とんこつ発祥の味、久留米ラーメンをわかりやすく解説。麺やスープ、具など、ほぼすべてにおいて博多とは異なっており、ランチにも最適。始まりは昭和12年(1937)、屋台の「南京千両」。長崎県出身の店主が、ふるさとのちゃんぽんと当時横浜で流行していた支那そばをヒントに考案。 新橋のラーメン店「新潟発祥なおじ 新橋店」(港区東新橋4、TEL 03-6435-8304)が再オープンして3カ月がたった。席数は、カウンター6席、テーブル12席の計18席。, 新潟市に本店を構える同店。御茶ノ水店(千代田区)、足立六町店(足立区)など都内にも進出している。かつて新橋にも店を構えていたが、今回再オープンした。提供するラーメンはもともと、新潟市内の居酒屋店「昔食堂なおじ」が提供していたメニューの一つだった。客の需要に合わせてラーメン専門店を出店したところ、「瞬く間に客が集まった」(新橋店の金田秀一店長)という。, メニューは、「こってりで、重たすぎない」が特徴という、豚の背脂と魚介類、煮干しを入れたスープを使った「背脂中華そば」(750円)のほか、「煮干醤油海苔(しょうゆのり)(細麺)」(750円)や、「つゆなし(野菜300グラム)」(700円)など。「半炒飯(チャーハン)」(350円)や「高菜半炒飯」(350円)などのサイドメニューのほか、「塩ダレキャベツ」(200円)などのつまみ類も用意する。アルコールは「ハイボール」(300円)などを提供する。, 金田店長は「良い意味で見た目とはギャップがある、濃厚かつスッと入ってくる太麺とスープを一度味わってほしい」と話す。「ひとまず一杯飲んでラーメンで締めるお客さまの姿も新橋らしいと思うが、女性一人でも気軽に足を運べる店作りになっているので、気になる人は気軽に立ち寄ってほしい」とも。, 新橋に焼き鳥店「一石三鳥」(港区新橋4、TEL 03-5843-8909)が10月16日、オープンした。, 秋のイベント「TORANOMON FLOWER MART 2020」が11月7日・8日、虎ノ門ヒルズ(港区虎ノ門1)で開催される。, 新橋と虎ノ門を結ぶ環状2号線「新虎通り」沿いにあるまちのにぎわい施設「新虎小屋」(港区西新橋2)で現在、グラフィティアートを期間限定展示している。, 虎ノ門の「The Okura Tokyo」(港区虎ノ門2、TEL 03-3224-6731)で現在、「オークラ ソムリエセレクション」が行われている。. 新潟5大ラーメンとは「新潟あっさり醤油ラーメン」「新潟濃厚味噌ラーメン」「長岡生姜醤油ラーメン」「燕三条背脂ラーメン」「... 福来亭 白山町店 今、久留米に“とんこつラーメン発祥の地”を象徴するような場所をつくるべく、着々と進んでいるのが「久留米ラーメン横丁」構想。場所は久留米市日吉町の繁華街「文化街」で、現在4店舗のラーメン店が出店している。, もともと久留米に替玉のシステムはないが、最近は博多の影響で替玉ができる店も出てきた。ちなみに久留米では「替麺」と呼ぶ。替麺がない店では大盛りをメニューに入れているところが多いので、そちらを注文しよう。, 今じわじわと知名度が上がっている「久留米焼きめし」が一押し。私が調査した結果、久留米の8割以上の店で焼きめしを出していることがわかった。久留米ではラーメンのお供は「餃子より焼きめし」が常識。お得なセットメニューもあるのでチェックしてみよう。, 人気店ではやはり週末やランチタイムに行列ができることが多い。そのため、基本的には並ぶのを覚悟して行くしかないが、どうしても人の少ない時間を選ぶなら、オープンしてすぐか午後2時過ぎあたりがいいだろう。. document.getElementById("cust_pcm3_hdfAct_PcmCmId").value = vstrPcmCmId; 今回は福来亭 白山町店です。 該当のエリア・駅が見つかりませんでした。入力内容を変更して、再度検索してください。, 夜の予算 ¥1,000~¥1,999, 昼の予算 今回は新潟県の5大ラーメンのひとつ、燕三条背脂系ラーメンのお店「らーめん 勝 燕三条店」さんの紹介をします。 いまや日本人の国民食と言っても過言ではない「ラーメン」。食べる頻度に個人差はあれど、ラーメン好きな方は本当に多いですよね。全国各地には、地方特有のご当地ラーメンがあったり、ラーメン激戦区と呼ばれるエリアもたくさん存在します。その反面、移り変 現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。