なんj pride 2020-11-05 20:00 元プロ野球選手格闘家・古木克明氏が西武・相内誠を心配する 「稼げないよ。 バイトしながらになる」 【楽天対西武23回戦】楽天が4-2で西武に勝利し渡辺直人引退試合を白星で飾る!渡辺直人は4打席2安打!岸2失点完投で7勝目!西武は敗れロッテに同率2位で並ばれる なんじぇいスタジアム … (g)ダブルヘッダーの第二試合の際、第一試合終了後20分以内に競技場に現れなかった場合。ただし、第一試合の球審が第二試合開始までの時間を延長した場合には、この限りではない。, 2012年10月4日の同カード(Kスタ宮城)。 (e)審判員が警告を発したにもかかわらず、故意にまた執拗に反則行為をくり返した場合。 (a)球審が試合開始時刻にプレイを宣告してから5分を経過してもなお競技場に出ないか、あるいは競技場に出ても試合を行うことを拒否した場合。ただし、遅延が不可避であると球審が認めた場合は、この限りではない。 【悲報】楽天さん、大強奪を繰り広げるも今年も3位で終了・・・・・・,なんjのスレをまとめています。あまり伸びずに落ちてしまったスレが中心です。たまには長いスレも。 なおこの試合は金本知憲の3点本塁打で阪神が逆転勝ちしたが、翌日の試合は負けた上にマット・マートンが問題発言を起こしてしまった。, 同年5月8日の巨人対DeNA戦(宇都宮清原球場)でも似た出来事が起こっている。 8: 2017/09/29(金) 06:47:58.82 id:3lzy8a+fd. (c)球審が一時停止または試合の打切りを宣告しないにもかかわらず試合の続行を拒否した場合。 9回裏の時点でスコアは同点。ここまでの試合時間は3時間17分であり延長戦突入も十分考えられたが、DeNAサイドは引き分けを狙い時間稼ぎに走った。, 結局これらの行為から試合時間は3時間30分を過ぎ、規定により引き分けで試合終了。狙い通りの結果に中畑清監督は大喜びだった。 「天を味方につけ試合進行を早めようとした結果、6点のリードを逆転される」というまさかの展開に、「天罰だ」などと楽天を馬鹿にする書き込みが目立ち、楽天と天罰を合わせた「楽天罰」という単語まで誕生した。, なお、試合は西武の中継ぎの活躍で8回に楽天が再逆転。最後まで降雨コールドが宣言されることもなく、8-7で楽天が勝利している。, これだけのことが一度に起こったこの試合はこの時点で既に「2012年最大のネタ試合」の最有力候補と目されていた。しかしこの17日後、再び俺達絡みで試合後にサーバーを落とした伝説のネタ試合が発生する。, ちなみに、公認野球規則4・15『フォーフィッテッドゲーム(没収試合)』については下記の通りに示されている。, 一方のチームが次のことを行った場合には、相手チームに勝ちが与えられる。 ロッテ西武楽天、cs譲り合いに熱が入るwwwwwwwwwwww,なんjのスレをまとめています。あまり伸びずに落ちてしまったスレが中心です。たまには長いスレも。 その後、6月23日のDeNA対阪神戦(甲子園)で猛打賞をマークした阪神・マートンについて、中畑監督は「マートンは遅いな。1球、1球、打席を外して時間がかかりすぎる。あんまりいいリズムを持ってないね」と話したがDeNAは逆転負けしており、自らが行った遅延行為を棚に上げた中畑監督のコメント、そしてそれをフラグとした逆転負けは前述の試合における行為への「天罰」とも言われた。, 翌年9月7日の楽天対日本ハム戦(Kスタ宮城)にて、楽天は序盤に7点を先制。楽勝ムード漂う中、4回裏に強めの雨が降り出した。ここで2013年主演男優賞に選ばれた楽天・嶋基宏が、あからさまな空振り(ボールがミットに収まってから手を出す)をする。, しかし雨が止んだ直後に楽天先発・辛島航の乱調で5点を献上。「今度こそ天罰によって敗戦してしまうのか?」と思われたが、その後は長谷部康平→斎藤隆と継投し、何とか楽天が勝利を収めた。, 2011・2012年に節電目的で採用された3時間半ルール(試合時間が3時間半を経過し、かつ9回まで試合が進行した場合、そのイニングをもって試合を終了させる)適用を狙った。, 西武先発・小石博孝、4失点と炎上し1回2/3で降板。2回から西武の中継ぎがマウンドに. 残り試合数多すぎやろ ... なんj系まとめブログ … これに楽天の野手陣は「試合を早く成立させて雨天コールド→自軍の勝利」という展開に持ち込みたかったのか、明らかなボール球にわざとらしい空振り、飛び出し牽制死などの怠慢プレーを連発。牽制死の直後にはベンチに帰ってきたランナーが周囲の選手とハイタッチをするという光景もみられた。, すると、これらのプレーが西武打線に火を付けたのか反撃され片岡易之の2ランなどで点差を縮められると、ついに試合成立後の7回には逆転を許してしまった。 2012年5月10日の西武戦(kスタ宮城)が由来。 この日は楽天が3回までに6点をリード。完全なワンサイドゲームになると思われていたところで、球場には雨が降り始めた。 (b)試合を長引かせまたは短くするために、明らかに策を用いた場合。 (f)審判員の命令で試合から除かれたプレーヤーを、適宜な時間内に退場させなかった場合。 (d)一時停止された試合を再開するために球審がプレイを宣告してから、1分以内に競技を再開しなかった場合。 引き分け以上なら2位が確定する西武は、9回裏・同点という場面で延長戦突入を防ぐ*2ために、, という「明らかに引き分けを狙った時間稼ぎと思われる遅延行為」を連発。その目論見通り2位確定に成功した西武だったが、その後のCSファーストステージで敗退。試合成立を早める・遅らせる行為という違いはあるものの、前述の出来事になぞらえる形で、一部では「CSの結果はこの遅延行為に対する天罰だ」といわれた。ちなみに西武はこの年以降CSで一度も勝ち抜けず4勝14敗(.222)、アドバンテージを除くと2勝14敗(.125)と凄まじい事になっている。, 一方、試合成立を防ぐと思われる行為が同年6月8日の交流戦・阪神対オリックス戦(甲子園)であった。, オリックス1点リードの5回表、激しい降雨による最初の中断でグラウンド整備が行われたが、終了後も阪神ナインがなかなか守備に就かなかった事にオリックス・岡田彰布監督は球審に整備の終了を改めて確認、球審が阪神側に守備へ就くよう指示した*3。 楽天4試合、西武2試合残してる段階で西武の最下位マジック1 ここから西武連勝楽天4連敗で楽天最下位だったな . この日は楽天が3回までに6点をリード。完全なワンサイドゲームになると思われていたところで、球場には雨が降り始めた。 概要 .