| TOPページ |  家族狩り-第8話のあらすじとネタバレは「家族狩り-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。 原作小説「家族狩り」のあらすじとネタバレは「原作小説「家族狩り」のあらすじと犯人と結末のネタバレ」をご覧下さい。

上戸彩の不倫相手は斎藤工>>, 2014年08月16日(土曜日)あらすじと犯人のネタバレはブログです。http://netabare1.blog137.fc2.com/blog-entry-3358.html.

ルーズヴェルト・ゲーム-最終回のあらすじと結末ネタバレ>>, 2014年07月04日(金曜日)あらすじと犯人のネタバレはブログです。http://netabare1.blog137.fc2.com/blog-entry-3314.html. TBSのドラマ「家族狩り」の原作となる天童荒太の小説「家族狩り」(文庫版)を読んだ夏休みのネタバレ読書感想文のあらすじと犯人や結末のネタバレ編です。, このページには、天童荒太の原作小説「家族狩り」のあらすじや犯人や結末のネタバレが含まれているので、あらすじや犯人や結末のネタバレを知りたくない人は閲覧にご注意下さい。(注釈:原作小説「家族狩り」は文庫5冊と長いので、メーンとなる事件のあらすじと犯人のネタバレの紹介になります。)■小説「家族狩り」のあらすじと犯人のネタバレ動物の死骸を住宅の玄関に放置するという事件が多発するなか、美術教師・巣藤浚介は隣家から流れてくる悪臭に気づき、実森家で実森一家4人が死んでいるのを発見する。両親は裸で縛られて、のこぎりで切られて殺され、祖父は縛られて死んでおり、息子は自分の部屋でカッターで首を切り裂かれ、机にもたれかかって祈るようにして死んでいた。麻生家には鍵がかかっており、状況から考えて、息子が両親と祖父を殺して自殺した可能性が大きかったため、警察は息子の犯行とし、被疑者死亡で事件を処理しようとした。しかし、息子を亡くしていた刑事・馬見原光毅は「子供がこんな酷い事をするはずがない」と考え、独自に他殺の線で捜査を始めた。ある日、美術教師・巣藤浚介は、交際中の同僚教師・清岡美歩から、不登校の生徒・実森勇治の自宅への家庭訪問の付き添いを頼まれる。美術教師・巣藤浚介は清岡美歩に付き添って実森家を訪れたが、実森勇治は部屋から出てこず、清岡美歩は母親に退学を勧めた。ある日、実森家で実森一家3人が死体で見つかる。現場の状況から考えて、息子・実森勇治が両親を殺害して自殺した可能性が大きく、警察は被疑者死亡で処理しようとした。しかし、麻生家一家死亡事件と実森一家死亡事件は共通点も多く、刑事・馬見原光毅は独自に他殺の線で捜査を行う。そのようななか、麻生家一家死亡事件の第一発見者であり、家庭訪問で実森家を訪れていた美術教師・巣藤浚介は、麻生家と実森家でシロアリ駆除の消毒の匂いがしたことを思い出し、刑事・馬見原光毅に教える。刑事・馬見原光毅は後輩の刑事・椎名栄作に命じてシロアリ駆除業者を調べさると、シロアリ駆除業者の大野甲太郎が偽名を使っており、大野甲太郎に前科があることが判明する。刑事・馬見原光毅は、大野甲太郎が以前に住んでいた四国の香川県へと行き、大野甲太郎の過去について調べた。大野甲太郎は、民間の電話相談所を開設する山賀葉子の元夫だった。大野甲太郎は、香川県に住んでいたとき、教育相談所の職員をしており、山賀葉子と結婚し、息子・香一郎も生まれ、自宅も建てて順風満帆だった。大野甲太郎は教育相談所の職員として、問題を抱えた家庭の相談を数多く受けていたが、我が子・香一郎の事には無力だった。結局、大野甲太郎は、我が子の問題を解決できず、最後には息子・香一郎を救うためと言い、息子・香一郎を殺害し、自首していた。