tsgホッフェンハイムの最新ニュース. 2019年8月に加入したパルチザンでは順調に試合に出場している浅野。今シーズンはここまでリーグ戦で13試合に出場し7ゴール3アシストと好調を維持している。 コロナの影響はセルビアだけでなく、ヨーロッパ、そして日本を含めた世界中に及んでいる。浅野は日本代表として戦う意義、サッカー選手としての貢献についても語った。  「サッカーの世界でも大切にされていることがある。私はリスペクトとキャラクターというものを非常に重要にしているのだが、しかし今日は一人の相手選手がもっていなかったようだったね」とコメント。特に名前をあげるようなことはしなかったが、しかしそれが長谷部誠を指していることは明白だった。「彼はうちの医療スタッフを侮辱していたんだ」  いったい何があったのだろうか?問題の場面は後半80分、ホッフェンハイムのMFナディーム・アミリが数分間に渡ってピッチで治療を受けており、おそらく長谷部はそれが実際には負傷したものではないと思ったのであろう、ブーイングを浴びせるファンと共に、強い苛立ちを示していた。ただアミリは実際に負傷しており、そのまま交代を余儀なくされている。 グラーツといえば、かつてジェフユナイテッド千葉や日本代表を指揮したイビチャ・オシム氏が現在住んでいるところだ。 改めて、自身の代表の原点とも言えるグラーツについては「そう考えると、そういう場所に戻ってこれたのは非常に感慨深いですし、日本代表として選手としてここに戻ってこれたことは非常に幸せだと思います」とコメント。「サッカーにおいては、物事はすぐ変わりますし、常に自分自身がパフォーマンスで貢献できなければ意味がないと思うので、11月もチームにしっかり貢献できるようにプレーしたいです」と改めて気を引き締めた。 Goal.com上の情報は本サイトの許可なしに発信、発行、放送、転用はできません, 2021年最新UEFAクラブランキングTOP50|過去5年の成績に基づく欧州ナンバーワンクラブは?. また「ベオグラードではサイドで基本的に使われているので、サイドで毎試合毎試合コンスタントに出られているからこそ、果たす役割ややるべきことを学べて、成長できているとすごく感じています」とサイドでのプレーにも自信を見せた。 勝敗分けた退場劇、スコフに対して1試合の出場停止処分 2020年11月04日 ; ホッフェンハイム、SNS上での人種差別行為を批判 2020年11月03日 【ホッフェンハイム1−3ウニオン】 2020年11月03日 コロナ離脱中のクラマリッチら、内科検査後にチーム練習へ … TSGホッフェンハイム (1,143) VfBシュツットガルト (889) VfLヴォルフスブルク (1,184) アイントラハト・フランクフルト (1,492) インターナショナル (302) ハノーファー96 (773) バイエルン・ミュンヘン (2,810) バイヤー 04 レヴァークーゼン (1,284) 「全部僕は繋がっているかなと思います。コロナの期間でチームでも練習できない時、外に出られない時は、僕は自信を持って試合が始まった時の準備をしたと言えますし、シーズン再開時に繋がったと思いますし、そこでの結果が今にも繋がっていると思います」  そのなかで、元日本代表主将は「残念ながら、この試合では2つの異なる顔を見せてしまいました」と語っており、「PKを献上してしまい、相手にやりやすくさせてしまった」という、特に2点差で折り返した「前半については、あまりに酷い内容だった思います」と反省。「あの場面だけでなく、全体的に受け身になりすぎていたところがあったと思います」と、振り返っている。 ブンデスリーガ第24節のホッフェンハイム戦でフランクフルトの長谷部誠が相手のチームドクターの”時間稼ぎ”に抗議したシーンに批判が集中! ホッフェンハイム戦でキャプテンマークを巻いてボランチとしてピッチに立ち、3-2の勝利に貢献した長谷部誠。� 「去年の11月からなかなか活動できなかった中で、10月は久々にみんなの顔を見ることができて、活動がない中で、ニュースを通してだけじゃなくて、自分たちのチームメイトが実際にどういう成長を遂げているとか、どう過ごしているかを肌で感じられたと思いますし、そこで刺激を得られたのが10月だったと思います」 川島は今回のキャンプについて「まだ他の選手が来ていないので話はしていないですが、前回は2試合を久々に集まって、短い時間の中でもやれたこと、結果を2試合目で残せたことは大きいことだと思います」とコメント。