岩田要司. 伝統の藤色のユニフォームは、静岡県内だけでなく高校サッカー界に代表する伝統校だ。 1924年に静岡県立志太中学校として開校した公立高校。前身である旧制志太中の初代校長の錦織兵三郎が、「蹴球」と呼ばれていたサッカーに着目して校技に指定したことから始まりました。錦織校長は全校生徒に「サッカー靴」を作らせ、登下校時にも履かせたと言います。2年後の1926年に、後にサッカー王国をけん引することとなるサッ … 金澤大将(元横浜FC他) 長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト。2010,14FIFAワールドカップ日本代表キャプテン) 赤星貴文(MKSポゴニ・シュチェチン) 藤枝東高校監督時代には長谷部誠、成岡翔、岡田隆、大井健太郎、村松大輔、河井陽介らを日本プロサッカーリーグへと送り出している。 選手経歴. (e in b)&&0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','http://u-18soccer.com/?page_id=94303','bfgHp_XldL',true,false,'OS93FoSFL5A'); キーワード:インターハイセレッソ大阪ツエーゲン金沢中山雅史受験文武両道稲葉楽藤枝東高校サッカー部長谷部誠高校サッカー選手権高校総体, 元日本代表のキャプテン長谷部誠選手の出身校、藤枝東高校は、高いレベルで勉強とサッカーを両立している学校としても知られています。, 県内トップクラスの進学校がどのようにして文武両道を行っているのか、同校出身の小林公平監督にお話を伺いました。, 選手自身が映像を編集してプレー分析も行うなど、自分たちで課題改善を行う取り組みなども伺ったのでご覧ください。(取材、文:本川悦子), 名門・藤枝東がオンラインミーティングやサッカーノートのアプリを駆使して選手との意思疎通を図ってきたというのは前編でお伝えしました。彼らはそれ以外にもテクノロジーを使った活動を積極的に行っています。, その1つが練習・試合の動画分析です。選手数人が公式戦や練習試合、紅白戦を撮影し、編集したものを共有ファイルにアップ。それを全員が帰宅途中や帰宅後に映像確認し、感想をサッカーノート(アプリ)に書いたり、ミーティングで議論し合ってフィードバックする形を取っているのです。, 今年から使っているソフトでは、個人のシュートシーンやゴールシーン、被ゴールシーンに特化した映像編集ができるほか、セットプレー時の好守も確認が可能です。さらには時間帯ごとのパス・シュート数などのデータも出てくるので、チーム全体が自分たちの課題や収穫を明確に捉えられます。こうした科学的アプローチの有効性を小林公平監督も実感しているといいます。, 「現場で見ている感覚と後から映像で振り返る感覚は全然違います。実際にプレーしていた選手も自分の一挙手一投足を映像で客観視すれば、何が課題でどう改善すればいいのかハッキリします。試合前に対戦相手の映像分析をするチームはよくありますけど、日常的に映像を使って可視化する作業に慣れておけば、将来的にそういう仕事に携わることも可能だと思います。, ツエーゲン金沢入りが内定している稲葉楽選手もJクラブの練習に参加した時『藤枝東ではプロ同等の分析やスカウティングをしていることが分かって大きな自信になった』と話していました。藤枝東は社会のリーダーになるべき人材を育てている部分も大きいので、これからも可能な限り多くの情報を入手して、有効活用していくように、選手たちには働きかけていきたいと考えています」, データ管理という意味では、2018年から取り入れている加圧トレーニングの定期的計測を行い、練習や試合に生かしています。今年のコロナ禍で3か月間活動休止になったこともあり、選手たちの太もも周りの筋肉が落ち、体脂肪率が増えてしまったといいます。そこで再び加圧トレーニングに注力し、フィジカル強化を図って、最大の目標である高校サッカー選手権に備えているのです。, 「6月時点ではそこまで数字的な変化は見られなかったのですが、夏場になって計測したら平均4~5㎝ダウンという状況が鮮明になりました。『これは大変だ』と危機感を抱き、意識的に取り組みました。日本ユース年代のSランクである高円宮杯プレミアリーグ参加チームと我々の一番の差はやはりフィジカル。僕が藤枝東の監督に就任した6年前も技術・戦術面の違いはほとんど感じませんでしたが、身長体重を筆頭に当たりの強さや激しさ、走力の部分が劣っていると痛感させられたんです。, その差を縮めるべく、サッカーノートのアプリを導入したり、管理栄養士さんに食育の話をしてもらったりとさまざまな試みをスタートしましたが、短時間で筋量を増やせる加圧はかなり効果がありました。10月に計測したところようやくコロナ前の状態に戻った印象ですが、継続しないと意味がない。