福井工業大学附属福井高等学校男子サッカー部のサイト . ダンス部ではhiphop、rock、jazzなどといった様々なジャンルを練習し、文化祭にも出演します。初心者、経験者誰でも大歓迎です! 仲間とたくさんの思い出を作ろう! 部員数:中学21名、高校25名 建学の精神「人間愛」を守り、「進学力」で攻める。中高一貫指導に基づいて、さらに進学実績の向上を目指します。校長からのご挨拶、学校案内、教育内容、学校生活、入学案内や施設案内など、文教大学付属中学校・付属高等学校に関する情報をご覧いただけます。 構成 高校サッカーダイジェスト編集部 【photo】2020年の高校サッカー界を彩る主な注目選手を写真でチェック!〜女子編 北海道・東北編はこちら! 【フォトギャラリー】 関東編はこちら! 【フォトギャラリー】 東海・北信越編はこちら! link. ´ç¿’しており、年間約10試合の高体連を含む公式戦に出場しています。, 思い出づくりの始まりでもある。. サッカー練習会 ; 学校紹介・学校説明会・個別相談会 申込・質問フォーム ... 北海道文教大学明清 高等学校生のための「進学情報」 - 2015.03.20. news! 高校サッカー部 ... 2013/7/31 インターハイ 男子サッカー ... 春高バレーも出場決定!! 高崎健康福祉大高校も初全国!! 2012/11/16 決戦を前に・・・ 2012/11/15 今後の「文京」を考える 2012/11/12 今後の「東京」を考える 2012/11/11 第8回関東高校ベスト4進出 2012/11/8 横山コーチにご指導いただきま … 練習日程: ユースリーグ日程: 試合日程: チーム: アクセス: 戦 績: 新着情報 2020/08/01: 本年度の結果更新: 2020/08/01: 全コンテンツ年度更新【2020年度】 2019/11/19: 本年度の全結果更新: 2019/05/01: 全コンテンツ年度更新【2019年度】 2018/10/28: … dance部. 「サッカーを楽しむ」という文教サッカー部ならではの気持ちを全員が持ってくれたからこそ良い形で終了できた。 しかし、結果に関しては現役はもう少し真剣に向き合っていく必要がある。この試合も成長した姿を見せたいところだったが逆に学ぶものが多く、課題が多く残る試合となって� 毎年恒例の現三年生の引退試合を1月19日に、そして四送会を2月23日に行いました(上記写真は四送会)。以下活動報告です。, 引退試合とは毎年文教大学が行っている昨シーズンで引退した三年生に3グラでのサッカーを楽しんでもらうために現役一同が主催する毎年恒例の行事で文字通り引退試合である。勿論、「復帰」というものが存在する文教大学では三年生にとってはこの試合が厳密には最後ではないがあくまで区切りという形で行われている。活動の内容は昨年同様、3・4年MIXチーム VS 現役チームのガチンコ勝負が2本行われ、続いてマネージャー等も含めたmix試合をいくつか行うというものであった。メインの3・4年生は当然、楽しんでもらうことが全てではあるが、現役チームは成長した姿を見せるとともに、こういう言い方はあまりよくないかもしれないが安心してもらう為にも公式戦同様必ず勝たなくてはいけない試合である。, 試合は20×2で行われた。前半は正直どちらの見せ場もなく、ゴール前までは容易にボール運ぶ現役チームに対して文教らしさ全開の気持ちのこもったDF4枚の守備でなかなか点を取らせてはもらえない。こういった気持ちのこもった守備は現役も本当に見習わなくてはいけない大切な「文教らしさ」である。一方の3・4年生チームは大半が「久しぶり」という状況でなかなかボールが足につかず攻めに関しては前線の速い選手任せとなっていた。それでも徐々にボールに慣れていき現役チームサイドでボールを持つ場面が増えていった。そうこうしているうちに早くも20分の時間が過ぎエンドを変え後半がスタートした。, 後半がスタートしても雰囲気自体はあまり変更はなく試合は続いた。しかし半分過ぎたころいきなり試合は動く。3・4年生チームのクロスに対し3・4年生チームが合わせ得点。その後、裏のボールなどを増やし1点を取りに行く現役チームの攻撃に耐え、試合は1-0で3・4年生チームの勝利となった。, その後の試合は1~4年生混合チームで総当たりを行いみんなで楽しむ雰囲気で引退試合は終了した。, 3・4年生の気持ちの強さと自力の強さを見た試合であった。我々現役はここを今後の練習でもっと補わなければいけないと思った。, 2月23日。この日は四送会が行われた。この日も引退試合同様の内容で行われた。