new! 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 1 2018/05/04(金) 08:44:05.83 _user9 5/4(金) 6:02配信 日本代表の西野朗新監督(63)が、6月のロシアW杯に向けて3バックのシステムを導入する構想があることが3日、分かった。3バックの中央にはフランクフルトで同位置でプレーするMF長谷部誠(34)を uefa公式サイトは準々決勝第2戦の4試合からベストイレブンを発表し、長谷部がセンターバック(cb)として堂々選出されている。 発表された準々決勝第2戦のベストイレブンは4-2-3-1の布陣で、最多はビジャレアルを2-0で破ったバレンシア勢で4人。 相次ぐ主力のアクシデントで不安に苛まれる, [特集/欧州蹴球10年の軌跡 04]際立っていたバイエルンの安定感 日本人選手も活躍したブンデスの10シーズン, [特集/欧州蹴球10年の軌跡 03]ミラノ勢の凋落から始まったユヴェントス帝国 カルチョを語る上で欠かせない4キーワード, [特集/欧州蹴球10年の軌跡 02]アトレティコが間隙を突くも、バルサとレアルのラ・リーガ覇権争いは終わらない, [特集/欧州蹴球10年の軌跡 01]シティの巨大化がもたらしたプレミア勢力図の激変と新たなパラダイム, [Season Review 2019/20]監督交代で覚醒のバイエルンが8連覇 怒涛の13連勝でシーズンアウト, ずっと“8アシスト”以上 ついに超攻撃型レフトバックが五大リーグへやってくる[映像アリ], 速いだけのドリブラーは…… マンUが獲得した新星にD・ジェイムズと同じ予感[映像アリ], リヴァプールをハットで沈めたFWは何者だ 恐怖のワンタッチゴーラーに注目を[映像アリ], リヴァプールが震えた“衝撃ボレー弾”から1年 南野拓実の成功は時間の問題[映像アリ], 最新号を無料配信中!電子マガジン「ザ・ワールド」No.250 戦術パラダイム最前線, 独『Kicker』が先日発表したブンデスリーガの前半戦ベストイレブンには、フランクフルトで活躍する長谷部誠の名前が入っていた。長谷部は3バックの中央での選出となっており、今季もリベロとしてフル稼働しているのだ。それだけでなく、同メディアは前半戦のベストセンターバックにも長谷部を選んでいる。, [運動神経でクルマは選べ! 176]AUDI A4 allroad quattro. [MIXゾーン]新たなターゲットマンに新進気鋭のCB 4戦無敗ベルマーレの原動力は, [MIXゾーン]手段が目的になってしまった 神戸に感じた“なんのためにボールをつなぐのか”の疑問, [粕谷秀樹]近代フットボールから取り残されてしまったがスタンドで日傘をさしているエジルなんか見たくはない, [粕谷秀樹]堅守を誇ったリヴァプールが4試合で11失点!! 長谷部こそ”ブンデス最高”のセンターバック! 落ちたドイツの2人の評価のページです。theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコンテンツを毎月23日に刊行しています。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 アギーレ監督のコンセプトとして、「ビルドアップ時は2人のセンターバック(cb)とアンカーでボールを前進させる」というものがあります。イラク戦では森重真人選手と吉田麻也選手がcb、アンカーは長谷部選手がつとめていました。 長谷部は3バックの中央での選出となっており、今季もリベロとしてフル稼働しているのだ。それだけでなく、同メディアは前半戦のベストセンターバックにも長谷部を選んでいる。 バイエルンに大敗のフランクフルト、鎌田大地と長谷部誠の現地メディア評価は厳しいものに…, レヴァンドフスキがハットのバイエルンが長谷部&鎌田先発のフランクフルトに5発圧勝!《ブンデスリーガ》, 「絶好のチャンスを逃した」ケルン戦の鎌田大地を評価する一方、決定機を外したプレーに地元記者がため息「あれが入っていれば…」, 鎌田PK獲得も決定機逸… フランクフルトはケルンに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》. 今季からフランクフルトはアディ・ヒュッターが指揮を執っており、4バックで戦う機会が増えた。