「ただ、自分たちが目指すものというか、それぞれのパフォーマンスはもっともっと良くなると思います。攻撃の部分でも自分たちがリスクを負ってやらないといけない部分もあるし、ダイナミックさを求めないといけないと思います。結果を求めながら、どういう質を追求していくかは、11月の2試合はより表現していかなければいけないと思います」とし、この2試合でも結果を求めて戦うと意気込んだ。, ザルツブルクは9日、代表活動に参加する選手に対するPCR検査を実施した結果、6名の選手が陽性反応を示したことを発表した。 ホッフェンハイム陣営が長谷部の試合中の行動を非難。 DFB(ドイツサッカー連盟)は、フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠に対する調査を開始するかもしれない。4 4日付のドイツ誌『キッカー』が伝えている。 一方で、「自分自身もチームでチャンスを探っている中で、佑都もこういう形でポジション争いも厳しい中でやっていますが、ピッチの上に立っている姿は刺激になりました。そういう部分は代表に良い形で還元できればと思います」とし、ベテラン同士でも刺激しあえている事を明かした。 長らく日本代表の正守護神として活躍してきた川島だが、レギュラー奪取となったのは、2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前に行われたイングランド代表戦だった。 その川島だが、6日にはリーグ・アン第10節でマルセイユと対戦。DF酒井宏樹は出場停止により欠場となったが、DF長友佑都が右サイドバックとして先発フル出場を果たしていた。 tsg 1899ホッフェンハイム. ザルツブルクは残りの選手に対してもPCR検査を実施するとのこと。また、代表チームに招集された全選手を派遣しないとも発表している。 ボランチ出場続く長谷部が攻撃で見せ場、必殺スルーパスで土壇場v弾も演出 ブンデスリーガは2日、第24節を行い、mf長谷部誠が所属するフランクフルトはホッフェンハイムと対戦し、3-2で競り勝った。長谷部はボランチの位置で先発し、7試合連続のフ セルビアでは外出制限が早い段階で敷かれ、コロナの規制が厳しかった国の1つだが「今年は大変な時期が長くて、特に家から出られないとか、シーズンオフに日本に帰れなかった時は、メンタル的に今まで感じたことがないような大変さやキツさはありました」と精神的にダメージもあったとコメントした。 そのキッカケとなった試合が行われたのが、今回のキャンプ地であるグラーツ。試合はメルクール・シュピール・アレーナで行われたが、その点については「それは全然覚えていなかったです(笑)」とコメント。「あの時はどこでやるとか、どのスタジアムでやるかとかを考える余裕はなかったです」と、当時はその余裕がなかったと明かし、「今その話を聞いて感慨深くなっています」と笑顔を見せた。 ホッフェンハイムでは先日、シュテファン・ポッシュとの延長を果たしたばかり。 スロバン・ブラチスラバを相手に2得点をマークしたばかりの同選手について、アレクサンダー・ローゼンSDは「サルギスはすでに復調を果たしており、うちのオフェンス陣の選手層を増してくれている存在。 11月はパナマ代表(13日)とメキシコ代表(17日)と、中米の2カ国と対戦する日本代表。FW浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)は2019年11月以来の代表招集となった。 しかし、現時点では確定していないといい「スケジュールとして確定はしていないが、できればオシムさんと日本代表の選手・スタッフが会う機会ができればということで、チームスタッフには調整してもらっている」とコメント。「コロナの感染状況もありますし、人の行き来ができるかどうか、オシムさんの安全を考えた時に我々と会うことが可能かどうかを調整してもらっています」と、現在の状況では簡単にはいかないようだ。 ホッフェンハイム戦でキャプテンマークを巻いてボランチとしてピッチに立ち、3-2の勝利に貢献した長谷部誠。フランクフルトは勝利を収めたものの、この試合で長谷部に対し批判の声が集中している。 また、「活動がある限り、その活動に参加したいという思いがありました。