タイトル戦, 将棋プロ棋士, 挑戦者の2勝1敗で迎えた名人戦第4局が、18年5月19日〜20日に行われています。現在の形成はどっちが優勢か、勝敗はどちらか気になります。今日も、実況と結果を速報します。, しかもレベルの高さが相当なようで、ブログを解説していることでも知られている渡辺明棋王が、以下のようにコメントされています。, 先手番が最初から持っているリードを保って勝つ、ということですがプロの将棋では良くあること, 第3局までの全ての対局が、ギリギリまで踏み込む・激しく斬り合うという、見る側からするとハラハラドキドキの展開が続いています。, 戦型は上述の通りですが、序盤早々に後手の羽生善治竜王が、歩兵が佐藤陣へ侵入する構えを見せたので、緊迫した状況になりました。, その手を見た羽生竜王は、角行の交換を決行し、銀将が防いでいる陣地へ歩兵を侵入させます。, 佐藤名人に銀将で歩兵を取らせた後、羽生竜王は、盤面の中央に角行を据えて、佐藤陣への侵入を目論見ます。, 受ける手は甘いとみた佐藤名人は、守備駒の銀将を羽生竜王の飛車へぶつけて、大決戦へと誘導します。, 銀将をぶつけられて逃げる手はないと考えた羽生竜王は、銀将と飛車を交換し、角行を佐藤陣深くへ侵入させ、馬へのパワーアップ&香車の捕獲を果たします。, 佐藤名人は、歩兵を使って羽生陣を崩しにかかりますが、羽生竜王は馬を自陣へ引きつけ、佐藤名人の飛車を追い払いにかかります。, 佐藤名人が自陣の整備に時間を割くのに対し、羽生竜王は、隅の筋にある角行を追い払いにかかります。, 羽生竜王が飛車を持っているので、打ち込みの手を指させてはいけないと、佐藤名人はさらに自陣の隙を消します。, 封じ手とは、次の朝の対局再開まで夜通し考えることを防止するために設けられた制度です。, そうすると、指した手は代えられないけど、相手は自分が指した手がわからない状況が作り出せて公平になるということです。, 角行がこのままノビノビされていたら困る羽生竜王は、香車の前の歩兵を伸ばして、佐藤名人の角行の働きを削ぎにかかります。, 角行が動きにくくなることを警戒した佐藤名人は、羽生名人の王将に睨みを利かせるべく角行を進軍させます。, この動きに対して佐藤名人は、右翼の筋に歩兵を派遣した後、持ち駒の角行を羽生陣へ打ち込み、挟撃形を構築しに行きます。, じわじわと挟撃され始めている羽生竜王は、右の桂馬を跳ねて、佐藤名人の飛車へ攻撃を仕掛けます。, 飛車を取られるわけにはいかない佐藤名人は、飛車を自陣へ戻して、羽生名人の出方を待ちます。, 佐藤名人は、歩兵の侵入を防ぐべくバリケードをこしらえて対抗しますが、羽生竜王は、取られかかっている銀将を防御させつつ、佐藤陣への侵入を睨んで飛車を据えました。, このままではバリケードが破られるので、佐藤名人は金将を派遣して、バリケードを強化しました。, じっくりしてしまうと、佐藤名人の陣形がどんどん良くなっていくので、羽生竜王は、侵入してきた佐藤名人の馬の捕獲をチラつかせます。, まともに相手していると挟撃されてしまうので、羽生竜王は構わず馬を捕獲しに行きます。, ギリギリまで羽生陣の右翼で陣形を崩した後、佐藤名人は自分の馬と羽生竜王の銀将を交換します。, ジリ貧になってはまずい羽生竜王は、持ち駒の角行を使って侵入してきた馬を消そうとします。, 佐藤名人の飛車が羽生陣への侵入を睨んでいる形になっているので、佐藤名人は、角行を羽生陣に打ち込んで、陣形のかき乱しを図ります。, 対する羽生竜王は、持ち駒にした角行で佐藤名人の王将を遠くから睨みますが、しっかり銀将で角行の侵入を防止し、羽生竜王側に有効な手がないことを見透かしています。, 夕食休憩があけた後、有効な手がないと見た羽生善治竜王は、投了を告げて負けを認めました。, 将棋タイトル戦の棋聖戦の予選が始まりましたが、藤井聡太七段の対局予定はどうなっているのでしょうか?確定情報と予想をもとにまとめ、藤井聡太七段の対局予定をリアルタイムで更新します。今回は棋聖戦編です。, 負けることがニュースになる感のある藤井聡太六段なので、七段・次の対局予定がいつなのか知りたいところです。