続く京都新聞杯は4着で日本ダービー出走は 「好位外めの追走でしたが、終始、力みっぱなしでした。気持ち良く走れていない状況です」, グローリーヴェイズ(Glory Vase)牡4/黒鹿毛 尾関 知人(美浦) 4角 12-6(14,3)15(2,4,5,7)(13,16,11,10)1(9,8). マサハヤドリーム、そしてメイショウテッコンも遅れ気味のスタート。 軽く気合いをつけてサラスが先頭に立ったが、 外からアイトーンも押っつけていき、 スタンド前ではやや競るような場面もあったが、 1コーナーでは外のアイトーンが先頭へ。 貯金を生かしてこの追撃を半馬身差で抑え、 後方をウインテンダネス、ルックトゥワイス、 6着:ムイトオブリガード imobile_pid = "51982"; imobile_asid = "903671"; imobile_width = 300; imobile_height = 250; マサハヤドリーム、そしてメイショウテッコンも遅れ気味のスタート。 「流れが速くついていけなかったので、坂の下りからのしまい勝負で。途中に少しハミをかんだぶん、最後は少し甘くなりました」, 5着 エーティーサンダー(酒井学騎手) 12着:マサハヤドリーム 「コンディションは良かったし、馬のリズムも良かった。直線は伸びてくれたけど、もう少しでしたね」, 4着 ノーブルマーズ(高倉稜騎手) 勝ち時計は2分26秒2。, 第66回 日経新春杯 レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。, ※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。, U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。 血統面については、1回京都開催で行われた芝2200m以上の結果を見直すと、ステイゴールドの系統産駒が4戦4勝と他を圧倒。父あるいは母父にキングカメハメハ系種牡馬を持つ馬も奮闘している。ほかでは、現役時に2400m以上のG1を制しているサンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の上位入線が多い。 「融通の利く、コントロールの利く馬ではないです。馬群が詰まった時にハミを噛んでしまったように、今日は流れが噛み合いませんでした」, 13着 ロードヴァンドール(横山典弘騎手) 前走・菊花賞は強敵相手に5着と好走。 2019年01月13日のレース結果; 1r; 2r; 3r; 4r; 5r; 6r; 7r; 8r; 9r; 10r; 11r; 12r; 一覧. 11着:ウインテンダネス 一気に先頭まで上がると、後続に3馬身ほどの差をつけて4コーナーへ。 1コーナーでは外のアイトーンが先頭へ。 父:ディープインパクト 母:メジロツボネ 母父:スウェプトオーヴァーボード 1番人気のグローリーヴェイズが優勝。 11 r 第66回日経新春杯(g2) 芝右 外2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45 過去の日経新春杯 . 【日経新春杯. 4着:ノーブルマーズ(クビ) 13着:ロードヴァンドール 「京都は初めてだったし、いろいろ経験をさせている段階。選択肢も広がりました」, 3着 シュペルミエール(北村宏司騎手) 走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 後続の追撃も抑えて重賞初制覇を達成した。 1回京都開催ならびに土曜日の京都芝のレース結果、近年の日経新春杯の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。 こちらは好位にとどまらず、3コーナー過ぎに 対抗のグローリーヴェイズは1着、 軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!, G1や条件クラスなど、さまざまな路線から集まった馬たちが激突する伝統のハンデ重賞。2008年以降、トップハンデは1勝、2着1回と不振傾向で、勝ち馬は前走有馬記念で3着に好走した2012年のトゥザグローリー1頭のみ。相当の実績と勢いを持ち合わせていないと好走は難しい。年齢別では、7勝、2着5回の4歳馬が中心。とりわけ、G1で上位入線できるような力量馬が出てきたときは、ほぼ崩れない。また、4歳馬が2頭しかいなかった2013年には10番人気のカポーティスターが優勝。人気の有無にかかわらず警戒は怠れない。舞台となる京都2400mは、最初のコーナーまでの距離が長く、流れが遅くなりがち。ゆえに、最後の直線では瞬発力勝負になりやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります), レース名の通り、新春の淀を舞台に争われる伝統のハンデ重賞で、勝ち馬のみならず負けた馬のなかにもG1実績を持つ大物の名前が散見される。第46回(1999年)は天皇賞馬のメジロブライトが59.5キロの酷量を背負いながらも貫禄勝ち。第48回(2001年)の勝ち馬ステイゴールドは、次走でドバイシーマクラシック(当時G2)を制し、年末には香港ヴァーズに勝って待望のG1タイトルを獲得した。ほか、アドマイヤモナーク、ルーラーシップ、トゥザグローリーなど、勝ち馬欄には個性派の名前がズラリと並ぶ。