大野甲太郎は山賀葉子と離婚し、自宅も売却しようとしたが、自宅はシロアリに蝕まれており、売ることが出来なかった。大野甲太郎は服役中に害虫駆除業者だった男と知り合った。その男は害虫駆除をするときに家の合い鍵を作り、後で合い鍵を使って盗みに入る泥棒だった。大野甲太郎は出所後、服役中に知り合った男から害虫駆除の方法や盗みの手口を学ぶと、その男を自殺に見せかけて殺した。そして、大野甲太郎は東京へ出て、民間の電話相談所を開設する元妻・山賀葉子の隣で、害虫駆除業を始めていたのだった。さて、民家の玄関に動物の死骸を置く事件を追い続けていた後輩の刑事・椎名栄作が事件の犯人を逮捕した。犯人は42歳の男性だった(犯人は登場人物ではなく、名前も不明です)。犯人は30歳でマイホームを手に入れたが、過労で倒れ、3年前に自宅を手放した。しかし、買い手が付かなかったため、アルバイトをしながら、ローンの返済を続けており、それが原因で離婚した。犯人は、マイホームに対する妬みから、動物を殺害し、自宅の玄関に置くようになったが、実際に動物の死骸を置きに行くのは犯人の母親だった。さて、児童相談所の心理カウンセラー氷崎游子は、娘・駒田玲子に怪我を負わせたアルコール依存症の駒田幸一を警察に逮捕させ、娘・駒田玲子を保護した。アルコール依存症の駒田幸一は、山賀葉子の相談所に通い、大野甲太郎の害虫駆除会社で働きながら更生の道を進んでいた。刑事・馬見原光毅が一家死亡事件の聞き込みで大野甲太郎の害虫駆除会社を訪れると、駒田幸一は「氷崎游子が俺を逮捕させに来た」と勘違いして暴走してしまった。結局、駒田幸一は氷崎游子を包丁で刺してしまい、大野甲太郎・山賀葉子の元に逃げ込んだ。大野甲太郎は「娘・駒田玲子を養子に欲しい」と頼んだが、駒田幸一は拒否したため、駒田幸一を殺害した。さて、高校生の芳沢亜衣は、ホテルで男性を殴る傷害事件を起こしたほか、摂食障害や精神障害を起こし、家で荒れるようになっていた。母親は芳沢亜衣の事が手に負えなくなり、民間の電話相談所を開設する山賀葉子に相談するようになる。山賀葉子と大野甲太郎の2人は、相談で芳沢家を訪れたさい、「シロアリ被害に遭っている可能性がある」と指摘した。芳沢亜衣の母親は大野甲太郎にシロアリ駆除を頼み、大野甲太郎はシロアリ駆除をしている隙に芳沢家の合い鍵を手に入れた。後日、犯人・山賀葉子と大野甲太郎の2人は、合い鍵を付けって芳沢家に進入し、芳沢一家3人を縛り上げ、芳沢亜衣の目の前で両親を殺害しようとした。しかし、芳沢亜衣は事件の直前に、巣藤浚介に「親を殺して自殺する」と電話しており、巣藤浚介と氷崎游子と刑事・椎村の3人が芳沢家に駆けつけたため、犯人・山賀葉子と大野甲太郎の2人は芳沢一家の殺害に失敗してしまう。計画に失敗した犯人・山賀葉子と大野甲太郎の2人は、芳沢亜衣を人質に取り、富士山の樹海へと逃げた。そして、犯人・山賀葉子と大野甲太郎の2人は、息子・香一郎を殺したときの真実を芳沢亜衣に話すと、芳沢亜衣を車に残して消えた。裁判では、大野甲太郎が1人で息子・香一郎を殺したことになっていたが、実は妻・山賀葉子も息子・香一郎の殺害に関与していた。結局、犯人・山賀葉子と大野甲太郎の2人は富士山の樹海で死んだのか、行方は分らなかった。警察は2人を見つけることが出来ず、麻生家一家死亡事件と実森一家死亡事件については、被疑者死亡の判断は覆らなかった。「原作小説『家族狩り』のネタバレ読書感想文」へ続く。, <<原作小説「家族狩り」の犯人ネタバレ読書感想文