選手も自覚を持って取り組んでくれています」, 小林監督が自ら行動を起こす重要性を繰り返し強調するのも、1学年上の長谷部誠選手(フランクフルト)という偉大な存在を目の当たりにしているから。長谷部選手は高2まではそこまで目立った選手ではなかったものの、高2の終わりに静岡県選抜に選ばれ、高いレベルに目覚めてからはグングンと成長していったそうです。練習から100%でやるように意識も変わり、意欲的にサッカーと向き合うようになって、浦和レッズ入りというチャンスをつかみました。, 2008年にドイツに渡り、日本代表に定着し、8年間もキャプテンを務めるといった飛躍的成長には小林監督も驚きを禁じ得なかったといいます。「高校生は何らかのきっかけをつかめば長谷部さんのようになれる可能性を秘めている」と今も自らに言い聞かせているのです。, 「県選抜に入ってからの長谷部さんは『自分は十分やれる』という自信と手ごたえをつかんだのか目の色が変わっていきました。浦和入りした後、長谷部さんのいるサテライトと練習試合をしたことがあるのですが、もう手が付けられないレベルになっていた。『17~19歳の2年間でここまで変わるのか』と本当にビックリしましたね。, 当時は服部(康雄=静岡県サッカー協会副会長)先生が指導されていましたけど、サッカーの楽しさを面白さを追求する姿勢を重んじていましたし、主体性や自主性も大事にしていました。そういう環境だったから長谷部さんは伸び伸びとやれたし、自分で気付いて成長できたんだと思います。僕自身も『ここでもう1回サッカーをやりたい』と感じたのが指導者になったきっかけです。, そういう藤枝東の文化を引き継ぎ、発展させていくことが自分の大きな仕事。入ってくる選手も『長谷部さんみたいになりたい』という子が年々増えています。つねに誠実で多くの人に愛されるのが長谷部さん。今の選手にも『愛される選手になりなさい』とことあるごとに声をかけています」, このように藤枝東は人間的成長を促しながら、かつてのような高校トップを目指しています。同じ高体連で2019年プレミアリーグ王者の青森山田高校らとはまだまだ実力差があると小林監督は感じているそうですが、藤枝東らしく文武両道を貫き、自主性や自立心を生かしながら進化を遂げていければ理想的。そうなるように今後も高いレベルに突き進んでいくつもりです。, 小林公平(こばやし・こうへい)藤枝東高校出身。高校時代は県を代表する左サイドバックで、全国総体準Vや国体制覇などに貢献。国士舘大卒業後、藤枝東高非常勤講師、湖西高監督を経て2015年に藤枝東高校サッカー部監督に就任。. 藤枝東高校サッカー部に関するページです。部の発足、監督・コーチ、チームのサッカースタイル、部員やユニフォーム、練習時間や環境、練習会・セレクション、ob(jリーガー)、進路に関する様々な情報を掲載しています。 !b.a.length)for(a+="&ci="+encodeURIComponent(b.a[0]),d=1;d=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? 大塚 秀. 藤枝東高校出身。高校時代は県を代表する左サイドバックで、全国総体準Vや国体制覇などに貢献。国士舘大卒業後、藤枝東高非常勤講師、湖西高監督を経て2015年に藤枝東高校サッカー部監督に就任。 山田暢久(元浦和レッドダイヤモンズ。元日本代表) 碓井健平(沖縄SV) 河村優(元コンサドーレ札幌他) コーチ. 中村祐輝(元ジュビロ磐田) NPO藤枝東FC FujiedaHigashi Football Club. 佐賀一平(元コンサドーレ札幌他。現藤枝東高校サッカー部コーチ) 見崎 充洋.  メーカーはPUMAのユニフォームを使用している。, 2009年にはメイングラウンドが人工芝になった。校庭には1957年の国体の際に昭和天皇観戦のためにスタンドが設置され、現在でもOB以外にも地域住民がサッカー部の練習を観戦に訪れている。しかし老朽化した人工芝のグラウンドは、OBの協力やクラウドファンディングで資金を募り、2018年9月に人工芝の張替えが予定されている。, 中山雅史(アスルクラロ沼津。1998,2002年W杯日本代表) 藤枝東高校といえばやはりサッカー。というわけで、サッカー選手ばかりのリストになるかと思いきや、小説家や俳優が入ったリストとなりました。 なお、静岡県立藤枝東高校は、ジャンル別ランキングで以下の順位です。こちらも合わせてご覧ください。 三上明紀(元浦和レッドダイヤモンズ) 山田大記(ジュビロ磐田。元日本代表) 見崎充洋(元セレッソ大阪) 総監督. 村松大輔(ギラヴァンツ北九州。元日本代表。ロンドン五輪代表) "),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0, 1924年に静岡県立志太中学校として開校した公立高校。