【Mac & Windows】今回はPremiere Proのショートカットキーの一覧表を作りました。実際にPremiere Proを使っていて思いましたが、ショートカットキーを上手く活用しないと効率も悪く、一つの編集に何時間もかかってしまいます。作業は効率化させましょう【使い方】 混在編集は、撮影した年代や撮影目的の違いからバラならな素材を混在せざるを得ない状況において”弊害”が起こらないようにPremiereに追加された機能です。 All rights reserved. 映像でフレームレートが 23.97と29.97のファイルが混在しているタイムラインの映像を書き出す場合、, シーケンスと素材のフレームレートやインターレスの有無が異なる場合は、何かしらの補完や欠落が発生しますので、基本的にはクオリティは下がります。, ご質問の状況では、29.97fpsの素材とタイムラインが、「フィールド"なし"」か「フィールド"奇数"」かによって注意点が異なります。, そして、タイムライン上のクリップを右クリックして「補完」の種類を何にしたかによって結果が変わります。, まず、最終出力がBlu-rayなどテレビ視聴向けで29.97fpsの素材とシーケンスが「フィールド"奇数"」の場合(いわゆる59.94i)、補完はデフォルトの「フレームサンプリング」が適しています。, この場合、23.976fpsの素材は2-3プルダウンと呼ばれる形で変換されます。これは、劇場公開映画が地上波テレビで放送されるときと同じ方法です。話を単純にするため毎秒24コマを毎秒60フィールドに変換すると考えますと、元素材の1コマ目を2フィールド表示、2コマ目を3フィールド表示、3コマ目を2フィールド表示…‥と繰り返す手法です。つまり元の2コマが5フィールドになりますので、24*5/2=60というふうに24コマが60フィールドに水増しされることになります。, 補完に「オプティカルフロー」を選ぶと動きが滑らかになりますが、ところどころ映像が破綻する(歪みが出る)かもしれません。「フレームブレンド」は周期的にシャープネスが落ちるかと思います。, なお、フィールド有りの場合は、インターレースを扱えるモニター環境を使わないと正しく判断できませんのでご注意ください(ご家庭の環境では、BD-REに焼いてテレビで確認することをおすすめします)。, 次にWEB配信やパソコン視聴メインで29.97fpsの素材とシーケンスが「フィールド"なし"」の場合ですが、補完が「フレームサンプリング」の場合は4コマおきに1コマ繰り返して(2回)表示させることで24*5/4=30というふうに30コマに変換されます。カメラがパンする映像や、滑らかに回転する物体(風車など)はぎこちなくカクカクしてしまいます(Music Videoなどではこれを逆手にとった演出もあるようですが……)。, 補完を「フレームブレンド」にすると、不足するフレームをディゾルブで細かくつないだような雰囲気で、カクカク感は目立たないものの周期的なぼやけが気になるかもしれません。「オプチカルフロー」はボケ感が少なく動きも滑らかになりますが、補完処理が難しい条件では歪みなど映像の破綻が目立つかもしれません。, 自動提案では、入力時に可能な一致が提案されるので検索結果を素早く絞り込むことができます。, 他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。, /t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%86%E6%98%A0%E5%83%8F%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%99%E5%A0%B4%E5%90%88/td-p/9716821, /t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%86%E6%98%A0%E5%83%8F%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%99%E5%A0%B4%E5%90%88/m-p/9716822#M7369. Copyright © 2020 Adobe. これをPremiere Pro上のDVD用(720x480)シーケンスに登録し、「フレームサイズに合わせる」、「フレームサイズに合わせてスケール」を使った場合両方を試してみます。 「フレームサイズに合わせる」を使った場合 スケールは100%となった。 5 フレームレートとは何?どのように設定する? 