, 一般に“とんこつラーメン=博多”と思っている人が多いが、とんこつラーメンのルーツは福岡県久留米市にある。久留米ラーメンは、麺やスープ、具など、ほぼすべてにおいて博多とは異なっている。ランチにも最適、久留米のグルメをお試しあれ。, とんこつラーメンの発祥地が久留米市であることは、あまり知られていない。始まりは昭和12年(1937)、屋台の「南京千両」。長崎県出身の店主が、ふるさとのちゃんぽんと当時横浜で流行していた支那そばをヒントに考案したといわれる。その後、屋台の「三九」で偶然に白濁とんこつスープが誕生。久留米のラーメン文化は北九州や熊本、大分など九州広域に広がり、長い時間をかけて各地域独自のラーメンができていった。そうやって今に至る「とんこつラーメン」は、決してひとくくりにはできない。とんこつラーメンを極める第一歩は、もちろん久留米から。, 子どもから大人まで幅広い世代に愛されるとんこつラーメン。昭和12年(1937)、初めてとんこつ100%のラーメンを作ったのが、久留米で今も営業している「南京千両」だ。初代の宮本時男さんが、出身地である長崎県のちゃんぽんと横浜で流行っていた支那そばにヒントを得て考案。宮本さんは高価な鶏の替わりに豚を使うことにしたが、その時に生まれたスープは「清湯(ちんたん)スープ」と呼ばれる透明に近いものだった。もちろん、現在の南京千両で食べられるラーメンも、この清湯スープ。同店のラーメンを目の前にして、“とんこつスープって白濁だよね?”と思った人もいるかもしれないが、白濁とんこつスープが誕生したのはそれから10年後のこと。屋台「三九」の店主・杉野勝見さんが豚骨を入れた鍋をうっかり煮立たせてしまい、偶然にも白濁スープが生まれた。これが一般に浸透しているとんこつラーメンの原形といえる。, 現在、とんこつラーメンの代表格として認知されているのは博多のラーメンだ。一般的なイメージは、こってりした白濁とんこつスープに硬めの細麺、麺のおかわりができる替玉(かえだま)といったところだろうか。では、久留米ラーメンはどうだろう。過去に雑誌やテレビなどで久留米ラーメンは「ド・とんこつ」と紹介されたことがあり、その言葉から“久留米ラーメンは博多のラーメン以上に脂が多くてこってりしている”と誤解する人が増えてしまった。“こってり”という表現をどう受け取るかにもよるが、本来の久留米ラーメンは決して脂が多いのではなく、スープ自体が“濃厚でコクがある”が正解。このようなスープができるのは、久留米独特のスープのとり方にある。博多のラーメンが毎日その日使うぶんだけのスープを作る「取り切り」なのに対して、久留米のラーメンは大きな羽釜でベースのスープを作り、減ったぶんを継ぎ足していく「呼び戻し」の製法を使う。ウナギ屋の秘伝のタレのように長年継ぎ足していくスープは、基本的に脂を加えないので、コクはありながらもあっさりとしている。最後の一滴まで飲み干せるし、毎日でも食べられてランチにも最適だ。久留米の呼び戻しスープには、店によっては50年ものの希少なスープを代々受け継いでいるところもある。これが“久留米ラーメンの煮込み時間は半世紀”といわれるゆえんである。, 博多のラーメンの特徴は細めのストレート麺で、茹で方は「カタメン」。それに対して久留米では、中太ストレート麺を軟らかめに茹でた「ヤワメン」が主流。博多とは正反対である。これには理由があり、軟らかく茹でることでスープの味が麺に染み込んでよりいっそうおいしくなるからだ。ラーメンが出てきたら、まずはスープをひと口。最初は少し薄味に感じるが、2、3回飲むとしっかりとした豚骨の味とコクが感じられるようになる。それから豚の背脂を揚げた久留米ならではの「カリカリ」をスープと一緒に味わい、麺、具と食べ進めていく。具は店によって異なるが、カリカリのほか、チャーシューやメンマ、紅ショウガ、ノリなど多彩。ラーメンのお供には、久留米の定番焼きめしがおすすめ。味付けにラーメンと同じ「元ダレ」を使っているため、相性は抜群だ。, , とんこつラーメンの元祖である「南京千両」の店舗をはじめ、昭和初期に開業し、久留米のラーメン文化に大きく貢献した老舗をピックアップ。, 数ある久留米ラーメン店の中から、とくに濃厚なスープが評判の店を紹介。やみつきになること請け合いだ。, 最近は久留米のラーメン界に新しい風が吹いている。ひと工夫加えたラーメンやサイドメニューなどが特徴的で、幅広く人気を集める。, , 久留米ラーメンの店を集積させた「久留米ラーメン横丁」の完成に向けて、元気いっぱいの“熱い”店長たちが着々と準備を進めている。この場所がとんこつラーメンの聖地としてたくさんの人でにぎわう日は、そう遠くないだろう。