昼顔-第7話のあらすじとネタバレの後半>>, 2014年08月30日(土曜日)あらすじと犯人のネタバレはブログです。http://netabare1.blog137.fc2.com/blog-entry-3368.html. 家族狩り-第6話のあらすじとネタバレは「家族狩り-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。 原作小説「家族狩り」のあらすじとネタバレは「原作小説「家族狩り」のあらすじと犯人と結末のネタバレ」をご覧下さい。 7月からの新ドラマ「家族狩り」(tbs系列 毎週金曜 pm10:00)がはじまる。主演は、女優の松雪泰子。原作は、直木賞作家・天童荒太のベストセラー小説「家族狩り」です。ドラマのあらすじは、認知症の父と介護疲れの母を抱えながら児童相談所で心 家族狩り ネタバレについて、家族狩り、ネタバレそして結末は?の家族狩り ネタバレ記事一覧ページです。ドラマ家族狩りのネタバレ、あらすじ、原作、視聴率、キャストなどの情報をお届けします。  | TOPページ | 

 | TOPページ |  小説「家族狩り」のあらすじと犯人のネタバレ 動物の死骸を住宅の玄関に放置するという事件が多発するなか、美術教師・巣藤浚介は隣家から流れてくる悪臭に気づき、実森家で実森一家4人が死んでいるの … 伊藤淳史が出演するTBSの家族狩りドラマ「家族狩り」の第7話「真犯人」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。, 家族狩り-第6話のあらすじとネタバレは「家族狩り-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。原作小説「家族狩り」のあらすじとネタバレは「原作小説「家族狩り」のあらすじと犯人と結末のネタバレ」をご覧下さい。■家族狩り-第7話のあらすじとネタバレ実森家で死体を発見した巣藤浚介(伊藤淳史)と氷崎游子(松雪泰子)の2人は、通報で駆けつけた警察から事情を聞かれていた。刑事は実森家の外で、巣藤浚介(伊藤淳史)と氷崎游子(松雪泰子)の2人から一通りの事情を聞くと、「いくら緊急性があっても、窓を割って入っちゃ駄目でしょ。死体まで動かしちゃって」と注意して、事情聴取を終えた。巣藤浚介(伊藤淳史)は氷崎游子(松雪泰子)と別れた後、再び刑事の所へ行き、「実森くん(岡山天音)は自殺じゃないと思います。誰かに殺されたんだ」と告げると、いきなり馬見原光毅(遠藤憲一)に取り押さえられた。そのとき、実森家の中を調べていた若手の刑事・椎村栄作(平岡祐太)は、実森家のテレビ台に馬見原光毅(遠藤憲一)のライターがあるのを見つけ、馬見原光毅(遠藤憲一)を疑った。馬見原光毅(遠藤憲一)は「お前、何だ、この臭い。この髪の臭い。お前は誰だ。誰だよ」と言って巣藤浚介(伊藤淳史)を押さえつけると、椎村栄作(平岡祐太)を呼びつけ、警察署へ連行させた。さて、取調室に来た馬見原光毅(遠藤憲一)はライターでタバコに火を付けると、巣藤浚介(伊藤淳史)の取り調べを始めた。実森家のテレビ台にあったライターは鑑識が回収したはずなのに、馬見原光毅(遠藤憲一)がライターを持っているので、椎村栄作(平岡祐太)は驚いた。馬見原光毅(遠藤憲一)が「アンタは『実森家は一家心中じゃ無い。殺人事件だ』と言っていたな。俺も同じ考えだ。誰かに家族ごと狩られたんだ。他にも家族全員が狩られた事件がいくつかある。その共通点が臭いだ。アンタの頭の臭いだ。その髪の臭いだ」と告げると、巣藤浚介(伊藤淳史)が「髪の臭いって何なんですか?・・・シャンプーだ。あっ、昨日、借りたんですよ。知り合いに」と釈明した。馬見原光毅(遠藤憲一)が「氷崎游子(松雪泰子)の家だろ」と指摘すると、巣藤浚介(伊藤淳史)は氷崎游子(松雪泰子)の名前が出たので「なんで?」と驚いた。馬見原光毅(遠藤憲一)は「犯人は氷崎游子(松雪泰子)だ。間違いない。7年前、彼女が担当していた家族が一家心中を起こした。