そこで今回は、今後のスケジュール・最新対局予定や、タイトル戦の勝ち残り状況を、データベース的にまとめました。, 将棋名人戦に12度の出場で、4連覇と3連覇を含む8期名人を獲得した森内俊之九段の、将棋名人戦の成績まとめを3回シリーズの2回目をお伝えします。, 現役のプロ棋士でいま一番強い渡辺明三冠ですが、戦績や強さはどれくらいなのでしょうか?今回は、渡辺明三冠の戦績や強さと、藤井聡太とのタイトル戦の実現の可能性をYouTube・位インスタグラム・Podcastでまとめました。, 竜王戦ランキング戦4組決勝で、苦手にしていた菅井竜也七段に勝利し、3年連続の決勝トーナメント進出を決めた藤井聡太七段。決勝トーナメントの対戦相手は誰(予想)で成績などの情報はどんな感じなのか、まとめました。, 現役棋士トップの22回も将棋タイトル戦の舞台で戦った、谷川浩司九段と羽生善治九段。今回も、「羽生vs谷川」の将棋タイトル戦をまとめて振り返り、対戦成績を紐解いていきます。, 竜王戦の挑戦者の行方ははどうなったのか、藤井聡太の最新情報も気になります。そこで今日は、決勝トーナメント2回戦もリアルタイムで速報します。, 驚異的な勝率で快進撃を続ける藤井聡太七段の未来・将来は、どうなるのでしょうか?そんな予想のために、ほぼ同じ年に奨励会入りした豊島将之名人(三冠)の成績を分析しました。, 共に時代を席巻した絶対王者の羽生善治九段と大山康晴十五世名人は、成績はもちろん将棋タイトル戦の実績も凄まじいものがあります。今回は、「羽生善治九段のライバルとのタイトル戦」を特集します。, 藤井聡太七段と同期で将棋プロ棋士にデビューした大橋貴洸四段は、同じく高い勝率を残していて、注目の若手プロ棋士です。そこで今回は、藤井聡太七段と大橋貴洸四段の成績を比較し、勝率や公式戦の優勝などの実績を比べました。, 藤井聡太七段の快進撃や羽生善治竜王の永世七冠で、注目されている将棋プロ棋士。強さと凄さの「最強は誰ランキング(将棋誰が一番強い)」はどうなるのでしょうか? 今日は、A級棋士などの強さや勝率ランキングと、九段のすごさをまとめました。, 1勝1敗で迎えた将棋名人戦第3局が、始まりました。リードするのは、佐藤天彦名人か挑戦者の羽生善治竜王か? 形勢などの実況と結果を速報します。, src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 名人戦第3局の将棋・形勢はどうなった? 佐藤天彦名人vs羽生善治竜王の実況速報と結果まとめ!, 藤井聡太の七段と今後のスケジュール・最新対局予定は? タイトル戦勝ち残り状況のデータベースまとめ!. こちらでは、羽生善治九段vs豊島将之竜王の第33期竜王戦七番勝負の棋譜中継と対局結果速報、見どころなどについてまとめました。将棋界最高棋戦の竜王戦七番勝負がいよいよ始まります。初防衛かタイトル獲得100期か見どころ満載の七番勝負となりそうです! 「竜王戦」に関するTwitter(ツイッター)検索結果です。ログインやフォロー不要でTwitterに投稿されたツイートをリアルタイムに検索できます。 京都市右京区の仁和寺で7日から指された将棋の第33期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)第3局は8日、豊島将之竜王(30)が挑戦者の羽生善治九段(50)に172手で勝ち、2勝1敗とリードした。相掛かりの戦いで難しい形勢が続き、終盤は羽生が優勢になったかとみられた。 挑戦者の2勝1敗で迎えた名人戦第4局が、18年5月19日〜20日に行われています。現在の形成はどっちが優勢か、勝敗はどちらか気になります。今日も、実況と結果を速報します。 2018/5/20 2018/5/19 リーズ2勝1敗に…竜王戦第3局, のん「一生いたい」女優業に決意, 文氏 米朝交渉「仲介役」に意欲, 山本舞香 番組降板の可能性?, 国内新たに781人感染 死者12人, ハム・斎藤佑樹 来季も現役続行, 感染急拡大「可能性高い」分科会, ホットカーペットで猫とろける, バイデン氏勝利確実でセレブ歓喜, 新型コロナウイルス感染症対策分科会.