2018年 秋華賞(gⅠ) 2018年 ジャパンカップ(gⅠ) 2019年 ドバイターフ(g1)〔ドバイ〕 2019年 天皇賞(秋)(gⅠ) 2020年 ヴィクトリアマイル(gⅠ) 騎手: c.ルメール:5勝目 2018年(秋) レイデオロ 2019年(春) フィエールマン 2019年(秋) アーモンドアイ Copyright © 2012 中央と南関東は任せろ。日本の景気は任せた。 All Rights Reserved. 私もアエロは良いと思います。GⅢだったら今後、行けるでしょうね。GⅠも使い続ければ、そのうち勝てそうな予感です。それではまたね。, 馬主によりけりですけど、ダノン系とサトノ系は、私の中では好走はするけれど、勝ちきれない馬主って感じです。, アエロリットが勝てるGⅠというと限られそうですが、エリザベス女王杯に直行していたら消耗度もなくて良かったのかもしれないと思うものの…。, 中央と南関東は任せろ。日本の景気は任せた。(当ブログ)に似た名前の有料予想サービスが存在しているようで、お問い合わせを数件頂きました。, 今現在、当ブログはメールマガジン発行サービスや会員を集めて予想を行うサービス等は一切行っておりません。, 2019年2月17日、本日ですね、に行われる第36回フェブラリーステークスの展開から導く競馬予想です。フェブラリーステークスは、距離ダート1600m、出走頭数は14頭、発走時刻は15時40分となっております。本命にはゴールドドリームを選択。インティは対抗までとしました。, 2017年5月14日に東京競馬場で開催された第12回ヴィクトリアマイルの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはアドマイヤリードでした。2着には11番人気のデンコウアンジュ、3着にジュールポレールが入り、3連単の払い戻しは918,700円でしたね。今年もまた荒れました。, 2019年10月5日に東京競馬場で開催される第5回サウジアラビアロイヤルカップの展開から導く競馬予想です。サウジアラビアロイヤルカップは、距離1600mの2歳重賞。出走頭数は9頭、発走時刻は15:45となっています。本命にはサリオスとしました。ここは堅いのではないかなと思うんですがどうでしょうか。. !優駿牝馬は距離2400m、出走頭数は18頭、発走時間は15時40分となっています。ハープスターは桜花賞に続いて牝馬クラシック3冠に王手をかけられるか、大事な1戦。, 2015年11月1日に東京競馬場で開催された第152回天皇賞(秋)の着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはラブリーデイ。宝塚記念に続くGⅠ2勝目を挙げました。2着にはステファノス、3着にはイスラボニータが入りました。. 天皇賞秋2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の天皇賞秋の着順は1着:アーモンドアイ、2着:ダノンプレミアム、3着:アエロリットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。 2014年5月25日に東京競馬場第11競走で行われる第75回優駿牝馬(オークス)の過去10年間のデータや展開考察から導く馬券をあたなに無料でお届け!

いつもの月曜休みです。といってももう病院へ行ってきました(病)。 天皇賞(秋)2020の予想【東京2000m発走15:40】アーモンドアイをどこで買うか…, 菊花賞2020の予想は、コントレイルをド本命視して【京都3000m発走15時40分】, 5.凪のあすから、Re:ゼロから始める異世界生活、この素晴らしい世界に祝福を!、東京レイヴンズ、みなみけ(シリーズ)、tt、Angel Beats!、俺ガイル、さくら荘のペットな彼女、ココロコネクト、とある禁書目録・超電磁砲(シリーズ)、To LOVEる-ダークネス、氷菓、あの花、変猫、はたらく魔王さま、まおゆう、まどマギ、マクロスFRONTIER、CLANNAD AFTER STORY、CCさくら、まもって守護月天…etc. ダノン系は大嫌いですね。GⅠ一番人気でこけるし。来なくていい時に2着かよ…でしたね。 2019年10月27日 東京11r 天皇賞(秋)(g1)の結果・払戻です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 2019年10月27日に東京競馬場で開催された第160回天皇賞(秋)の全着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。, 優勝したのは通算G͖6勝目となるアーモンドアイが、この豪華メンバーに3馬身差を付ける完勝でした。素晴らしい走りにただただ感銘するのみ。, さて、優勝したのはアーモンドアイでした。このメンバーにこの着差で勝てるのかと思ったほどの貫禄勝ちで、いやはや御見それしましたという感じです。, 2着には安田記念大敗のダノンプレミアムが入り、3着に逃げたアエロリットが入りました。, アエロリットが作るペースでしたが、1000m通過時計が59.0秒となかなかの時計で逃げます。, 12.8 – 11.4 – 11.5 – 11.6 – 11.7 – 11.6 – 11.3 – 11.1 – 11.3 – 11.9, 前半3F35.7秒 4F47.3秒 – 後半4F45.6秒 3F34.3秒ということで、前半ややスローの流れ。上位3頭は6番手以内を進んだメンバーですので、その点では前優勢だったのかなと思います。, C.ルメール騎手は直線入ったところでアエロリットの後ろにいましたが、どのタイミングで外に持ち出すんかなと思っていましたが、内ラチ沿いを選択。レース前の騎手コメントに、内が硬くていい感じという言葉を見たんですが、そのまま伸びてきましたね。ちゃんと馬場状況を頭に入れたうえでの騎乗だったということなのだと思います。, ダノンプレミアムは、サートゥルナーリアとの叩き合いとなりましたが、最後はアエロリットを抑えての2着。安田記念で大敗していたので、立て直しに時間が掛かると思ってましたが、そんなことはなくといったところ。強いダノンプレミアムを見れて良かったです。, ただ、この距離で勝てなかったところをみると、もう残すはマイル路線なのかもしれませんね。, サートゥルナーリアは、なんだったんでしょうか。イマイチ敗因が見えてきませんが、ダノンプレミアムとの叩き合いに負けると、ズルズル後退という形で、後ろから来たユーキャンスマイルとワグネリアンに交わされてしまいました。見せ場がなかったというわけではないものの、ちょっと気になる負け方でしたね。枠が悪いとかもないし、展開不利というわけでもないので。, ワグネリアンは前評判は高かったですが、空気になってましたね。最後も明らかにユーキャンスマイルの方が勢いがありましたし、んー、という感じ。, けど、上位5頭の内、4頭は4歳馬。やはり4歳馬のレベルが高いということの現れなんかもしれんですね。, アーモンドアイは天皇賞・秋の口取り撮影には参加せず、厩舎地区へ。水をかけられながら検量室前を周回して、勝利の余韻に浸っています。これまでレース後に見せていた熱中症のような症状は今回見せておらず、ひと安心です。#アーモンドアイ #天皇賞・秋 #AlmondEye pic.twitter.com/xnJuDmNjfu, 体が強くなったのか、暑いのが苦手なのかはわかりませんが、そんな感じですかね。このまま世界のアーモンドアイになるまで頑張ってほしいところです。, おはようございます。 2019年10月27日に東京競馬場で開催された第160回天皇賞(秋)の全着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはアーモンドアイでした。2着にダノンプレミアム、3着には逃げたアエロリットでした。サートゥルナーリアは6着に沈みました。 2018年 日刊スポーツ賞シンザン記念(gⅢ) 2018年 桜花賞(gⅠ) 2018年 優駿牝馬(gⅠ) 2018年 秋華賞(gⅠ) 2018年 ジャパンカップ(gⅠ) 2019年 ドバイターフ(g1)〔ドバイ〕 騎手: c.ルメール:3勝目 2018年(秋) レイデオロ 2019年(春) フィエールマン: 調教師