父親が、家庭内暴力で暴れていた中1のの息子を包丁で殺した。その後、何故か女房と娘まで包丁で殺し、父親はガソリンを被って焼身自殺した。その事件を切っ掛けに氷崎游子(松雪泰子)は退職した。その後、氷崎游子(松雪泰子)はしばらく行方をくらませた。そして5年前、氷崎游子(松雪泰子)は児童ケアセンターの嘱託として復帰した」と話した。巣藤浚介(伊藤淳史)が「今までの話は推定ばかりですよね」と指摘すると、馬見原光毅(遠藤憲一)は「実森家の母親の携帯電話にも、その前の一家心中事件にも、母親の携帯電話に氷崎游子(松雪泰子)の電話番号が別人の名前で登録されていた。最初から殺すつもりだったから、偽名で登録させたんだ」と教えた。そして、馬見原光毅(遠藤憲一)は「氷崎游子(松雪泰子)はカウンセリングの結果、もう再生の見込みが無い家族を見つけると、家族全員を狩る。快楽や満足を得る殺人鬼だ。どうだ。思い当たる節があるだろ」と尋ねた。巣藤浚介(伊藤淳史)が「急に言われても」と動揺すると、馬見原光毅(遠藤憲一)は「何かあったら、連絡をくれ。俺はアンタが犯人だと思ってない。氷崎游子(松雪泰子)に関するネタをくれ」と頼んだ。その後、若手の刑事・椎村栄作(平岡祐太)は上司・藤崎(飯田基祐)を屋上へ呼びして、「所轄の証拠品の中から、ライターが消えてました」と報告すると、上司・藤崎(飯田基祐)は「馬見さん(遠藤憲一)だな。信じられんが。引き続き、馬見さん(遠藤憲一)の監視を頼む」と命じた。翌日、校長は職員会議で「マスコミの取材には一切の取材に応じない。実森勇治(岡山天音)はあくまでも家庭の事情で死んだ。全校集会も行わない。そんな事よりも、マスコミから我が校を守る方が大切だ。葬式なども出ないように指示を徹底して下さい」と教職員に指示した。巣藤浚介(伊藤淳史)が「ちょっと待って下さい。学校側に責任が無かったとは言えないんじゃないですか。人の死より、学校の体面の方が大事なんですか?」と異論を唱えたが、巣藤浚介(伊藤淳史)の意見は黙殺された。その後、巣藤浚介(伊藤淳史)は実森家を訪れ、献花台に花を添えて手を合わせていると、芳沢亜衣(中村ゆりか)が制服姿で花を持って現れたので、マスコミは芳沢亜衣(中村ゆりか)を取り囲んで、「学校で裏ビデオを見ていたって本当ですか?」などと、次々に質問した。巣藤浚介(伊藤淳史)は慌ててマスコミから芳沢亜衣(中村ゆりか)を守ろうとしたが、芳沢亜衣(中村ゆりか)は献花台に花を叩き付け、「馬鹿野郎。死んだって楽になんかならないんだよ。ファッキンシットやコメンテーターに茶化されて、クズなコメンテーターの飯の種にされるだけなんだよ」と叫んだ。そして、芳沢亜衣(中村ゆりか)は振り返ると、マスコミに向かって「お前ら、いつか皆殺しにしてやるからな」と告げたので、マスコミは「もっと怒らせろ」と面白がり、芳沢亜衣(中村ゆりか)を挑発したが、芳沢亜衣(中村ゆりか)は走って立ち去った。マスコミは「皆殺しって叫んでましたけど、これは教育現場の問題ですよね」と言い、残された巣藤浚介(伊藤淳史)を取り囲むと、巣藤浚介(伊藤淳史)は「アンタたちがおもしろ半分に報道することが、子供達に影響を与えていませんか?大人として無責任だろうが」と激怒した。その日の夜、冬島綾女(水野美紀)は回覧板を持って来た人から、「背の大きな男性がこの部屋を見てたけど、知り合い?」と尋ねられた。冬島綾女(水野美紀)は元夫・油井善博(谷田歩)だと思い、息子・冬島研司(須田瑛斗)を部屋に残すと、包丁を持って部屋を出て、元夫・油井善博(谷田歩)を探した。しかし、元夫・油井善博(谷田歩)は見つからず、冬島綾女(水野美紀)が部屋に戻ると、息子・冬島研司(須田瑛斗)が消えていた。元夫・油井善博(谷田歩)が息子・冬島研司(須田瑛斗)を連れ去ったようだ。