・日根野電車区)および吹田総合車両所京都支所(旧・京都総合運転所)所属の車両および大和路線直通に使用される吹田総合車両所奈良支所(旧・奈良電車区)の車両がある。すべて電車である。, また、車内広告を1社で独占して掲出している広告貸切列車として使用されている車両もある。8両編成の広告貸切列車は Loopack(ルーパック)と呼ばれ、過去にはヘッドマークを掲出していた時期もあり、特に毎年10月には8020推進財団が広告主となっている列車について、8020運動の普及啓発を行う「8020号」の特製ヘッドマークが掲出されている。, 福島駅付近から西九条駅までを併走する梅田貨物線を経由し、桜島線(JRゆめ咲線)安治川口駅貨物ヤードを結ぶ貨物列車の牽引機として運用される。, 大阪環状線は、大阪鉄道(初代)により建設された関西本線の今宮駅 - 天王寺駅間、同じく大阪鉄道(初代)により建設された天王寺駅 - 玉造駅 - 大阪駅間の城東線、西成鉄道により建設された西成線の大阪駅 - 西九条駅間、鉄道省により建設された関西本線貨物支線(大阪臨港線)の境川信号場 - 今宮駅間を元に、未成区間の西九条駅 - 境川信号場間を日本国有鉄道(国鉄)が繋いで成立した環状路線である。その関係で、国鉄時代は境川信号場 - 天王寺駅間は天王寺鉄道管理局の管内で、残りが大阪鉄道管理局の管内とされた。, 関西本線・城東線・西成線の開業当時、関西本線は木津村・今宮村・天王寺村の集落を迂回する必要があり、市街地からやや南へ離れてしまい、城東線は四天王寺・大坂城址といった建造物や天王寺村・清堀村・玉造町の集落を迂回するため、市街地から大きく東へ離れてしまった。西成線は比較的市街地に近接していたが、船舶の出入が多いため橋が1本もない安治川右岸を通っており、基本的には臨港路線だった。, もともとの市街地が海に面していない大阪では、もとから海に面した市街地である東京と比べて海側への鉄道敷設が容易でありそうなものだが、大阪湾と大阪市街を結ぶ二大水路の安治川および木津川への架橋が、船舶の出入の多さから事実上不可能という問題があり、大阪鉄道(初代)の大阪駅乗り入れが城東線ルートになったのも、この問題に一因があった。1897年に大阪港(築港)の埋立造成が開始され、その完工を目前に控えた1928年の大阪臨港線開業時に木津川への架橋は実現したが、安治川への架橋は1961年の大阪環状線開業まで実現することはなかった。, このように、大阪市街の東半分を取り囲む関西本線および城東線がどちらも市街地から離れたところに敷設されたため、現在の私鉄各社に加えて片町線や当の関西本線ですら現在の大阪環状線の内側(それらは明治期、市街地の端でもあった)にターミナルを設置することとなり、環状線の構想に至るには市街地の拡張を待つ必要があった。大正初期までに開業した私鉄(元私鉄を含む)の大阪側ターミナルは難波駅・湊町駅(現・JR難波駅)・片町駅・汐見橋駅・天王寺西門前駅・阪神梅田駅・天満橋駅・恵美須町駅・大阪上本町駅など、ほとんどが現在の大阪環状線の内側に位置するもので、阪急梅田駅も当初は内側(現在の阪急百貨店うめだ本店の位置)にあった。, 大正末期に至って城東線・西成線の内側は一部を除いて市街化され(時期を同じくして城東線・西成線が通る地域はすべて大阪市に編入された)、大阪鉄道(2代目、現・近鉄南大阪線)と阪和電気鉄道(現・JR阪和線)は天王寺駅にターミナルを構えるに至った。環状線の構想も戦前には持ち上がったが、上述のとおり船舶の出入が多い安治川への架橋に対して反対運動があり、計画が具体的に進むことはなかった。また、日本橋・銀座といったオフィス街・繁華街に近接し、東京駅が開業するなど、発足時の東京市域を縦断する経路で未成区間が解消された東京市(当時)の海側と異なり、一部レジャー施設と新興住宅地を除いて工業地帯・港湾施設が広がる大阪市の海側に十分な利用者数が見込めるのかという疑問も残った。, しかし、戦災復興都市計画によって環状線建設が立案施行されることになった。第二次世界大戦直後と高度経済成長期の2度にわたって大阪市長を務めた中井光次は、海側の未成区間への新線敷設と港区・大正区における旅客駅の開設に尽力し、1953年に大阪環状線建設促進協議委員会が発足、1956年3月20日には大阪市内環状線として起工式が挙行された。それでもなお、安治川橋梁の架橋に対して反対運動があったため、1960年に開業予定が1年遅れることになった。大阪環状線という名称に決定したのは1961年4月3日で、1960年12月26日の国鉄関西支社が調査役会議で本社に上申したものである。, 大阪環状線となったのは、西九条駅から大阪臨港線の今宮駅 - 浪速駅間に設けられた境川信号場までが開通した1961年である。なおこの時、西成線のうち西九条駅 - 桜島駅間が桜島線として分離され、大阪臨港線は起点を大正駅に変更され大阪環状線貨物支線として扱われるようになった。当初は西九条駅で線路がつながっていなかったため、桜島駅 - 大阪駅 - 京橋駅 - 天王寺駅 - 西九条駅の逆「の」の字運転を行っていたが、1964年に西九条駅の高架化が完成して線路がつながり、環状運転を開始した。, 1973年に関西本線(1988年に大和路線の愛称がつく)の快速列車、1989年に阪和線・紀勢本線の特急、1990年に阪和線快速列車の大阪環状線直通運転が開始された。