前回は悔しい思いをしましたが、今回は呼ばれて光栄ですし、与えられた役割で全力でプレーするだけです」とコメント。強い意気込みを持って合流したようだ。 10月のカメルーン代表戦、コートジボワール代表戦では出場機会がなかった川島。しかし、代表活動は刺激を得られたという。 また、「常に試合に出続けること、ケガなく常にプレーできていることが、サッカー選手である上で一番大事だと思うので、それが今はやれているというのが1つ成長したところかなと思うのと、自信に繋がっていると思います」とし、コンスタントにプレーできていることは、メンタル面にも影響を与えていると語った。 また、「代表活動は一度活動したらまた選手はそれぞれ所属チームに戻っていきます。まずは戦術のギャップが所属チームと代表であると思うので、ベースの部分の確認をいかにできるかということで時間を使いながら、また我々の幅を広げなければいけないと思っています」と、今回も確認から入ると語った。  なかでも活躍をみせたのが、「そのスピードと1vs1での強さで、僕たちのプレーに好影響をもたらしてくれた」バルコクだ。後半61分には」反撃の狼煙となるシルバのゴールを御膳立てすると、さらに今度はコーナーキックから主将アブラームにハイボールを供給してヘディングでの同点弾を演出。最終的に勝ち点1を確保しており、長谷部は「今回は、結果自体には満足しないといけないですね」と総括した。. 森保監督らスタッフは8日にアムステルダム経由でオーストリアのグラーツ入り。貸切状態のホテルで選手の到着を待つ状況だ。 日本サッカー協会(JFA)もこの件について把握しており、奥川が合流できない可能性があるとしている。奥川は9日に日本代表に合流する予定だったものの、現時点では合流しておらず、チーム全体のPCR検査で陰性だった場合でも、チーム内での感染状況を考えると合流は難しい可能性が高いとされている。, 9日、日本代表の森保一監督がオーストリアのグラーツからオンラインでの取材に応対した。 「年齢的には一番上ですが、若い選手も含めてそういった姿を見ることは刺激になりましたし、チームにも戻ってもモチベーションが高かったです。チームが成長する意味でも重要なので、良い形でこの11月のシリーズを迎えられると思います」 この2試合で試したいことについては「戦術の幅は常にオプションとして広げていきたいという思いはあるので、10月でのオランダでの活動も3バックや4バックを練習中や試合中でも少しでも共通認識持ってもらえるようにと時間を使っていました」と前回の活動についてコメント。「ただし、戦術等々のオプションを広げたいということはもちろん持っていますが、大切なのは我々の戦うベースの部分をどれだけしっかりいつも発揮できるかが大切だと考えています」とし、チームとしてベースにしているものの確認が重要だとコメントした。 2015年10月、2016-17シーズンからホッフェンハイムのトップチームを率いることが発表されたが 、2016年2月11日、前監督のフーブ・ステフェンスが健康上の理由で辞任したことによって、前倒しでの監督就任が発表された 。  またホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督は、「彼はおそらく今晩、ベッドに入って、そして自分がしたことが本当に正しいことなのか考えるだろう。私はキャプテンを務めていたのだから、正しい振る舞いを心がけて欲しかったと思う。しかしそれを彼はなんども見せていないところがあった」と説明。なお長谷部自身は、試合終了後は通常はミックスゾーンにて、日本のジャーナリストたちとの質疑応答に応じる姿がみられるのだが、しかしこの日はインタビューを受けることなく後にしている。. 一連の全ては主審が目の前で見て聞いている. グラーツ在住、元日本代表監督のオシム氏との再会に「代表の選手・スタッフの前に来ていただきたい」. ユリアン・ナーゲルスマン(ドイツ語: Julian Nagelsmann、1987年7月23日 - )は、ドイツ・ランツベルク・アム・レヒ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。ブンデスリーガのRBライプツィヒの現監督。, 地元アマチュアクラブのFCイッシングの育成部門出身。その後FCアウクスブルクのジュニアユースを経て当時ドイツ・ブンデスリーガ2部に属していたTSV 1860ミュンヘンのU17チームに移籍。