現在、久留米には昔ながらの製法を守る「イニシエ系」と新しいスタイルの「ネオ系」に分類される店が混在している。久留米ラーメン横丁の予定地ですでに営業している4軒も、それぞれが個性的。当コラムで紹介したのはあくまで久留米のスタンダードなので、はじめて久留米ラーメンを食べに訪れるなら、自分の好みを考えて行きたい店をリサーチしてでかけるのがベストだ。. ラーメン大好き新潟県には新潟5大ラーメンと呼ばれるものがあります。 戦前から広島県尾道市周辺に定着していた中華そばを改良し、1947年開業の「 朱華園 しゅうかえん 」が、醤油系スープに平打ち麺と背脂を載せて提供した「中華そば」が尾道ラーメンの発祥といわれています。 新橋経済新聞に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 英語表記は、『オックスフォード英語辞典』によると ramen、Chinese noodles。 × 詳しくはこちら, [平日]11:00〜14:3017:00〜18:50(L.O.)[土・日・祝]11:00〜18:50(L.O. 5大ラーメンのひとつである燕三条背脂ラーメンの名店を紹介します。 福来亭 白山町店ラーメン大好き新潟県には新潟5大ラーメンと呼ばれるものがあります。5大ラーメンのひとつである燕三条背脂ラーメンの名店を紹介します。今回は福来亭 白山町店です。このお店は背脂ラーメンを生み出し... いこい食堂 新潟県には新潟5大ラーメンというものがありその中のひとつ、燕三条背脂ラーメンの名店の紹介をします。 一応説明しておきます。 新潟5大ラーメンとは、新潟あっさり醤油ラーメン、長岡生姜醤油ラーメン、新潟濃厚味噌... 酒麺亭 潤 燕総本店 ラーメン大好き新潟県の新潟5大ラーメンといえば新潟あっさり醤油ラーメン、新潟濃厚味噌ラーメン、長岡生姜醤油ラーメン、燕三条背脂ラーメン、三条カレーラーメンです。 今回は燕三条背脂ラーメンの名店「... らーめん 流れ星 新潟県はいつのころからかラーメンブームになり新潟5大ラーメンというものができました。 新潟5大ラーメンとは「新潟あっさり醤油ラーメン」「新潟濃厚味噌ラーメン」「長岡生姜醤油ラーメン」「燕三条背脂ラーメン」「... まつや食堂新潟県はラーメン王国である!そんなことを何かで読んだか聞いたかしました。新潟は王国の名にふさわしく新潟5大ラーメンというものがあります。王国なのに王がいませんが新潟はラーメン王国である!のです。新... これぞらーめんの定番 喜楽亭 新潟県はラーメンブームがおこり、いつの間にか新潟5大ラーメンというものまで誕生してラーメン人気は衰える気配すらありません。 新潟5大ラーメンとは次の5つです。 新潟あっさり醤油ラーメン、新... 侍ラーメンラーメン大好き新潟県には5大ラーメンなんてものが存在します。5大ラーメンは。新潟あっさり醤油ラーメン、新潟濃厚味噌ラーメン、長岡生姜醤油ラーメン、燕三条背脂ラーメン、三条カレーラーメンです。新潟5... 拉麺 王風珍 今回は燕三条系背脂ラーメンのお店の紹介をします。 燕市吉田にある拉麺 王風珍さんです。 国道116沿いにあるので迷うことなくたどり着けるでしょう。 らぁめん ぎょうざ とだけ書いてある看板はインパク... らーめん勝  燕三条店 こんにちは。 今回は新潟県の5大ラーメンのひとつ、燕三条背脂系ラーメンのお店「らーめん 勝 燕三条店」さんの紹介をします。 燕三条背脂ラーメンについてはこちらをどうぞ お店... 磨きの町のラーメン屋 味我駆こんにちは。今回は燕市の味我駆(みがく)さんを紹介します。新潟県燕市は古くから洋食器産業が盛んで磨きや金属加工技術の高い会社が多い地域です。磨きだから味我駆(磨く)という... らーめんや 天家 燕店 かつてこんなにすばらしいらーめんがあったでしょうか? こんにちは。 今回は燕三条系背脂ラーメンのお店「らーめんや 天家 燕店」さんを紹介します。 外観はこんなです。 最初の写真はお店... 【背脂ラーメン】らーめん 鯉次(こいじ)こんにちは。燕三条系背脂ラーメンのお店の紹介。今回は三条市の鯉次さんです。このお店は背脂ラーメンだけでは無く新潟5大ラーメンのひとつ長岡生姜醤油ラーメンも食べ... らあめん 福丸こんにちは。今回紹介するお店はらあめん福丸さんです。閉店した福楽を受け継いだお店です。このお店はお昼しか営業していません。外観はこんなです。背脂ラーメン... 麺’s 冨志こんにちは。今回は燕市吉田の麺’s 冨志(ふうし)さんを紹介します。