コバチは長谷部をリベロに置く3バックを採用するケースも多かったが、4バックになる場合は長谷部のセンターバック起用は難しくなる。 日本代表に推したいJリーガー有力候補たち。3バック導入で浮上、汎用性の高い実力者たち【週刊J批評】, 【カメルーン戦采配検証】システム変更で炙り出された懸念材料。久保のベンチスタートに見えた狙いは?. 斎藤佑 来季もハムで現役続行へ 斎藤佑 来季もハムで現役続行へ パルマ、リヴァプール、上海上港 英紙が選ぶFIFA19キャリアモードおすすめ『10チーム』. 長谷部 誠(はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。 静岡県 藤枝市出身。 ポジションは、mf、df。 ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。 元日本代表。 著名な親族としては妻・佐藤ありさ(モデル・タレント等)がいる。 ©2020FACTORIES Inc. 日本代表を引退し、所属するフランクフルトでの戦いに専念することになったMF長谷部誠。ニコ・コバチが指揮を執っていた昨季まで長谷部は重要な役割を任されていたのだが、その状況に少し変化が現れている。, 今季からフランクフルトはアディ・ヒュッターが指揮を執っており、4バックで戦う機会が増えた。コバチは長谷部をリベロに置く3バックを採用するケースも多かったが、4バックになる場合は長谷部のセンターバック起用は難しくなる。, 独『90min』も長谷部の現状を特集しているが、サイズのない長谷部がセンターバックに入るのは3バックの時のみ。いわば「コバチ・システム」の時だけだ。4バックの場合はマルコ・ルスや今夏フランスのオセールからやってきた19歳のDFエヴァン・ヌディカらが有利だ。, となれば本職のボランチで勝負したいところだが、ここにもオサスナから加わったルーカス・トロがおり、他にもジョナサン・デ・ガズマン、ジェルソン・フェルナンデスとライバルが多い。実質長谷部は3番手、4番手あたりと言っていいだろう。, 昨季から一転して苦しい立場になることも考えられるが、同メディアはもう1つの解決策として右のサイドバックも担当できることを伝えている。ここはダニー・ダ・コスタが務めているが、長谷部もヴォルフスブルクではサイドバックを担当したこともある。ベンチからユーティリティ性を活かしていくことが今季の仕事となるかもしれない。, 指揮官が代われば起用法も変わるものだが、長谷部はヒュッターの下でポジションを掴んでいけるのか。. new! ©2020FACTORIES Inc. 独『Kicker』が先日発表したブンデスリーガの前半戦ベストイレブンには、フランクフルトで活躍する長谷部誠の名前が入っていた。長谷部は3バックの中央での選出となっており、今季もリベロとしてフル稼働しているのだ。それだけでなく、同メディアは前半戦のベストセンターバックにも長谷部を選んでいる。, とはいえ、この活躍に驚いている者もいるだろう。なぜなら今季のフランクフルトは指揮官がニコ・コバチからアディ・ヒュッターに代わり、長谷部が入るポジションがないと考えられていたからだ。ヒュッターには3バック以外の選択肢もあり、何より長谷部はロシアワールドカップから戻ってきたばかり。コンディションの面でも出遅れると予想されていた。しかし、ヒュッターは序盤戦のうちに3バックで固定。長谷部が中央に入ってからは調子を上げ、ヨーロッパリーグでも勝てるチームとなった。, 一方で、同じベテランでも期待はずれとなったのがバイエルンの2人だ。ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスの2人は近年のブンデスリーガを支配する存在だったが、同メディアはここ2年でスピードを失い、個の部分でもミスが目立つと厳しい指摘をしている。今回の前半戦ベストイレブンでも3バックは長谷部、ドルトムントのダン・アクセル・ザガドゥ、ボルシアMGのマティアス・ギンターが選ばれている。, ベテランになって評価を高めている長谷部に対し、バイエルンの2人は逆の状況となっている。長谷部がセンターバックの選手としてバイエルンの2人を超える日がくると予想していた人はほとんどいないはずだが、今では長谷部がブンデスリーガ最高クラスのセンターバックとなっている。.