2006-07シーズンに同クラブのセカンドチームへ昇格するも負傷の影響で試合には出場できなかった[1]。2007-08シーズン、古巣FCアウクスブルクのセカンドチーム(ドイツ5部所属)に移籍するものの公式戦出場は無し。膝の負傷によって2007-08シーズン途中に20歳で現役を引退した。, シーズン途中での引退発表のためクラブとの契約が残っており、当時アウクスブルクⅡの監督を務めていたトーマス・トゥヘルの下でスカウトとして働いた[1]。その時にトゥヘルに指導者の道に挑戦した方がよいと言われ、1860ミュンヘンからU-17のアシスタントコーチのオファーを受けたため指導者としてのキャリアをスタートさせる事を決めた[2][3]。, その2年後TSG 1899ホッフェンハイムに移るとU-17チームのアシスタント、U-17監督、トップチームアシスタントを務め、2013-14シーズンに就任したホッフェンハイムU-19チームでは当時26歳でチームをU-19年代のドイツ王者に導いた[1][4]。翌シーズンも決勝まで進出したがシャルケ04に敗北し準優勝となった[5]。, 2015年10月、2016-17シーズンからホッフェンハイムのトップチームを率いることが発表されたが[6]、2016年2月11日、前監督のフーブ・ステフェンスが健康上の理由で辞任したことによって、前倒しでの監督就任が発表された[7]。28歳での監督就任はブンデスリーガ史上最年少での監督就任で、スポーツ界においては史上3番目の最年少での監督就任であった[注 1][8]。就任時、チームは降格圏内である17位に位置していたが残り14試合で7勝2分5敗という成績を残し残留を勝ち取った[9]。, 翌2016-17シーズンには3バックを軸にした3-1-4-2を採用するなど自身の特色を出しつつ[10]、前年度に残留争いに巻き込まれていたチームをボルシア・ドルトムントと3位争いを繰り広げるまでに躍進させた[11]。クラブは4位でシーズンを終え、ホッフェンハイムはクラブ史上初となるUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。シーズン終了後に契約を2021年まで延長するという報道もあったが[12]、2019-20シーズンからのRBライプツィヒ監督就任が内定し[13]、2018-19シーズンの契約満了をもって退任した。, 2018-19シーズン終了後、RBライプツィヒの新監督に就任した[13]。UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグを首位で突破、ラウンド16ではモウリーニョ率いるトッテナムに対して一切何もさせずに、トータル4-0と完勝し、32歳231日でベスト8進出果たしたUCL史上最年少監督となった[14]。, Julian Nagelsmann: Hoffenheim boss taking Bundesliga by storm, ライプツィヒ指揮官、32歳231日でベスト8進出果たした“史上最年少監督”に【欧州CL】, ブンデスリーガの若きビジョナリー、ユリアン・ナーゲルスマンが「iPad」でサッカーを変える, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ユリアン・ナーゲルスマン&oldid=80102097. そんな厳しいコロナ禍でも浅野はトレーニングを欠かさず、それが自信にも繋がっていると感じているようだ。 試合の終盤30分間を、数的不利のなかでフランクフルトの重圧に立ち向かったTSGホッフェンハイム。だがその奮闘も終了間際に力尽き、2失点を喫して逆転負け。スポーツディレクターを務めるアレクサンダー・ローゼン氏は試合後にインタビューに応じ、敗戦への悔しさと同時に、相手チームで主将を務めた選手に対して批判の言葉を浴びせた。 ホッフェンハイム戦でキャプテンマークを巻いてボランチとしてピッチに立ち、3-2の勝利に貢献した長谷部誠。フランクフルトは勝利を収めたものの、この試合で長谷部に対し批判の声が集中している。 「10月の活動を踏まえて、我々がレベルアップするということ、常にレベルアップすることを目指して活動することを確認して、このキャンプに臨めればと思いますし、ベースの部分は必ず確認しながらというところでは、選手たちが所属チームと我々の日本代表でプレーするときに迷いなくプレーできるように、整理して練習や試合に臨んでもらえるようにしたいと思っています」, 9日、日本代表の森保一監督がオーストリアのグラーツからオンラインでの取材に応対した。 