場所は国道116沿いTSUTAYA吉田店と三宝の交差点を三宝のほうに曲がればすぐ分かります。外観はこん... 中華そば 龍華亭(りゅうかてい)こんにちは。今回は燕三条系背脂ラーメンのお店「龍華亭」さんを紹介します。外観はこんなです。このお店の前の道路は春になると桜がすごく綺麗です。メニューで... 酒麺亭 潤 燕総本店 詳しくはこちら, 食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!, 会員登録する 新潟あっさり醤油ラーメン、新... Wordpress cocoon 見出しを変更したい コピペでおしゃれにカスタマイズ, Wordpress 【cocoon】 Googleマップをブログに埋め込む方法と電話をタップでかける方法. 新橋のラーメン店「新潟発祥なおじ 新橋店」(港区東新橋4、tel 03-6435-8304)が再オープンして3カ月がたった。 燕三条背脂ラーメン(つばめさんじょうせあぶらラーメン)とは、新潟県燕市発祥で、新潟県県央地域(燕市・三条市)で提供されているご当地ラーメン。燕市と三条市を中心として広まっているため、燕三条系と呼ばれている 。 function fncPcmLogOutClick(vstrPcmJumpUrl, vstrPcmGpId, vstrPcmCmId) { } document.getElementById("cust_pcm1_hdfAct_PcmCmId").value = vstrPcmCmId; 新潟5大ラーメンとは次の5つです。 document.getElementById("cust_pcm2_hdfAct_PcmCmId").value = vstrPcmCmId; 「らーめん潤 中山店」新潟・燕三条系の背脂ラーメン ラメモ編集部 2020年11月06日 新潟 新潟・燕三条系と呼ばれる背脂ラーメンの有名店で、新潟や東京などで店舗展開する「らーめん処 潤」が、2020年12月に新潟市に初出店する。 function fncPcmLogOutClick(vstrPcmJumpUrl, vstrPcmGpId, vstrPcmCmId) { 背脂ラーメンの歴史は古く、昭和9年創業の「福来亭」が発祥と言われています。 燕市は洋食器の製造が盛んで工場で働く人がとても多いです。 背脂ラーメンは工場で働く人達への出前として生まれました。 新潟県はラーメンブームがおこり、いつの間にか新潟5大ラーメンというものまで誕生してラーメン人気は衰える気配すらありません。 ラーメン大好き新潟県の新潟5大ラーメンといえば新潟あっさり醤油ラーメン、新潟濃厚味噌ラーメン、長岡生姜醤油ラーメン、燕三条背脂ラーメン、三条カレーラーメンです。 //-->, 久留米のラーメン店は、JR久留米駅や西鉄久留米駅の近くなど、各路線の沿線に点在している。そのため、行きたい店舗の最寄り駅で降りて、徒歩やタクシーで向かうのがいい。ここでは福岡市内からJR久留米駅、西鉄久留米駅までの行き方を掲載。, ・福岡空港からの場合、福岡都市高速半道橋出入口から入って九州自動車道久留米ICで降りる。久留米ICから各駅までトータルで約42km、約40分・JR博多駅からの場合、福岡都市高速博多駅東出入口から入って九州自動車道久留米ICで降りる。久留米ICから各駅までトータルで約39km、約40分※JR久留米駅、西鉄久留米駅までほぼ同距離。********************************レンタカー予約⇒福岡のレンタカー比較といえば、たびらいレンタカー【早割で最大50%OFF】********************************, 福岡空港から、久留米行き西鉄高速バスで西鉄久留米駅まで約45分、JR久留米駅まで約1時間※JR博多駅から久留米方面への直行バスは運行していない。, ・JR久留米駅までJR博多駅から九州新幹線「さくら」で約15分、または鹿児島本線快速列車で約35分・西鉄久留米駅まで西鉄福岡(天神)駅から西鉄天神大牟田線特急で約30分、または急行で約40分※九州新幹線「さくら」は時間帯によっては久留米駅で停車しない便がある。, たびらいの「推し宿」は、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。また、希望の宿が満室表示されている場合に、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも魅力。⇒福岡の宿はこちらで検索,