最初の20分×2本を公式戦や練習試合同様の本番さながらの雰囲気で行った。現役チームは現在のベストメンバー、3・4年生はメインの4年生主体のメンバーで行われた。, 前半のキックオフ。文教大学第3グラウンド(通称3グラ)はこの日、非常に強い風が吹いていた。これは周りに遮るものが何もない3グラではよくある現象で今後、ホーム戦では間違いなく敵となる厄介なものである。風もあり前半風下であった現役チームに対しはやいFWがいる4年生チームは浦江のボール主体で攻めてくる。風で思うように攻めることができない現役チーム。一方の4年生チームも普段から練習している現役とは違い、思うように体が動かず攻めあぐねている状況が続く。現役チームは少しでも成長した姿を見せたい。今までやってきた下から組み立てるビルドアップを試みるが風の影響もありなかなかうまく回せずに、さらにはミスもいくつか出てゴールまで運ばれる展開も少なくはなかった。そのような展開が続きあっという間に20分が過ぎた。, 後半。今度は現役チームが風上。前半の無得点。今度は言い訳が許されない。何としても点数を取りにいかなければいけない。しかし、ボールを何とかゴール前まで運ぶも肝心ところで4年生の気持ちのこもった守備に阻まれ、なかなか試合は動かない。しかし中盤、コーナーキックのチャンスを得る。上がったボールに必死にみんなで食いつくも誰も触れずに運よくそのボールがゴール前の芦澤の前に落ちそのまま得点。1-0となった。このまま終わりたい現役チームだったが終盤に行くにつれ、次第に集中力が切れ始める。そしてミスも増える。ちょっとしたミスからゴールまで行かれるシーンが増え始めたところ、今度はサイドでボールを取られカウンター。何人もがおいてかれ最後はキーパーと一対一に、そして失点してしまう。その後、逆転しようと攻め続けるが結局スコアは動かず1-1のまま試合は終了する。, その後はいくつか試合を行い良い雰囲気で四送会を締めくくることができた。「サッカーを楽しむ」という文教サッカー部ならではの気持ちを全員が持ってくれたからこそ良い形で終了できた。, しかし、結果に関しては現役はもう少し真剣に向き合っていく必要がある。この試合も成長した姿を見せたいところだったが逆に学ぶものが多く、課題が多く残る試合となってしまった。発展途上であるということは皆承知している。その中で必死に成長の方法を考え工夫し進んでいかなければいけない。結果が出せない。この状況を真摯に受け止め全員で成長していく。今度は結果で。感謝を伝える。, 最後になりますが、2日間ともに参加して頂いた3・4年生の皆さんありがとうございました。大きなけがなく、そして何よりも3・4年生が楽しんでいる姿を見れることができ、現役一同も安心しております。また、円滑な運営にご協力くださいまして本当にありがとうございました。何年も前からあった「文教らしさ」をつないでくれた3・4年生の姿を目標にし、現役一同頑張っていきますので、4年生はOBという形で、3年生は復帰という形で、今のチームに力を貸していただければなと思います。, 12月15日、彩の国二回戦が行われた。相手は去年の雪辱戦といっていい相手、平成国際大学と。, 試合前、様々なことが起こったが、支えてくれる方々、応援してくれている方々に結果で恩返しするためにも必ず勝たなければいけない試合だった。, 主将山本を中心に副主将岩井、上野、そして二年永藤を中心に総勢20人がまとまり、試合に向け準備していた。当日は怪我の部員を除き全員がベンチに入るという総力戦となった。スタメンは下から、GK:村野 DF:鹿野、芦澤、長谷川、岩井 MF:廣木、上野 MF:永藤、吉田、松山 FW:山本 の11人で臨んだ。もちろん例年通り昨シーズンとはがらりと変わったメンバーで新チームになって初陣、そして初勝利をつかむため戦いに挑んだ。, 審判のホイッスルと同時に、平成国際大学が文教大学コートに向けボールを蹴り上げ試合がスタートした。開始直後、ボールを蹴って相手コートでボールを奪いリズムを作ってこようとする平成国際大学に対して、芦澤、長谷川、廣木を中心に文教大学は守備からリズムを作っていき、その中で前線の吉田、山本にボールを預けゴールを目指していく。試合前課題となっていたラインコントロール、序盤は何とか良いペースで保っていくことができた。体格の差は正直一目瞭然であったがチーム力と気持ちで戦っていった。そんな中、前半5分、ハーフウェイライン付近のフリーキックから岩井が中に合わせるクロスを放つ。流れたボールに対して吉田が反応しはなったシュートが両チーム合わせて初シュートとなった。これは惜しくも相手キーパーが良い反応を見せゴールとはならなかった。