※データは2014年以降の傾向 競馬予想のウマニティがテレビ東京杯青葉賞2020を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 青葉賞(あおばしょう)は、日本中央競馬会(jra)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞 競走(gii)である。 競馬番組表での名称は「テレビ東京杯 青葉賞(テレビとうきょうはい あおばしょう)」と表記される 。 競走名の「青葉」は、青々と生い茂った木の葉のこと 。 ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。, ◆アイアンバローズ・小滝助手 「坂路でサラッとでしたが、しっかりと動けていました。あとは気難しささえ出さなければ」 ◆ヴァルコス・友道師 「先週にしっかりやっているので、坂路でサッとやった。広いコースがいい。前走のように馬場は渋った方がいい」 ◆オーソリティ・木村師 「3、4コーナーで勝手に動いたように難しさがある。状態は何とか維持できている。2400メートルは性格的に対応できると思う」 ◆コンドゥクシオン・中舘師 「先週しっかり追っていい状態になっている。決め手勝負だと分が悪いので距離は長い方がいい」 ◆サーストンカイドー・村井助手 「休み明け3戦目でさらに動ける状態。レースが上手で折り合いがつくのて、1ハロン延長も問題ないと思う」 ◆ダノンセレスタ・音無師 「使いつつ競馬を覚えながら勝負根性が出てきて、内容も良くなってきている。経験を積んできたことが重賞でもいい方に出れば」 ◆ディアスティマ・高野師 「最後の1ハロンはかかったが、動きは良かった。勝負どころで置かれるけど、持続力はある」 ◆ディアマンミノル・本田師 「まずまずの動き。状態は悪くない」 ◆フィリオアレグロ・森助手 「しまいの反応や動きは良かった。一段上の状態で出走できそう」 ◆フィロロッソ・中竹師 「いっぱいの指示で満足できる動き。長い間、芝は使っていないけど、2歳時とは違う」 ◆フライライクバード・友道師 「しまいを伸ばして反応が良かった。距離は一番合うし、あとは輸送がどうか」 ◆プリマヴィスタ・矢作師 「状態はさらに上がっている。この現状でどれだけやれるか」 ◆ブルーミングスカイ・小滝助手 「しまいを仕掛けていい動き。成長とともに調教でも動けるようになってきた」 ◆ロールオブサンダー・橋口師 「しまいを伸ばす追い切り。しっかり反応し、動きは上々」★青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載, 2010年以降、キャリア4戦以上の馬が8勝を含む15連対と攻勢。ただし、多ければ良いというわけではなく、キャリア8戦以上は3着以内ゼロの大不振。4~7戦についても、前走で非重賞戦に出走、なおかつ0秒6以上の敗退馬は連対皆無と今ひとつの結果に終わっている。, 2010年以降の2着以内に入った馬の間隔をみると、20頭中19頭が中3~8週の間。例外は2019年2着のランフォザローゼス(前走京成杯2着)1頭のみとなっている。中2週以内または中9週以上の間隔で臨んだ馬は評価を控えめにしたい。, 前走の使用距離と着順については、重賞なら芝の1800m以上で7着、非重賞ならば芝の2000m以上で3着が最低ライン。2010年以降の2着以内馬は、例外なくこの条件を満たしていた。, 2010年以降、近4走内に未勝利戦を3回以上使用していた馬の連対例はゼロ。1勝目を挙げるまでに時間を要した馬は苦戦傾向にある。ちなみに、前走未勝利戦出走馬の好走例は皆無。その点にも注意を払いたい。, 2014年以降で2着以内に入った12頭のうち10頭がU指数6位以内。指数上位馬を中心に攻めるのがセオリー。, 中4~8週という、適度な間隔で臨んだ馬が毎年のように上位を賑わせている。なかでも、U指数88.0以上だった馬の上位占有率が高い。, 指数10位以下で馬券絡みを果たした馬は3頭。いずれも、1勝クラス(旧500万下)の芝2400m戦で勝利経験がある馬だった。距離実績のない低指数馬は出番なし。 トニービンのほかにはGalileoやMontjeuといったSadler’s Wells系の血も好相性を示しており、総じて切れ味よりもスタミナに自信のあるタイプを評価しやすい。また、どちらかといえば晩成型の血統が好走することも特徴で、勝ち馬は得てして「まだ緩いところがある」といったコメントを出されていたりする。