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, 【日経新春杯】レッドレオン直線詰まり脚を伸ばすも2着まで 北村友「デキは良かったが…」, 【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年01月15日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(185), 【U指数競馬新聞(特別登録版)】日経新春杯2020・GIIのネット競馬新聞を無料公開!. グローリーヴェイズなどが続き、 差し切りだが、瞬発力勝負にも対応できそうなタイプだ。, 本命のムイトオブリガードは6着、 この2番手争いに決着をつけ先頭にも迫った。 2019 g2・日経新春杯 レース回顧 . さらに大外からノーブルマーズやルックトゥワイスも 直近の京都開催ならびに近年の当レースの傾向を合わせて考えると、そのまま日経新春杯の傾向に沿うのが正解か。ただ、今回の出走メンバーと照らし合わせてみると該当馬が多い印象。それゆえ、差し脚質の勝率が高いレース傾向を加味し、前走で上がり3ハロン上位(3位以内を対象)の末脚を繰り出している馬を重視したい。 スタンド前ではやや競るような場面もあったが、 「(前回騎乗した)新潟の時も強かったけど、どんどん強くなっている。まだ成長していたのでとてもよかった。真面目な馬でスタートも良かった。直線でもじりじり伸びてくれた。(コンビを組んだ4戦は3勝、2着1回)相性がいいので、乗っている時は勝つイメージがある。これからも楽しみ」, 2着 ルックトゥワイス(岩田康誠騎手) メイショウテッコンが進出を開始。 また、近5年の日経新春杯を検証すると、父サンデーサイレンス系が3着以内15頭のうち12頭を占める盛況ぶり。残る3頭は父ミスプロ系といささか極端な偏りが出ている。母父については、米国系のパワー型や欧州系の持久力型を中心にバラつき気味なので、固執する必要はなさそう。気にかけるとすれば、毎年のように上位を賑わせているトニービン内包馬。該当馬には相応の評価が必要だ。 中では大外・ルックトゥワイスの脚色が良く、 2角 14,6,15(3,7)4,5,16(2,11,8)9-10-12-(13,1) 競馬予想のウマニティが日経新春杯2020を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 今回は厳しい流れで自身の上がり36秒8での 2019年1月13日 京都11r 日経新春杯(g2)の結果・払戻です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 日経新春杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の日経新春杯の着順は1着:グローリーヴェイズ、2着:ルックトゥワイス、3着:シュペルミエールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。 馬券は不的中でした。, ブログランキングに参加しています。 7着:ケントオー 記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。. 第66回 日経新春杯(GII)芝・右 2400m 「休み明けでしたし、相手が強すぎました。ちょっと時間がかかるかもしれません」, 14着 アイトーン(国分恭介騎手) 2着:ルックトゥワイス(1/2馬身) この中間は火曜日に0.5ミリの降雨があったが、その後は水曜日と土曜日の朝にわずかな雨が降ったのみ。それにもかかわらず、土曜日の芝コースは稍重(JRA発表)でスタートした(特別戦以降は良に回復)。含水に敏感なのは芝の状態が良くないという証左。洋芝の丈が長いぶん、見た目はさほど悪くないが、着実に芝の劣化は進行している。 14着:アイトーン 結果・払戻一覧です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 ふうま:2020 兵庫チャンピオンシップ 過去10年の傾向とデータ (05/06), ななし:2020 兵庫チャンピオンシップ 過去10年の傾向とデータ (05/06). 残り200mでメイショウテッコンを交わして先頭に立った。 10着:サラス ノーブルマーズ、そして出遅れたメイショウテッコンなどが追走した。, 前半の4Fは45.9秒という速い入り。 競馬情報サイト「競馬の魅力」では動画や結果から出走予定馬、予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, 日経新春杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の日経新春杯の着順は1着:グローリーヴェイズ、2着:ルックトゥワイス、3着:シュペルミエールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 2019年1月13日(日) | 1回京都4日 | 15:45 発走 その外に、エーティーサンダーやシュペルミエール。 4コーナーで内めを突いたグローリーヴェイズが、 ウマニティ重賞攻略チーム, 13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!, ◆エーティーラッセン・木原師 「年末から乗り込んで仕上がりはいい。格上挑戦でも自分の競馬をするだけ」 ◆サイモンラムセス・梅田智師 「骨りゅうの影響で休養が長引いた。ハナにこだわらない競馬で次につながれば」 ◆スズカディープ・橋田師 「攻めの動きは良かった。休み明けで体が増えているのもいい。軽ハンデでどこまで」 ◆タイセイトレイル・久保助手 「まだ太いかという感じだったので併せ馬でビッシリ。いい馬場でやりたい」 ◆プリンスオブペスカ・松永昌師 「中1週で順調に調整できているが、前走以上に相手も強くなるからね」 ◆マスターコード・吉村師 「前走後も厩舎で順調に調整。