冬島綾女(水野美紀)は慌てて馬見原光毅(遠藤憲一)に電話して助けを求めると、馬見原光毅(遠藤憲一)は暴力団組員の元を訪れ、暴力団組員を痛めつけて、元夫・油井善博(谷田歩)の居場所を吐かせた。暴力団組員は「油井(谷田歩)は組を抜けました。2度と東京には戻ってきません。子供を連れて生まれた地に行くと言ってました」と教えたが、油井善博(谷田歩)の行き先までは知らなかった。翌日、油井善博(谷田歩)は遠くを眺めがら、息子・冬島研司(須田瑛斗)に「アソコが、お父さんの故郷だよ。お母さんと一緒に3人で暮らそう」と話した。しかし、息子・冬島研司(須田瑛斗)が「帰りたいよ。お母さんに会いたいよ」と言って泣き出しので、油井善博(谷田歩)は「今、お父さんが大事な話をしているんだ」と言い、息子・冬島研司(須田瑛斗)を張り倒すと、息子・冬島研司(須田瑛斗)は階段を転げ落ち、頭から血を流した。一方、校長は巣藤浚介(伊藤淳史)を呼び出し、「実森家には行かないように注意したでしょ」と注意すると、巣藤浚介(伊藤淳史)は「そんな一方的な指示には従えません」と反抗した。すると、校長は「なんだ、その反抗的な態度は。もう限界です。処分内容は追って通達しますので、自宅待機してください」と命じた。さて、駒田幸一(岡田浩暉)はシロアリ駆除の仕事を始めており、児童保護施設では、保護している娘・駒田玲子(信太真妃)の対応が話し合われた。上司は「もう玲子ちゃん(信太真妃)を引き取ってもらっていいんじゃないか?駒田さん(岡田浩暉)は正社員の仕事が見つかって、酒も止めてるんだろ」と提案した。しかし、児童保護施設の職員・大熊(宮地雅子)が「まだ、生活が安定したとは言えません。中高年の再就職は、仕事の向き不向きがありますし」と反対し、氷崎游子(松雪泰子)も「一緒に食事を取るくらいなら良いと思いますが、生活の安定を待つべきだと」と言い、大熊(宮地雅子)の意見を支持したため、駒田玲子(信太真妃)の返還は見送られた。その後、駒田幸一(岡田浩暉)が児童保護施設に現れ、駒田玲子(信太真妃)と面会した。駒田幸一(岡田浩暉)は帰りがけに児童保護施設の職員・大熊(宮地雅子)に「玲子(信太真妃)を外食に連れて行ってやりたいんですけど」と頼んだが、大熊(宮地雅子)は「規則でできません」と答えた。駒田幸一(岡田浩暉)が「規則、規則って。だったら、玲子(信太真妃)を早く返してくれ」と頼むと、大熊(宮地雅子)は「私は引き取って貰っても良いんですけど、担当の氷崎游子(松雪泰子)なので、氷崎さんのOKがでないと」と答えた。駒田幸一(岡田浩暉)は「またあの女か。どこまで俺の事を・・・」と言い、児童保護施設を後にした。「家族狩り-第7話のあらすじとネタバレの後半」へ続く。, <<家族狩り-第7話のあらすじとネタバレの後半 藤本隆宏が家族狩りを開始するTBSの家族狩りドラマ「家族狩り」の第9話「葬送の儀」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。, 家族狩り-第8話のあらすじとネタバレは「家族狩り-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。原作小説「家族狩り」のあらすじとネタバレは「原作小説「家族狩り」のあらすじと犯人と結末のネタバレ」をご覧下さい。■家族狩り-第9話のあらすじとネタバレ大野甲太郎(藤本隆宏)の大野白蟻工業は、山賀葉子(財前直見)の自宅の隣にあり、大野白蟻工業と山賀葉子(財前直見)の自宅は通路で繋がっていた。大野白蟻工業に進入した氷崎游子(松雪泰子)は、山賀葉子(財前直見)の自宅の玄関から外に出て驚いていると、帰宅した大野甲太郎(藤本隆宏)に「君には、いつか気づかれると思ってたよ」と言われた。