[競馬] 歴代名牝 ... 初の古馬相手となるので、楽な条件ではありませんが、青葉賞の勝ち時計2分23秒0は、コントレイルがダービーを勝った際の、2分24秒1を上回る数字です。 青葉賞(あおばしょう)は、日本中央競馬会(jra)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞 競走(gii)である。 競馬番組表での名称は「テレビ東京杯 青葉賞(テレビとうきょうはい あおばしょう)」と表記される 。 競走名の「青葉」は、青々と生い茂った木の葉のこと 。 公開日:2019年4月24日; 更新日:2019年5月7日; 794; 日本ダービーと同条件で行われる真のトライアル、青葉賞。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中 … 年 勝ち馬 父 母 勝ち時計 馬齢 性別 騎手 調教師 全着順; 2020年: オーソリティ: オルフェーヴル: ロザリンド: 2:23.0: 3: 牡: l.ヒューイットソン レース名をクリックでレース結果と動画を表示します。年月日優勝馬レース名格開催距離馬場タイム性齢斤量人気騎手調教師2着馬(同着含)2020.05.02オーソリティ青葉賞gii東京芝2400良2:23.0牡3 No.1競馬サイト「netkeiba.com」が青葉賞(G2)2020年5月2日東京の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! 青葉賞の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。青葉賞の登録馬 馬データと前走成績青葉賞は2着までに入るとダービーへの優先出走権が与えられるレースで メイショウボサツは、父エピファネイア×母ユメノオーラ(母の父マイネルラヴ)。母は2006年フィリーズレビューの2着馬で、近親には2006年函館スプリントSを13人気で制したビーナスラインがいる血統。弥生賞ディープインパクト記念は10着大敗も休み明けは血統的にも評価しづらく、むしろデビューから20kg増やしている成長力を評価したい。毎年のように好走馬を出す大寒桜賞からの臨戦も好印象で、レコード勝ち含め、底を見せていない左回りであれば。 青葉賞の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。, 青葉賞は2着までに入るとダービーへの優先出走権が与えられるレースです。ですから、出走馬に撮ってはここで権利を取るのがダービーに出走できる最後のチャンスです。, 登録馬を見ると皐月賞を回避して権利をとりにきたオーソリティはここでどんな走りをするかですね。ホープフルSと弥生賞は上位馬に伸び負けしていましたからね。サトノフウジンとフィリオアレグロは堀宣行厩舎なので、青葉賞とプリンシパルSの使い分けをしてくると思います。鞍上はどちらもレーンということでしょうね。フライライクバードは福永祐一が騎乗するので注目しています。距離を伸ばして2連勝ですからこの距離は良いと思います。ヴァルコスは2走前にマーフィーが騎乗したときに「凄くいい馬です。ただ、スタミナがある馬なのでもっと距離が延びた方が良さそうです。」とコメント。次走、2400mのゆきやなぎ賞を快勝。スタミナはあるので距離伸びていい馬だと思います。, 1着馬の馬データを見るとサンデーサイレンス系が強いですね。最近ではディープインパクト、ハーツクライ、ステイゴールド産駒が勝っています。馬主ではノーザンファーム系が強いので、関連する騎手や調教師は注意が必要です。, 1着馬の前走を見ると、2000m以上を使った馬が良いですね。以前はオープン以上で連対している馬が強かったですが、最近は距離適性を考えて使ってくるので条件馬の好走が目立っています。, 前走レース別成績では毎日杯が良いですが、今回は該当馬がいないです。勝ち馬が出ているレースを、登録馬の前走と見比べると山吹賞(コンドゥクシオン)、弥生賞(オーソリティ、アラタ)、アザレア賞(フライライクバード)、大寒桜賞(メイショウボサツ、ディアスティマ)、すみれS(ブルーミングスカイ)、若葉S(サーストンカイドー、ディアマンミノル)などです。, 種牡馬系統別成績を見ると、サンデーサイレンス系、ロベルト系、ディープインパクト系、キングマンボ系、ハーツクライ系の順でした。スタミナ勝負になるとロベルト系の好走が目立ちますね。登録馬で言えば、スクリーンヒーロー産駒のフライライクバードとレアリザトゥール、エピファネイア産駒のサーストンカイドー、メイショウボサツ、ロールオブサンダーです。, 配当一覧を見ると、1人気の成績がいいので大きく荒れないレースですね。2013年と2007年は荒れていますが、このときに共通するのは個人馬主の平田牧場の馬が勝ったときです。登録場の中ではメイショウボサツが面白いと思います。, 人気別成績を見ると1人気が複勝率80%と安定しています。上位人気馬の複勝率がいいので、あまり荒れない感じですね。, 馬番別成績を見ると、11番より外が良くないですね。広いコースですが、スタート地点から1コーナーまでが300mぐらいなので外すぎると外を回されることになりロスが多くなります。勝ち馬20頭のうち17頭は4コーナーで10番手以内でした。, 皐月賞出走の権利がありながら出走せずに青葉賞に登録してきたオーソリティがいいと思います。前走弥生賞組は勝率が良いですからね。