戦争はどうして起こってしまうのか。戦争について考える際、まず整理して置かなければいけないポイントを、4つほど考えてみました。食料・資源の確保、政府や体制への不満、異なる民族・宗教との対立、覇権国家との軋轢。自国が備えるべき状況はどれなのか。 狭義には 1964年の トンキン湾事件 以後 アメリカ 合衆国が大規模に介入し,1973年の パリ和平協定 を経て 1975年の ベトナム民主共和国 ( 北ベトナム )と 南ベトナム解放民族戦線 (解放戦線)の勝利によって終わった,いわゆる第2次インドシナ戦争をさす。1 太平洋戦争の年表(たいへいようせんそうのねんぴょう)では、3年9ヶ月に及ぶ日本、満洲国、タイ王国とアメリカ合衆国、イギリス、オランダ、ソビエト連邦など連合国との戦争経過を示す。中華民国との間の戦争・事変は日中戦争を参照のこと。, 1937年(昭和12年)7月7日に始まった日中戦争(支那事変)によって、日本の満州事変以来の日本の中国進出を警戒する英米仏と、日中戦争の長期化は欧米の対中軍事支援によるとする日本の関係は急速に悪化、アメリカ合衆国が航空機用燃料・鉄鋼資源の対日輸出を制限するなど、日本の締め上げが図られた。それでも中国から撤退しない日本は、ヨーロッパにおいて第二次世界大戦を繰り広げるドイツ・イタリアと1940年に日独伊三国軍事同盟を締結し、ヴィシーフランスとの合意のもと仏領インドシナへ進駐し事態を打開しようとするが、アメリカは石油輸出全面禁止などの経済封鎖を以て、これに応えた。その後、数度にわたる日米交渉も難航し、アメリカは1941年(昭和16年)11月26日、ハル・ノートを日本側に提出した。これを最後通牒と受け止めた日本は、12月1日の御前会議で日米交渉の打ち切りと日米開戦を決定、択捉島単冠湾からハワイ真珠湾へ向けて出撃していた日本海軍機動部隊に12月8日の戦闘行動開始命令が伝達された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=太平洋戦争の年表&oldid=75603329. 太平洋戦争の年表(たいへいようせんそうのねんぴょう)では、3年9ヶ月に及ぶ日本、満洲国、タイ王国とアメリカ合衆国、イギリス、オランダ、ソビエト連邦など連合国との戦争経過を示す。中華民国との間の戦争・事変は日中戦争を参照のこと。 まず、そのような観点から「日本の戦争」を考察してみましょう。 そもそも我々はなぜそんなことを考えなければならないのか? 戦後これまで日本国民は、なぜ 「二度と過ちを繰り返すべきではない」 などということを考え、漠然とした罪悪感を感じなければならなかったのでしょうか? 通説では 1950年 6月25日 に 金日成 率いる北朝鮮が事実上の 国境 線と化していた 38度線 を越えて韓国に 侵略 を仕掛けたことによって勃発したとしている 。