一方、冬島綾女(水野美紀)に刺された油井善博(谷田歩)は、若手刑事・椎村栄作(平岡祐太)に「見たろ?こいつ(水野美紀)は、刑事のお前の命を救ったよな。約束しろ。こいつを罪に問うんじゃないぞ。こいつは、真っ白な体で子供を育てていかなきゃならないんだよ。代わりに、これをやる。俺が長峰(菅原卓磨)をヤッた証拠も入ってる」と言い、封筒を投げた。そして、油井善博(谷田歩)は冬島綾女(水野美紀)に「お前らが、馬見原(遠藤憲一)と楽しく遊んでいたとき、俺がどう思ったか分るか?俺も馬見原(遠藤憲一)みたいなオヤジが欲しかった。馬見原(遠藤憲一)みたいなオヤジだったら、きっと、俺を守ってくれたのになって。研司(須田瑛斗)のこと、ゴメンな。幸せに」と言い残して、息絶えた。他方、氷崎家でご飯を食べていた巣藤浚介(伊藤淳史)は、巣藤浚介(伊藤淳史)らを残して出かけた氷崎游子(松雪泰子)に何度も電話をかけたが、氷崎游子(松雪泰子)は電話に出なかった。氷崎民子(浅田美代子)が「彼氏の家じゃないかしら」とからかうと、巣藤浚介(伊藤淳史)は動揺して、鈴木渓徳(北山宏光)に「ラインで探してくれ」と頼んだ。鈴木渓徳(北山宏光)が「良いですけど、ガチで男の家だったら、どうするんですか?」と尋ねると、巣藤浚介(伊藤淳史)は激しく動揺したので、鈴木渓徳(北山宏光)や氷崎民子(浅田美代子)は爆笑した。さて、氷崎游子(松雪泰子)が目覚めると、そこは大野白蟻工業の倉庫で、氷崎游子(松雪泰子)は手足を縛られていた。氷崎游子(松雪泰子)が山賀葉子(財前直見)を見て驚くと、山賀葉子(財前直見)は「駒田さん(岡田浩暉)を送って差し上げたのも私たち。実森くん(岡山天音)を送って差し上げたのも私たち。貴女なら、直ぐに理解できると思うわ」と話した。一方、若手刑事・椎村栄作(平岡祐太)は、「馬見原さん(遠藤憲一)を嵌めましたね。アンタが捜査情報をヤクザに流し、金を貰っていた証拠だ」と言い、油井善博(谷田歩)から受け取った証拠を上司・藤崎(飯田基祐)に突き付けると、上司・藤崎(飯田基祐)は「ふざけるな、こんなインチキ」と激怒した。しかし、証拠の裏付けが取れ、上司・藤崎(飯田基祐)が拳銃の鑑定結果の改竄をし、馬見原光毅(遠藤憲一)のライターを実森家に置いて馬見原光毅(遠藤憲一)を陥れようとした事も判明したため、上司・藤崎(飯田基祐)は証拠改竄の容疑で逮捕された。上司・藤崎(飯田基祐)は、長男がギャンブルでヤミ金に手を出したため、長男を救おうとして、ヤクザに取り込まれたのだという。このため、馬見原光毅(遠藤憲一)は釈放された。冬島綾女(水野美紀)が油井善博(谷田歩)を刺した件は、正当防衛が認められ、冬島綾女(水野美紀)は罪には問われなかった。その日、大野甲太郎(藤本隆宏)が芳沢亜衣(中村ゆりか)の自宅を訪れ、白蟻の駆除を開始した。芳沢希久子(相築あきこ)はドア越しに、芳沢亜衣(中村ゆりか)に「今ね、白蟻駆除の業者さんにきて頂いて、床下を消毒してるの。ママは、お買い物をして、2時間くらいで帰ってくるから」と告げ、自宅を出た。すると、芳沢亜衣(中村ゆりか)は「シロアリシロアリ」というメールを巣藤浚介(伊藤淳史)に送った。氷崎家で氷崎游子(松雪泰子)の帰りを待っていた巣藤浚介(伊藤淳史)は、芳沢亜衣(中村ゆりか)のメールで目覚め、「何があったの?」と返信した。そこへ、氷崎民子(浅田美代子)が来て「まだ游ちゃん(松雪泰子)が帰ってこない。私の病院へ一緒に行って貰う約束をしてたのに。約束をすっぽかすなんて、絶対に変」と心配した。巣藤浚介(伊藤淳史)が「どこか、行き先に心当たりありませんか?」と尋ねると、氷崎民子(浅田美代子)は「あっ、シャンプー。これね、個人輸入をしているお友達から分けて貰ってるらしいの。