また、このコースのオルフェーブル産駒の成績もいいです。週末は晴れ予報なので決めて勝負になる可能性が高く、決め手のあるディープインパクト産駒のサトノフウジンもいいです。他では母父トニービンが魅力のコンドゥクシオン、スクリーンヒーロー産駒のフライライクバード、エピファネイア産駒のメイショウボサツです。穴でディープインパクトの甥という良血のヴァルコスです。, 2020年皐月賞  過去20年のレースデータ(1着馬、前走、血統、配当、人気、馬番など), 2020年クイーンS  過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など), 2020年ヴィクトリアマイル 過去14年のレースデータ(1着馬、前走、血統、配当、人気など), 2019フィリーズレビュー 登録馬と過去20年のレースデータ(1着馬、血統、配当など), 2020年秋華賞 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など), 2020年エルムS  過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など), 2020年エリザベス女王杯 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など), 2020年アルゼンチン共和杯 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など), このサイトではTARGET frontier JVで集計したデータを使用しています。, 充実のJRA公式競馬データを集計・分析!|競馬予想のための最強ソフト TARGET frontier JV|競馬情報ならJRA-VAN. 青葉賞(あおばしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「テレビ東京杯 青葉賞(テレビとうきょうはい あおばしょう)」と表記される[3][4]。, 2着までの馬に東京優駿(日本ダービー)の優先出走権が与えられるトライアル競走[5][6][7]。2009年までは3着までに優先出走権を付与していたが、2010年から2着までに変更された[5][6][7]。東京優駿(日本ダービー)と同じコース・距離で行われることから、東京優駿(日本ダービー)の前哨戦では最も距離適性が求められるレースとされている[5][6][7]。しかし2019年までに当競走の勝ち馬からダービー馬は誕生していない。, 「青葉賞」は1984年から[8]「日本ダービー指定オープン」とされ、4歳(現3歳)馬限定の特別競走として東京競馬場の芝2400mで行われていた[6][7]が、1994年より重賞(GIII[注 1])に昇格[6][7]。1995年にはダービートライアルに指定され、2001年にはGII[注 1]に格上げされた[5][6][7]。, 地方競馬所属馬は1995年から、外国産馬は2001年からそれぞれ出走可能になった[2][7]ほか、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった[9][7]。, 東京優駿(日本ダービー)のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は東京優駿(日本ダービー)の出走候補馬(2頭まで)、およびJRAの2歳GI競走優勝馬に優先出走が認められているほか、JRAで行われる芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格が与えられる[6][7][10]。, 2020年の1着賞金は5400万円で、以下2着2200万円、3着1400万円、4着810万円、5着540万円[3][4]。, 2015 International Cataloguing Standards Book Japan, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=青葉賞&oldid=78560114, 1984年 - 「特別レース勝馬一覧」『優駿』1984年7月号、日本中央競馬会、152頁, 1985年 - 「特別レース勝馬一覧」『優駿』1985年7月号、日本中央競馬会、155頁. U指数はウマニティ会員登録(無料)でご覧いただけます。会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!, 父がルーラーシップのリオンリオン、母がラストグルーヴのランフォザローゼス。つまり、昨年の青葉賞はエアグルーヴの孫同士でハナ差の接戦を演じていたことになる。近年はトニービンの血を引く馬の活躍が目立ち、母の父がトニービンのルーラーシップやハーツクライは注目すべき種牡馬と言えるだろう。思い起こせばハーツクライ産駒の初重賞制覇もウインバリアシオンによる2011年青葉賞であった。