「僕が入ったらどういうプレーをしようというイメージはできていました。スペースを生かす動きやゴール前に絡んでいく動きは出せるという印象は持っています」, 9日、日本代表がオーストリアのグラーツへ集合。選手がオンラインでの取材に応じた。 今回の2試合について森保監督は「選手たちのコンディションを見て決めていこうということはあります」とし、「前回の10月の活動では全員を使ってあげられなかったですが、少しでも多くの選手たちを確かめながら、2試合をできればと思っています」とし、今回も多くの選手に出場機会を与えたい意向を明かした。 9日、日本代表がオーストリアのグラーツへ集合。選手がオンラインでの取材に応じた。 「初対面ではないですが、私がS級ライセンスを受講していた時にオシムさんのトレーニングを見に行って受講させていただいただけで、プライベートでお会いしたことはないです」 メンバー発表会見では反町康治技術委員長が「機会があればお会いしたい」とコメントするなどしていたが、森保監督もその機会を待ちわびているようだ。 それでも、約1年ぶりの活動となった10月とは大きく異なる部分もある。「10月のオランダで活動させていただいて、11月も世界的なコロナ情勢を考えた場合には、活動するのが困難な状況の中、こうやって代表活動をさせていただけることをみんなで感謝しながら臨みたいと思います」とまずは感謝から入った森保監督。改めて重要なのはレベルアップすることだとした。 今回の検査は、全選手ではなく代表活動に参加する選手のみの実施とのこと。8日の夜に検査結果が分かったとのことだ。 先陣を切って取材に応対したのは、チーム最年長であるGK川島永嗣(ストラスブール)。10月のオランダ遠征に引き続き招集されている。 オーストリアに来た印象については「10月に引き続いて、こういった形で日本代表の試合ができることは、今の日本代表にとっては予選に向けても、自分たちが成長していくという意味でも大切だと思うので、今ヨーロッパにいる選手しか来れない状況はありますが、チームとして成長できる時間にしたいと思っています」と、この先の成長に向けて大事な期間にしたいと語った。 「未来に向けて良い準備をすることをコロナの期間は今まで以上に学べたと思いますし、1カ月、2カ月だけじゃなく、1年、2年、3年先への準備が大事だと再確認できました。それが自信に繋がっていると思います」 長谷部は2日に行われたブンデスリーガ第24節のホッフェンハイム戦に先発フル出場。チームはホッフェンハイムにリードを許したものの、ヌフが退場。数的有利となり終盤を迎える。 すると89分に同点に追いつくと、アディショナルタイム逆転に成功。 今回の11月のキャンプは、来年3月に迫るカタール・ワールドカップ2次予選に向けた最後の調整の場ともなる。 「僕自身がどうやって社会に貢献できるかどうかは正直わからないですが、スポーツを職業としている僕たちだからこそ、世界が苦しい時こそ、何か感じさせることや与えられるんじゃないかなと、コロナの期間になってから感じるところはありました」 さらに「どこで出ても攻撃だけじゃなく、チームとしてどういうプレーをすべきか、考えながらプレーできると成長していると感じています」と語り、「代表の活動でもどこで使ってもらっても構わないですし、与えられた場所で与えられた役割をやることで良さを出せると思います。日本代表のために全力でやるだけかなと思います」と、どのポジションでもチームのために全力を尽くすと意気込みを語った。 10月はオランダ遠征にて、カメルーン代表とコートジボワール代表というアフリカの2カ国と対戦した日本代表。11月は、パナマ代表、メキシコ代表と中米の2カ国との対戦となる。 「スポーツの偉大さを感じさせられた期間でもあるので、僕がこういう職業についているからこそ、みんなにそういったことを与えられるように全力で取り組むだけです」 「ここに来る時に考えていたのはオシムさんのことでした。代表にいさせてもらう中で、オシムさんとやらせてもらった時間は特別でした。試合に出させてもらうことはなかったですが、色々な意味で大きな刺激をくれた人でした。