その攻撃の直後、前半7分今度は相手のコーナーキックが二回続く場面があったが、全員による守備で何とか切り抜けた。そのあとは、蹴ってくる平国、それを何とか耐えてカウンターによる攻撃を狙う文教という試合展開が序盤は続いた。予想よりも蹴ってくる平国に対して、センターバックの二人や岩井、それからGK村野が前に出てくるなどしてしっかり対応していた。しかし、文教のペースでボールを回す状況は皆無に近く、終始、平国がボールを所持し試合を展開していた。しかし、平国も文教の守備に対して攻めあぐねているのも確かであった。その一瞬のすきやセットプレーをものにしたい文教であった。そんな中、前半24分、相手のクリアミスに反応した上野が相手ゴールに迫るがこれは惜しくも相手ディフェンスに阻まれてしまう。前半26分、今度は相手チームがパスを回して文教ゴールに迫った。放たれたシュートは文教ゴールの外に外れる。九死に一生を得た文教は前半28分、今度はDFの鹿野がルーズボールを拾い相手ゴールにシュートを放つ。惜しくも外れるが確実に流れが変わる一発となった。その後は持ちつ持たれつの状況が何分か続いた。そして、試合は動く。前半36分、文教大学のクリアボールを平国が保持し、右サイドからキーパー前に落とすようなクロスボールが上がる。そこに反応したFWが合わせて文教ゴールに突き刺した。それが先制点となり、0-1のまま前半は終了する。, ハーフタイム、主将山本、副主将、上野、岩井、永藤、それから唯一の三年生、廣木を中心に修正を図る。気持ちを入れ替え、二点取り返して逆転すると決意し、ベンチメンバーや応援してくれている人を含めたワンチームで、主将の「行くぞ」の掛け声で円陣をし、後半に向かった。, 後半開始。左の松山に代わり八城が入る。そして後半1分にもならないうちに、いきなり攻め込まれる場面が続く。ゴール前でボールを保持される場面が続くが、持ち前の体を張ったディフェンスで何とか耐えきる。そしていきなりチャンスは訪れる。後半3分、山本に入ったボールを山本がうまくフリックし、走りこんでいた廣木が一人抜け出しキーパーと一対一の場面を作り出す。しかし惜しくも相手ディフェンスに阻まれゴールには至らなかった。その後はセットプレーを除いてはあまりゴールに近づくチャンスを作れない。さらに、平国は徐々にペースをつかみセンターバックから相手右サイドにロングフィードそこからの展開を中心に試合を進める。徐々に疲れが見え始めた文教に対して、休むことなく攻め続けてきた平国に必死で体を張り続ける文教。そしてとうとう、後半36分、守備が甘くなったところに抜け出した平国FWが文教ゴールに迫り一対一の場面を作る。放ったシュートが文教ゴールに突き刺さり二点目。ここで0-2となる。その後、すぐに芦澤に代え田口がっサイドバックに入り、上野がセンターバックの位置へ、そして岩井が前に出て攻撃型の布陣をとる。ボールを前に集めるが、なかなかゴールまでたどり着けず、そして、45分+ATが経過し、0-2で試合が終了した。, 当然、やり切ったが、勝たなければならない試合を落としてしまったダメージは大きく、考える時間は必要となってしまった。しかしここで終わる文教ではない。負けから経験することは大きい。この負けをしっかり活かし次の大会、さらにリーグ戦に向けしっかりレベルアップする。期待していてほしい。ここから始まる、ここから。, 最後になりましたが、応援してくれるすべての皆様、支えてくれるすべての皆様、文教大学サッカー部に関わってくれているすべての皆様、結果で恩を返すことができず申し訳ありませんでした。そして応援本当にありがとうございました。本当に力を頂きましたし、支えられました。2020年、期待に応えていけるよう、日々最善の努力を文教大学サッカー部全員でしていきますので、変わらず応援して頂けると幸いですし、応援されるようなチームを目指していきます。, 遅くなりましたがブログ更新と新年のあいさつを併用させていただきます。2020年も文教大学サッカー部をどうぞ宜しくお願い致します。, 文教大学サッカー部は、文教大学越谷キャンパスから徒歩20分の位置にある「第3グラウンド」をホームグラウンドとし、練習・試合を行っています。, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から. 吹奏楽部. 国際言語学科; 健康栄養学科; 作業療法学科; 理学療法学科; 看護学科; こども発達学科; 災害時の対応. 男子サッカー部 全国大会出場を目標に、仲間を大切にする集団を目指す!! 女子サッカー部 全道制覇・全国制覇を目標として、日々の厳しい練習に取り組んでいます。 男子バスケットボール部.