前身である旧制志太中の初代校長の錦織兵三郎が、「蹴球」と呼ばれていたサッカーに着目して校技に指定したことから始まりました。錦織校長は全校生徒に「サッカー靴」を作らせ、登下校時にも履かせたと言います。2年後の1926年に、後にサッカー王国をけん引することとなるサッカー部が創部されました。2年時より希望制の文理混合の特別選抜クラス(Sクラス)が設けられている。通称は「東高」(ひがしこう)。しかし高校サッカー選手権での応援などでは「藤高」(ふじこう)という通称が使われることもある。, 現在でも、高校入学時に男子生徒は全員サッカーシューズと柔道着を必ず購入しなければならない。年2回行われる球技大会はサッカーを中心として行われ、冬の名物であるマラソン大会では伝統的にサッカー部がこのスタートの合図を出すなど、「サッカーのまち藤枝」の端緒として未だにサッカーの色合いが強い校風である。. Copyright ©  サカスタU-18 All rights reserved. 石川竜也(モンテディオ山形。1999 FIFAワールドユース選手権代表) 服部康雄(サッカー指導者、元藤枝東高校サッカー部監督) 大野聖吾(サッカー指導者) 大橋昭好(元ヤマハ発動機、サッカー指導者) 小西理(元日本鋼管、元日本代表) 倉田安治(元本田技研、元日本代 … 。, 1927å¹´12月21日生まれ。小説家(「悲しみの港」)。, 旧制・静岡県立志太中学(現・静岡県立藤枝東高校)→旧制・静岡高校(現・静岡大学)→東京大学国文科, 1921å¹´12月6日生まれ、2007å¹´9月25日没。元サッカー選手(元日本代表)。, 旧制・静岡県立志太中学(現・静岡県立藤枝東高校)を卒業→東京文理科大学(現・筑波大学)を卒業, 1914å¹´9月21日生まれ、1943å¹´1月20日没。元サッカー選手(元日本代表)。, 旧制・静岡県立志太中学(現・静岡県立藤枝東高校)を卒業→東京高等師範学校(現・筑波大学)を卒業→東京文理科大学(現・筑波大学)を卒業, 故人(没年月日不詳)。元サッカー選手(元日本代表)。, 歴代サッカー日本代表選手出身高校ランキング, サッカー選手出身高校ランキング, アナウンサー出身高校ランキング, プロ野球選手出身高校ランキング, 現役国会議員出身高校ランキング, 小説家・文筆家出身高校ランキング, オリンピックメダリスト出身高校ランキング, ロンドン五輪代表選手出身高校ランキング, 2018å¹´FIFAワールドカップ日本代表選手出身高校ランキング, 2014å¹´FIFAワールドカップ日本代表選手出身高校ランキング, 2010å¹´FIFAワールドカップ日本代表選手出身高校ランキング, 2002å¹´FIFAワールドカップ日本代表選手出身高校ランキング, 1998å¹´FIFAワールドカップ日本代表選手出身高校ランキング. //b||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, 静岡県教育委員会はこのほど、新型コロナウイルスの影響で休校中の県立高校を25日に再開することを発表した。部活動も6月1日から段階的に始まる予定。本格的な練習再開のめどが立ってきた中、藤枝東サッカー部の小林公平監督(35)が電話取材に応じ、休校期間中の試みや再出発への思いなどを語った。, 藤枝東では4月11日の活動停止以降、部活動再開に向けてオンラインを使った“準備”を行ってきた。, まずは、コンディション管理アプリを使った日々の体調や生活習慣の管理。体脂肪や身体症状(発熱やせきなど)の項目を入力し、スタッフ陣が手元で把握できる仕組みだ。4~5年前から導入していたが、今回は体温の項目も追加。朝と就寝前、1日2回に分けた入力で規則正しい生活と健康管理を意識させた。, ウェブ会議サービス「Zoom」も活用した。選手の意見を尊重しながら、オンラインミーティングや体重を負荷として利用する自重トレーニングを開催。各週1回のペースで行った。小林監督は「高校総体の開催可否も分からず、選手の中に不安があった。ちょっとしたことだけど、不安が取れたり、みんなで1つになってこの状況を乗り切ろうという意識も持たせたかった」。選手間ではリフティング動画などもリレー方式でつなぎ、離れた仲間とのつながりを保った。, 同校は、今年2月の新人戦県大会で優勝。新型コロナウイルスの影響で県高校総体は中止となり、県内3冠は幻に終わった。だが、今秋には5大会ぶりの全国を目指す選手権県大会が控える。同監督は「健康、安全に配慮することが第一」とした上で、今後への思いを口にした。「選手権が開催されると信じて、そこで日本一ということを目指してやっていきたい」。目標に向け、少しずつ歩みを進める。【前田和哉】, (C)2020,Nikkan Sports News. 岸 広昌(GK) フィジカルトレーナー. (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d