オシムさんもストラスブールでプレーしていたので、そういった話もしたいなと思っていました」 また、グラーツはかつて日本代表を率いたイビチャ・オシム氏が在住している中、今回のメンバーでは唯一指導を受けていた川島。グラーツに来る際はオシム氏のことを思い出していたと明かした。 「ゴールという部分ではもっともっと攻撃でやることはチームとしてあると思いますが、試合を通してゼロというのを見ればチームとして戦えていると思います」 それでもサッカーが支えてくれたと浅野は語る。「シーズンが始まってしまえば、そこに集中できるものが僕にはあるので、サッカーをやれている幸せやそこへの感謝の気持ちというのは、こういう状況だからこそ持てています」と、試合が始まったことがプラスになったと語った。また、「試合が始まればそこに対して良い準備をすること、熱い気持ちを持って戦うだけなので、そこまで家にいる期間がすごく大変だなというのは、サッカーがあることによって紛れているかなと思います」と、苦しい状況を乗り越えられた理由を明かした。 パルチザンでは、右サイドが主戦場となっており、トップのポジションでもプレーする。日本代表でのポジションについては、「僕自身もどのポジションで出ても、今は与えられた役割を全力でできる自信はあります」とポジションにこだわりなはないとコメント。それでも「もちろん元々FWなのでFWでやりたいと思いますし、使われたら常にゴールを取るという気持ちもあります」と1トップ起用にも意気込みを見せた。 DFB(ドイツサッカー連盟)は、フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠に対する調査を開始するかもしれない。4日付のドイツ誌『キッカー』が伝えている。, 2日のブンデスリーガ第24節で、フランクフルトはホッフェンハイムに3-2で逆転勝利。この試合の80分、相手MFナディエム・アミリがピッチで治療を受けていたとき、長谷部の見せたアクションが騒動の発端となり、ホッフェンハイムのアレクサンダー・ローゼンSD(スポーツディレクター)は「我々のメディカルスタッフを侮辱したことを知っている」と苦言を呈すると、逆転勝利を相手ベンチの前で喜んでいたことも非難していた。, また、試合直後にはホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督と長谷部との間で口論が勃発。その内容について同監督は「彼だけに向けた話」とし、明かす必要はないと強調。記者会見では「私はキャプテンはきちんとした振る舞いを見せるべきだと思っている。彼は何度かそうしなかった」とも話していた。, これらに関して『キッカー』は「マコト・ハセベは普段とは違って試合後の日本メディアの取材は応じず、日曜日(3日)にも声明を出さなかった」と伝えたうえで、DFB管理委員会が「調査をする可能性がある」とも指摘。実際に調査が行われるのか、注目が集まっている。, 【関連記事】● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント ● DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは? ● DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと● 白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など, Copyright © 2020 Goal.com All rights reserved. 土曜午後に行われたVfBシュトゥットガルト戦後に、アイントラハト・フランクフルトではクラブ公式ページにて、ヒュッター監督らの試合後コメントを掲載しており、その中には長谷部誠のコメントも含まれていた。 「日本代表の活動に携われているだけでも、僕ではここに来ているからこそ、皆さんに何かを与えたり、元気や勇気、希望を少なからず与えられるかなと思います」 自身の今季のパフォーマンスについては「結果としても目に見える結果がこれまで以上に出せていると、自分自身でも自信になっていますが、チャンスの数と結果は満足いくものではないです」とまだまだ足りないとコメント。「もっともっと結果という部分は求めていかないといけないですし、ベオグラードに行ってからコンスタントに試合に出られていることは自分にとって今の成長につながっていると思います」と語り、試合に出場していることがプラスに働いていると語った。 