格上挑戦ですが、京都の芝2400メートルは一番合うと思う」 ◆モズベッロ・森田師 「走るフォームは良くなってきている。条件的にもいいと思います」 ◆レッドレオン・小滝助手 「休み明け2走目でまだフレッシュ。今の京都の馬場は合いそう」 ◆ロードヴァンドール・太宰騎手 「前走と変わらない状態で出られそう。自分で動ける位置を取れれば」★日経新春杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載, 最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開! しかし、先に抜けたグローリーヴェイズが 2019 1月13日(日)1京都4 11R 15:45, 1角 14,6,15,3(4,7)5,16-(2,11)(9,8)-10-12-13,1 Nikkei Shinshun Hai (G2), 1着:グローリーヴェイズ 好位にエーティーサンダー、ガンコ、アフリカンゴールドなど。 かなわなかったが、夏に1600万条件を制すると、 ごちゃつき、2コーナー過ぎに後方のウインテンダネスが好位まで進出。 「直線は目の前があいているのに、内へ倒れ込みながらの苦しい走りになりました。久々の右回りといまの京都の重い馬場が影響したんでしょうか」, 7着 ケントオー(和田竜二騎手) 「折り合いは大丈夫だったし、4コーナーは勝ち馬のうしろ。ただ、最後は伸びなかった。この距離はちょっと長いのかもしれない」, 9着 メイショウテッコン(武豊騎手) 16着:ガンコ, 1着 グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手) 5着:エーティーサンダー(クビ) 払戻し. なって4コーナーを通過した。, 直線に向いてもしばらくはメイショウテッコンが 「直線で盛り返してくれました。4コーナーで外に行った分、届かなかった」, (藤原英昭調教師) そして残り1000mを切ると、やはり後方から 中団にはシュペルミエール、ムイトオブリガード、 外からアイトーンも押っつけていき、 「内枠で軽量、ある程度前でイメージ通りの位置を取れました。リズム良く、この距離でも上手に走ってくれました。突き抜ける脚はありませんでしたが、直線に向いた時は反応を見せてくれました。よく頑張ってくれましたし、自己条件なら力は上位だと思います」, 6着 ムイトオブリガード(川田将雅騎手) 「ペースが速かったので、位置はあれで良かったと思います。有力馬が近くにいましたし、ジッとしていましたが、いつもなら引っ掛かって行くくらいの馬なのですが、今日は反応がありませんでした」, 12着 マサハヤドリーム(北村友一騎手) ただし、外差しがガンガン決まるというわけではない。道中外、直線も外という待機勢が苦戦しているのは先週と同様だ。つまり、道中で内~中の良好な部分をキープできる馬が有利とみるべき。確たる理由でもなければ、馬場の良いところを先んじて通る(通りそうな)馬、あるいは内めの枠(1~4枠あたり)を利して、うまく立ち回れそうな馬を優先したほうがいいだろう。 15着:アフリカンゴールド ここで重賞初制覇を達成し、今年の活躍がさらに楽しみになった。 3着:シュペルミエール(1/2馬身) 単穴のメイショウテッコンは9着、 2019年 日経新春杯のページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届け … 「じっくりと。一瞬は届く手応えはあったんだけどね。おとなしくなってきたのはいい傾向」, 8着 ダッシングブレイズ(福永祐一騎手) 他馬はこの動きから、ひと呼吸置いて仕掛ける形に 第66回日経新春杯は、M.デムーロ騎手騎乗で 加えて、路盤は前年4回京都のAコース使用の際に、道悪や雨中の開催が続いたダメージが残っている状態。そのうえ、年明け以降の内有利決着に伴う馬場の酷使も重なり、インベタで運んだ馬の優位性が薄まりつつある。対照的に直線で中~外に出した馬の好走頻度が高まっているので、そのあたりには注意を払いたい。 3角 12(14,6)15(3,4,7)(5,8)(2,16,10,1)11(13,9) 出走馬で血統面と先述した馬場傾向(1~4枠)の要点をともに満たしているのは、①メロディーレーン、⑥モズベッロ。よって、当欄ではこの2頭を注目株として推奨する。 日経新春杯・G2ハンデ』 が、2019年.1月13日(日曜日)に、京都競馬場.芝2400m.で行われました。 1着馬は、1番人気グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手)。2着馬は1/2馬身差で、5番人気ルックトゥワイス。 初の重賞タイトルを手中にした。, 昨年のきさらぎ賞2着馬。 rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId="0";rakuten_recommend="on";rakuten_design="slide";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_adNetworkId="a8Net";rakuten_adNetworkUrl="https%3A%2F%2Frpx.a8.net%2Fsvt%2Fejp%3Fa8mat%3D2HWXXM%2B8V4D0Y%2B2HOM%2BBS629%26rakuten%3Dy%26a8ejpredirect%3D";rakuten_pointbackId="a15102207463_2HWXXM_8V4D0Y_2HOM_BS629";rakuten_mediaId="20011813"; Copyright © TURFに吹く風 All Rights Reserved. 馬名の由来:栄光のつぼ。