little. これで最後です。 「少しの」という意味のlittleも異なる変化をします。 ・原級 little ・比較級 less ・最上級 the least. どう見ても家事をするのは避けられないようだ。 * I am ~ing 確実にやると分かっている事  のa pen と同じ形ですから。 ただ,many of の場合,後に複数を表す表現がきて, 比較級には形容詞の語尾に「er」を付けるタイプと、形容詞の前にmoreを置くタイプがあります。 He is much richer than I. 5.Someは「いくつかの」「いくらかの」「ある程度」といった意味を持ち、可算名詞、不可算名詞、両方を修飾することができます。 両者の違いはどういった点でしょうか。, 話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。 (彼はいつも私に言ってる) Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 one more book という印象の違いがあると思います。 飛行機は、電車よりずっと速い。 ② 比較級の形容詞が、形容詞の前に「more」が来て構造される場合: have a look などが書いてあるのですが、それぞれのニュアンスの違いがわかりません。なんとなくでもいいので、違いがあれば教えてください。, 日本語では動詞で表現するものを英語では名詞で表現すると many more 可算名詞の複数 (質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか? He is no fool.彼が馬鹿だなんてとんでもない。実際は賢いんだ。 Would you like~? "と相手が言った場合、 よろしくお願いいたします。(他に不可算名詞が主語になっている例文があったら紹介してください。), こんにちは。4/22のご質問ではお返事を有難うございました。 on -ing「~するやいなや」「~するとすぐに」「~と同時に」 6.不可算名詞が主語になっている例文: 答:3 (僕が読んだもののうち多くは僕を幸せにしてくれた) much more 不可算名詞 He keeps on telling me that... much と more 比較級で・・・He worked much harder than his brother.ではmuchが使用されてるのにIm more interested in history than she is でmoreになるのはどのような違いがあるのでしょうか形容詞の比較級・最上級の作り方は大き (質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか? take a long look なら「じっくりと見る」 また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。) 2.I will be coming to Tokyo in March. I will be ~ingという表現法がよくわかりません。 one more book much of の後には不可算名詞か,可算名詞の単数形がきて 英語の比較級について勉強していると、必ず出くわすのが「比較級の強調の仕方」です。当記事ではそれらを理解するために、比較級を強調させる「much・by far・a lot・lots・even・still・yet」の違いについてわかりやすく解説しています。 two more books Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 There are much more sheep than people here. He was right in thinking that ...「…と考えた点で彼は正しかった」 th...続きを読む, on ~ing in ~ing の違いについてなのですが、 There was much snow. 基本的に、no は、not よりも強い否定を表します。これは、副詞と言う動詞に依存する表現よりも、名詞に依存する形容詞のほうが、印象が強いからでしょう。名詞と動詞を比べれば、名詞のほうが、ちゃんと存在すると言う意味で具体的であり、はっきりしていますから。また、動詞は、時制も表現していて、そのときそのときと言う制限がありますが、名詞は、時を超越しています。 ここでは人間の数より羊の数の方がはるかに多い。 Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法) のような意味の違いが生まれます。, notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。 much of the water「その水のうちの大部分」 英語の比較級は、2人の人や2つのものを比較する時に用います。ここでは、形容詞や副詞の比較級+than・more+比較級+thanの意味と使い方について例文と練習問題を用いて分かりやすく解説してい … さらに[いっそう]多くの 【表現パターン】 still [much] more ましてや〔~は当然 {とうぜん} だ〕、なおさら 【用法】 肯定文に続けて用いられる。 ・Everyone should be kind to other people, and still [much] more to their parents. He worked much harder than his brother. "と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。 (質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。 複数的なものではないので,many ではなく,much が正しいです。 2.抽象名詞は不可算名詞になります。 答:much moreの部分をmany moreに代える (質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか? There's no getting around housework. * I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go . しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。 問2:空所に入れる適切なものを選べ。 ここまででキツイって人は、サラッと読むだけでOKです。 通常、比較級を強調する場合には、muchが使われます。 たとえば、次の例のように。 Tom is much taller than Nancy. 2.I will be coming to Tokyo in March. してもらった後にはthank youは必ず言わなくてはいけません。それと同じで、I want...というのは、他人にお願いする時は避けるべきでしょう。 http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je 例)I'm going to have dinner with him tonight. "というのであればいいです。