買っておくようにってメールしたから、友達の所へ行ったのかも」と答えた。巣藤浚介(伊藤淳史)は馬見原光毅(遠藤憲一)に逮捕されたとき、馬見原光毅(遠藤憲一)はシャンプーの匂いから、氷崎游子(松雪泰子)を一家心中殺人事件の犯人だと疑っていたことを思い出した。巣藤浚介(伊藤淳史)はシャンプーを個人輸入している友達について尋ねたが、氷崎民子(浅田美代子)は何も知らなかった。巣藤浚介(伊藤淳史)は「とにかく探してみます」と言って氷崎家を飛び出すと、鈴木渓徳(北山宏光)に電話して「游子さん(松雪泰子)が事件に巻き込まれたかも知れない。彼女と同じシャンプーを使ってる人を探してくれ。シャンプーの写メを送るから」と頼んだ。そのころ、氷崎游子(松雪泰子)は山賀葉子(財前直見)に、「何があったんですか?駒田さん(岡田浩暉)を殺したなんて嘘ですよね?大野さん(藤本隆宏)に利用されてるだけなんですよね?」と尋ねると、山賀葉子(財前直見)は「あの人は同士よ。かけがえのない同士」と答えた。氷崎游子(松雪泰子)は「駒田さん(岡田浩暉)、あんなに仕事が出来るようになったって、喜んでたじゃないですか。玲子ちゃん(信太真妃)は、どうなるんですか?家族の為に尽くしていた姿は嘘だったんですか?」と迫ると、山賀葉子(財前直見)は「嘘じゃないわ。私たちが送り出しているのは、本当に末期のご家族だけよ」と答えた。さて、芳沢家の消毒を終えた大野甲太郎(藤本隆宏)は、芳沢亜衣(中村ゆりか)の部屋を訪れ、「亜衣さん(中村ゆりか)だね。私は君のご両親に依頼されて、床下の害虫を駆除するために消毒している」と自己紹介した。すると、芳沢亜衣(中村ゆりか)は「私を駆除しに来た。だって、この家には、シロアリは居ないもの。居るとしたら、私たち家族がシロアリ」と答えた。大野甲太郎(藤本隆宏)は「そういう風に思ってしまうのは、何か理由があるのかな?少し、話をしてみないか?」と手をさしのべたが、芳沢亜衣(中村ゆりか)は「このまま蓋をして、誰の邪魔もしない。誰にも利用されたくない。私をこの世界から消して」と言ってクローゼットに閉じこもった。一方、巣藤浚介(伊藤淳史)は山賀葉子(財前直見)に電話して、氷崎游子(松雪泰子)の行き先や氷崎游子(松雪泰子)が使っているシャンプーについて尋ねると、山賀葉子(財前直見)は「さあ、知らないわ。何か分ったら、連絡する」と答えた。その後、巣藤浚介(伊藤淳史)は馬見原光毅(遠藤憲一)の元を訪れ、「氷崎さん(松雪泰子)は犯人じゃない。氷崎さん(松雪泰子)は誰かから、このシャンプーを譲って貰ってたんです。これを取りに行って、消息を絶った。素人の勘なんですが、氷崎さん(松雪泰子)はシャンプーを取りに行って、その相手が真犯人だと気づいてしまったのかもしれない。だから、犯人に捕まってしまったのかも。それに、駒田さん(岡田浩暉)は自殺じゃ無いって言ってました。何か関係があるのかもしれない。氷崎さん(松雪泰子)を助けて下さい」と頼んだ。馬見原光毅(遠藤憲一)が「俺は自分の見立てで動く。氷崎游子(松雪泰子)は人殺し特有の闇を持ってる」と答えると、巣藤浚介(伊藤淳史)は「アンタ、俺の言葉を信用できないのか?確かに氷崎さん(松雪泰子)は迷ってた。苦しんでた。氷崎さん(松雪泰子)は人を殺すような人じゃ無い。絶対にな。大事な人が危ないんです。氷崎さん(松雪泰子)を助けて下さい」と言って土下座した。馬見原光毅(遠藤憲一)が「分ったよ。氷崎游子(松雪泰子)の携帯電話から居場所を探してやるよ」と告げると、巣藤浚介(伊藤淳史)は礼を言い、氷崎さん(松雪泰子)を探すため、走り去った。「家族狩り-第9話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。, <<財前直見と藤本隆宏が家族狩りの儀式を開始