母名より連想, 日経新春杯2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年の日経新春杯の出走予定馬にはガンコやメイショウテッコンなどが名を連ねています。G2戦ながらハンデキャップ競争。例年は人気馬が強いが今年は…。, 日経新春杯 2014 の動画・結果です。日経新春杯 の結果は1着:サトノノブレス、2着:アドマイヤフライト、3着:フーラブライド。サトノノブレス が勝利した 日経新春杯 2014 の詳しい結果、動画をご覧ください。, 佐渡ステークス 2018の動画・結果です。佐渡ステークスの結果は1着:グローリーヴェイズ、2着:ベアインマインド、3着:アッフィラート。「グローリーヴェイズ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。, 日経新春杯 2012 の動画・結果です。日経新春杯 の結果は1着:トゥザグローリー、2着:ダノンバラード、3着:マカニビスティー。トゥザグローリー が勝利した 日経新春杯 2012 の詳しい結果、動画をご覧ください。, 日経新春杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の日経新春杯の着順は1着:モズベッロ、2着:レッドレオン、3着:エーティーラッセンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 「日経新春杯 2017」の動画・結果です。日経新春杯の結果は1着:ミッキーロケット、2着:シャケトラ、3着:モンドインテロ。「ミッキーロケット」が勝利した2017年の日経新春杯の詳しい結果、動画をご覧ください。, 競馬情報サイト「競馬の魅力」です。動画・結果はもちろん、登録馬・出走予定馬から予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, 「日経新春杯 2018」の動画・結果です。日経新春杯の結果は1着:パフォーマプロミス、2着:ロードヴァンドール、3着:ガンコ。「パフォーマプロミス」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。, 菊花賞2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:フィエールマン、2着:エタリオウ、3着:ユーキャンスマイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。, 武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/14・11/15)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。, ルメール騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。C.ルメール騎手は3年連続で全国リーディングを獲得するなど大活躍中。先週の成績・結果や今週の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 有馬記念は2020年12月27日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2020年で第65回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。, 競馬ファンの心をつかんだCM『夢の第11レース』には続きがあった!CMでは直線の途中までの映像だが実は全18頭のレースの続きの動画が存在する。それは『夢のラスト1ハロン』。各馬が勝つ設定で感動の実況が収録されています。ファン必見です!, 川田将雅騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。川田将雅騎手は日本人ジョッキートップの成績を残す次世代のエース。先週の成績・結果や、今週や今後の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 2020年に産駒がデビューする新種牡馬を紹介するページです。新種牡馬にはドゥラメンテやモーリスなどG1で活躍した馬がズラリと並ぶ。種付け料や注目産駒などいろいろチェックしてください!, 2020年の騎乗停止に関する記事です。騎乗停止(きじょうていし)とは競馬において反則を犯した騎手に対して与えられる制裁で、行為の内容によっては長期間の騎乗停止処分が下される。どの騎手にどのような内容の処分が下されたかチェックしておこう!. 「ゲートは安定してきました。49キロでしたが、直線は脚が上がってしまいました」, 11着 ウインテンダネス(内田博幸騎手) 中団から直線半ばで抜け出すと、 脚を伸ばし、2番手以下は混戦。 しかし、そこからペースが落ちると追走馬群は 8着:ダッシングブレイズ 「スタートしていい感じでしたが、今日はペースのプレッシャーがこの馬にはきつかったです」, 16着 ガンコ(藤岡佑介騎手) 9着:メイショウテッコン 2019・結果】 『第66回. 京都競馬場 芝外2400M 4歳上G2 ハンデ 軽く気合いをつけてサラスが先頭に立ったが、 「スタートも良くなかったですし、逃げるつもりはありませんでした。前半折り合って、外から来られた時、ハミを噛んでいました。そのタイミングでペースがグンと落ちましたから、一気に仕掛けました。ハマッたかと思ったのですが…」, 10着 サラス(松若風馬騎手) 「いくらか急仕上げでしたから、ここを使って良くなると思います」, 15着 アフリカンゴールド(F.ミナリク騎手) 差を保っていたが、残り300mあたりから後続も徐々に接近。