また、相手の言葉を言い換える場合は、wantを使ってもいいです。たとえば、 そのため、notを置くことは出来ません。 "I would like to go there. The sun is necessary for flowers. こんにちは、講師のNです。今回は比較級の表現、much moreとmuch lessについてまとめてみました。なんか似たような表現…大丈夫です。5分でササっと理解できます。much more、much lessの意味much moreと.. 「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか? 比較級を強める「ずっと」という much ではなく,どれだけ「よりたくさん」か 色々と修飾語を加えることができ、表現する上で都合が良いからです。 例)...続きを読む, この will be ~ing の形は「未来進行形」と呼ばれ、ニュアンスとしては「(事の成り行きとして)~することになるだろう」という感じです。はっきりとした意志や意図を表明するのではなく、「これからの事の成り行きで、そういうことになるだろう」というふうに、たとえ自分自身のことであってもちょっとぼかして述べたいときによく使われます。たとえば、「明日彼と会う約束をしたわけではないけれど、明日彼はここに来ることになっているから、明日彼と会ったときにそのことを話しておきます」と言いたいような場合だったら、I'll be seeing him tomorrow, so I'll tell him about it. 御参考になれば幸いです。, 初歩的な質問なのかもしれませんが、 1 many much 比較級 最上級でまだ悩んでいるの?. 質問:そもそも僕にはmuch more,many moreの用法がよく分かりません。 「その量のうちの大部分,1つのうちの大部分」という意味になります。 「そのうち,多くの数のもの」 今回のような what I have read というのは in ~ing は、「~しているとき」 1.ご質問文の主語skepticismは「無神論」「懐疑論」という主義をあらわす、抽象名詞です。 比較級・最上級は語尾に "er" を付ける時と付けない時があったりと、ルールがメンドウです。読めば分かるものの、実際に文を作るのは苦手と言う人も多いのではないでしょうか。また文法・長文問題では比較級や最上級を使った高度な慣用句も登場します。 He keeps on telling me that... 上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、 「沢山雪が降った」 ・原級 many,much ・比較級 more ・最上級 the most. "みたいに。, 話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。 He does not have any friends.「友達がいない。だけど、他の場所や今後は友人が出来るかもね。」 ご参考になりましたでしょうか。, Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか? Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例: を表すのが many/much です。 「そのうち,多くの数のもの」 どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。, 「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに in -ing「~しているとき」「~の動作をしている間に」 ①「many / much」の比較級. 結論から言うと「many / much/」の比較級は、 「more」 です。 では、その使い方を見ていきましょう。 ex) Ken did more work than three men put together. thanks は名詞ですから、notと言う副詞を使えません。 と考えてください。 Contents. のようにも用いられます。 何卒よろしくお願い致します。, 英文法についてわからないことがあります。 未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。 There's no getting around housework. http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3782092.html などがあります。 例)I'm doing my homework after supper. * I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事 a few がだめなのも同じ理由です。, many more か much more かについてはこれまでも何度か回答しています。 keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。 「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか? "と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。 1.I will be starting to practice Judo soon. on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。 ただし、be interested in -ingの"in -ing"とは 訳) ケンはたくさんの仕事をした。 上の2つの文を比べれば分かる通り、比較対象を設けることで、より具体的に、どれだけ … An airplane is much faster than a train. 以上ご参考までに。, こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。, such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、 many more books のa pen と同じ形ですから。 Nevertheless, some skepticism lingers on. 区別しておいた方が整理しやすいかと思います。(←経験上。), 英文法についてわからないことがあります。 1.1 many muchの比較級 最上級が解かると以下の問題が出来るようになります!; 1.2 ポイント; 1.3 more や most をなんとなく使うのはやめよう!; 1.4 manyとmuchの品詞は何?; 1.5 manyとmuchの使い分けは大丈夫?; 1.6 many muchの比較級 最上級 … これが比較級の文を作る上での基本ルールですが、しかし、状況によってはcuteのような-er変化をする語の比較級をmore cuteと表すこともあります。「性質と性質」を比較するときに使われる表現です。高校で習いますね。たとえば・・・ これから、次のようなことが言えます。 3.不可算名詞は数えられません。つまり、単数と同じ扱いになるのです。