それでも「ただ、今までに経験したことがなかったことなので、去年の冬から日本に帰れていないですし、メンタル的にも大変さは感じています」と精神的な影響は少なからずあるようだ。 「できればオシムさんとお会いして、私自身もお話しできればと思っていますし、代表の選手・スタッフの前に来ていただいて、何か話をしていただいたりとコミュニケーションを取る場を作れれば嬉しいと思います」 ザルツブルクは8日にラピド・ウィーンと対戦。奥川雅也も途中出場していた。 なお、6選手に関しては現時点で公表されていないとのこと。また、奥川は日本代表へ追加招集となったため、今回の検査は実施していない。 ホッフェンハイムのメディカルスタッフは担架すら用意せずピッチに入った挙げ句、怪我をしているはずの脚をストレッチしようとしたり意味不明な治療をし、最終的には当該選手に肩を貸す程度で自力歩行で交代させている . TSG 1899ホッフェンハイム ( TSG 1899 Hoffenheim, ドイツ語発音: [teː ʔɛs ɡeː ˈʔaxt͡seːnˈhʊndɐt ˈnɔʏ̯nʔʊntˈnɔʏ̯nt͡sɪç ˈhɔfənhaɪ̯m] )は、 ドイツ ・ バーデン=ヴュルテンベルク州 の都市である ジンスハイム のホッフェンハイム地区(人口約3250人)を本拠地とするスポーツ総合クラブ。 自身はベンチで試合を見守ることとなったが、長友のプレーを間近で見たことについて「佑都とも代表で長くやらせてもらっていますし、色々な試合も練習も通して色々時間を過ごしていますが、佑都とこうやってフランスで出会えると思っていなかったので、彼の姿をマルセイユで対戦相手として見られたのはすごく嬉しかったです」と、率直にプレーを見られたことを喜んだ。 10月のオランダ遠征では、セルビアからオランダへの渡航制限があるためにメンバー外となった浅野だが、「僕自身は去年の11月が最後の代表で、その後はコロナの影響でなかなかできず、前回も合流できなかったので、常にチームでプレーする上で代表を意識していました」と、代表活動に合流する事を常日頃から考えていたとコメントした。  ただ 「それでも後半からは、またうまく戻していくことができてましたね」とコメント。「ハーフタイムからはだいぶ良くなっていきました。休憩時間では悪いながらもチャンスはある程度つかめていた話をしていましたし、もっとアグレッシブに、もっと気迫を出していこうと話し合った」というフランクフルトは、そこから巻き返しをはかっていく。  だがそれだけではない。逆転弾が決まったロスタイム6分では、長谷部はホッフェンハイムのベンチの前で歓喜を表現していたのだ。「みなさんも、3−2となった時のことはご覧になっていただろう」とローゼン氏。フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、スカイに対して「長谷部を知っている者ならば、彼がトップレベルのプロであることは知られていることだ。だがもしもそういったことがあったのであれば、長谷部誠に代わって私が謝罪したいと思う。サッカーで感情的になってしまうのはつきものだ」と語った。 「久しぶりの活動ということもありましたし、もっともっとチームとして合わせられる部分や、チームとして合わせられる部分はあるかなと思いますが、マイナスな印象なかったです」 10月の2試合はチームのトレーニングと時間が重なったこともあり、少しずつしか見ていないと語った浅野。それでも、自分が入った時のイメージはしっかりと湧いているようだ。 現在の日本代表について色々と考えがあるであろうオシム監督。機会があれば、プラスになることも多そうだが、どうなるだろうか。, 今季すでに8ゴール、前回はコロナの影響で不参加となったFW浅野拓磨「与えられた役割で全力でプレーするだけ」, 10年前に日本代表レギュラーの座を掴んだグラーツに戻った川島永嗣「全然覚えていなかった(笑)」, 追加招集のMF奥川雅也は日本代表合流が難しい可能性、ザルツブルクで代表選手6名が新型コロナ感染, 中米2カ国との試合を控える日本代表、森保一監督は「戦術の幅」と「ベースの確認」をテーマに, 森保監督はほぼ初対面? また、現在の日本代表では、2007年のアジアカップのメンバーだったGK川島永嗣(ストラスブール)のみが指導を直接受けた経験がある状況。森保監督も直接会ったことは1度しかないそうだ。