5.1 複数のフレームレートが混在する場合、シーケンスはどのフレームレートに合わせるべきか; 6 Premiere Proのシーケンスのまとめ; 7 Premiere Proのシーケンス設定に関するQ&A Adobe Premiere Pro CCで映像素材のフレームレート変換設定オプションを選択する方法と、カメラのキャプチャフレームレート、システムフレームレートを選択する方法を説明します。 Premiere Proのシーケンス設定について徹底解説。Premiere Proでは最初にシーケンスを作成しなければ動画編集を始められませんが、シーケンスはただ作成するだけでなく、高品質な映像を制作するための適切な設定についての理解は不可欠です。 Premiere Proで動画のチカチカをなくす方法は簡単以下の通り。 「エコー」エフェクトをチカチカする動画クリップに適応して以下のように設定。 エコー時間:-0.01(ここの値は動画によって調整) Adobe『Premiere Pro CC』:とにかく動画編集の一番初めに『シーケンス』設定をする 2018年7月1日 動画編集ソフトを『ファイナルカット』から『プレミア』へ乗り換え、やっと最近『慣れた』と思えるようになりました。 今回はPremiere Pro CCのバグかな?という経験をしたので記事にしておきます。 先月ある作業をしていたところ、シーケンス内にフレームレートが29.97と59.94が混ざっていることに気づき どうしようかと思いましたが 「まぁ59.94素材でもシーケンス設定は29.97でやってたし問題ないだろ」 フレームレートが異なるクリップをシーケンスに追加すると、再生速度を維持しながら、フレームレートがシーケンスに合うように自動的に調整されます。, クリップの再生フレームレートを選択できます。これによって、元のメディアファイルに変更を加えることなく、クリップの再生速度を変えることができます。, ヒント:ビデオクリップは実際には一連のフレームで、順番にフレームが再生されます。再生は任意の速度でおこなうことができます。撮影時の自然な速度で再生するには、録画速度と再生速度を合わせます。, 元のメディア:「The Ancestor Simulation」、Maxim Jago監督, 使い方についての質問やCreator同士の情報交換ができます。気軽に質問してみましょう。, Southeast Asia (Includes Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam) - English, الشرق الأوسط وشمال أفريقيا - اللغة العربية, シーケンスの中でフレームレートが異なるクリップを組み合わせることができます。クリップを変更オプションを使用してクリップの再生速度を変更します。, ソースモニターでクリップを開くと、元のフレームレートとフレームサイズが表示されます。, 別の再生フレームレートを選択するには、クリップを右クリックし、「変更/フッテージを変換」を選択します。, シーケンスに組み込んだクリップの再生速度を変更するには、クリップを右クリックして「速度/デュレーション」を選択します。. まだまだ。初めまして。羽海野雅美です。 たくさんのスキありがとうございます。 今回の話は、Adobe Premire Pro で、複数の形式の映像素材(混在した映像素材・フレームレートの混在)を結合する方法ということで下のチュートリアルを読んで、感想なんかを書いていこうかと思います。 Aviutl は新規作成時、自分で解像度とフレームレートの数値を入力できるが、Premiere Elements はそういった設定は見当たらない。 ちなみに、動画のフレームレートはデジカメやスマホの仕様に記載されていて、たいてい設定により変更できる。 Premire CC 2018 を使用しています。 映像でフレームレートが 23.97と29.97のファイルが混在しているタイムラインの映像を書き出す場合、 画像のクオリティなどに支障はないでしょうか? 書き出す場合の注意点などがあれば、教えてください。 現在のシーケンスは、29.97の設定になっています。 fps がおかしくならないようにするには、いきなり動画をドラッグ&ドロップせず、新規プロジェクトから作る。具体的にはメニューの[ファイル]→[新規]→[プロジェクト]を選択する。「名前」や「保存先」を指定した後、[設定を変更]ボタンをクリックして設定を選ぶ。AVCHD などいろいろあるが、規格は気にせず自分が作ろうとしている、または取り込もうとしている動画のフレームサイズ(解像度)とフレームレートに合ったものを選ぶと良い。 さらに[設定を変更]ボタンの下にある「選択 … 【トラブルシューティング】Premiere ProやAfter Effectsでプレビューに緑の横線が表示される問題について, 【トラブルシューティング】Lumetriカラーエフェクト使用時に映像にノイズが発生する問題について.