2012年現在では日中の3分の2が大和路線や阪和線直通列車(快速)であり、これらの運行形態は逆「の」の字運転である(大和路快速・関空快速・紀州路快速の各項も参照)。, なお、鉄道国有法の公布に伴い主要鉄道の国有化が実施されるまで、城東線は大阪鉄道 - 関西鉄道の保有路線であったが、南海電気鉄道の前身である南海鉄道の列車が、1993年に全廃された南海天王寺支線を経由してここに乗り入れ、大阪駅まで直通していたこともあった。, 琵琶湖線 - JR京都線 - JR神戸線(北陸本線(米原 - 長浜)・東海道本線(米原 - 神戸)・山陽本線(神戸 - 姫路))- 山陽本線(姫路 - 上郡)- 赤穂線(相生 - 播州赤穂) - 湖西線 - 草津線 - 奈良線 - 嵯峨野線(山陰本線 京都 - 園部) - おおさか東線 - JR宝塚線(福知山線) - JR東西線 - 学研都市線(片町線) - 大阪環状線 - JRゆめ咲線(桜島線) - 大和路線(関西本線 JR難波 - 加茂) - 阪和線 - 関西空港線 - 和歌山線 - 万葉まほろば線(桜井線) - 関西本線(加茂 - 柘植) - 和田岬線 - 羽衣線 - 紀勢本線(和歌山 - 和歌山市), 新快速 - 大和路快速 - 関空快速・紀州路快速 - 丹波路快速 - はるか - びわこエクスプレス - らくラクはりま, 北陸本線 - 琵琶湖線 - JR京都線 - JR神戸線(東海道本線)- 山陽本線 - 赤穂線 - 湖西線 - 草津線 - 奈良線 - 嵯峨野線 - 山陰本線 - おおさか東線 - JR宝塚線・福知山線 - JR東西線 - 学研都市線(片町線) - 加古川線 - 播但線 - 姫新線 - 舞鶴線, 大阪環状線 - JRゆめ咲線(桜島線) - 大和路線(関西本線) - 阪和線 - 関西空港線 - 和歌山線 - 万葉まほろば線(桜井線) - 関西本線 - きのくに線(紀勢本線), 梅田貨物線:特急「はるか」「くろしお」などの旅客列車も走行する。書類上の路線分岐駅は福島駅だが、同駅にはホームがない。実際に大阪環状線本線から線路が分岐しているのは西九条駅である。, 大阪環状線と交差する駅付近は地上区間で、前述の地上区間により大阪環状線内に入り込む路線にも数えている。, 大阪環状線の定義を冒頭に記したうちの2.とした場合、新今宮駅 - 天王寺駅間は関西本線の複々線である。運行形態とするなら、この区間も大阪環状線の複線区間である。, このうち福島駅 - 西九条駅間は増設線である貨物線(梅田貨物線の一部)を走行しており、旅客線を走行するのは西九条駅 - 天王寺駅間のみである。臨時特急「ユニバーサルエクスプレス」は西九条駅を通過して桜島線に乗り入れたため、大阪環状線内は停車せず、また旅客線を走行していない。, 2010年のダイヤ改正前(即ち紀伊田辺駅行きだった頃)は、後ろ4両は日根野駅ではなく, 101系の冷房編成は1977年に冷房改造された当初は全車冷房車だったが、1986年に中間の冷房付サハ101形がサハ103形750番台に改造されたため、代わりに首都圏から廃車予定の非冷房モハユニットを転属させて組み込み、付随車代用として使用された(その車両は廃車されるまで冷房改造は一切行われなかった)。, 読売新聞大阪本社社会部『大阪環状線めぐり ひと駅ひと物語』東方出版、2003年、p.41。, 「『101系』"最終電車" /大阪・JR天王寺駅」『読売新聞』1991年4月29日, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.360。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.361。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』(大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.366)によれば、1962年3月27日廃止。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.358。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.366。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.100、p.370。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.372。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.374。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.375。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.376。, 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.380。, 平成26年3月15日(土曜日)ダイヤ改正に合わせて森ノ宮駅・京橋駅・西九条駅に発車メロディを導入し、賑わいを創出します!, 「大阪環状線改造プロジェクト」進行中! 大阪環状線 森ノ宮駅改良 ホーム上の「コミュニケーションスペース」完成・駅舎外観イメージ決定, 「大阪環状線改造プロジェクト」大阪環状線トイレ改良計画進行中!!